HOME > FOURIN 中国自動車調査月報

FOURIN 中国自動車調査月報

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税
■半年間(6号分)
120,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る

2020年代3,000万台市場が見込まれる中国自動車産業動向をレポート

 「FOURIN中国自動車調査月報」は、世界最大で最も競争が激しく、他国とは異なる独自性を持つ中国自動車産業の動向を詳細に調査分析する月刊レポートです。中国一汽、東風汽車、上汽集団、中国長安を始めとした大手国有自動車メーカーのみならず、奇瑞汽車、吉利汽車、BYD、長城汽車等独立系自動車メーカーについても、経営戦略、生産体制、部品調達、販売戦略、提携動向など、注目度の高いトピックを選定し、継続的にレポートしています。また、外資系自動車メーカーの中国戦略、二輪車・特装車分野の生産・販売動向をレポートするほか、業種別・現地系・外資系を切り口にした部品産業レポート、中国を注視する上で欠かせない自動車産業に関連する法律・制度を含めた産業・政策・市場レポートも併せて掲載しています。さらに、省エネ・新エネ車レポートでは、メーカー別動向に加え、産業育成政策、外資参入規制、技術ロードマップ等を詳報。統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から提供を受けた車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ 新たな競争ステージに入った中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 合弁自主ブランド車や新エネ車等、投入製品、ブランド戦略を分析
■ 中国自動車メーカーの技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2020年9月号 (No.294)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

上場廃止リスクメーカー
新型コロナウイルス感染症による影響が長引く中、中国自動車市場の優勝劣敗は加速している。最近では衆泰、力帆の2つの民営自動車企業が経営不振により上場廃止リスク銘柄とされた。衆泰は製品が外資系の名車のコピーであると揶揄され、コピー依存から脱却できなかったことが経営難の大きな要因といえる。一方、力帆は品質に問題があることから成長を維持できなかったと見られる。

特集

自動車部品上場企業業績
FOURINは、香港・上海・深圳の証券取引所に上場している自動車部品企業113社の2019年度業績を集計した。自動車販売減少を背景に、113社のうち、増収増益の企業数は2018年の43社から32 社に減少した一方、減収減益となった企業数は27社から38社に増加し、純利益が無く赤字計上した企業は11社から15社に増加した。2020年は、新型コロナウイルスショックや経済成長減速などがあり先行きが不透明のため、売上高目標を発表した企業は23社にとどまった。
小型バス市場
2019年の小型バスの出荷台数は前年比0.6%減の33.3万台と微減ながら5年連続の前年割れとなった。市場が低迷する中、各メーカーはシェア拡大をめぐり、EVおよび国6排ガス規制に対応する新製品の投入を加速している。2020年1~6月の小型バス市場も前年同期比4.2%減となり、依然として需要は縮小傾向にある。今後、各メーカーはEVを含む新製品投入・輸出と並行して、eコマースロジスティクス業界の発展を受けて、物流用小型バスの投入増加が見込まれる。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

市場
中国系

部品業界

中国系
外資系

産業・政策・市場

市場

統計・データ

月次編集分
(2020年7月分)自動車生産総括表
(2020年7月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2020年7月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2020年7月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2020年8月号 (No.293)

視点

農村部NEV市場
中国農村部がNEV市場成長のブルーオーシャンになるかについて、7月中旬から中国国内で話題になっている。そのきっかけは、中国政府が、自動車市場を下支えする最新の政策として、7月14日にNEVの農村部での販売拡大キャンペーンに関する政策を公表したことである。具体的な実施策は各地方政府に委ねるが、モデルにより2,000~8,000元/台の値引き販売が期待される他、保修、充電器の設置等に関しても優遇策が出される可能性が高い。

特集

乗用車販売網
FOURINは、乗用車販売店の情報公開サイト「中国汽車三包網」に基づき、国産乗用車、輸入乗用車の販売店舗数を集計した。その結果、2020年6月時点の中国における乗用車販売店数は乗用車市場の縮小を背景に28,393店舗と、前年同期と比べて2,376店舗減少した。日系3社や欧系の一部では乗用車の販売好調に伴い店舗数が拡大した一方、多くのメーカーは減少しており、店舗増減で明暗が分かれている。
中重型トラック市場
中国における2019年の中重型トラックの工場出荷台数は、前年比0.9%減の約131.4万台となり、2018年に続き2年連続のマイナスとなった。景気後退による新規需要減少等が小幅減の主因とみられる。ただ、中型トラックと重型トラックの一部の需要がトラクターにシフトしているため、トラクターの出荷台数は前年比16.9%増加した。市場全体が微減する中、主要トラックメーカーの1~5位の順位に変動はなく、中国一汽が3年連続でトップの座を維持した。
駆動電池リサイクル
中国ではNEV市場規模の急速な拡大に伴い、2015年以前に投入されたNEVも廃車時期を迎えている。中国NEV国家ビッグデータ連盟(NDANEV)の予測によると、2020年までの使用済み電池の累計は約25GWhに達する。使用済み電池の再利用拡大が急務となっており、中国政府による関連法整備や、自動車メーカー・電池メーカー等の企業による使用済み電池のリサイクル体制の構築が進められている。
2019年クレジット
中国政府は国産乗用車メーカー119社と乗用車輸入企業25社の2019年CAFC及びNEVのクレジット算定状況を公表した。2019年は総計で643.4万のCAFCプラスクレジットと417.3万のNEVプラスクレジットを計上し、CAFCマイナスクレジットは510.7万、NEVマイナスクレジットは85.5万となった。CAFCクレジットの推移は、ICE車においてSUV等の大型モデルの人気により、燃費が悪化する傾向にあることが原因となっている。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

業種別
中国系

統計・データ

月次編集分
(2020年6月分)自動車生産総括表
(2020年6月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2020年6月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2020年6月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2020年7月号 (No.292)

視点

NEVクレジット管理政策改定
2020 年6 月22 日、中国政府はCAFC/NEV クレジット管理政策の改定案を公布した。同改定案には「低燃費乗用車」を優遇する内容が新たに盛り込まれており、優遇対象となるHEV 製品を多く抱える日系自動車メーカーには追い風となる。現状ではEV ・PHEV 製品を積極的に投入している中国系メーカーも、今回の「低燃費乗用車」の優遇策と、NEV 購入補助金の2022 年終了を踏まえて、HEV 製品の投入を視野に入れ出す可能性がある。

特集

上場メーカー業績
FOURIN が、香港、上海、深圳の証券取引所に上場する中国自動車メーカー27 社の2019 年度業績を集計した結果、27 社合計の売上高は前年比3.0% 減、純利益も同22.0% 減となっていることがわかった。2017 ~ 2019 年の3 年間で見ると、集計した27 社(2017 年は26 社)のうち、減収減益となった企業は2017 年の7 社から10 社に増加した。一方で、増収増益となった企業は同10 社から6 社に減少した。
二輪車市場
中国における二輪車の2019 年の生産規模は前年比10.5% 増の1,543 万台と大幅に成長した。二輪車国4 排ガス規制対応製品の投入増加に伴う製販の回復や、環境志向の電気二輪車とレジャー志向の大排気量二輪車の好調が主因と考えられる。一方、輸出台数は前年比2.6% 減の712 万台(三輪車を含む)と3 年連続で減少。アジア・アフリカ・中南米等主要輸出先の景気低迷が続き、輸出先の現地生産製品及びインド製品との競争激化などが輸出に影響した。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

市場
中国系

部品業界

業種別
中国系
外資系

産業・政策・市場

市場
政策

統計・データ

月次編集分
(2020年5月分)自動車生産総括表
(2020年5月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2020年5月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2020年5月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む