HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
276,000円 +消費税
■半年間(6号分)
150,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約2.2MB

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年5月号 (No.62)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

ライフサイクルアセスメント
ドイツのエネルギーミックスをベースにした試算では、EVはディーゼル車よりもライフサイクルにおけるCO2排出が多い。ドイツをはじめとする欧州ではWell to Wheelやライフサイクルアセスメントの考え方が急速に広まりつつある。EVであれ、コンベ車であれ、サプライチェーンと生産方法を見直し、ライフサイクル全体でCO2を削減しなければならない。
新モデル試乗報告
三菱のDelica D:5 が2019 年2 月にビッグマイナーチェンジされ、発売された。ディーゼル排ガス処理、足回り、前部骨格などの見直しは12 年間に溜まった要改良点を一気に盛り込んだと思われる。エンジンは約5 割の部品を見直した。個性的なフェイスを持ち、走りは上質オールラウンドミニバンになった。

特集

合成燃料(E フューエル)
合成燃料は再生可能資源を用いて生成され、自動車などの燃料として、そのまま、もしくは既存のガソリンやディーゼル( 軽油) に混合して使うことができる。生成過程も含めて大きなCO2 削減効果があり、EV を超える究極のエコ技術という見方もある。欧州の枠組み作りや、E フューエル開発で先行するSunfire の動向などをまとめた。
電動車基幹部品開発
日系自動車メーカーの電動車基幹部品(モータ、PCU、バッテリ)について、開発方針や内外製戦略、技術提携、調達などの動向をまとめた。モータは内製か日系Tier1から、PCUは系列サプライヤーとの共同開発もしくはそこからの調達が多い。バッテリは日系サプライヤーから中国系や韓国系に転注する動きが目立つ。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年4月号 (No.61)

視点

次の競争領域
CASEの激しい波に押され、2019年に入っても技術提携発表が活発である。提携の広がりは技術の相乗りと競争領域の変化を意味する。CASE時代にも、クルマに求められる品質や乗り心地に変わりはなく、伝統的匠の技にデジタル開発などの最新技術を採り入れて、人間が五感で感じる官能品質を極めることが古くて新しい競争領域になるだろう。
Brexit 問題
英国がどのようにEU 離脱(Brexit) をするか、日本の自動車産業にも大きな影響が及ぶ。ホンダが英国工場の2021年閉鎖を発表し、日産は生産計画の縮小を発表した。一方で、日本は2019 年2 月にEU と経済連携協定(EPA) を締結した。米中貿易問題が収まらない中で、日本はEU との協調をさらに進めるべきである。

特集

欧州技術会報告
低燃費で高2019 年3 月、ドイツStuttgart で第19 回FKFS Stuttgart シンポジウムが開催された。パワートレインや自動運転/ADAS、車体/ シャシ、挙動制御、開発生産技術など、様々なテーマで討論が行われた。その中から、ドイツの自動車メーカーとメガサプライヤーの電動パワートレイン戦略、都市圏の電動化のあり方などについてまとめた。
車両分解調査報告
FOURINは米国エンジニアリング会社CaresoftのTesla Model 3の車両分解分析に同席した。Model 3では新プラットフォームを採用。EVの航続距離延長に向けて、高効率なバッテリやフロントモータシステムを採用。これと合わせて、アルミや超高張力鋼板を活用した車体や足回りの軽量化を徹底し、75kWhで最大航続距離520kmを確保した。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年3月号 (No.60)

視点

ドイツ政府による技術開発支援
ドイツ自動車産業を代表する4社(VW/Audi、Daimler、BMW)が、2019年3月1日時点でドイツ政府から受けている研究開発プロジェクトの助成金総額は92,646,147ユーロ(約116億円)である。このうち、2018年1月以降に開始された研究開発プロジェクトについて、そのテーマと助成額をまとめ、ドイツ政府が後押しするドイツOEMの次世代技術を探った。
イノベーションを生み出す土壌
産業分野での日本の世界競争力は想像以上に低い。ビジネス面での柔軟性不足、破壊的アイデア不足、創造的アウトプット不足などが指摘される。しかし、持続的成長には、短期的な利益に直結しにくいイノベーションの促進が不可欠である。質問力と観察力、人との繋がり力、試す力などの行動力、関連付ける力などが大切である。

特集

ターボチャージャ開発者インタビュー
低燃費で高効率なエンジンを目指す上で、ターボチャージャは欠かせない部品となりつつある。ハイブリッド車が増加するこれからの電動化時代、ターボチャージャにはどのような役割が求められるのか。三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社の開発/販売担当者に、ターボ市場の現状と今後のターボ開発見通しなどについて聞いた。
車両分解調査報告
ひろしま産業振興機構が主催するVW Tiguanの車体分解調査に参加した。第2世代TiguanはGolfやPassatと同じモジュールプラットフォームMQBをベースとする。エンジンなどのコア部品だけでなく、他の多くの部品でMQBあるいはVWグループ内での共通化が図られていることを確認。VWの開発・生産コスト削減策の本質が垣間見えた。
スバルとトヨタの技術提携
2018年冬、スバルとトヨタの技術提携による初のプラグインハイブリッド車(PHEV)であるクロストレックハイブリッドが発表された。このモデルの開発にあたり、スバルはトヨタからどのような技術供与を受け、またどのような独自性を打ち出したのか。トランスアクスル構成の解析と発表された性能諸元から、その深層に迫った。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む