HOME > ASEAN自動車産業 2017
ASEAN自動車産業 2017
ASEAN自動車産業 2017
発 行

■ 2017年6月23日

体 裁

■ A4判、303頁+CD

価 格

■ 140,000円+消費税
※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約689KB

投資が続くタイ・インドネシア、市場成長の牽引役はフィリピン・ベトナムに

タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・ベトナム・シンガポール・ブルネイ・カンボジア・ラオス・ミャンマー
  • ASEAN自動車市場と自動車生産台数の2020年・2025年予測を掲載!!
  • ASEAN10ヵ国の産業政策を分析、自動車産業・市場の現状を整理!!
  • 日系12社を含む主要自動車メーカー19社のASEAN事業戦略を分析!!
  • 主要自動車メーカー・現地自動車工業会等へのインタビュー内容を掲載!!
  • ASEAN主要国のモデル別自動車販売・生産統計などをCDに収録!!

日本の自動車産業にとって最重要市場のひとつで、最も重要な生産拠点のひとつであるASEAN地域。タイ市場の縮小やインドネシア経済の成長鈍化を背景に、自動車メーカーや部品サプライヤーは厳しい事情環境に直面しています。ただ、1億人市場のフィリピンとベトナムの両市場に牽引される形で、ASEAN市場全体は2016年までに回復基調に転じました。ASEANの自動車市場は2020年までに過去最高水準に並ぶと予測され、それに伴い自動車生産も拡大します。さらに2025年にかけて成長を続けると考えられます。

こうしたなか、各国政府は投資誘致策や環境対策の取り組みを継続しており、自動車産業を巡る事業環境は大きく変化しています。一方、日系を中心とする主要自動車メーカーは競争力強化の施策を進めており、2020年以降を見据えた成長基盤作りに取り組んでいます。

『ASEAN自動車産業2017』は、ASEAN各国の自動車産業と市場の現状と将来性を分析する特別調査レポートで、主要自動 車メーカーや現地自動車工業会、各国政府機関への取材・ヒアリング内容を多く盛り込みました。

本案内をご高覧の上、ぜひご採用いただき、貴社のASEAN事業戦略の策定にご活用いただければ幸甚です。

ASEAN、国別自動車販売台数の推移(1991~2016年、2017~2020年/2025年予測)

ユーザー登録(ログイン)後、リンク箇所をクリックしていただくと、ページ見本(PDF)がご覧になれます。
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

ASEAN自動車産業の現状と将来
1
 
2
10
20
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

ASEAN各国の自動車産業・市場
33

1. タイ

34

2. インドネシア

62

3. マレーシア

市場は60万台水準で足踏み、
EEV 比率は2025年100%へ
84

4. フィリピン

104

5. ベトナム

輸入関税撤廃で四輪車産業は岐路に、
能力増強と生産車種絞り込みの動きが混在
116

6. シンガポール

車両保有台数は80万台水準を維持、
次世代モビリティの導入拡大へ
132

7. ブルネイ

資源価格の下落の影響で景気悪化、
新車市場は2015~2016年に1.5万台割れ
138

8. カンボジア

工場進出ペースは緩慢、最低賃金は2017年に
153米ドルに上昇
142

9. ラオス

トヨタと韓国ブランドがプレゼンスを維持、
タイプラスワンとしての分業拠点化の可能性
146

10. ミャンマー

外資企業の新車輸入販売を2015年に解禁、
右ハンドルの中古車輸入を規制
156
▲2章へ / ▼付録へ▲PAGE TOP

第3章

自動車メーカーのASEAN事業動向
161

1. トヨタ

162

2. ダイハツ

トヨタグループのASEAN 向け小型車事業を主導、
インドネシアとマレーシアでシェア拡大
178

3. ホンダ

192

4. 日産

タイとインドネシアでシェア挽回狙う、
ミャンマーでCKD 工場稼働へ
210

5. 三菱自

ASEAN3極体制が本格始動、
インドネシア製の新型クロスオーバーMPV で攻勢へ
218

6. スズキ

ASEANのグローバル供給拠点化を推進、
インドとの製品・技術の共有拡大で製品拡充へ
226

7. マツダ

SKYACTIVの新車拡充でシェア拡大、
泰・馬・越の3軸で生産体制を強化
232

8. スバル

SUVの人気上昇に伴い販売拡大、
2019年にタイ・マレーシアの二極生産体制を構築
240

9. いすゞ

新型King of TrucksでASEAN市場再耕、
次世代ピックアップをマツダにOEM供給
244

10. 日野

モジュール化による市場適格車を軸に攻勢、
フィリピン拠点を子会社化
252

11. 三菱ふそう

インド製の世界戦略トラックの導入拡大、
販売・サービス拡充に注力
256

12. UD トラックス

Questerに続いてCronerを発表、
CLMV市場の開拓にも注力
260

13. Proton

262

14. 現代自グループ

比越市場の成長を追い風に拡販、
量産工場設置のめど立たず
270

15. GM

ASEANでの自動車生産はピーク時から半減、
ピックアップとSUVに経営資源を集中
278

16. Ford

Everest/Rangerを主軸に拡販、
インドネシア市場からは撤退
284

17. VW グループ

総市場低迷で量産工場設置のめど立たず、
ASEAN事業は停滞の様子
290

18. Daimler

タイとマレーシアでPHEV投入を加速、
CKD車拡充も進展
296

19. BMW

セダン系を中心にPHEVの新車投入を加速、
タイから中国への完成車輸出を開始
300
▲3章へ ▲PAGE TOP

付録

CD収録内容
≪タイ≫

車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別モデル別自動車販売台数(2011~2016年)

車種別自動車生産台数(2011~2016年)

メーカー別車種別自動車生産台数(2011~2016年)

メーカー別モデル別自動車生産台数(2015/2016年)

車種別自動車輸出台数(2011~2016年)

メーカー別自動車輸出台数(2011~2016年)

仕向け先別自動車輸出台数(2011~2016年)

仕向け先別車種別自動車輸出台数(2015/2016年)

メーカー別仕向け先別車種別自動車輸出台数(2015/2016年)

≪インドネシア≫

車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別モデル別自動車販売台数(2011~2016年)

車種別自動車生産台数(2011~2016年)

メーカー別モデル別自動車生産台数(2011~2016年)

≪マレーシア≫

車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別モデル別自動車販売台数(2011~2016年)

車種別自動車生産台数(2011~2016年)

ブランド別モデル別自動車生産台数(2011~2016年)

≪フィリピン≫

車種別自動車販売台数(2011~2016年)

メーカー別モデル別自動車販売台数(2011~2016年)

≪ベトナム≫

車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別モデル別自動車販売台数(2011~2016年)

≪シンガポール≫

車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別車種別自動車販売台数(2011~2016年)

≪ブルネイ≫

車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別モデル別自動車販売台数(2011~2016年)

≪ラオス≫

車種別自動車販売台数(2011~2016年)

ブランド別車種別自動車販売台数(2015/2016年)

この調査報告書の購読を申し込む