HOME > 欧米中の自動車CO2規制・燃費規制2020年版

調査報告書:世界

緊急特別調査
FOURIN世界自動車法政策調査月報 別冊
好評受付中欧米中の自動車CO2規制・燃費規制 2020年版
EU・中国は世界で最も厳しい水準の燃費改善を要求
欧米中の自動車CO2規制・燃費規制2020年版
発 行

■ 2020年8月予定

体 裁

■ A4判、約100頁

予約特別価格

■ 99,000円(税込)
   
90,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
月報購読者等割引あり:72,000円(税込)
ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約374KB

コロナ禍の世界的蔓延の中でも続くCO2・燃費の規制強化

  • 2025~2030年までの世界主要国・地域のCO2規制・燃費規制を俯瞰
  • EUにおける2030年の乗用車・小型商用車に対するCO2規制を詳細解説
  • 米国のSAFE車両最終規則とカリフォルニア州規制を比較解説
  • 中国の第5段階燃費規制の詳細と2019年の燃費実績データを掲載

自動車に対するCO2規制・燃費規制の強化が世界の多くの国・地域で2025~2030年にかけてさらに進みます。環境意識の高いEUでは、2030年のCO2規制の内容が2019年に確定しました。また、中国では第5段階燃費規制が最終決定となり、2021~2025年の燃費規制の枠組みが固まりました。対照的に、Paris協定からの離脱を発表している米国ではTrump大統領の規制緩和の方針に沿ってSAFE車両最終規則が2020年3月に発表され、2021~2026MYにおける基準値が決定しました。

『欧米中の自動車CO2規制・燃費規制2020年版』は、主要自動車市場である欧州(EU)・米国・中国における最新のCO2規制・燃費規制に焦点を当てた特別調査レポートです。各規制の解説に加えて、自動車メーカー各社のCO2排出量・燃費の最新データを取りまとめる予定です。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響も踏まえて、環境政策の最新トレンドを概観する編集を予定しています。

ぜひとも当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜り貴社の事業戦略の策定にご活用頂ければ幸甚です。

欧州・米国・中国:乗用車等に対するCO2規制/燃費規制の基準値

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

世界のCO2規制・燃費規制
◇総論:気候変動問題を背景にCO2規制・燃費規制強化が進行
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

欧州(EU)のCO2規制・燃費規制
◇概観:Paris協定を念頭にCO2排出量削減を加速、EV販売が不可欠に
◇小型車のCO2規制:乗用車に対する2030年目標は2021年比37.5%減
◇大型車のCO2規制:2030年目標を2019年比30%減に暫定的に設定
◇燃費/CO2排出量実績データ(自動車メーカー別など)
▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

米国のCO2規制・燃費規制
◇概観:規制緩和を推し進める連邦政府、カリフォルニア州とは対立
◇SAFE車両最終規則:CAFE/CO2基準は2021~2026MYに年率1.5%強化
◇カリフォルニア州規制:独自ルールの維持と基準強化を模索
◇CO2排出量実績データ(自動車メーカー別など)
▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

中国のCO2規制・燃費規制
◇概観:CAFC規制とNEV規制の両輪で環境・エネルギー対策を推進
◇第5段階燃費規制:2025年のCAFC規制値を4.0ℓ/100kmに決定
◇燃費データ(自動車メーカー別など)


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。
見本頁