HOME > FOURIN 中国自動車調査月報

FOURIN 中国自動車調査月報

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税
■半年間(6号分)
120,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約1.5MB

2020年代3,000万台市場が見込まれる中国自動車産業動向をレポート

 「FOURIN中国自動車調査月報」は、世界最大で最も競争が激しく、他国とは異なる独自性を持つ中国自動車産業の動向を詳細に調査分析する月刊レポートです。中国一汽、東風汽車、上汽集団、中国長安を始めとした大手国有自動車メーカーのみならず、奇瑞汽車、吉利汽車、BYD、長城汽車等独立系自動車メーカーについても、経営戦略、生産体制、部品調達、販売戦略、提携動向など、注目度の高いトピックを選定し、継続的にレポートしています。また、外資系自動車メーカーの中国戦略、二輪車・特装車分野の生産・販売動向をレポートするほか、業種別・現地系・外資系を切り口にした部品産業レポート、中国を注視する上で欠かせない自動車産業に関連する法律・制度を含めた産業・政策・市場レポートも併せて掲載しています。さらに、省エネ・新エネ車レポートでは、メーカー別動向に加え、産業育成政策、外資参入規制、技術ロードマップ等を詳報。統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から提供を受けた車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ 新たな競争ステージに入った中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 合弁自主ブランド車や新エネ車等、投入製品、ブランド戦略を分析
■ 中国自動車メーカーの技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2020年1月号 (No.286)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

NEV 中長期計画
2019 年12 月3 日、中国工業和信息化部は2021 ~ 2035 年の中国新エネルギー車産業の発展目標を明記する「新エネルギー車産業発展計画(2021 ~ 2035年)」の意見徴収案( 以下、「発展計画」) を公表し、話題を呼んでいる。「発展計画」では、EV 技術が主流という従来の新エネルギー車産業発展の方針を堅持するとともに、FCEV の商用化利用、公共分野車両の全面的な電動化、ICV(Intelligent Connected Vehicle) の普及を発展ビジョンとして取り上げている。

特集

2020 年展望 総論
2019年1~10月の中国における自動車出荷台数は前年同期比9.7%減の2,065万台となり、11~12月の下げ幅は少し縮小し、通年では8.5%減となる見通しである。乗用車と商用車市場とも縮小するため、市場全体が2018年に続き、前年を割り込むことになる。うち、景気減速懸念から消費者の買い控えが続く中、2019年の乗用車市場の下げ幅は前年の4.1%を超え、9.8%まで拡大すると予測している。
2020 年展望 乗用車
2019年1~10月の中国乗用車出荷台数は前年同期比11.0%減の1,717万台に減少し、通年では同9.8%減の2,137万台前後となり、2018年から2年連続での減少が確実である。米中貿易摩擦等の影響でマクロ経済の成長鈍化の状況が改善せず、消費者による乗用車の購買力、購買意欲がともに弱いのに加え、豚肉等生活必需品や、住宅価格の持続上昇が消費余力を圧迫している。そのような要因が消費者の乗用車をはじめとする耐久消費財の購入意欲を一層損ねていると考えられる。
2020 年展望 商用車
中国における2019年1~10月の商用車出荷台数(輸出を含む)は前年同期比2.5%減となり、通年では同0.9%減の433.1万台となる見通しで、2015年以来の前年割れに転じる可能性がある。景気後退による需要減が大きな要因と考えられる。
2020 年展望 新エネルギー車
中国における新エネルギー車(NEV=EV+PHEV+FCEV)の出荷台数は、中央・地方政府による補助金政策や一部都市でのナンバープレート規制の実施により、2014年の6.9万台から2018年に約124.0万台と急速に拡大した。2019年の補助金が2018年に比べてさらに減額しており、6月末より正式実施に伴い、下半期の月間出荷台数は前年同期比での減少が続いた。
特集連載
中国の新エネルギー車市場は急速に発展し、2015年には米国を抜き世界一の市場となった。この発展を支えたのは中国政府による政策支援で、政府は新エネルギー車市場と産業の発展のために、中国系メーカーを中心に研究開発・量産化への支援を行ってきた。新エネルギー車分野への開発支援は、発展改革委員会、工業和信息化部、財政部、科学技術部の4部門による中央政府レベルでの支援と、地方政府レベルの支援という2体制により行われている。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

業種別
外資系

部品業界

業種別
中国系

産業・政策・市場

政策
市場

統計・データ

月次編集分
(2019年11月分)自動車生産総括表
(2019年11月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2019年11月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2019年11月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2019年12月号 (No.285)

視点

中国自動車市場と日系の販売好調
2019 年の中国自動車市場は前年に続き、再びマイナス成長になることが確実である。その中で、値崩れが少なく、修理・メンテナンス費用が少ない、燃費が良いという理由で日系製品が人気を集めている。中国自動車市場の成長鈍化がさらに続けば自動車業界での再編統合が予想される。2022 年には外資出資規制撤廃も控え、日系メーカーは再編統合に積極的に参入すればさらなる成長のチャンスを掴めるだろう。

特集

北京自問研
2019 年10 月10 日、FOURIN の北京子会社が主催したFOURIN 世界自動車研究会第33 回定例会が北京河南大厦で開催された。中国の有名新興EV メーカー小鵬汽車の何小鵬CEO が『スマートEV に対する小鵬汽車の考え』をテーマに講演を行った。何小鵬CEO は小鵬汽車の事業沿革の紹介に加え、中国のスマートEV 産業の発展に対する考察と意見を述べた。本稿では何小鵬CEO の講演内容と参加者との質疑応答を整理して掲載する。
SAECCE取材原稿
2019 年10月22 ~ 24日、SAE-China Congress & Exhibition 2019 が開催された。「自動車+、提携革新」をテーマに、自動車・部品メーカー、エンジニアリング企業、大学・研究機関からのエンジニア・研究者、メディアや大学生などが参加した。コネクテッド、新エネルギー車、軽量化及び材料、パワートレイン及び環境保護等の話題をめぐって、関連企業の経営陣及び技術者らが研究開発成果の報告や自社技術の紹介、産業が抱える問題点やその対策などについて提言した。
自動運転技術
中国乗用車メーカー各社は、自動運転技術の開発を加速している。各社の自動運転車投入計画を見ると、2020 年を目処にLevel 3、2025 年以降にはLevel5 の自動運転車の市場投入が本格化してくると見られる。メーカー各社は百度やMobileye 等の自動運転ソリューションサプライヤー、華為技術(Huawei)などの通信機器大手、Ibeo や速騰聚創などのコア部品サプライヤーを含めた他社との技術提携を積極的に行い、高性能製品の開発にしのぎを削っている。
政策特集
米中貿易摩擦を引き起こした原因の一つとして、米国Trump 大統領が、中国政府が「中国製造2025」を通じて多額の補助金を支給し関連産業の過剰生産能力が発生したり、海外企業の技術獲得を支援することを批判したことが挙げられる。中国政府は米国への配慮もあり、最近は政府機関やメディアによる同政策への言及が明らかに減少している。一部報道によると、中国政府は「中国製造2025」の一部内容を改定し新しい政策を制定している模様。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

業種別

産業・政策・市場

政策

統計・データ

月次編集分
(2019年10月分)自動車生産総括表
(2019年10月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2019年10月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2019年10月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2019年11月号 (No.284)

視点

NEV市場個人消費
中国NEV 市場の成長鈍化のなか、中国新興EV メーカー小鵬汽車の何小鵬CEO がSNS で投稿した内容に注目が集まっている。投稿によると、中国の1 ~9 月のNEV 販売台数のうち、タクシーやライドシェア・カーシェアリング企業への納入や、ライドシェアリングドライバー向けへの販売が多くを占め、一般個人向け販売はわずか十数万台であるという。個人消費が脆弱な中国NEV 市場が、全体の販売数で見ると世界一のEV 大国となってしまう点を疑問視している。

特集

特集連載
絶えず激化する米中貿易摩擦において、中国から外資系企業に対する技術移転強要と知的財産権の侵害が重大な論点とされている。2019 年3 月、中国は法改正等で外資系企業と中国系企業への待遇の差を改善したが、抜け穴もあると懸念されている。外資系企業は今後も関連法規の動きを見ながら自社技術の保護に留意し事業を展開する必要がある。
国家信息中心ディスカッション
中国国家発展改革委員会直属のシンクタンクである国家信息中心はFOURIN と定期的(年1 回程度) に交流を行っている。2019 年の交流会は9 月2 日と24 日の2 日間の日程でFOURIN 本社で実施された。FOURIN と国家信息中心代表団(一部の完成車メーカーの代表も含む)は、日中両国の自動車市場の現状や展望に関して意見交換を行っており、双方の見識を深めている。本稿では、双方が中国市場に関するディスカッションの内容を中心にまとめた。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

中国系
外資系

産業・政策・市場

産業

統計・データ

月次編集分
(2019年9月分)自動車生産総括表
(2019年9月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2019年9月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2019年9月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む