HOME > 中国自動車部品産業 2017
好評受付中中国自動車部品産業 2017
中国自動車部品産業 2017
発 行

■ 2017年9月予定

体 裁

■ A4判、約250頁+CD

予約特別価格

■ 159,840円(税込)
    
148,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約495KB

中国系企業による外資自動車メーカーへの供給拡大、コスト競争に加えて品質競争が激化

  • 主要サプライヤー150社の中国事業戦略と最新の動向について報告!!
  • 自動車メーカーの調達体制、サプライヤーの供給体制を詳報!!
  • 主要自動車部品10分野における業界の動きや技術開発トレンドを掲載!!
  • 2020年、2025年を見据えたサプライヤーの事業戦略と業界の動きを展望!!

中国では、2018年までに自動車生産台数が3,000万台を突破する見通しで、世界のサプライヤーが収益確保に向けて中国事業を拡大させています。しかし、2018年からNEV規制が始まり、2020年に国6排ガス規制を導入、2025年には企業平均燃費4ℓ/100kmが求められるなど、向こう10年で規制強化が一気に進みます。電動化や軽量化、排ガス後処理等、規制クリアに貢献する製品を持つことが、今後中国市場で生き残る条件となります。

これまで環境技術の分野では、外資系サプライヤーが技術力を武器に、中国系自動車メーカーからの受注を獲得してきました。しかし、近年は中国系サプライヤーの品質が向上し、外資系自動車メーカーからの受注を獲得するようになりました。中国系サプライヤーは、環境技術への開発投資を積極的に拡大し、外資製品の品質を越えようと必死です。また、中国系サプライヤーは、海外企業の買収にも積極的で、技術吸収を図っています。中国系サプライヤーの台頭により、受注競争は今後更に激しくなることが予想されます。

一方、これまで外資系自動車メーカーを中心に製品を供給してきた外資系サプライヤーは、新たな収益を確保するため、中国系自動車メーカーへの売り込みを積極的に行っています。外資系サプライヤーも本国の先進技術を導入するだけではなく、現地での開発体制を強化し、中国系自動車メーカーへの提案営業を活発化させています。自動車メーカー各社は2020年、2025年を視野に開発計画を立ち上げており、これらの規制に対応する製品の量産化が今後の焦点となります。

「中国自動車部品産業2017」では、内外の主要サプライヤー150社の経営戦略や受注状況、製品開発等の最新動向を掲載するほか、中国の部品産業政策や部品分野別の業界の動き、自動車部品の輸出入状況について報告します。また、2020年、2025年を見据えたサプライヤーの戦略や中国政府の産業育成策を調査し、中国自動車部品産業の現状と今後の動きを分析します。

当案内をご高覧頂き、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

中国、中国系サプライヤーによる主要外資自動車メーカーへの部品供給概要

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

中国自動車部品産業の現状と焦点

1-1 自動車部品産業総論

1-2 部品産業育成政策

1-3 中国系サプライヤーの納入動向

1-4 外資系サプライヤーの納入動向

1-5 電動車部品サプライヤーの台頭

1-6 中国部品輸出入

▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

主要部品分野の業界動向

2-1 エンジン

2-2 変速機

2-3 伝動部品

2-4 制動部品

2-5 懸架・操縦部品

2-6 電子・電装

2-7 空調系部品

2-8 安全部品

2-9 自動車鋼材

2-10 自動運転・IT関連

▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

外資系主要部品メーカー92社の中国事業動向

<欧米系>

3-1 Bosch

3-2 Continental

3-3 Delphi

3-4 Magna International

3-5 Magneti Marelli

3-6 Schaeffler

3-7 Valeo

3-8 ZF

3-9 Autoliv

3-10 BASF

3-11 BorgWarner

3-12 Brose

3-13 Cooper Tire & Rubber

3-14 Cummins

3-15 Dana

3-16 Eaton

3-17 Faurecia

3-18 Federal-Mogul

3-19 Gestamp

3-20 Getrag

3-21 GKN

3-22 Goodyear

3-23 Harman

3-24 Hella

3-25 Honeywell

3-26 Johnson Controls

3-27 Johnson Matthey

3-28 Knorr-Bremse

3-29 KOSTAL

3-30 Lear

3-31 MAHLE

3-32 MAHLE Behr

3-33 MANN+HUMMEL

3-34 Meritor

3-35 Michelin

3-36 Nexteer Automotive

3-37 Punch Powertrain

3-38 SKF

3-39 Tenneco

3-40 ThyssenKrupp

3-41 Umicore

3-42 Visteon

<日系>

3-43 アイシン精機

3-44 カルソニックカンセイ

3-45 デンソー

3-46 日立製作所

3-47 IHI

3-48 愛三工業

3-49 アイシン・エィ・ダブリュ

3-50 旭硝子

3-51 NTN

3-52 河西工業

3-53 KYB

3-54 ケーヒン

3-55 小糸製作所

3-56 神戸製鋼所

3-57 三五

3-58 サンデン

3-59 ジヤトコ

3-60 ジェイテクト

3-61 ショーワ

3-62 スタンレー電気

3-63 住友ゴム工業

3-64 住友電気工業

3-65 タカタ

3-66 テイ・エス テック

3-67 TPR

3-68 東海理化

3-69 豊田合成

3-70 豊田自動織機

3-71 トヨタ紡織

3-72 ニフコ

3-73 日本電産

3-74 日本特殊陶業

3-75 パイオニア

3-76 パナソニック

3-77 富士通テン

3-78 フタバ産業

3-79 ブリヂストン

3-80 三菱重工業

3-81 三菱電機

3-82 矢崎総業

3-83 八千代工業

3-84 ユタカ技研

3-85 横浜ゴム

<韓国系>

3-86 現代Mobis

3-87 現代Dymos

3-88 現代Powertech

3-89 現代WIA

3-90 錦湖タイヤ

3-91 LG化学

3-92 萬都

▲3章へ / ▼付録へ ▲PAGE TOP

第4章

中国系主要部品メーカー58社の事業動向

4-1 華域汽車

4-2 富奥汽車零部件

4-3 一汽富晟、一汽富維

4-4 広州汽車集団零部件

4-5 東風汽車零部件

4-6 北京海納川

4-7 奥特佳

4-8 宝鋼

4-9 渤海活塞

4-10 大同歯輪

4-11 綦江歯輪

4-12 大洋電機

4-13 徳昌電機

4-14 得潤電子

4-15 徳賽集団

4-16 法士特

4-17 風神股份

4-18 福耀集団

4-19 広西玉柴機器集団

4-20 航盛電子

4-21 華翔集団

4-22 華誼集団

4-23 湖北恒隆企業集団

4-24 恵州華陽

4-25 江南模塑科技

4-26 建新趙氏集団

4-27 佳通輪胎

4-28 錦恒汽車安全

4-29 均勝電子

4-30 康躍科技

4-31 科力遠

4-32 玲瓏集団

4-33 凌雲工業

4-34 洛陽LYC軸承

4-35 敏実集団

4-36 啓明信息

4-37 青特集団

4-38 瑞立集団

4-39 賽輪金宇

4-40 三花控股

4-41 陜西漢徳車橋

4-42 盛瑞伝動

4-43 双樺控股

4-44 松芝股份

4-45 天潤曲軸

4-46 天雁機械

4-47 万安科技

4-48 万豊奥威

4-49 万里揚変速器

4-50 万向集団

4-51 濰柴控股集団

4-52 威孚高科

4-53 星宇車灯

4-54 信義玻璃

4-55 延鋒

4-56 一汽解放汽車有限公司無錫柴油機廠

4-57 中信戴卡

4-58 中原内配

▲4章へ ▲PAGE TOP

付録

巻末付録(CDに収録)
 
中国、車種別セグメント別自動車 生産・工場出荷台数の推移(2008~2016年)
中国、系列別/ブランド別乗用車 生産・工場出荷台数の推移(2002~2016年)
中国、メーカー別モデル別乗用車 生産・工場出荷台数の推移(2002~2016年)
中国、グループ別メーカー別車種別 生産・工場出荷台数の推移(2002~2016年)
中国、自動車・関連製品輸出入統計(2009~2016年、中国税関分類)
中国、メーカー別モデル別省エネ・新エネ車 生産台数(2012~2016年)


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。
この調査報告書を申し込む