HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報
FOURIN 世界自動車技術調査月報

表紙をクリックすると見本誌をご覧になれます

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
276,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約765KB

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN 世界自動車技術調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースや法規ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

「新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業・法規ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要
・日米欧韓先進国とともに、中国、アセアン、インド、中南米、中東欧など新興国の技術関係規格、法規制、インセンティブなどの最新情報を提供します

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2018年11月号 (No.56)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

技術のトレンドとその評価
市場環境や規制、周辺技術、材料価格など様々な要因が変化することによって、技術の評価基準も変化する。例えば、電動化や環境規制によって、エンジンに求められる性能や仕様は変わる。欧州では排ガス規制によって次の評価基準がもたらされようとしている。そのことは新しい技術だけでなく、一度は放置された過去の新技術にも再び光を当てるだろう。
SS 過疎化問題
クルマの燃費改善や住民の高齢化・過疎化などにより、燃料の消費量は減り、地方のSS( サービスステーション) は減っていく。SS が地域からなくなれば、灯油の暖房、各種機器の燃料、車両整備も困難になり、住民の過疎が更に進む、地域が滅びる。地域や関係省庁で対策が考えられているが、クルマ側にも改善すべきことがある。

特集

欧州技術会報告
2018年10月、欧州最大の自動車技術会Aachen Colloquiumが開催された。2023年頃に予定される次世代排ガス基準Euro 7への対応など、2020年代半ばに主力となる多彩なパワートレインの提案がなされた。MHEVなどの電動化技術と内燃機関の燃焼改善の組み合わせが引続き重要である。また、排ガス後処理でも様々な新技術の発表があった。
車体軽量化技術者インタビュー
FOURINはアルミ圧延最大手UACJの技術者に電動車時代に適した車体素材としてのアルミと、今後の開発トレンドについて話を聞いた。EVなどの電動車では、内燃機関搭載車よりも車体軽量化によって得られる燃費改善効果が大きい。UACJは加工の難しいアルミパネル材や電池向け素材など様々なソリューションを提供する。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新モデル
新部品

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2018年10月号 (No.55)

視点

Well-to-Wheel でのCO2 排出削減
ドイツでCNG車の販売が増加傾向にある。CNG市場を牽引しているのはVWグループである。VWはCNGとガソリンのバイフューエルエンジンがWell-to-WheelでのCO2排出削減につながるとみている。既存エンジンと大半の部品を共有するCNGエンジンは再生可能エネルギー由来のガス状合成燃料をそのまま利用できるからである。
地面効果翼機
航空機で高度が翼幅の半分程度になると地面付近で翼下面の正圧による揚力が増え、ダウンウォッシュによる誘導抗力が減る。これにより揚抗比が向上する。この原理を応用した乗り物が地面効果翼機(WIG) である。動力には自動車の内燃機関が適している。空力関係のエンジニア・風洞・CFD を揃える自動車メーカーにも参入の余地がある。

特集

電動車モデル計画
日米欧の乗用車メーカーのプラグインハイブリッド車(PHEV)について、現行ラインアップと2022年までの発売計画についてまとめた。中国のNEV規制や欧州のCO₂排出規制を念頭に、どのメーカーもPHEVの拡充を進めているが、進捗にはメーカーによって大きな差がある。
ホンダのPHEV
ホンダは2018年7月下旬に日本向けのClarity PHEVを発表した。これにより、ホンダが当初から発表していた、ボディを共有する3機種が出揃い、2030年に全販売車の3分の2を目指すという電動車技術の基本仕様(HEV・PHEV・EV・FCV)が全て発表されたことになる。ホンダPHEV特有のパワープラント技術を、トヨタとの比較も交えながら解析する。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新モデル
新部品

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2018年9月号 (No.54)

視点

シェアリングのインパクト
カーシェアリングなどの新しいモビリティサービスは自動車技術にも影響を与える。OTA更新が当たり前になり、スマートキーの機能が高度化・複雑化し、サイバーセキュリティの重要性が増す。大手自動車メーカーは車のIoT化とクラウドを含むデジタルエコシステムの構築を進め、次世代モビリティサービスのプラットフォーマーを目指す。
3 ボックスセダン
日本市場でいわゆる「セダン」の売れ行きは年々減少している。トヨタのCamry は3 ボックスセダンの王道で世界的には好調だが、日本での人気は低い。日本の消費者は「生活者視点」に嵌まり過ぎ、「上質セダン」「官能的な躍動」は届かない。積載性や利便性を高め、走行性能も基本要素的に高い新しい(3 ボックス)セダンを提案してほしい。

特集

電動車モデル計画
世界の主要乗用車メーカーは、これまでに発表したEVモデル計画の履行を着実に進めている。2022年頃までに各OEMがラインアップを計画しているEVを主要ブランド別にまとめた。2019年にNEV規制が開始される中国市場での規制対応をまずは優先する日米勢に対し、欧州勢は中国のみならずグローバル展開も当初から想定する。
モビリティビジネス(MaaS)
世界の主要自動車メーカーは、単なる自動車メーカー(製造者)ではなく、モビリティプロバイダー(サービス提供者)としての活動にも積極的に取り組んでいる。関連ソフトウェアやアルゴリズム技術を持つ会社を相次いで買収し、提携も活発になっている。各社のMobility as a Service (MaaS)戦略の概要と特徴をまとめた。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新モデル
新部品


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む