HOME > 中国自動車IT産業
中国自動車IT産業
中国自動車IT産業
発 行

■ 2018年3月23日

体 裁

■ A4判、234頁

価 格

■ 160,000円+消費税
※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約789KB

自動運転・コネクティビティ開発で注目の中国IT企業を調査

  • 中国における自動運転とコネクテッドの現状を分析!!
  • 中国政府の自動運転・コネクテッド関連政策を解説!!
  • 自動車メーカー、部品サプライヤーの関連動向を報告!!
  • 自動車業界に参入するIT・通信企業の最新動向を紹介!!

中国では、自動運転・コネクテッドカー開発競争が過熱しています。インターネット検索システム大手の百度や電子商取引最大手のAlibabaが自動運転車の開発を目指し、自動車メーカーと積極的に提携しています。自動運転に特化したベンチャー企業も台頭し、既に実証実験段階の自動車メーカーも現れました。中国政府は自動運転車・コネクテッドカー等のクラウドにつながる次世代の自動車をICV(Intelligent Connected Vehicle)と独自に定義し、世界に先駆けて普及させようとしています。

2018年3月段階では、百度が中国における自動運転開発のメインプレーヤーとなっています。2017年7月、百度は自動運転システムのオープンソース「Apolloプロジェクト」を発表、自動車メーカー17社が参加を表明しました。同12月に百度は自動運転システムを搭載したバスを発表しており、2018年から量産・実証実験を開始する予定です。百度と競合関係にあるAlibabaは上海汽車と提携し、コネクテッドカー開発を展開しています。将来的には自動運転を実現させる計画です。

メーカーによるICV開発が進む中、中国政府も世界に先駆けてICVを普及させようと動き出しています。中国政府は全国7ヵ所にICV試験地域を設置し、産学官連携でICV開発を進めています。また、通信技術や関連機器の国家標準策定にも着手し、グローバルスタンダードの獲得を目指しています。中国ICV市場の急成長が予想される中、日系企業も中国で新たなビジネスチャンスを掴むべく、現地のICV開発の動きに注目する必要があります。

「中国自動車IT産業」では、自動車・部品メーカーに加えて、新規参入のIT関連企業の最新動向を詳報します。また、産学官連携で進められるICV開発支援の取り組みを紹介します。さらに中国独自の風土に合わせて策定されるICV関連の政策や国家標準を整理します。

当案内をご高覧頂き、関係部署とも相談の上、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

ICV産業に関わる主要中国系プレイヤー

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


ユーザー登録(ログイン)後、リンク箇所をクリックしていただくと、ページ見本(PDF)がご覧になれます。
▼1章へ ▲PAGE TOP

総論

自動運転・コネクテッド、政府サポートと多業界の連携で進展、新規参入企業が増加、技術・製品開発が加速
 
中国系完成車メーカーは2025~2030年に完全自動運転を実現、
外資・新興メーカーも開発強化で対抗
百度が自動運転システム開発で先行、商湯科技等のベンチャー企業による
事業参入が加速
商用車分野での実用化が先行、乗用車はインフラ整備が課題


▲総論へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

中国政府の自動運転・コネクティビティ関連政策
 
1.
中国政府による自動運転・コネクティビティ関連政策、自動運転技術の高度化
及び搭載率拡大を推進
▽ICV関連の技術促進政策
▽北京市で自動運転の公道走行試験が合法化
2.
自動運転・コネクティビティ関連規格、標準ガイドラインの発表により規格制定を急ぐ
4.
官民連携による自動運転・コネクティビティ推進、中国ICV産業イノベーション連盟が
産業振興の活動を展開
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

自動車メーカーの自動運転・コネクティビティ開発

1.中国系乗用車メーカー、

2.商用車メーカー、

トラックは一汽・陝汽が隊列走行を目指して開発を展開、バスは宇通・東風・安凱等が公道での実証実験を実施

3.新興メーカー、

4.外資系メーカー、

2020年以降自動運転技術の導入が本格化、中国系IT企業・部品メーカーとの提携により開発を加速

5.建機・農機メーカー、

大手メーカーは自動運転製品の市場投入に注力、サプライヤーの中創博遠等は自動運転システムを開発
▲2章へ / ▼4章へ▲PAGE TOP

第3章

自動車事業に新規参入する主力IT・通信企業
▼ITソフトウエア▼

百度

Alibaba

Tencent

奇虎360

滴滴出行

東軟集団

武漢光庭信息技術

▼通信会社▼

中国聯通

中国移動

中国電信

▼ITS関連企業▼

北京易華録信息技術

大唐電信

華為技術

千方科技

中興通訊

北京中交興路信息科技

上海電科智能系統

中興智能交通

▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

サプライヤー一覧
<自動運転・コネクテッド技術開発>

北京佐智汽車技術

北京智尊保汽車科技

北京図森未来科技

車網互聯

環宇智行

景馳科技

均勝電子

紐勱科技

慧爾視

Pony.ai

Roadstar.ai

深圳易成自動駕駛

蘇州青飛智能科技

天安智聯

天隼図像

星雲互聯

馭勢科技

中科創達

智行者科技

Bosch

Mobileye

NVIDIA

Intel

Qualcomm

デンソー

<ADAS・レーダー・カメラ>

縦目科技

傲視智絵

多氟多

徳賽西威

飛馳鎂物

保千里

北京九五智駕

北京聚速微波技術

北京双髻鯊科技

行易道科技

北京遠特科技

北科天絵

承泰科技

大華技術

地平線機器人

航盛電子

華域汽車

好好開車

恒潤科技

金固股份

蘇州智華

径衛視覚

開易科技

鐳神智能系統

Maxieye

MINIEYE

魔視智能

木牛科技

欧菲科技

前向啓創

清研微視

清智科技

森思泰克

上海禾賽光電科技

舜宇車載光学技術

隼眼電子

速騰聚創

蘇州安智

天瞳微視

武漢極目智能

智波科技

維森智能伝感技術

中科慧眼

中天安馳

自行科技

Continental

<音声・画像認識>

科大訊飛

出門問問

普強信息

思必馳

商湯科技

雲知声

<地図・位置測定>

司南導航

四維図新

千尋位置

易図通

<その他>

梆梆安全

意行半導体

この調査報告書を申し込む