HOME > ウィズ・コロナ時代の世界自動車産業

調査報告書:世界

好評コロナ企画の第2弾

好評受付中ウィズ・コロナ時代の世界自動車産業
新たな消費者ニーズ(UX)にデジタル技術(DX)と新業態(BX)でどう対応するか
ウィズ・コロナ時代の世界自動車産業
発 行

■ 2021年1月予定

体 裁

■ A4判、PDF印刷版 約90頁

  ・PDF印刷版の詳細は
    コチラをクリック

予約特別価格

■ 99,000円(税込)
   
90,000円(税込)

※発行前申込に限る

月報購読者:49,500円(税込)
インターネットGr.購読企業:9,900円(税込)

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約358KB

V字回復から新たな成長めざす各社の製品・技術・経営戦略比較

  • 世界感染動向と主要国の自動車生産・販売への影響分析に!!
  • 世界主要自動車メーカーの四半期決算と生き残り策を分析!!
  • ウィズ・コロナで進む収益体質の強化と新事業挑戦!!
  • ポスト・コロナで始まる新たなDX、BX戦略を詳報!!

新型コロナウイルス感染症が世界の自動車産業に多大な影響を与え続けています。長期の感染症拡大に先行きの不確実性が増す中、ワクチン、特効薬の開発を待ちながら、共存を前提に世界の自動車産業は新たな動きを始めています。2020年はTeslaの躍進やTeslaに追随するEV起業や自動車メーカーの新型EVの発売が相次ぐ一方、欧州ではEV販売が急速に拡大しております。また、DX/BXなど、コロナショックを機に生き残りのための新たな競争が始まっています。

新企画「ウィズ・コロナ時代の世界自動車産業」では、コロナショック後に変化する世界各国の自動車生産・市場動向を把握し、2020年実績から2021年を見通します。また、コロナ危機後に変化する、世界の自動車メーカー、部品メーカーなど業界各社の新たな経営トレンドを日米欧中を中心に報告いたします。業界関係各位のアフターコロナの的確な戦略策定にご活用いただければ幸いです。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

世界自動車市場はV字回復へ

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

コロナショック後の自動車産業と新競争

規制強化で重要性が増すゼロエミッションへのプロセス対応

ポストコロナで始まるDX/BX戦略
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

世界主要国自動車生産へのコロナの影響

主要国における2020年自動車生産動向と回復見通し

自動車メーカー各社の生産事業動向:生産調整動向(生産能力調整、工場閉鎖、EV生産能力)
▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

世界自動車市場動向・見通し

コロナの世界経済への影響と2020年自動車市場動向

コロナ対応の各国経済・自動車産業政策

2021年世界自動車市場見通し
▲3章へ / ▼5章へ ▲PAGE TOP

第4章

世界自動車メーカー動向

拡大戦略から縮小均衡に向かう世界自動車メーカーの新経営戦略

2020年の決算・財務動向(収益動向、資金対策)

コスト削減動向(生産調整、サプライチェーン、人件費削減策)

CASE/MaaS戦略(L2競争、電動化戦略、コネクテッドサービス戦略、モビリティサービス戦略)

戦略提携・業界再編動向(EV提携、AV提携、その他提携)

新規事業動向
▲4章へ ▲PAGE TOP

第5章

世界自動車部品産業

サプライヤーの新経営戦略

Tier 1サプライヤーのコロナ対策

CASE/MaaSとサプライヤーの戦略:EVコンポーネント生産投資(北米、欧州、中国、日本)


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。