HOME > FOURIN アジア自動車調査月報
FOURIN アジア自動車調査月報

表紙をクリックすると見本誌をご覧になれます

発 行
■毎月20日
体 裁
■A4判、標準55ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税
■半年間(6号分)
120,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約1.5MB

世界の成長センターとして存在感を増すアジア自動車産業

 アジア(日本と中国を除く)では、2015年に自動車生産台数が1,600万台超、自動車市場が1,100万台超となると予測されます。内需拡大や輸出拠点化により自動車生産が拡大しているほか、一部の国では次世代の環境車の開発・普及に向けた動きが活発となっており、それぞれが独自の成長戦略の実現を目指しています。
 世界2位の人口規模を誇るインドでは、2015年には自動車市場が500万台超に拡大すると考えられ、需要拡大に対応して、内外の自動車各社が製品投入と生産能力の増強を活発化。こうしたなか60万~80万円前後の小型車によるシェア競争が激化しており、コスト競争力の強化が各社の命題となっています。
 ASEANではAFTAによる関税障壁の撤廃が進むなかで、各国がそれぞれの成長と生き残りをかけた動きを加速。タイでは、政策効果により2015年生産が250万台に達すると考えられますが、2011年10月の大洪水により部品供給網が停止したことを受け、リスク分散に向けた動きが広がる可能性も出てきています。一方、インドネシアは2011年にASEAN最大市場に躍進。2012年後半には低価格車政策が導入され、これにより成長性の最大化を図る方針です。
 韓国では、政府が環境重視の姿勢を強化する一方、世界5位の現代自グループがブランドと品質にプライオリティを置いた成長戦略を加速。また、韓国部品産業は、コスト競争力と品質向上を背景に日米欧の完成車メーカーへの納入を拡大しており、世界のサプライチェーンのなかでプレゼンスを高めています。
 現在、世界の自動車産業の量的拡大を牽引しているのがアジアの自動車産業で、当面アジアが世界の成長センターとしての地位を維持し続けると考えられます。このため自動車メーカー、部品メーカーにとってアジア戦略が成長戦略の中心を占めることになります。産業政策、自動車生産・販売・輸出、部品・素材産業、主要企業の事業戦略などを豊富な統計データや資料類をベースに分析し、アジア自動車産業の現状と展望をレポートする『FOURINアジア自動車調査月報』をぜひご利用ください。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN アジア自動車調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN アジア自動車調査月報の特長

■ アジア主要国の自動車・二輪車市場分析と展望、新しい市場トレンド、価格動向の分析に!
■ アジア主要国の政府自動車・部品産業育成政策、投資誘致政策を活用した現地事業の拡大に!
■ アジア主要国のFTA、EPA等産業・貿易政策の把握と政策を活用した事業発展戦略の策定に!
■ アジア主要国の環境・安全規制動向の把握に、低燃費車に対する優遇税制を活用した発展に!
■ アジア内外自動車メーカーの事業戦略、コスト戦略、製品投入計画、設備投資計画の把握に!
■ 定常的なアジア自動車・部品・二輪車産業動向の把握と対応に!


FOURIN アジア自動車調査月報の構成

特集テーマ2本13〜19ページ、定常テーマ14〜15テーマ28〜30ページ、統計・データ2テーマ13ページ

特集テーマ:2本13〜19ページ

自動車・部品産業動向分析、経営戦略分析、戦略技術分析‥‥1本
自動車・二輪市場動向、自動車・部品政策、通商動向分析‥‥1本

定常テーマ:14〜15テーマ28〜30ページ

ASEAN
(タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム等)‥‥4〜6テーマ8〜12ページ
東アジア・南アジア(韓国・台湾/インド・パキスタン)‥‥2〜4テーマ4〜8ページ
自動車メーカー (日系・米系・欧州系・韓国系等)‥‥2〜4テーマ4〜8ページ
自動車部品業界(部品メーカー・部品/材料/技術)‥‥2テーマ4〜8ページ
二輪車テーマ‥‥1テーマ2ページ

統計・データ:2テーマ13ページ

メーカーの生産、販売動向、趨勢がわかる総括表:生産1ページ/販売‥‥生産1ページ/販売1ページ
アジア7ヵ国の月次生産実績(国別/車種別/メーカー別)‥‥3ページ
   2011年6月号からインドネシアの月次生産データの掲載を開始しました。
(タイ・インドネシア・マレーシア・韓国・台湾・インド・パキスタン)
アジア10ヵ国の月次販売実績(国別/車種別/メーカー別)‥‥5ページ
(タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム・韓国・台湾・インド・パキスタン)

FOURIN アジア自動車調査月報 2016年11月号 (No.119)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP
事業環境
国父と呼ばれたプミポン国王が2016年10月に崩御した。国家安定の支柱を失ったタイだが、日本の自動車産業にとってグローバルサプライチェーンの要であることに変わりはなく、競争力強化の取り組みを継続することが重要である。

Special Reports

経営戦略
インド最大手Maruti Suzukiの快走が続く。小型SUV市場への本格参入、マイルドハイブリッドやAMTの搭載拡大などを背景に2016年1~9月の乗用車市場シェアは46.8%に拡大。こうした中、2017年初には第3工場となるGujarat工場の稼働が控える。
完成車輸出
タイでは2016年に入って完成車輸出が伸び悩んでおり、1~8月時点で前年同期比1.0%増となった。オーストラリア、メキシコ、フィリピンなどへの輸出が伸びている一方で、中近東や中南米、アフリカといった地域からの需要低迷が顕在化している。

East Asia, South Asia and Others

アジア
タイ
マレーシア
韓国
インドネシア
インド

Automotive Manufacturers

日系
インド系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品/材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2016年9月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数(2016年1〜9月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数(2016年1〜9月)

FOURIN アジア自動車調査月報 2016年10月号 (No.118)

インド事業環境
インドでは2020年にかけて新車衝突安全規制などの強化が急速に進む。こうした規制への対応はコスト増要因だが、消費者への単純なコスト転嫁は市場を冷やしかねないため、同時に新たな付加価値を提示することが必要不可欠である。

Special Reports

製品動向1
インドでは、小型クロスオーバー/SUVの新車投入が活発で2015~2017年の3年間で少なくとも15モデル程度が発売される見通し。また、AMTやCVTを含むAT搭載が加速。ABSやエアバッグといった安全装備拡充の動きも顕在化している。
製品動向2
タイではグローバルモデルの更新が続いている。2017年からはEco Car政策第2弾対応のBセグメントの小型車の更新が本格化する見通し。一方で、小型SUVの新規投入やCO2低減のためのダウンサイジングが新たなトレンドになっている。
製品動向3
インドネシアでは、トヨタが2016年後半にSientaとCalyaを投入し、MPV分野のカバー範囲を拡充した。一方で、ホンダBR-VやスズキSX4 S-CROSSが投入されたほか、2017年にマツダCX-3が発売される見通しで、小型SUVの新車投入も活況。

East Asia, South Asia and Others

マレーシア
フィリピン
ベトナム
韓国
台湾

Automotive Manufacturers

日系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品/材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2016年8月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数(2016年1〜8月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数(2016年1〜8月)

FOURIN アジア自動車調査月報 2016年9月号 (No.117)

ベトナム事業環境
ベトナムでは2016年7月に特別消費税の改定法が発効し、1.5ℓ以下の小型乗用車が5%減税された。2018年にはさらに5%減税される予定。経済成長も重なり需要拡大が見込まれる中、ベトナムにおける製品戦略と生産戦略の見直しが問われる。

Special Reports

生産能力
アジアにおける自動車生産能力は2020年までに300万台増加し2,300万台となる見通し。インドではスズキが能増を進めるほか、現代自グループやRenault/日産、ホンダが新工場設置を視野に入れる。インドネシアでも40万台の能増が見込まれる。
生産動向
インドの自動車生産能力は2016年時点で約770万台と推定されるが、輸出拠点化や新車投入による増産効果に牽引されるかたちで能増が続く。一方、内需停滞が続いていた影響で余剰能力が増えており、生産体制の見直しの動きもみられる。

East Asia, South Asia and Others

タイ
インドネシア
マレーシア
フィリピン
ベトナム
ASEAN
韓国
台湾
インド

Automotive Manufacturers

日系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品/材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2016年7月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数(2016年1〜7月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数(2016年1〜7月)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む