HOME > インドネシア国際モーターショー 2014
インドネシア国際モーターショー 2014
「写真速報」(フォーイン現地取材班より)

会場入口の様子

第22回インドネシア国際モーターショー会場メインエントランス前

第22回インドネシア国際モーターショー会場メインエントランス前

会場入口

会場入口

開幕前にモーターショーを成功するために円陣を組むRenaultスタッフ

開幕前にモーターショーを成功するために円陣を組むRenaultスタッフ

会場風景

会場風景

記者発表を待つトヨタブース

記者発表を待つトヨタブース

記者発表後にBMW i8を撮影する記者

記者発表後にBMW i8を撮影する記者

インドネシア国際モーターショー開幕!各社の販売戦略に差異も

第22回インドネシア国際モーターショー(IIMS)が2014年9月18日、インドネシアのJakarta International EXPOで開幕した。トヨタやホンダ、ダイハツ、日野など日系を含め自動車メーカー35社が出展し、インドネシア政府が推進するLCGC適合車や人気が高いMPV、SUVを主軸に据えた展示となった。会期となる9月28日まで、自動車メーカーが展示即売会を行う他、デンソーやクラリオンなどの部品メーカーも自社製品の魅力を来場者にアピールする。

モーターショー会場での記者発表をみると、LCGCが主力となった前回(2013年)に対して、高価格帯のMPVやSUVなどの展示に力を入れる日系メーカーも目立ち、各社の次の戦略を伺わせる内容となっていた。主力車種を展示するブース中央に、トヨタがRAV4、ホンダがHR-V(日本名:ヴェゼル)、日産がX-Trail、三菱自がDelicaを据えた。一方、LCGCでは、Datsunが日産とは別にブースを構えた他、スズキがKarimun WagonR GSを発表。このほか、ダイハツは新型Copenを目玉に、マツダは新型Mazda2(日本名:デミオ)を日本市場に続き発表するなど、インドネシア市場で人気の高い小型車に軸足を置いた。

市場規模としては依然として小さいが、高級車メーカーも展示に力を入れた。Mercedes-BenzやBMW、Audiはほぼフルラインアップとなった他、InfinitiやAlfa Romeo、Jeep、Jaguar、Land Roverなども主力製品を展示した。

これまで市場への積極参入を図っていた韓国の起亜は、既存車種の展示にとどめた。記者発表後に、起亜の理事(取締役)に話を聞くと、「10月に新大統領に就任するJoko Widodo氏の政策を見た上で、次の一手を考えるため」と説明した。大統領就任後に燃料価格引き上げ等が予測されるなど、政府政策の先行きが不透明であることから、今後の方向性を見極めた上で投入車種を決め、市場攻略を図る方針。今回は既存ラインアップにとどめ、来場者に魅力ある起亜車の性能をアピールする機会とした。

展示即売会となるモーターショーの昨年の成約額は、過去最高となる前年比7%増の4.9兆ルピア(約500億円)。販売台数は1.9万台、来場者数は37.4万人。2014年は、昨年を上回る成約額を目指している。

2014年9月19日現在

日系メーカー

全面改良して投入するトヨタRAV4

全面改良して投入するトヨタRAV4

トヨタFV2、2013年に東京で発表された1人乗りコンセプト

トヨタFV2、2013年に東京で発表された1人乗りコンセプト

トヨタAgya Furious、市販車とはバンパーやグリルのデザインが異なる

トヨタAgya Furious、市販車とはバンパーやグリルのデザインが異なる

ホンダHR-V(日本名:ヴェゼル)をインドネシア初公開、東南アジア初投入となる

ホンダHR-V(日本名:ヴェゼル)をインドネシア初公開、東南アジア初投入となる

ホンダ、インドネシアで快走が続くMobilioも展示

ホンダ、インドネシアで快走が続くMobilioも展示

ダイハツCopen、黄色のモデルはカーボンパーツを用いた

ダイハツCopen、黄色のモデルはカーボンパーツを用いた

ダイハツのMPVコンセプト車のUFC3

ダイハツのMPVコンセプト車のUFC3

ダイハツ、SUV Concept(7人乗り)

ダイハツ、SUV Concept(7人乗り)

全面改良の日産X-Trail、LEDヘッドランプやアラウンドビューモニターを搭載

全面改良の日産X-Trail、LEDヘッドランプやアラウンドビューモニターを搭載

若者に人気の高い日産Juke

若者に人気の高い日産Juke

スバル、全面改良したWRX STI

スバル、全面改良したWRX STI

スバルはForesterのカットモデルを展示

スバルはForesterのカットモデルを展示

日産が力を入れるLCGCモデルとなるDatsun Go Panca

日産が力を入れるLCGCモデルとなるDatsun Go Panca

日本に続く投入となる新型Mazda2(日本名:デミオ)、2014年11月にも事前予約開始

日本に続く投入となる新型Mazda2(日本名:デミオ)、2014年11月にも事前予約開始

ファミリー層を意識し発表した三菱自Delica

ファミリー層を意識し発表した三菱自Delica

日野は700シリーズトラックなどを展示

日野は700シリーズトラックなどを展示

欧米系/韓国系/インドメーカー

ほぼフルラインアップを揃えたMercedes-Benz、Sクラス等を展示

ほぼフルラインアップを揃えたMercedes-Benz、Sクラス等を展示

AudiはQ7等を展示し、ほぼフルラインアップとなった

AudiはQ7等を展示し、ほぼフルラインアップとなった

BMWは外会場に個別に建物を設置し、各種ラインを揃えた

BMWは外会場に個別に建物を設置し、各種ラインを揃えた

外会場に個別に建物を設置したMini

外会場に個別に建物を設置したMini

悪路での走行が可能であることを強調したLand RoverのDefender

悪路での走行が可能であることを強調したLand RoverのDefender

家族向け販売を強化するFordは安全性を強調するためにEco Sportのカットモデルも展示

家族向け販売を強化するFordは安全性を強調するためにEco Sportのカットモデルも展示

Fiatは500Cなど展示

Fiatは500Cなど展示

インドネシアでの販売に力を入れるChevrolet Activ

インドネシアでの販売に力を入れるChevrolet Activ

Renaultはインドネシア市場に積極参入へ、Megane等を展示

Renaultはインドネシア市場に積極参入へ、Megane等を展示

シェア拡大を図るVWはTouran等を展示

シェア拡大を図るVWはTouran等を展示

家族でレジャーに出かける雰囲気を演出した現代自Santa Fe

家族でレジャーに出かける雰囲気を演出した現代自Santa Fe

既存車種を中心に揃えた起亜はMorning等を展示

既存車種を中心に揃えた起亜はMorning等を展示

インドネシア市場でシェア拡大を図るTataはAria等を展示

インドネシア市場でシェア拡大を図るTataはAria等を展示

救急車として活用も可能であるとアピールしたTataのSuper Ace

救急車として活用も可能であるとアピールしたTataのSuper Ace

フォーインブース

多くの来場者が訪問したブース

多くの来場者が訪問したブース

自動車産業の現状を聞きに来る来場者も目立った

自動車産業の現状を聞きに来る来場者も目立った