HOME > 広州国際モーターショー 2017
広州国際モーターショー 2017
「写真速報」(フォーイン現地取材班より)

会場内の様子

会場の入り口

会場の入り口

会場内の様子

会場内の様子

2017年11月17日、第15回広州国際モーターショーが開幕した。中国では、2019年からメーカー各社にNEV(PHEV・EV・FCEV)の生産を義務付けるNEV規制の実施が決定したこともあり、今回のモーターショーではメーカー各社が新エネ車を多数出展。1,000台の展示車両のうち、約130台がNEVとなり、各社の製品戦略が明らかになった。

日系メーカーでは、トヨタがEVのコンセプトカーを発表。トヨタは2020年に、中国市場に日本で開発したEVを現地合弁会社で生産・販売する予定を明らかにした。また、Corolla PHEVとLevin PHEVのほか、FCEVのMIRAIも展示し、技術力をアピールした。EVで先行する日産は、日本で2017年9月に発表の新型LEAFを中国初公開した。欧米系メーカーでは、BMWが5シリーズのPHEVモデルを展示。Fordは新型MondeoのPHEVを公開するなど、PHEVの出展が目立った。VWはモーターショー前日に現地合弁会社とともに2025年までの間にeモビリティに100億ユーロ以上を投資することを発表、現地でEV事業を本格展開する姿勢を示した。中国系メーカーでは、上海汽車がコネクテッドカーでEVの栄威Ei5を発表。北汽新能源は2ドアのコンパクトEVとなるLITEを発売した。

新エネ車以外では、トヨタが2018年半ばに投入予定の「IZOA/C-HR(新開発2.0ℓGE搭載のTNGA第2弾)」のコンセプトカーとなる豊巣WAYを展示。ホンダはAcuraブランドから同ブランド初の現地生産セダンであるTLX-Lを展示した。マツダはCX−3の中国輸入販売価格を初公開した。この他、Jaguarが現地生産のXELを発表し、Skodaが2018年上期に投入するMQBプラットフォームベースのKAROQを中国初公開した。中国メーカーは複数のSUV新製品を披露。吉利汽車は遠景S1を発売、傘下の高級ブランドLYNK&COはLYNK&CO 01を展示した。奇瑞汽車はEXEED TX、上汽GM五菱は、2018年発売予定のSUVモデル宝駿530を展示した。SUV製品の販売好調で知られる長城汽車の哈弗ブランドは新製品のH4を初公開した。

2018年11月20日現在

日系

一汽トヨタの発表を待つ報道陣

一汽トヨタの発表を待つ報道陣

広汽トヨタ、TNGAを適用した第8代目Camry 中国初公開。

広汽トヨタ、TNGAを適用した第8代目Camry 中国初公開。

一汽トヨタのEVコンセプト

一汽トヨタのEVコンセプト

トヨタのコンセプトカー 豊巣WAY

トヨタのコンセプトカー 豊巣WAY

Acura TLX-L

Acura TLX-L

日産LEAF

日産LEAF

欧米系

BMW 5シリーズ PHEV 世界初公開。

BMW 5シリーズ PHEV 世界初公開。

Jaguar XEL

Jaguar XEL

Skoda MQBプラットフォームベースのKAROQ 中国初公開。

Skoda MQBプラットフォームベースのKAROQ 中国初公開。

長安Ford Mondeo PHEV

長安Ford Mondeo PHEV

中国系

上海汽車 コネクテッドEV栄威Ei5

上海汽車 コネクテッドEV栄威Ei5

北汽新能源 2ドアEV LITE

北汽新能源 2ドアEV LITE

吉利汽車 遠景S1

吉利汽車 遠景S1

奇瑞汽車 EXEED TX

奇瑞汽車 EXEED TX

上汽GM五菱 宝駿530

上汽GM五菱 宝駿530

長城汽車 哈弗ブランドH4

長城汽車 哈弗ブランドH4