HOME > FOURIN アジア自動車調査月報

FOURIN アジア自動車調査月報

発 行
■毎月25日
体 裁
■A4判、標準55ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税
■半年間(6号分)
120,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る

急速な成長・変化をみせるアジア自動車産業

 アジアでは、自動車の普及が進むなかで、中長期的な新車市場の拡大継続が見込まれます。特にインドやインドネシア、フィリピン、ベトナム、パキスタンといった人口大国では経済成長に伴う需要増が期待されています。また、これらの国での需要拡大を追い風に自動車生産も増加するほか、部品・コンポーネントの増産と輸出拡大も続くと考えられます。
 新しいトレンドの波も押し寄せています。インド政府が2030年までに全ての新車販売をEVに置き換えたい考えを示す一方、タイ政府はEV生産投資奨励策を導入しました。現代自グループが環境車のラインアップを拡充しているほか、韓国や台湾のサプライヤーがバッテリーやモーターなどの分野などで存在感の拡大に努めています。また、ASEANやインドでオンラインタクシーを中心にシェアリングエコノミーやコネクテッド領域が拡大しています。
 『FOURINアジア自動車調査月報』は、アジア各国・地域の自動車政策、市場トレンド、企業動向、経済情勢などを分析するレポートです。最新情報の整理・分析が特長で、関係者へのヒアリングにより得た独自情報の拡充に努めています。また、毎月の自動車生産・販売台数データ(車種別/メーカー別)を掲載するとともに、入手が容易でない統計資料・データの収集にも努め、内容拡充に取り組んでいます。
 アジア自動車産業の現状と展望をレポートする『FOURINアジア自動車調査月報』をぜひご利用ください。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN アジア自動車調査月報の特長

■ アジア主要国の自動車・二輪車市場分析と展望、新しい市場トレンド、価格動向の分析に!
■ アジア主要国の政府自動車・部品産業育成政策、投資誘致政策を活用した現地事業の拡大に!
■ アジア主要国のFTA、EPA等産業・貿易政策の把握と政策を活用した事業発展戦略の策定に!
■ アジア主要国の環境・安全規制動向の把握に、低燃費車に対する優遇税制を活用した発展に!
■ アジア内外自動車メーカーの事業戦略、コスト戦略、製品投入計画、設備投資計画の把握に!
■ 定常的なアジア自動車・部品・二輪車産業動向の把握と対応に!


FOURIN アジア自動車調査月報の構成

特集テーマ2本13〜19ページ、定常テーマ14〜15テーマ28〜30ページ、統計・データ2テーマ13ページ

特集テーマ:2本13〜19ページ

自動車・部品産業動向分析、経営戦略分析、戦略技術分析‥‥1本
自動車・二輪市場動向、自動車・部品政策、通商動向分析‥‥1本

定常テーマ:14〜15テーマ28〜30ページ

ASEAN
(タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム等)‥‥4〜6テーマ8〜12ページ
東アジア・南アジア(韓国・台湾/インド・パキスタン)‥‥2〜4テーマ4〜8ページ
自動車メーカー (日系・米系・欧州系・韓国系等)‥‥2〜4テーマ4〜8ページ
自動車部品業界(部品メーカー・部品/材料/技術)‥‥2テーマ4〜8ページ
二輪車テーマ‥‥1テーマ2ページ

統計・データ:2テーマ13ページ

メーカーの生産、販売動向、趨勢がわかる総括表:生産1ページ/販売‥‥生産1ページ/販売1ページ
アジア7ヵ国の月次生産実績(国別/車種別/メーカー別)‥‥3ページ
   2011年6月号からインドネシアの月次生産データの掲載を開始しました。
(タイ・インドネシア・マレーシア・韓国・台湾・インド・パキスタン)
アジア10ヵ国の月次販売実績(国別/車種別/メーカー別)‥‥5ページ
(タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム・韓国・台湾・インド・パキスタン)

FOURIN アジア自動車調査月報 2020年11月号 (No.167)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

インド投資環境
インド政府は2020年11月11日、製造業新興を目的とした政策「PLIスキーム」に、自動車・同部品産業を追加することを決定した。同政策の予算1.5兆ルピーの4割に当たる5,700億ルピー(約8,010億円)が自動車産業に割り振られることが決まった。

Special Reports

インド製品展開
主要な乗用車メーカー各社のインドでの製品の投入・展開状況をまとめた。車種のトレンドとしては、人気拡大が続くSUVの新モデルの投入が間断なく続いている。また2020年には、排ガス規制BS6への対応に合わせて各社のパワートレインの入れ替えも進んだ。
アジア自動車保有
アジア(韓国、台湾、ASEAN10ヵ国、南アジア6ヵ国)の自動車保有台数は、2020年末までに四輪車が約1億7,500万台となり、二輪車は5億台の大台に乗ると推計される。保有増が着実に進んでおり、ポストコロナの代替え需要を下支えすることが期待される。

East Asia, South Asia and Others

タイ
インドネシア
マレーシア
フィリピン
韓国
台湾

Automotive Manufacturers

韓国系
マレーシア系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品/材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2020年9月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数 (2020 年1~9月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数 (2020年1~9月)

FOURIN アジア自動車調査月報 2020年10月号 (No.166)

視点

現代自経営人事
2020年10月14日、現代自が、21年ぶりに経営トップの交代人事を発表した。創業家3代目となる鄭義宣(Chung Euisun)氏が、父親である鄭夢九(Chung Mong-Koo)氏に代わって、現代自の会長に就任。名実ともにグループのトップに立った。

Special Reports

タイ製品展開
タイでは、政府のEco Car政策対応車のモデルチェンジと、エントリー価格が100万バーツを切る小型SUVの製品投入が直近でのトレンドとなった。トヨタCorolla Cross HEVと日産Kicks e-POWERが新規投入など、小型SUVの電動化も進展した。
インドネシア製品展開
インドネシアでは、新規投入が多かった2019年と対象的に、2020年はの製品投入は限定的となった。そうした中、同国量販セグメントのMPV市場では、3列7人乗りMPVをベースにSUVライクにデザインを変えたクロスオーバーモデルの投入が進んだ。

East Asia, South Asia and Others

インド
マレーシア
フィリピン
ベトナム
韓国
台湾

Automotive Manufacturers

日系
インド系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品/材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産 ・ 販売総括表 (2020 年 8 月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数 (2020年1~8月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数 (2020年1~8月)

FOURIN アジア自動車調査月報 2020年9月号 (No.165)

視点

べトナム投資環境
自動車部品を含む製造業のベトナムへの投資が続いている。米中貿易摩擦に伴う「チャイナプラスワン」の投資先として注目されていることが背景にあるが、コロナ後のサプライチェーン再検討の動きが企業のベトナム進出をさらに後押しする可能性がある。

Special Reports

インド自動車生産体制
新型コロナの感染拡大の影響などで、スズキがGujarat第3工場の稼働時期を遅延するなど、インドでは生産投資の様子見や先送りの動きが見られる。その一方で、OEM間の協業に進展がみられるほか、長城汽車やPSAなど新規参入の動きも進んでいる。

East Asia, South Asia and Others

インド
タイ
インドネシア
マレーシア
フィリピン
ベトナム
韓国
台湾

Automotive Manufacturers

日系
欧州系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品/材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2020 年7月)
生産
アジア 7 ヵ国、 国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数 (2020 年1~7月)
販売
アジア 10 ヵ国、 国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数 (2020 年1~7月)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む