HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
276,000円 +消費税
■半年間(6号分)
150,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約2.2MB

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年11月号 (No.68)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

PSA とFCA の経営統合
PSAとFCAが経営統合で合意し、世界第4位の自動車メーカーが誕生する。弱者連合との見方もあるが、過度の欧州依存を脱却したいPSAと、フリート平均CO2を削減したいFCAの思惑が一致した結果である。統合により共通プラットフォームCMPのグローバル展開が始まり、世界のBセグメント廉価EV開発競争を激化させる可能性がある。
モビリティサービス
日本でもMaaS (Mobility as a Service) 実現に向けた投資や実証実験が活発になってきた。MaaS を定着させるには、①MaaS で実現する社会像を行政が示すこと、②利用者の目に見えるメリットを作ること、③リアルタイムで精度の高い交通情報を提供すること、④高齢者移動や地方の過疎化など多くの社会問題を解決することが必要である。

特集

欧州技術会報告
2019年10月、欧州最大の自動車技術会Aachen Colloquiumが開催された。Microsoftは基調講演で自動車産業が総ソフト化すると述べた。自動車メーカーではマツダが存在感を示した。MAHLEはライフサイクルアセスメント時代の世界市場の主力はPHEVになるとした。電動化を前提とする技術の報告が目立った。
TMS 2019
2019年秋、東京モーターショー(TMS)が開催された。各社が2020年代の主力となる新モデルや技術を出展した。若者の車離れや消費税増税など日本市場の環境が厳しい中、消費者の囲い込みを目指し、各社は環境性能や安全性能の進化を前提とした上で、自動車ならではの魅力について重点的にアピールした。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年10月号 (No.67)

視点

モビリティ転換とエネルギー転換
かつて人々に幸福をもたらす存在であった車は、今ではネガティブな存在として捉えられている。2019年9月のIAA2019周辺でも自動車産業批判が例年以上に繰り広げられた。モビリティ転換とエネルギー転換を同時に迎えている現在の世界において、自動車産業が貢献できる現実的な技術とソリューションを、より積極的に発信すべきである。
日韓問題と自動車産業
世界市場で韓国車のシェアは減少している。商品力低下、労使問題、委託生産終了、米中貿易摩擦、米国の自国主義、日韓問題等が直接的・間接的に影響している。韓国自動車産業は日本にとって地理的・技術的・生産能力的に重要な相手である。相互利益の戦略「先読み」で、地経学的リスクによる損害を拡大させず、未来を捉えたい。

特集

パワートレインと燃料・潤滑油の国際会議
2019年8月末、パワートレインと燃料・潤滑油の国際会議(2019 JSAE/SAE Powertrains, Fuels and Lubricants International Meeting)が京都で開催された。世界から約800名が一堂に会し、今後のパワートレイン研究開発の方向性について、報告と議論を行った。参加者からはゼロエミッションに向けたさまざまな提案がなされた。
IAA Frankfurt 2019
欧米自動車メーカー2019年9月、ドイツでFrankfurtモーターショー(IAA)が開催された。トヨタやRenaultなどの不参加により、出展社数は前回より2割減少した。VWはMEB第1号となるID.3を、Porscheはブランド初のEVとなるTaycanを世界初公開した。EVだけでなくPHEVやMHEVなど電動車の出展が多く、サプライヤーも電動車関連部品をアピールした。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年9月号 (No.66)

視点

低成長期の技術開発
世界の自動車新車販売市場は高成長期から低成長期へと移行しつつある。低成長期には企業間競争が激化し、競争力格差が明確になる。技術開発投資に余力がなくなることは必至である。CASEの波で開発課題が増加するなかで、技術の選択と集中、他社との提携戦略がいっそう問われることになる。
日産の経営再建とその鍵を握る技術
日産の2019 年上半期決算は大幅減益となった。生産拠点見直しと人員削減、および不採算商品打ち切りを発表したが、今後は製品更新が必要である。日産には電動車と運転支援システムという技術の柱がある。効率のよいマイナーチェンジで、これらを展開すれば業績は上向く。これらの技術を他社にも広める戦略も良い。

特集

デザイナーインタビュー
SUBARUはデジタルツールを駆使した独創的なデザイン戦略を展開している。SUBARUの主なターゲットであるライフアクティブ層に受けるデザインはどのように構築されているのか。デジタルツールによるデザイン活動の一端を知るために、FOURINはSUBARUのデザイン部長を務める石井 守氏に話を聞いた。
ハイブリッド製品計画
欧米自動車メーカー(OEM)のハイブリッド車(PHEV/HEV/MHEV)製品計画をまとめた。欧州系は1モーターPHEVを軸に補完的にMHEVを投入する。10年ほど前から2モーターPHEV/HEVを進化させてきた米系では、Fordが2020年以降に最新世代の投入を開始するのに対し、GMの戦略はやや控えめである
無段変速機(CVT)
ダイハツは2019年6月、DNGA(Daihatsu New Global Architecture)と、これに対応する3気筒エンジンと無段変速機(Dual Mode CVT、D-CVT)を発表した。D-CVTはトヨタグループの軽自動車と小型車(FF)をカバーする。オイルポンプ小型化や伝達効率向上、構成要素数削減などさまざまな改善を施した。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む