HOME > 自動車問題研究会
自動車問題研究会 東海支部のご案内

自動車問題研究会は自動車産業に関与する個人によって構成される任意団体で、学習、研究、会員相互の親睦を目的とした組織として1969年(昭和44年)に発足しました。当研究会は東京に本部が、大阪と名古屋に支部があり、それぞれが独自の活動を行っています。東海支部は1984年(昭和59年)7月3日に誕生し、東海地区に在住または事業・研究拠点を有する約80名の会員によって構成されています。

東海支部は月一回定例会を開き、自動車を取り巻く諸課題について講演会を行うことを基本的な活動としています。また、年に数回の懇親会や本部、関西支部との交流会を行い会員相互の親睦を図っています。

FOURINは1996年12月以来、東海支部の事務局を務めておりますが、自動車産業に関わる様々な企業、大学関係者、公的機関の関係者らとともに、月一回の定例会の中で学習させていただいております。

弊社調査報告書をご利用の皆様。弊社調査報告書にご興味をお持ちの皆様。自動車問題研究会は弊社の調査報告書とはまた別の視点で自動車を理解する上での有効な場と存じます。自動車問題研究会では広く門戸を開放していますので、下記の「過去1年間定例会報告」や「定例会のご案内」をご覧の上、入会されることをお薦めいたします。


詳細は 本部、関西・東海支部 までご連絡下さい。

自動車問題研究会 東海支部 定例会のご案内

自動車問題研究会 東海支部 過去1年間 定例会 報告

自動車問題研究会 会則

自動車問題研究会 東海支部 2017年 4月 定例会

4月定例会は、東海支部会員の株式会社UACJ Marketing & Processing 取締役社長 木村 泰三氏に「オープンイノベーションは果たして我が国に定着するか?」と題してご講演いただきます。

オープンイノベーションという言葉があちこちで見られ聞かれ、企業内ではオープンイノベーションの担当部署や担当者を配置している事例が散見されるが、実態を聞くと、「とりあえずやってみよう、作ってみた」という声をよく聞きます。果たして、オープンイノベーションという概念が、ものつくり産業の代表格である自動車産業にどのように寄与するのかについて語っていただきます。

皆様、万障お繰り合わせの上、是非ともご出席下さい。また、自問研に関心興味のある方もお誘い合せの上、お越し下さい。

自動車問題研究会 4月 第338回 定例会

日時

2017年4月19日(水) 午後7時〜9時頃

会場 フォーイン2階多目的ホール(千種区桜が丘292 TEL:052-789-1101)
内容 「オープンイノベーションは果たして我が国に定着するか?」 -自動車産業での意義を再定義する-
講師 株式会社UACJ Marketing & Processing 取締役社長 木村 泰三 氏
自動車問題研究会 東海支部 過去1年間 定例会 報告
2017/3/23
第337回
「2016年の市場総括と今後の動向
 -データ分析で見えてくる世界市場の特性- 」
ジェイトージャパン
日本支社代表
(東南アジア兼務)
塩谷 茂樹 氏
2017/2/27
第336回
「トランプ新大統領以降の米国自動車産業
 -環境規制、日米貿易、NAFTAの将来- 」
オートモティブニュース
アジア編集長
ハンス グレイメル 氏
2017/1/30
第335回
「自動運転の本来の目的とは?
 -人間業(従来技術)では出来ないことをやる- 」
名古屋大学
未来社会創造機構
モビリティ領域
特任教授
原口 哲之理 氏
2016/12/8
第334回
「アメリカ大統領選後を考える」

忘年会
株式会社フォーイン
世界部 米州担当
安藤 久史 氏
2016/11/16
第333回
「電気自動車普及の意義と将来への提案
-日本EVクラブの活動とEVをめぐる世界の動向- 」
日本EVクラブ
代表 舘内 端 氏
2016/10/21
第332回
「アフリカ自動車ビジネスの実態
-よきパートナーに出会うまで- 」
株式会社GSユアサ
国際事業部
自動車電池販売本部
営業部
営業2グループリーダー
佐藤 恵子 氏
2016/9/21
第331回
「自動運転を支える人口知能技術の可能性と課題
-人工知能、ディープラーニングの可能性と限界を
過去のスーパーコンピューター開発の経験値から考える- 」
株式会社日立製作所
産業・流通ビジネスユニット
エンタープライズソリューション事業部 CIS本部
ビジネス推進センタ
センタ長 柏山 正守 氏
2016/8/23
第330回
「水素エネルギー導入に向けた技術革新と将来展望」 東京工業大学
科学技術創成研究院
グローバル水素エネルギー
研究ユニット 特命教授
岡崎 健 氏
2016/7/28
第329回
2015年度総会
2016/6/29
第328回
「アフリカに生きる日本的経営生産システム
-日系と欧米の自動車企業を見比べる- 」
東京大学 名誉教授
安保 哲夫 氏
中京大学 経営学部
教授 銭 佑錫 氏
2016/5/17
第327回
「ミライとリーフの燃費実験から見えたもの
-Tank to Wheelの効率を実走行から比較- 」
日経Automotive
編集長
林 達彦 氏
2016/4/19
第326回
「中国新エネルギー車市場でのLIB取組み状況と世界最大の
中国EVバス市場におけるLTO系電池の市場開拓」
石原産業株式会社
電池・発電材料開発推進本部
営業部 副理事
古賀 龍哉 氏
2016/3/29
第325回
「統合ASEAN時代の自動車産業を含む日本のポジション
-中国とドイツの攻勢にASEANで日本はどう立ち向かうべきか- 」
早稲田大学
社会連携研究所
客員教授
杉田 定大 氏
自動車問題研究会 会則

昭和52年7月15日 制定

平成19年9月1日 一部改訂

平成28年7月14日 改訂


名称

  1. 本会は自動車問題研究会と称する。
  2. 本会は下記に住所を置く。
  3. 本会は下記に支部を置く。

目的

本会は、自動車に関わる諸問題について政治、経済、文化、技術などの、さまざまな観点から問題提議を行ない、かつ会員相互が調査、研究および議論を重ね、その本質を見極める事、また会員相互の親睦をはかることを目的とする。

活動

本会は、月例研究会、工場見学会、試乗会、出版物の編集発行、内外関係機関との連携その他、本会の目的を達成するに適当と認められる活動を行う。

会員

  1. 本会に入会を希望する者は、本会の目的に賛同する者で、会員の紹介をもって幹事会に申込み、その承認を得なければならない。
  2. 会員は所定の会費を納入するものとする。
  3. 会員は、本会が開催する月例研究会、工場見学会などに出席し、本会が発行する機関誌、出版物、その他資料の配布を受けることが出来る。

役員

  1. 本会は、本会を代表するため会長1名、会計監査のための監事1名を置く。会長、監事は、総会にて選任される。
  2. 会長は、会務執行のため、副会長若干名、幹事若干名を置く事が出来る。
  3. 幹事は、互選により幹事長1名を選出し、幹事長は適宜、会務執行のための幹事会を開く事が出来る。幹事会のメンバーは、会長、副会長、監事、幹事を基本とする。
  4. 会長は、本会運営に必要と判断した場合、顧問等若干名を置くことを総会に提案し、総会を持って選任することが出来る。

会費

  1. 本会の会費は、総会で決定した上、会員に通知し、承認を得るものとする。会員は原則として毎年8月末日までに一括してこれを支払うものとする。
  2. 会員は、1カ年に亘り会費を納めなかった場合には会員資格を失う、ただし、幹事会が正当と認める理由がある場合には、この限りではない。
  3. 新規会員が、本会会計年度(7月~翌年6月)の中間から入会を望む場合、入会月から当該会計年度6月までの月数に年会費の1/12を乗じた金額(千円未満切上)を当該年度分会費として納める事とする。なお、年度途中での退会等への返金は行わない。

総会

  1. 本会は、年に一度総会を開催し、本会の活動、会計などについて報告するものとする。
  2. 前項に加えて、会長は、必要と認める場合には総会を開催することが出来る。
自動車問題研究会 連絡事務所

<東京本部>

〒106-0032 東京都港区六本木6-2-5 セキヤレジデンス31号

株式会社エディターハウス気付

TEL:(03)3408-1232/FAX:(03)3408-1214

E-MAIL:jimonken@trad.ocn.ne.jp

URL:http://www.jimonken.org/

<関西支部>

〒567-0034 大阪府茨木市中穂積2-1-5

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)関西本部気付

TEL:(072)645-1300/FAX:(072)645-1666

E-MAIL:jimonken@jaf.or.jp

<東海支部>

〒464-0025 愛知県名古屋市千種区桜が丘292

株式会社FOURIN気付

TEL:(052)789-1101/FAX:(052)789-1147

E-MAIL:jimonken@fourin.com

URL:www://fourin.jp/corporate/jimonken.html

東海支部へのお問い合せは →【こちらの入力フォームより】