HOME > FOURIN アジア自動車調査月報
FOURIN アジア自動車調査月報

表紙をクリックすると見本誌をご覧になれます

発 行
■毎月20日
体 裁
■A4判、標準55ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税
■半年間(6号分)
120,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約1.5MB

世界の成長センターとして存在感を増すアジア自動車産業

 アジア(日本と中国を除く)では、2015年に自動車生産台数が1,600万台超、自動車市場が1,100万台超となると予測されます。内需拡大や輸出拠点化により自動車生産が拡大しているほか、一部の国では次世代の環境車の開発・普及に向けた動きが活発となっており、それぞれが独自の成長戦略の実現を目指しています。
 世界2位の人口規模を誇るインドでは、2015年には自動車市場が500万台超に拡大すると考えられ、需要拡大に対応して、内外の自動車各社が製品投入と生産能力の増強を活発化。こうしたなか60万~80万円前後の小型車によるシェア競争が激化しており、コスト競争力の強化が各社の命題となっています。
 ASEANではAFTAによる関税障壁の撤廃が進むなかで、各国がそれぞれの成長と生き残りをかけた動きを加速。タイでは、政策効果により2015年生産が250万台に達すると考えられますが、2011年10月の大洪水により部品供給網が停止したことを受け、リスク分散に向けた動きが広がる可能性も出てきています。一方、インドネシアは2011年にASEAN最大市場に躍進。2012年後半には低価格車政策が導入され、これにより成長性の最大化を図る方針です。
 韓国では、政府が環境重視の姿勢を強化する一方、世界5位の現代自グループがブランドと品質にプライオリティを置いた成長戦略を加速。また、韓国部品産業は、コスト競争力と品質向上を背景に日米欧の完成車メーカーへの納入を拡大しており、世界のサプライチェーンのなかでプレゼンスを高めています。
 現在、世界の自動車産業の量的拡大を牽引しているのがアジアの自動車産業で、当面アジアが世界の成長センターとしての地位を維持し続けると考えられます。このため自動車メーカー、部品メーカーにとってアジア戦略が成長戦略の中心を占めることになります。産業政策、自動車生産・販売・輸出、部品・素材産業、主要企業の事業戦略などを豊富な統計データや資料類をベースに分析し、アジア自動車産業の現状と展望をレポートする『FOURINアジア自動車調査月報』をぜひご利用ください。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN アジア自動車調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN アジア自動車調査月報の特長

■ アジア主要国の自動車・二輪車市場分析と展望、新しい市場トレンド、価格動向の分析に!
■ アジア主要国の政府自動車・部品産業育成政策、投資誘致政策を活用した現地事業の拡大に!
■ アジア主要国のFTA、EPA等産業・貿易政策の把握と政策を活用した事業発展戦略の策定に!
■ アジア主要国の環境・安全規制動向の把握に、低燃費車に対する優遇税制を活用した発展に!
■ アジア内外自動車メーカーの事業戦略、コスト戦略、製品投入計画、設備投資計画の把握に!
■ 定常的なアジア自動車・部品・二輪車産業動向の把握と対応に!


FOURIN アジア自動車調査月報の構成

特集テーマ2本13〜19ページ、定常テーマ14〜15テーマ28〜30ページ、統計・データ2テーマ13ページ

特集テーマ:2本13〜19ページ

自動車・部品産業動向分析、経営戦略分析、戦略技術分析‥‥1本
自動車・二輪市場動向、自動車・部品政策、通商動向分析‥‥1本

定常テーマ:14〜15テーマ28〜30ページ

ASEAN
(タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム等)‥‥4〜6テーマ8〜12ページ
東アジア・南アジア(韓国・台湾/インド・パキスタン)‥‥2〜4テーマ4〜8ページ
自動車メーカー (日系・米系・欧州系・韓国系等)‥‥2〜4テーマ4〜8ページ
自動車部品業界(部品メーカー・部品/材料/技術)‥‥2テーマ4〜8ページ
二輪車テーマ‥‥1テーマ2ページ

統計・データ:2テーマ13ページ

メーカーの生産、販売動向、趨勢がわかる総括表:生産1ページ/販売‥‥生産1ページ/販売1ページ
アジア7ヵ国の月次生産実績(国別/車種別/メーカー別)‥‥3ページ
   2011年6月号からインドネシアの月次生産データの掲載を開始しました。
(タイ・インドネシア・マレーシア・韓国・台湾・インド・パキスタン)
アジア10ヵ国の月次販売実績(国別/車種別/メーカー別)‥‥5ページ
(タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム・韓国・台湾・インド・パキスタン)

FOURIN アジア自動車調査月報 2014年12月号 (No.96)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP
ASEAN燃費競争
Ford、GMがタイEco Car政策第2期の認可を取得した。VWも参戦する予定でこれら欧米系メーカーがEco Carで重要課題の燃費・排ガス規制に対応するとともに、日系より低コストな低燃費車を入れる可能性が高く、日系の対応が求められる。

Special Reports

Proton現地取材
FOURINはマレーシアの第1国民車Protonの企業戦略部門の担当者に話を聞く機会を得た。低迷する国内事業の建て直しに向けて製品や販売・サービスの改善を進める中、安全性能を向上させた新型Irizを先鋒に据え市場シェアの回復を狙う。
将来展望
アジア(日本・中国除く主要12ヵ国)の2014年の自動車販売台数は前年比2.3%減の870万台前後となる見通し。アジア9ヵ国の自動車生産台数は3%減の1,292台と、製販ともタイの低調が主因で前年割れ。2015年は緩やかな増加を予測する。

East Asia, South Asia and Others

タイ
インドネシア
マレーシア
フィリピン
ベトナム
韓国
台湾
インド
パキスタン

Automotive Manufacturers

欧州系
日系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品/材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2014年10月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数 (2014年1~10月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数 (2014年1~10月)

FOURIN アジア自動車調査月報 2014年11月号 (No.95)

中国系完成車ASEAN戦略
上海汽車がタイEco Car政策第2弾に申請したほか、長城汽車がマレーシアでEEV製造認可を取得した。日系メーカーの独壇場であるASEAN小型車市場に中国自動車メーカーが挑むことになる。

Special Reports

現代自技術戦略
現代自は他社が使用した最新技術を使い切る独自の『二番手戦略』で製品競争力の向上を図る。特にドイツブランドをベンチマークする姿勢を明確にしている。一方、環境規制強化で燃費向上が不可欠となる中、現代自の技術不足が足かせとなる。
ホンダASEAN戦略
ホンダのASEAN市場シェアが伸びている。2014年に新型City、新型Jazz、Mobilioなどを相次いで投入しており、新車投入ラッシュの効果が現れている。ただ、タイ市場低迷が深刻化するなど懸念材料もあり、ホンダの成長戦略にも影響が出ている。

East Asia, South Asia and Others

アジア
タイ
マレーシア
韓国

Automotive Manufacturers

日系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品 /材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2014年9月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数 (2014年1~9月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数 (2014年1~9月)

FOURIN アジア自動車調査月報 2014年10月号 (No.94)

現代自ASEAN戦略
現代自グループは成長市場であるASEANでのシェア拡大を狙い、ASEANで初の自社工場を設立する。内需市場が魅力的なインドネシアが最有力候補となっており、今後2~3年以内に年産20万~30万台規模の新工場を建設する。

Special Reports

インドネシアモーターショー
インドネシア国際モーターショーが2014年9月に開催され、量販車種のMPVやSUVを前面に押し出す展示が目立った。ダイハツはがワールドプレミアで発表した4つのコンセプトカーのうち、3モデルがMPVとSUVであった。
製品動向①
第2弾『Eco Car政策』の始動により2017年頃にかけて小型車の投入が再び活発化する。1トンピックアップでは、日産Navara、三菱自Triton、トヨタHilux Vigo等の全面改良が相次ぐが、2016年1月の税制改定を前に燃費性能の改善が焦点となる。
製品動向②
インドでは、物品税優遇を受けられる4m以下のセダンの製品投入も増加。人気の高まるコンパクトSUVでの新車投入も活発。一方、2016年以降に排ガス規制がEuro 5に強化される見通しの中、ダウンサイジングが本格化する可能性がある。

ASEAN

マレーシア

East Asia, South Asia and Others

韓国
台湾

Automotive Manufacturers

日系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
部品/材料/技術
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表(2014年7月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数(2014年1~7月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数(2014年1~7月)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む