HOME > FOURIN世界自動車研究会
点击进入日文介绍

※会則を承認後、お申込下さい

入会用紙

PDF

FAXでもお申し込みいただけます。PDFアイコンかこちらのPDF(約128KB)をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、FAXでご送信ください。

第26回研究会

日時
2018年1月5日(金)
午後1:00 ~ 2:00
理事会
 
午後2:00 ~ 5:00
研究会
場所 北京河南大厦(北京市朝阳区潘家园华威里28号 四层国际会议厅B区)  会場外観写真  会場室内写真
電話 電話( 86 ) 010 - 6777 - 3048  Fax ( 86 ) 010 - 6774 – 5691
費用 会員と新入会員=無料。当日だけ参加の非会員=1200元。(当日会場でお支払いください)
定員 100名(会場の都合により、定員になり次第締め切ります)
申込 会員はこちらから申込みください(会員の参加は自由ですが、会場準備都合のため毎回連絡下さい)。
新入会者または当日だけ参加者はこちらから申込みください。
講演
(中国)
新情勢下における中国自動車産業の特徴と機会及び未来への挑戦と展望について
(世界)
電気駆動と直結駆動の時代が自動車産業発展の未来
徐 長明(国家信息中心 副主任) 鄧 中原(天津天海シンクロナイズグループ有限会社 副総裁)

客観的法則の作用により、中国における自動車に対する需要は今後も一定のペースで大幅に増加していくことが予想されます。自動車産業は今もなお発展の機会に恵まれており、特に新エネ車やコネクテッドカーに関しては急速な発展が期待されています。しかし一方で、成長の鈍化による産業構造の変化や新興自動車メーカーの参入により、厳しい事業環境に直面している企業もあります。すべての自動車メーカー、部品メーカー、及び自動車産業チェーンに関連する業界全体が自動車業界の今後に注目する必要があり、当日は上述の問題に関して詳細に分析します。

世界中でエネルギー問題や環境汚染問題が取りざたされるにつれ、従来の燃料車の燃料消費と排ガスが環境汚染と省エネルギーの焦点となりました。欧州では今後、燃料車販売を禁止する国も出てきており、中国でも検討されています。それは電動車の普及が次第に進み、電気駆動時代が始まったと言えます。効率を向上し、エネルギー消費量を削減するため、モーターとホイール間の伝動部品を減らすニーズが高まっています。私たちは電気駆動時代だけでなく、直結駆動時代に突入したのです。

入会申込み後または新年度開始(1月1日)後、初めての研究会開催日までにその年度の会議費納入が確認できなかった会員は自動的に会員資格抹消となります。
月例研究会(予定)
回/年月日 国内関係表題:講演者 世界関係表題:講演者
未定

未定

未定

第25回研究会
2017年10月13日(金)

(中国各地から80名以上が参加)

(中国各地から80名以上が参加)

トランスミッションの現状と展望

陳 勇

陳 勇氏
(河北工業大学機械工程学院教授、新エネ車研究
センター主任、吉利パワートレイン研究院総工程師監)
報告PDF(中国語)

エンジンの将来の発展方向

許 敏

許 敏氏
(上海交通大学/自動車工学研究院院長/教授/博士)
 
報告PDF(中国語)

 

(会員限定、閲覧のみ。PDFの表示には少し時間がかかります)

国内外における自動車用トランスミッション業界全体の発展状況と課題を分析し、国内外の発展戦略・段階、トランスミッションのコア技術とトレンド、新エネ車用動力・伝動システムの現状とトレンドを紹介する。

中国エンジンメーカーの動向や高性能エンジンの説明;世界エンジンメーカーの動向や成功経験の説明;中国エンジンメーカーのグローバル発展戦略、及び中国自動車メーカーの海外進出に対する提言。



本会は北京富欧睿汽车咨询有限公司が運用するホームページに専用のページを作成し、会員へのさまざまな連絡と情報提供に使用しています。研究会後、会員限定として、研究会での発表のために講演者等が作成した講演内容PDFを閲覧専用(会員外第三者への配布を可能とする印刷は作成者に許諾を得ていません)として公開するが、作成者の了承が得られない場合は公開できない、しない。