HOME > マルチ・クライアント調査  > マルチ・クライアント一覧表  > 中国燃料電池車産業の急成長 ~開発から量産化までの可能性の探求~

マルチクライアント調査

中国燃料電池車産業の急成長

~開発から量産化までの可能性の探求~

調査趣旨

2018年5月に李克強総理がトヨタ北海道工場を見学後、中国において燃料電池車(FCEV)の開発が加速しています。2019年末までにFCEV生産規模は累計5,000台を超え、中国製造2025に掲げられた目標5,000台を1年前倒しで達成。スタック、水素タンク、エアコンプレッサー等部品コストはなお高く、FCEV産業の育成には補助金が欠かせない状況は続くと予想されますが、中国政府がFCEV産業育成に本格的に乗り出しており、今後、中国が世界最大のFCEV市場に発展する可能性が注目されます。

FCEVの普及には、水素燃料の製造、運送、貯蔵等の燃料供給体制の整備もまた必要になることから、地方政府を中心にインフラ整備に向けた投資も増大しています。

こうした中、FOURINは直近1年間の中国FCEV産業の実態調査を踏まえ、中国の水素及びFCEV産業政策とインフラ整備動向、FCEVの市場予測、民族国有系・民族民間系主要自動車メーカーのFCEV開発戦略、FCEVを構成する重要部品に関わるキープレーヤーとなる部品メーカーの開発実態についての調査報告書をマルチクライアント調査として作成することにいたしました。

本年4月習近平国家主席の来日を前後して日中自動車産業間の協力強化が俎上に載せられFCEV分野において一層の協力強化が期待される中、中国の水素及び燃料電池車事業に関与しておられる企業の皆様、これから新たに参入を目指しておられる関係者の皆様の事業戦略策定に不可欠な重要情報として当報告書をご活用ください。

調査概要

調査名称 FOURINマルチクライアント調査
『中国燃料電池車産業の急成長 ~開発から量産化までの可能性の探求~』
調査内容
  • ■育成政策及び開発動向から中国燃料電池車産業の将来を予測
  • ■省・都市における水素及び燃料電池車産業の育成政策を整理
  • ■中国のエネルギー構造転換における水素戦略の重要性を検証
  • ■水素ステーションインフラ、貯蔵、輸送における課題を整理
  • ■FCEVのTotal Cost of Ownership及び主要部品コストを分析
報告書体裁 カラー印刷報告書約200頁(最大3部まで提供可能)+調査報告会(プレゼン資料付)
報告書発送日 2020年3月13日(予定)
報告会 詳細は報告書発送後にご案内いたします
参加費用 第一次申込   80万円(税込)(申し込み期限=2020年3月12日
(2020年3月13日からは 88万(税込))
参加方法 申し込み用紙』に記入の上、FAXでお申込み、または、ネットフォームから。
支払方法 申込み到着後、請求書を発行しますので、原則2ヶ月以内に全額振込みをお願いします。
問い合わせ 本マルチクライアント調査についてのお問合せは、以下までお願いします。
フォーイン営業部  電話:(052)789-1101(代) E-mail: info@fourin.jp

調査方法

  • 現地取材。

調査報告書
『中国燃料電池車産業の急成長 ~開発から量産化までの可能性の探求~』

目次予定

                  
第1章  中国の燃料電池車(FCEV)産業の規制動向と将来FCEV車市場予測
 中国燃料電池生産・販売台数、都市別の販売台数
 中国のFCEV規制(中国製造2025、NEV規制)
 中国のFCEV優遇措置(補助金、開発支援等)
 中国のFCEVプロジェクト(国連開発計画、北京・張家口、如皋、仏山・雲浮、長江デルタ等)
 FCEVのTCO(Total Cost of Ownership)分析及び部品コスト分析

第2章  中国における水素の製造、運送、貯蔵の整備状況
 水素製造の実態と関連企業の動向(中科富海等)
 水素運送の実態と関連企業の動向
 水素ステーションの整備状況・計画及び関連企業の動向

第3章  主要自動車メーカーの燃料電池車開発動向
 上汽集団、東風汽車、中国一汽、北汽福田、広州汽車、宇通客車、中通客車、飛馳汽車

第4章  主要サプライヤーの開発動向
 燃料電池スタック及びシステム:新源動力(Sunrise)、億華通(SinoHytec)、
                国鴻氢能(SinoSynergy)、上海捷氢(SHPT)、
                氢璞創能(NOWOGEN)、清能股份(Horizon)、
                重塑能源(Refire) 、明天氢能(MTH2)、愛徳曼(Cemt)等
 水素タンク:科泰克(CTC)、天海工業(BTIC)、瀋陽斯林达安科(CLD)、中集(CIMC)等
 エアコンプレッサー:雪人股份(Snowman)、伯肯(Bolken)、金士頓(ZxJSD)、
           勢加透博(XecaTurbo) 、奕森科技(ISEM)、毅合捷(Easyland)等
 セパレータ:上海弘楓(SHF)、上海弘竣(SHJ)、神奇電碳(Sunki)、
       上海治臻(Zhizhen)、新研創能(Innoreagen)等
 MEA:擎動科技(Hydrogine Technology)等
 GDL:济平等
 PEM(固体高分子形):東岳等

(編集の都合上、一部の目次が変更される可能性がありますことをご了承ください)

参考資料画像

(FOURINマルチクライアント調査「中国燃料電池車産業の急成長」より)

(※画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。)

主要自動車メーカーの燃料電池車開発動向

FCEVのTCO分析及び部品コスト分析

 

水素ステーションの整備状況・計画

水素ステーションの整備状況・計画

中国のFCEV規制(中国製造2025、NEV規制)