HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報
FOURIN 世界自動車技術調査月報

表紙をクリックすると見本誌をご覧になれます

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
276,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約765KB

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN 世界自動車技術調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースや法規ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

「新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業・法規ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要
・日米欧韓先進国とともに、中国、アセアン、インド、中南米、中東欧など新興国の技術関係規格、法規制、インセンティブなどの最新情報を提供します

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2018年7月号 (No.52)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

次世代モビリティ
金融機関を経由する通常の決済手数料では実現できないようなマイクロトランザクション(少額決済)を可能にするブロックチェーンやその派生技術の研究開発が進展している。自動車分野でも実際に導入できるレベルに達すれば、次世代モビリティの周辺デジタルサービスの充実をもたらし、普及を後押しすることになるだろう。
Renault ・日産・三菱自
2016年に成立したRenault・日産・三菱自の巨大アライアンスは現在どのような状態にあるのか。アライアンスにより、販売台数が増え、業績も伸びたが、世界市場で戦うライバルの収益力には劣る。三菱自は購買などのコスト削減だけでなく、アライアンスのメリットや自社の特徴を活かしながら、消費者目線で商品ラインアップを拡充する必要がある。

特集

パワートレイン開発者インタビュー
トヨタはモジュール開発によって、多様なニーズに応える新型TNGAパワートレーンを2021年までの5年間で19機種37バリエーション(FF/FR、乗用/商用、コンベンショナル車/HV、トルク容量の違いなど)導入する。その戦略の狙いや今後の開発見通しについて、トヨタの常務役員を務める岸宏尚氏にFOURINはインタビューを行った。
ディーゼルエンジン

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新モデル
新部品

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2018年6月号 (No.51)

視点

インフラと新技術
電動パワートレインや合成燃料など、各分野で様々な新技術が提案されているが、爆発的に普及するまでには至っていない。性能で劣りつつも追加インフラなしで利用できる代替技術がある限り、インフラ投資を必要とする新技術には圧倒的に新しい価値観の創出とそれを世間に周知させる作業が不可欠である。
デザインの変革
大阪万博(1970年)に建てられた岡本太郎の代表作「太陽の塔」は、お祭り広場の大屋根を突き抜け、「縄文アヴァンギャルド」の自由な発想・思想を表現した。今、「太陽の塔」は蘇った。クルマにも突き抜けるデザイン思想を取り入れれば、新たな共感を生み、ともに活きる喜びを創る。新しいムーブメントを呼び起こすだろう。

特集

パワートレイン開発者インタビュー
トヨタはハイブリッド車で培った技術とノウハウをベースに、今後はプラグインハイブリッド車のラインアップを増やし、2020年には電気自動車を投入する。その戦略の狙いや今後の開発見通しについて、トヨタの常務役員を務める岸宏尚氏にFOURINはインタビューを行った。
車載電子デバイスの開発トレンド
電動化やADASなど自動車の高機能化に伴い、車載電子デバイスの分野にも大きな変化の波が押し寄せている。車載電子デバイスの開発動向と今後の技術発展見通しについて、車載向けなど各種の半導体・電子部品を手がけるロームで取締役を務める末永良明氏らにFOURINはインタビューを行った。
パワートレイン技術詳細分析
トヨタ自動車がこれまでに発表した広報資料を基に、自動車技術アナリスト安倍勝彦氏が、独自の視点で詳細に分析した特別寄稿レポートを掲載する。新型2.0L直4ガソリンエンジンや新型FF用ワイドレンジCVT、HVトランスアクスル、4WDシステムなど、最新のTNGAパワートレイン技術を分析する。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新モデル
新部品

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2018年5月号 (No.50)

視点

電動車開発戦略
バッテリー価格の先行きが定まらない中で、自動車メーカー・部品サプライヤーは、低燃費内燃機関搭載車、MHEV、HEV、PHEV、BEV の比率をバッテリー価格に合わせて最適化し、各地の燃費規制・ZEV 販売義務化に対応するスケーラブルなデュアルストラテジー( 内燃機関の燃費低減努力と電動化努力) を展開する必要がある。
PHEV システム分析
EV のLi 電池の高止まりや充電の不便さにより、当面の電動パワートレインはHEV/PHEV が中心となる。中でもPHEV は欧州や中国では、規制の影響もあり最も有効な解である。欧州で最量販PHEV であるOutlander PHEV の性能とシステム構成を Prius PHV との比較を交えながら分析し、今後のPHEV の行方を検討する。

特集

パワートレイン開発者インタビュー
前号に続き、マツダの廣瀬一郎氏のインタビューを掲載する。マツダは2017 年に新世代ガソリンエンジンSKYACTIV-X を発表した。世界で初めて圧縮着火の実用化にめどを立てたエンジンである。成立条件が厳しい自己着火を実現するために、マツダはSPCCI と呼ばれる新しい着火方式を採用した。
シミュレーション開発
ドイツのIPG Automotive は、ADAS/ 自動運転、パワートレイン、車両ダイナミクス開発のためのソフトウェア・ハードウェア、テストベンチ、エンジニアリングサービスを手がけ、日系を含む多くの自動車メーカー・サプライヤーに利用されている。FOURIN は2018 年3 月にドイツDarmstadt で開催されたOpen House を取材した。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新モデル
新部品


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む