HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
276,000円 +消費税
■半年間(6号分)
150,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年9月号 (No.78)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

5G
2020 年8 月、米国国務省は5G Clean Network を発表した。2020 年11 月の大統領選挙を控え中国通信関連企業への米国政府の攻撃はエスカレートする一方である。自動車メーカーが5G 機能搭載車をグローバル展開する際の足かせとなる。さらに、自動車メーカーには通信企業の標準必須特許(SEP) 権利者との交渉も立ちはだかる。
スズキのハイブリッド
スズキが今春マイナーチェンジしたSwift-HEVを試乗した。①高圧縮比エンジン、②ISGと12V電池を組み合わせたMHEVに加えて、③AMTに駆動用モーターを用いる独特の3階建てパラレルハイブリッドである。「乗りこなす工夫」がおもしろい。さらに燃費を向上させ、世界に誇る個性的なクルマを極めてほしい。

特集

日系自動車メーカーのエンジン開発
主な日系自動車メーカーのエンジン開発動向をまとめた。各社は電動化技術と並行して引き続きエンジン開発にも力を入れている。世界の環境規制の強化で全域λ=1やコールドスタートなど課題が増えており、各社は可変圧縮比や副燃焼室、電気加熱式触媒(EHC) など、さまざまな新技術を検討中である。
ドイツ系メガサプライヤーのパワートレイン戦略
ドイツ系メガサプライヤー3社のパワートレイン戦略をまとめた。各社ともにEアクスルなどの電動化技術に注力しつつ、エレクトロニクスやソフトウェアの開発を重視。ソフトウェア部門を統合し、横断的なシステム開発を強化して、自動車メーカーへの提案力を高めている。日系自動車メーカーとのビジネスも年々増加傾向にある。
ZF の8 速AT
ZFの8HPは、2008年から生産されているFR車用8段変速自動変速機シリーズである。各種改良を経て、現在は第3世代である。2022年には第4世代の量産を開始予定で、既にBMWとFCAなどから大量受注を得ている。8HPのこれまでの進化と第4世代8HPの基本構造および技術的特長を分析する。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年8月号 (No.77)

視点

新冷戦と半導体
米中貿易摩擦は長期化の様相を呈してきた。原因の一つである半導体分野では汎用IP からアプリケーション固有IP へ市場の主役が変わりつつある。摩擦の長期化と市場の変化は日本にとって好機である。自動運転やサイバーセキュリティなど車載に特化した高性能半導体IP をベースとするSoC(System on a Chip)の開発が急がれる。
中国の無人物流
2020年2月、新型コロナ感染対策で外出規制が敷かれていた北京市の公道に、新石器慧通科技(NEOLIX)の4小型無人配送車が、医薬品運搬、食品配達、防犯警備、道路消毒などの用途で投入された。百度(Baidu)の自動運転開発Apollo計画の一環である。「クルマ」の役割や形態を大きく変える動きとして注目される。

特集

Vitesco Technologies
Continental のパワートレイン部門であり、2021 年以降に分社化を予定するVitesco Technologies の担当者に、同社のパワートレインビジネスの現状と今後、そして次期欧州排ガス規制への対応で注目される電気加熱式触媒(EHC)の特長と効果、さまざまな応用可能性について、話を聞いた。
BOCAR
メキシコのBOCARは2014年のMercedes C-Classへの車体構造部品供給で躍進し、今や北米EVメーカーにも電動アクスル用モーターステータハウジングを供給するなどグローバルサプライヤーに成長した。世界の大手自動車メーカーからBOCARの技術が選ばれる理由や、その生産工程、品質管理体制などについて、話を聞いた。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年7月号 (No.76)

視点

自動運転レベル4
自動運転関連の業界再編が進展している。自動車メーカーやスタートアップが財務悪化に苦しむ一方で、GAFAなど巨大ITはコロナ下で業績を伸ばし、無人物流をはじめとする自動運転レベル4開発に本腰を入れる。乗用車メーカーにとっては、研究開発の選択と集中によって堅実に自社の強みを伸ばすべき時代が到来しつつある。
新常態によるCASE 変革
新型コロナは世界に「新常態」をもたらした。これまで開発されてきたCASEが不要になることはないが、その役割は変わる。感染者や必要物資のトレーサビリティやMaaSによる移動は必要である。人員移送のための無人EVタクシーや、生活物資や医薬品を配送する小型無人EV配送車のニーズが高く、中国では運用が始まった。

特集

Tesla
2020 年6 月に株式時価総額で自動車メーカー首位に立ったTesla の技術とサービスを導入予定のものも含めて整理する。量産経験の浅いTesla の成長を支えているのは、世界のサプライヤーがもたらす各種の先進技術である。常識にとらわれないTesla の技術戦略は、既存の自動車メーカーの戦略にも影響を与えている。
生産技術
Tesla のSoC 登場で、自動運転制御用AI の開発について半導体ベンダーが提供する半導体チップを活用することを前提に考えていた世界の自動車メーカーや部品メーカーは、自動運転技術戦略の見直しを迫られることになった。彼らのSoC 開発をサポートするCadence に前号に続いて話を聞いた。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む