HOME > ソウルモーターショー 2017
ソウルモーターショー 2017
「写真速報」(フォーイン現地取材班より)

会場

ソウル郊外にあるKINTEX

ソウル郊外にあるKINTEX

会場内の様子

会場内の様子

Seoul Motor Show 2017が2017年3月31日にソウル特別市の中心部からクルマで1時間弱の場所に位置する国際展示場KINTEXにおいて開幕した。また、開幕に先立つ3月30日に設定されたPress Dayには、韓国国内メディアを中心に多くの報道陣が集まった。“Design the Future, enjoy the moment”がテーマの今回のショーには、現代自や起亜といった9つの韓国ブランドに加えて、18の欧米日系ブランドが参加しており、合計27ブランドが約300の主力製品をアピールした。また、部品やアクセサリー、IT関連、チューニングといった自動車関連分野から194社が参加した。

主催者によると、今回展示された乗用車243モデルのうち50車種が環境車となった。内訳は、ハイブリッド車23車種、EV 14車種、プラグインハイブリッド車9車種、燃料電池車3車種、CNG車1車種。

世界初公開となったのは、双龍自ブランドのSUV、G4 Rextonの1車種のみ。MahindraグループのAnand Mahindra会長とMahindra & MahindraのPawan Goenka社長(MD)もプレス発表に登場し、新しい世界戦略車により上級車志向のユーザーの獲得を狙う考えを強調した。

韓国最大手の現代自は、今年のGenevaモーターショーで発表した燃料電池車FE Fuel Cell ConceptとGrandeur HEVを展示。起亜は、今年の北米自動車ショーで発表済みのプレミアムスポーツカーStingerを韓国で初めて発表した。StingerにはKIAのロゴが採用されず、“Engineered by Excellence”の開発テーマやExclusive、Exquisite、Evolutionaryといった要素を表す「E」のロゴが採用される。Renault Samsungは韓国市場に導入予定のコンパクトカーClioを発表。韓国GMは電気自動車のChevrolet Boltを韓国で初めて公開し、航続距離の長さをアピールした。

2017年4月3日現在

現代自/起亜

現代自FE Fuel Cell Concept

現代自FE Fuel Cell Concept

現代自Grandeur HEV

現代自Grandeur HEV

IONIQ electric

IONIQ electric

Genesis G90 Special Edition

Genesis G90 Special Edition

起亜Stingerを韓国初公開

起亜Stingerを韓国初公開

起亜Stinger ロゴ

起亜Stinger ロゴ

韓国ブランド(現代自/起亜以外)

双龍自G4 Rexton Mahindra首脳陣も登場

双龍自G4 Rexton Mahindra首脳陣も登場

双龍自G4 Rexton シャシフレーム

双龍自G4 Rexton シャシフレーム

Renault Samsung Clio 韓国市場に投入へ

Renault Samsung Clio 韓国市場に投入へ

Chevrolet Bolt(韓国GM)

Chevrolet Bolt(韓国GM)

外資ブランド

トヨタPrius Prime

トヨタPrius Prime

ホンダCR-V Turbo

ホンダCR-V Turbo

日産Gripz

日産Gripz

Mercedes-AMG GT R

Mercedes-AMG GT R

BMW M760Li xDrive

BMW M760Li xDrive

Land Rover All-new Discovery

Land Rover All-new Discovery