HOME > FOURIN 中国自動車調査月報
FOURIN 中国自動車調査月報

表紙をクリックすると見本誌をご覧になれます

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税
■半年間(6号分)
120,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約1.5MB

2020年代3,000万台市場が見込まれる中国自動車産業動向をレポート

 「FOURIN中国自動車調査月報」は、世界最大で最も競争が激しく、他国とは異なる独自性を持つ中国自動車産業の動向を詳細に調査分析する月刊レポートです。中国一汽、東風汽車、上汽集団、中国長安を始めとした大手国有自動車メーカーのみならず、奇瑞汽車、吉利汽車、BYD、長城汽車等独立系自動車メーカーについても、経営戦略、生産体制、部品調達、販売戦略、提携動向など、注目度の高いトピックを選定し、継続的にレポートしています。また、外資系自動車メーカーの中国戦略、二輪車・特装車分野の生産・販売動向をレポートするほか、業種別・現地系・外資系を切り口にした部品産業レポート、中国を注視する上で欠かせない自動車産業に関連する法律・制度を含めた産業・政策・市場レポートも併せて掲載しています。さらに、省エネ・新エネ車レポートでは、メーカー別動向に加え、産業育成政策、外資参入規制、技術ロードマップ等を詳報。統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から提供を受けた車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN 中国自動車調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ 新たな競争ステージに入った中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 合弁自主ブランド車や新エネ車等、投入製品、ブランド戦略を分析
■ 中国自動車メーカーの技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2017年6月号 (No.255)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP
出資規制緩和
中国政府は、2025年までに外資系自動車メーカーが現地で自動車メーカーを設立する際の50%出資規制を段階的に緩和することを決定した。今回の決定は、開かれた市場を実現するための重要な一歩と評価できる。

特集

Auto Shanghai 2017
2017年4月、第17回上海国際モーターショー(以下、上海MS)が国家会展中心(上海)にて開催された。今回の上海MSでは、2018年実施予定の中国NEV(=EV、PHEV及びFCEV)規制対応のため、各社によるNEVモデルの出展やNEVの量産・販売計画が注目された。
48Vシステム
中国では、2020年代に向けた燃費規制強化を背景に、乗用車メーカーは製品の電動化、省エネ化を急いでいる。こうした中、日本のHEV技術に対応する欧州系サプライヤーの48Vシステムは、省燃費技術の導入が迫られる民族系メーカーを中心に販促と実用化に向けた開発が進められている。
二輪車産業
2016年の中国における二輪車の生産規模は前年比10.7%減の1,682.1万台へ縮小し、2012年以来5年連続の減少となった。国内市場では、自動車や電動自転車との競争激化による農村地域の販売縮小に加え、都市部での交通手段やレジャーへのニーズ、走行規制が販売に影響した。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

産業
メーカー
政策

部品業界

業種別
現地系
外資系

産業・政策・市場

市場

統計・データ

月次編集分
(2017年4月分)自動車生産総括表
(2017年4月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2017年4月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2017年4月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2017年5月号 (No.254)

生産規制
中国政府は、エネルギー安保への懸念や深刻化する大気汚染を念頭に、近い将来、内燃機関車(以下、ICE車)の能力増強を厳しく抑制する方針で調整中だ。この政策が実施された場合、自動車メーカーはICE車の新工場建設ができなくなると見られ、自動車業界への影響は必至だ。

特集

変速機生産能力
FOUR INが中国の自動車用変速機メーカー79社を調査した結果、2016年末時点で年産能力が3,017万基であることが判明した。系列別では、中国系が1,617万基、機種別では、MT/AMTが1,690万基と最大であることが判明した。このまま能力増強が進めば、2020年には4,142万基に拡大する見通しである。
中重型トラック
2016年の中国中重型トラック市場は、前年比28.1%増の96.2万台と急回復。GB1589の改訂や過積載に対する取り締まりの強化により、買い替え需要が発生したことが背景にある。特に、セミトレーラートラクターは、重型トラックから買い換えるユーザーの増加等で前年比55.1%増の38.8万台と過去最高を記録した。

自動車メーカー

中国系
外資系
二輪車他

新エネ

メーカー

部品業界

業種別
現地系
外資系

産業・政策・市場

政策
市場
産業

統計・データ

月次編集分
(2017年3月分)自動車生産総括表
(2017年3月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2017年3月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2017年3月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2017年4月号 (No.253)

国営企業改革
中国の大手国営自動車グループである東風汽車と中国一汽に政府主導で経営改革が進められている。グローバル競争で勝ち抜くため、中国政府は将来的な両社の経営統合を視野に改革を行っているが、国営企業独特の経営体質を改めなければ、経営改革は不発に終わる可能性が高い。

特集

電動車生産
2016年の中国電動車生産台数は、前年比55.6%増の60.5万台に拡大した。北京、上海、天津など登録規制実施都市での需要増加や公共交通分野での新エネバスの導入拡大が中国の電動車市場の成長を後押しする主な駆動力となっている。そのうち、新エネ車の生産台数は前年比38.7%増の51.9万台に増加した。
中国企業韓国進出
2017年1月、北京汽車グループの北汽銀翔は中国地場系ブランドでは初めてとなる韓国乗用車市場への正式参入を発表した。2010年以降、金杯、上海申龍などトラック・バスの参入はあったが、乗用車での参入は今回が初めてで、中国地場系ブランドによる韓国乗用車市場への参入が持つ意味は大きい。

自動車メーカー

中国系
外資系
二輪車他

新エネ

自動運転 ・ IT
メーカー

部品業界

業種別
現地系
外資系

産業・政策・市場

産業

統計・データ

月次編集分
(2017年2月分)自動車生産総括表
(2017年2月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2017年2月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2017年2月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む