HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
276,000円 +消費税
■半年間(6号分)
150,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年11月号 (No.80)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

2035年のエンジン車規制
中国と米国(California 州) とドイツという3 つの自動車大国で2035 年にエンジン車を禁止するという議論が同時に起きている。しかし、エンジンを悪としEV を善とする技術特定的な規制のあり方は、自由な開発環境を歪める。合成燃料(eFuel) や水素など多種多様な技術ルートに道を開く技術中立的で冷静な議論が望まれる。
産業用ドローン
多くの産業で点検・測量や輸送等の広範囲な作業に役立つ産業用ドローン市場は、国内外で拡大する。空撮用では中国製が圧倒的シェアを持つが、産業用ドローンでは競争環境も変わる。ハードから運用サービス、実作業までを提供するスタートアップへの取材を踏まえ、国産ドローンの課題と将来像をまとめる。

特集

Schaeffler
大手サプライヤーSchaefflerの日本法人であるシェフラージャパンの田中昌一氏(代表取締役 マネージング・ディレクター)らに、電動化に向けたSchaefflerの取り組みと各種ハイブリッド技術やエンジン技術の開発動向、今後の自動車産業の電動化見通しなどについて、FOURINは話を聞いた。
車両ベンチマーキング
埼玉県産業振興公社主催の新型Fit 分解分析にFOURIN は立ち会った。新型Fit HEV は、従来の1 モータ式から2 モータ式に変更し、駆動モータやパワーエレクトロニクスを含む電動システムを小型化した。吸気レイアウトの工夫によるエンジンの小型化など、Fit HEV のクルマ作りの詳細を報告する。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年10月号 (No.79)

視点

プラグインハイブリッド車(PHEV)
2020 年 9 月末、Fraunhofer ISI と ICCT は、欧米中で行った PHEV の走行実態調査の結果を公表した。それによると、PHEV の CO2 排出値は NEDC 値の 2 ~ 4 倍となっていることが判明した。この結果は今後の環境規制に影響を及ぼしそうである。車の持つ環境性能を消費者に最大限発揮させる仕組み作りも自動車メーカーには求められる。
先進運転支援システム(ADAS)
多くの自動車メーカーがカメラとレーダー、超音波センサーを組み合わせて多種多様なADASを実現しているが、ドライバーの期待を常に満たすとは言えない。安全機能が働かない例外のケースも多い。この先には自動運転レベル3がある。どんな環境でもどんな対象物にも信頼できるADASを完成すべきだ。

特集

欧州の電池生産
2019年に欧州委員会が電池分野に欧州共通利益重要プロジェクト(IPCEI)を適用したことを受けて、欧州では電池生産への投資が過熱している。ノルウェーの電池スタートアップFREYRの川口竜太氏に、最近の「欧州電池バブル」の状況とFREYRの戦略について話を聞いた。また、電池セル工場プロジェクトを一覧にまとめた。
デジタル・プラットフォーム
デジタル化やプラットフォーム化という言葉が自動車産業でも使われるようになってきた。さまざまな産業のデジタル化を支援し、新しいビジネスモデルの構築に携わるPwCコンサルティング合同会社の川原英司氏と轟木光氏に、自動車産業のデジタル変革の行く末と今後の自動車メーカーやサプライヤーのあり方について話を聞いた。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年9月号 (No.78)

視点

5G
2020 年8 月、米国国務省は5G Clean Network を発表した。2020 年11 月の大統領選挙を控え中国通信関連企業への米国政府の攻撃はエスカレートする一方である。自動車メーカーが5G 機能搭載車をグローバル展開する際の足かせとなる。さらに、自動車メーカーには通信企業の標準必須特許(SEP) 権利者との交渉も立ちはだかる。
スズキのハイブリッド
スズキが今春マイナーチェンジしたSwift-HEVを試乗した。①高圧縮比エンジン、②ISGと12V電池を組み合わせたMHEVに加えて、③AMTに駆動用モーターを用いる独特の3階建てパラレルハイブリッドである。「乗りこなす工夫」がおもしろい。さらに燃費を向上させ、世界に誇る個性的なクルマを極めてほしい。

特集

日系自動車メーカーのエンジン開発
主な日系自動車メーカーのエンジン開発動向をまとめた。各社は電動化技術と並行して引き続きエンジン開発にも力を入れている。世界の環境規制の強化で全域λ=1やコールドスタートなど課題が増えており、各社は可変圧縮比や副燃焼室、電気加熱式触媒(EHC) など、さまざまな新技術を検討中である。
ドイツ系メガサプライヤーのパワートレイン戦略
ドイツ系メガサプライヤー3社のパワートレイン戦略をまとめた。各社ともにEアクスルなどの電動化技術に注力しつつ、エレクトロニクスやソフトウェアの開発を重視。ソフトウェア部門を統合し、横断的なシステム開発を強化して、自動車メーカーへの提案力を高めている。日系自動車メーカーとのビジネスも年々増加傾向にある。
ZF の8 速AT
ZFの8HPは、2008年から生産されているFR車用8段変速自動変速機シリーズである。各種改良を経て、現在は第3世代である。2022年には第4世代の量産を開始予定で、既にBMWとFCAなどから大量受注を得ている。8HPのこれまでの進化と第4世代8HPの基本構造および技術的特長を分析する。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む