HOME > FOURIN 中国自動車調査月報
FOURIN 中国自動車調査月報

表紙をクリックすると見本誌をご覧になれます

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約1.5MB

2020年代3,000万台市場が見込まれる中国自動車産業動向をレポート

 「FOURIN中国自動車調査月報」は、世界最大で最も競争が激しく、他国とは異なる独自性を持つ中国自動車産業の動向を詳細に調査分析する月刊レポートです。中国一汽、東風汽車、上汽集団、中国長安を始めとした大手国有自動車メーカーのみならず、奇瑞汽車、吉利汽車、BYD、長城汽車等独立系自動車メーカーについても、経営戦略、生産体制、部品調達、販売戦略、提携動向など、注目度の高いトピックを選定し、継続的にレポートしています。また、外資系自動車メーカーの中国戦略、二輪車・特装車分野の生産・販売動向をレポートするほか、業種別・現地系・外資系を切り口にした部品産業レポート、中国を注視する上で欠かせない自動車産業に関連する法律・制度を含めた産業・政策・市場レポートも併せて掲載しています。さらに、省エネ・新エネ車レポートでは、メーカー別動向に加え、産業育成政策、外資参入規制、技術ロードマップ等を詳報。統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から提供を受けた車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN 中国自動車調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ 新たな競争ステージに入った中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 合弁自主ブランド車や新エネ車等、投入製品、ブランド戦略を分析
■ 中国自動車メーカーの技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2017年10月号 (No.259)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP
ICE車販売禁止政策
2017年9月、CATARC主催で開催された自動車産業フォーラムにおいて、工業和信息化部の辛国斌副部長はICE車の販売禁止時期についての研究を始めたと発表した。ICE車の販売禁止はICE車によって支えられた地場産業に大きな不安を与えることになるため、業界全体での十分な議論が必要だ。

特集

VW中国戦略
VWの中国における電動化戦略が具体化してきた。中国では2019年から自動車メーカーに対して一定規模の新エネ車生産を義務付けるNEV規制が導入される見通しとなり、VWは中国での新エネ車開発を本格化させている。
自動車メーカー生産能力
FOURINが中国における自動車の年産能力を集計した結果、2016年時点で4,357万台と、1,500万台分の余剰能力があると判明した。2017年9月時点で発表されているメーカー各社の新工場・能力増強計画が予定通り実施された場合、2018年に年産能力は5,000万台を突破し、能力過剰が深刻化する可能性がある。

自動車メーカー

中国系
外資系
二輪車他

新エネ

電動車
自動運転・IT

部品業界

業種別
中国系
外資系

産業・政策・市場

産業

統計・データ

月次編集分
(2017年8月分)自動車生産総括表
(2017年8月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2017年8月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2017年8月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2017年9月号 (No.258)

現代自中国事業
現代自が中国で苦戦を強いられている。2017年上半期の中国乗用車出荷台数は、前年同期比46.7%減の43万台となった。販売回復に向けて、現代自は燃費に優れた小型SUVの投入や、ADAS、コネクティビティ技術等の先進技術の導入、価格政策の調整など、総合的な戦略が必要となる。

特集

自動車輸出
2016年の中国の自動車輸出台数は、主要輸出先の政治・経済情勢の不安定化と人民元切り上げによる車両価格の引き上げ等を背景に失速が続いているため、前年比2.7%減の70.8万台となった。過去最高の100万台超を記録した2012年から4年連続で減少したが、減少幅は前年の20.0%から2.7%に縮小した。
自動車メーカー上場分析
FOURINは、香港、上海、深圳の証券取引所に上場する現地自動車メーカー28社の2016年度業績を集計した結果、28社合計の売上高は前年比16.4%増の1兆6,881.3億元となった。堅調なSUV需要に加え、2015年10月から導入された自動車取得税の優遇策の恩恵を受け、自動車市場が急拡大したことが背景にある。
部品メーカー上場分析
FOURINは、香港・上海・深圳の証券取引所に上場している自動車部品企業100社(連結売上高1億元以上、自動車部品関連売上高が50%以上の企業を対象)の2016年度の業績を集計した。2016年の自動車部品売上高は前年比で22.8%増加して4,866億元を記録、自動車部品業界は全体的に好調であった。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

メーカー
産業

部品業界

業種別
中国系
外資系

産業・政策・市場

市場

統計・データ

月次編集分
(2017年7月分)自動車生産総括表
(2017年7月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2017年7月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2017年7月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2017年8月号 (No.257)

Renault中国事業
2017年7月、Renaultが華晨金杯に49%出資することが発表された。Renaultは華晨金杯で商用バンの現地生産を開始する計画であるが、価格が高い外資の商用バンは2014年以降、中国で販売が縮小傾向にあるため、Fordは廉価モデルの投入を余儀なくされているのが現状だ。

特集

乗用車販売網
FOURINは、中国における乗用車販売店の情報提示を義務付けられた公開サイト「中国汽車三包網」に基づき、国産乗用車と輸入乗用車の計89ブランドを対象に店舗数を集計した。その結果、2017年6月時点の中国における乗用車販売店数は23,791店舗となり、2016年6月時点と比べて増加していることが判明した。
上半期電動車生産
2017年上半期の中国における電動車(EV、PHEV、HEV、FCEV)の生産台数は前年同期比22.5%増の24.4万台に拡大した。同期間中には、補助金の減額と2016年の第1~5回の目録の取り消しが行われたが、EVとHEVの販売が好調なことから、電動車の需要は堅調に増加していることが明らかになった。

自動車メーカー

中国系
外資系
二輪車他

新エネ

メーカー
産業
自動運転・IT

部品業界

業種別
中国系

産業・政策・市場

外資系
政策

統計・データ

月次編集分
(2017年6月分)自動車生産総括表
(2017年6月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2017年6月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2017年6月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む