HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報
FOURIN 世界自動車技術調査月報
発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準48ページ
購 読 料
■1年間(12号分)

240.000円(税別)

■半年間(6号分)

132.000円(税別)

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約2.2MB

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN 世界自動車技術調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースや法規ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業・法規ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要
・日米欧韓先進国とともに、中国、アセアン、インド、中南米、中東欧など新興国の技術関係規格、法規制、インセンティブなどの最新情報を提供します

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2017年6月号 (No.39)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

欧州のエンジン開発
欧州諸都市でディーゼルエンジン車の走行禁止に向けた動きが広がっている。規制に適合するディーゼルエンジンを搭載する新車の販売も下落しはじめた。一部の自動車業界関係者は、この状況に過敏に反応しているが、今必要とされるのは、ディーゼルの燃費性能の高さやWell-to-WheelによるCO2削減という考え方を、もっと多くの消費者に周知し、冷静な購買行動を促すことではないだろうか。
北京の交通環境
北京市宣武門の3月半ば、青空が続く。巨大な城楼と城壁を壊し、広い道路、地縦横の地下鉄と鉄道の地下直径線ができ、交通の要所となり、高層のオフィスビルやマンションが多い。日中、トラックの姿は無い。ナンバーの末尾番号規制で走行車両を減らす。交差点にはパトカーが待機し、違反車両を取り締まる。バスは電動化したが、EV等の新エネ車は見られない。シェアサイクルは増えた。少しずつ青空は増える。

特集

欧州技術会議報告
2017年4月末、オーストリアWienで、エンジンシンポジウムが開催された。Well-to-Wheelの観点でのCO2 削減を多くの登壇者が主張し、パワートレイン開発の軸が引き続き内燃機関であることがあらためて確認された。VWはエンジン開発への巨額投資やCNG戦略を発表。Daimlerは、モジュールパワートレイン戦略と48Vマイルドハイブリッド対応ガソリンエンジンの詳細を発表した。
上海モーターショー EV 技術分析
2017年4月開催の上海モーターショーで、数多くの電気自動車が発表された。これは中国のNEV規制への対応を想定したものであり、VWやAudiはコンセプト車を発表している。ここでは、構造や諸元情報などが公開されたVW I.D.CROZZ ConceptとAudi e-tron Sportback Conceptの詳細を分析するほか、部品メーカーの電動システムも分析する。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
法規/規制
中国発 新技術
部品トレンド分析

短信

産業 ・ 法規
新モデル
新部品

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2017年5月号 (No.38)

視点

電動車の効率改善提案
世界的な環境規制の強化を背景に自動車各社がEV等の開発・普及に取り組む中、航続距離の延長が課題となっており、関係各社がモーターやバッテリーの高性能化を進めている。変速機については、機械損失の軽減や重量増等の問題で1段式(減速機)が主流となっていたが、近年ではそのデメリットを小さくできる技術が出てきており、EVの電費改善に向けて複数段変速機の採用メリットも出てくると考えられる。
クルマの若者離れ
若者にとってクルマは支出に見合うメリットは無いようだ。先進装備が充実し高価格イメージが浸透する。一方、若者はモータースポーツにも関心が薄れていき、母親は幼児の自転車送迎に苦労している現実がある。自動運転で更に高価格になり、クルマは若者から離れて行き、自動車工業は停滞する。若者に向けクルマでしか出来ない面白さを創り、現実問題を解決する必要がある。

特集

Tesla Model X コスト分析
TeslaはSUVの市販EVモデルであるModel Xを市場に投入した。Model Xでは、高い走行性能を実現するとともに、最新の安全運転支援システムを搭載する。電池やモーター等のコア技術で、他モデルとの共通化や汎用部品の活用など、既存技術の応用を徹底しコストを削減。開発資源をコネクテッドや運転支援技術に集中しプレミアムEVモデルとして付加価値を高めている。
Audi Q8 分析
Audiは2017年1月のDetroitショーと同年3月のGenèveショーでSUVモデルQ8のコンセプトモデルを発表した。1月と3月ではパワートレインが異なっており、それぞれPHEVと48Vマイルドハイブリッドシステムを発表。Q8はPHEV、48VモデルともにQ7などの既存ユニットを一部流用していることから、既存モデルとQ8でパワートレインシステムの比較検証を行った。
多段AT 比較
2017年春までにGM、Ford、トヨタの縦置きFR用の10速ATが出揃ったため、3社のそれぞれでトランスミッションの構成やギアレシオなどの基本性能を比較分析を行う。その結果、3社ともに直結段は7速であり、FRのレイアウト上、比較的似たギアレシオ構成となっている。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
法規/規制
中国発 新技術
部品トレンド分析

短信

産業 ・ 法規
新モデル
新部品

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2017年4月号 (No.37)

視点

日本部品産業の成長指標
日本自動車産業は、欧米回復や中国の拡大を背景に、2016年も世界生産は過去最高を更新した。だが、日本自動車部品産業の国内向けと海外向け部品出荷金額は、リーマン・ショック直前にピークを記録して以来停滞。要因に、海外拠点育成に伴う生産移管や海外拠点からの部品輸入、第三国輸出拡大が考えられるが、詳細な実態は不明である。海外生産台数が国内の倍を超える今後、海外拠点の部品出荷を含め、産業趨勢を推し測る新たな成長指標の獲得が求められている。
Trump Risk 対策提案
Trump米国大統領は、米国第一主義の政策に沿わない場合、高関税等の報復措置を設けると言う。自動車工場の建設場所の問題以外には対日貿易赤字問題がある。その要因に米国での日本車大量販売を挙げている。一方、日本での米車販売不振は非関税障壁の可能性があるとする。そこで、日本で一般に不評な米車販売事業を成立させるための戦略・組織を考える。

特集

電動パワートレイン
電動車開発が本格化する中で、モーターやパワーコントロールユニット、減速機を統合した機電一体型の電動パワートレインの開発・採用が、自動車メーカーやパワートレインサプライヤーの間で進んでいる。基幹部品を統合し、小型化・軽量化することで、コストの削減とともに電動車の電費を改善し、航続距離を延長する。日米欧韓の主要各社の動向を採り上げる。
VW のEV 専用プラットフォーム
VWは2016年1月に新しいシャーシモジュールModular Electric Toolkit (MEB)を採用したミニバンコンセプトを発表。2016年9月にはMEBを採用したコンパクトハッチバックとして「I.D.」を発表。さらに2017年1月には、再びミニバンとして「I.D」のバリエーションを発表。これらを一望して、VWのEV専用プラットフォームMEBについて俯瞰する。
ZF の新型変速機
2016年に発表・発売のPorsche Panameraに採用・搭載されたPHEV・後輪駆動・全輪駆動共用の8速DCTについて、2017年2月に、改めてZFより発表があったことを受けて、詳細に解説する。V8ターボ+PHEVへの展開まで可能であり、今後VWグループのMLBプラットフォーム(縦置きエンジン用)に順次搭載されていくことも想定される。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
法規/規制
中国発 新技術
部品トレンド分析

短信

産業 ・ 法規
新モデル
新部品


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む