HOME > FOURIN 世界自動車調査月報
FOURIN 世界自動車調査月報

表紙をクリックすると見本誌をご覧になれます

発 行
■毎月10日
体 裁
■A4判、標準66ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
240,000円 +消費税
■半年間(6号分)
132,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約0.8MB

グローバルな視点から世界自動車の競争焦点を探る

 世界の主要自動車各社は2020年の自動車市場が1億台まで拡大することを前提に、世界各地で生産能力を増強する計画で、VW グループ、GM、Renault/日産の3グループの生産能力は2020年に1,400万台水準となる見通しです。しかし、中国市場の失速、ブラジル、ロシア市場の低迷の長期化により、能力計画は見直される可能性もあります。1億台のうち多くは内燃機関車ですが、VWのDE排ガス不正問題を受け、低公害車対策上有利と見られてきたディーゼル車への信頼が揺らぎつつある今、電動車へのシフトが急速に進み、電動車普及が加速する可能性が出てきました。IoT(Internet of Things)社会を見据えた技術革新、大都市化なども追い風となります。
 FOURIN世界自動車調査月報は世界の自動車市場の動向、欧米自動車メーカーの戦略をまとめています。また通年の世界自動車生産・販売実績をまとめつつ、世界生産・販売の9割を占める主要各国の月次統計も掲載しています。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN 世界自動車調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車調査月報の構成

視点(各号1~3ページ):

世界の自動車産業トレンドおよび市場動向を分析する視点を執筆陣が書き下ろします。

特集:標準2本17ページ

世界の自動車産業を巡る戦略課題についての、地域別、国別、メーカー別調査分析レポート。世界の生産・販売シェア動向、世界自動車メーカー、部品メーカーの経営動向、世界の環境・安全規制動向等を、現地取材を交えてレポート。毎号2〜3本のレポートは、主に世界および米州、欧州の地域からサポートします。
・世界、自動車メーカー別ブランド別自動車生産・販売動向
・世界、自動車メーカートップ15社の収益・業績比較
・世界、自動車部品メーカートップ100社の業績ランキング分析
・北米市場または西欧市場のモデル別・セグメント別トレンド分析
・中南米や中・東欧主要国の自動車生産・販売成長トレンド
・ブラジル、ロシア等BRICsレポート

北米レポート:標準5本10ページ 

■ 世界主要自動車メーカーの経営動向を定常分析
米国、カナダ、メキシコの自動車産業と北米における自動車メーカーの経営動向レポートを、現地取材を交えてレポート。
GM、Ford、Chrysler、商用車メーカー等の経営動向レポート:経営・業績・財務、生産・設備計画、販売・販売計画、部品調達、製品・ブランド、世界戦略、提携戦略など
自動車産業レポート:各国市場・販売トレンド、自動車産業トレンドなどを分析。

欧州レポート:標準6本12ページ

ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、中東欧・ロシア、その他の欧州の自動車産業と欧州における自動車メーカーの経営動向レポートを現地取材を交えてレポート。
VWグループ、Daimler、BMW、Porsche、PSA、Renault、Fiat、欧州Ford、Opel、商用車メーカー等の経営動向レポート:経営・業績・財務、生産・設備計画、販売・販売計画、部品調達、製品・ブランド、製品技術、世界戦略、提携戦略など
自動車産業レポート:各国市場・販売トレンド、自動車産業トレンドなどを分析。

中南米・大洋州・中近東・アフリカ地域レポート:2本4ページ

中南米・大洋州と中近東・アフリカ地域について、毎号それぞれ自動車市場・生産動向をレポート。

部品レポート:2本4ページ

毎号北米および欧州の部品メーカーを一社ずつ取り上げ、世界主要自動車部品メーカーの経営動向をレポート。経営戦略、製品・技術戦略、海外事業展開などの経営分析を掲載します。
北米系メーカー:Delphi, Visteon, Dana, JCI, Lear, Magna, TRW, BorgWarner, 等
欧州系メーカー:Bosch, Continental, ZF, Valeo, Faurecia, GKN, Autoliv, 等

環境・安全・通信技術動向レポート:1本2ページ

最新の環境・安全技術について、部品分野別に業界動向をレポートします。

国別車種別月間製販台数統計:標準17ページ

各国の自動車工業会から直接、統計データの提供を受け、世界の月別車種別自動車生産・販売台数を掲載します。生産については世界27カ国、販売については世界49カ国の速報値を収録。毎号、世界の最新トレンドが把握できる総括表を掲載。
世界自動車生産・販売総括表にて毎号月次の世界自動車生産・販売のトレンドを分析。
主要自動車メーカーの世界51ヵ国における毎月の地域別自動車販売台数・シェアを掲載。
■ 世界27カ国地域別国別車種別月次自動車生産台数
掲載国:米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、ベルギー、ポルトガル、スウェーデン、チェコ、ルーマニア、ロシア、トルコ、中国、韓国、台湾、インド、パキスタン、タイ、インドネシア、マレーシア、日本、オーストラリア
■ 世界49カ国地域別国別車種別月次自動車販売台数
掲載国:米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ベネズエラ、ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、オランダ、ベルギー、オーストリア、スイス、ポルトガル、デンマーク、スウェーデン、アイルランド、ギリシャ、フィンランド、ノルウェー、ルクセンブルグ、アイスランド、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ロシア、ウクライナ、トルコ、中国、韓国、台湾、インド、パキスタン、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、日本、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、エジプト
■ 世界主要自動車メーカーの地域別販売台数・シェア動向
掲載メーカー: トヨタグループ、GM、Fordグループ、VWグループ、Renault/日産、ホンダ、現代/起亜、PSA、Fiat/Chrysler、スズキ、Daimlerグループ、BMWグループ、三菱自

FOURIN 世界自動車調査月報 2017年6月号 (No.382)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP
Ford CEO交代
2017年6月1日付けでFordのMark Fields CEOが解任された。唐突な印象もあるが、後継のJim HackettがITに精通し、リストラなどの実績もあることから、CEO交代はFordがこれまでの戦略をより積極的に、スピーディに進めるために行ったと考えることができるのではないか。

Special Reports

世界自動車販売
2016年の世界88ヵ国の自動車販売台数(推計含む)は、前年比4.5%増の9,369万台となった。最大市場の中国での市場拡大や、西欧市場の回復が牽引した。国別では中国が2,803万台で首位、米国が1,787万台、日本が497万台で続いた。グループ別では、VWが同3.2%増の1,009万台で首位となった。
DE排ガス不正問題
小型自動車向けディーゼルエンジンの排ガス不正を巡る問題が再燃、FCA、GM、Daimler、Renault、PSAへの疑惑が浮上している。EUは同様の不正の再発防止策として、新車認証時の不正が発覚した場合の罰金を1台当たり最大3万ユーロとする新案を2017年5月に競争力担当理事会で可決した。
電動車
環境規制への対応策や自動運転技術の搭載に向けて電動車戦略が転換期を迎えている。販売価格を3万ドル程度に抑えたBEVの投入が主流になりつつあり、北米では他社に先行する形でGMがChevrolet Boltを投入。2017年内にTeslaも同様の車種を発売する予定である。

North America

米国
北米

Europe

ドイツ
英伊西
中東欧・CIS

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

Supplier Reports

北米系
欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表(生産 2017年1月、販売 2017年2月)
生産
世界27ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車生産台数(2016年1~12月、2017年1~4月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、地域別販売台数・シェア動向(2017年2月)
販売
世界49ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車販売台数(2016年1~12月、2017年1~4月)

FOURIN 世界自動車調査月報 2017年5月号 (No.381)

米GM の欧Opel 売却
GMはOpelの売却を決定。欧州よりも収益が大きい北米や中国を重視、自動運転などの戦略分野への投資を優先する方針を明確化。グループの乗用車PF開発を担うOpelを手放しても、次世代技術開発体制に影響は無いとの考えである。

Special Reports

世界自動車生産
2016年の世界50ヵ国の推定自動車生産台数は、前年比4.5%増の9,649万台と7年連続で増えた。南米、ロシアなどは低迷が続いているが、中国が3年ぶりの二桁増、北米と西欧が過去最高水準となったほか、インドが続伸、ASEANが回復に転じた。
欧州自動車生産
欧州10ヵ国の2016年自動車生産台数は、推定で前年比2.5%増の1,924万台。2013年以降4年連続で回復し、ピークである2007年の2,000万台水準まで戻りつつある。ドイツ、スペイン、英国が過去最高水準となり、チェコ、スロバキアなど中・東欧でも増えた。
機電一体型パワートレイン
燃費規制対応を主眼としたEV開発の本格化で、モーター、減速機、インバーター/パワーモジュールを統合した機電一体型パワートレインの採用が進みそうだ。部品メーカーには一体的なシステム開発力の強化が求められ、他社との協業や、買収による業界再編が活発化している。

North America

米国
加・墨

Europe

欧州
中東欧・CIS

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

Supplier Reports

北米系
欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表(生産 2016年12月、販売 2017年1月)
生産
世界27ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車生産台数(2016年5~12月、2017年1~3月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、地域別販売台数・シェア動向(2017年1月)
販売
世界49ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車販売台数(2016年5~12月、2017年1~3月)

FOURIN 世界自動車調査月報 2017年4月号 (No.380)

ラグジャリーSUV
ラグジャリーカーの世界でもSUV もしくはCUV へのシフトが加速している。高級・大型SUV セグメントでは、従来のラグジャリーラインであるE1、E2、高級セグメントほど独3 ブランドが強くなく、大差を付けられていた他のブランドにとっては差を縮める絶好の機会が到来している。

Special Reports

北米3ヵ国自動車生産
北米3 ヵ国での自動車生産台数は、2 年連続で過去最高を更新。2016 年の小型トラック比率は62.1% となり、5 年で7.3 ポイント高まった。米国では、強化傾向にある環境規制などに伴う市場拡大を見込み、低価格の小型EV やCUV のPHEV 設定など電動車に対する生産投資が活発化している。
西欧乗用車市場セグメント分析
2016 年の西欧の乗用車セグメント別販売についてまとめた。小型SUV セグメントは過去21 年連続で市場規模とシェアが拡大、2016 年には市場規模296.3万台、市場シェア21.3% となり、初めてセグメントトップとなった。小型と高級・大型を合計したSUV 市場は362.4 万台となり、西欧でも主流セグメントとなっている。
PSAのOpel買収
PSAは2017年3月にGM欧州事業を担うドイツOpelの買収を発表した。買収によりPSAグループは欧州自動車販売台数で、VWグループに次ぐ2位の自動車メーカーとなる。買収額は欧州金融事業と合わせて計22億ユーロ。PSAは製販規模拡大でスケールメリットによるコスト削減でOpel黒字化を目指す。

North America

米国
加・墨

Europe

ドイツ
フランス
欧州
中東欧・CIS

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

Supplier Reports

北米系
欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表(生産 2016年11月、販売 2016年12月)
生産
世界27ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車生産台数(2016年5~12月、2017年1~2月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、地域別販売台数・シェア動向(2016年11月)
販売
世界49ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車販売台数(2016年5~12月、2017年1~2月)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む