HOME > ドイツ自動車産業の新世界戦略
好評受付中ドイツ自動車産業の新世界戦略
ドイツ自動車産業の新世界戦略
発 行

■ 2018年3月予定

体 裁

■ A4判、約260頁

予約特別価格

■ 194,400円(税込)
   
180,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約581KB

ACES(自動運転、コネクティビティ、電動化、モビリティサービス)で競争力強化

  • VW、Daimler、BMWのACESを核とした新たなグローバル戦略を特集‼
  • Bosch、Continental、ZF/TRWなどのドイツ部品サプライヤーのACES戦略を分析‼
  • 世界トップポジション確立に向けた自動車メーカー・サプライヤーの提携関係を整理‼
  • ドイツ政府およびEUの自動運転、電動車、モビリティ関連の政策と戦略を解説‼

VW、Daimler、BMWのドイツ自動車メーカーや、Bosch、Continental、ZF/TRWなどのドイツ部品サプライヤーは、次世代の戦略としてACESもしくはCASEと称する4分野、自動運転(Autonomous)、コネクティビティもしくはコネクテッド(Connectivity/Connected)、電動化(Electrification)、サービス(ServiceまたはSharing、モビリティサービス)を重視する姿勢です。この4分野には燃費改善や効率化(環境規制対応)といったこれまでの自動車に直接関係する要素だけでなく、交通渋滞の緩和や事故の低減、より自由度の高いモビリティの提供といった社会性の高い要素も含まれています。また、自動運転の実現やカーシェアリング、ライドヘイリングなどのモビリティサービスの普及は、従来の自動車ビジネスモデルを毀損する可能性もあり、自動車産業にとってはこれまでにない挑戦となります。

こうした動きは世界全体で起きていることですが、特に米国と中国での動きが盛んで、ドイツ自動車メーカー・サプライヤーにとって重要度の高い両国での最大の競争焦点であり、いずれの市場においても現地勢に加えて日本勢との競合が必然となります。ドイツ勢はルール作りが上手く、EUを巻き込んでの標準化を着々と進めており、そこで策定したルールを世界標準とすべく、上記4分野の開発とルール作りに邁進しています。

ドイツ自動車メーカー・部品サプライヤーのACESを含む新たなグローバル戦略を詳しく分析、ITやモビリティサービス事業者、スタートアップといった自動車業界にとっての「新顔」との提携、M&A動向などもまとめます。

当案内をご高覧頂き、関係部署とも相談の上、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

ドイツ自動車メーカー・サプライヤーの自動運転・コネクティビティ関連の提携関係図

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

総論

オールドイツ体制で挑む世界リーディングポジション


▲総論へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

ドイツ自動車産業の次世代成長戦略
 
1
EUと進めるドイツ・EU主導の世界標準化 : 排ガス基準に続き、EU発の自動運転、
電動車関連の法規、技術の世界への波及目指す
2
EUおよびドイツの自動車産業政策 : 技術的先進性追求と大気汚染改善の両立が課題
3
ドイツの主要プレイヤーの勢力図 : 独独連合、スタートアップとの連携強化による
提携が盛ん
4
ドイツ企業によるM&A : ACES分野を中心にグローバル規模で買収・出資を実施
5
ドイツメーカーの中国戦略 : 欧州、米国に並ぶ重要市場の位置づけ、
ACES全方位で対応
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

ドイツ自動車メーカーのACES戦略

1 VW∕Audi

Strategy 2025で電動車シフトを明確化、モビリティサービスとともに
事業確立目指す

2 BMW

プレミアムブランド首位維持目指し、新サブブランドiNEXT創設など
ACES中核の戦略

3 Daimler

CASE戦略、2025年までの乗・商用車のeモビリティサービス確立が目標
▲2章へ / ▼4章へ▲PAGE TOP

第3章

ドイツ部品サプライヤーの戦略

1 Bosch

eモビリティ部門新設、電動車・自動運転車開発強化で
リーディングポジション維持図る

2 Continental

ADASでは先駆者、提携活用で自動運転技術強化、
モビリティサービスにも着手

3 ZF

TRW買収でシステムサプライヤーに、新興国でのR&D、
スタートアップとの連携にも意欲

4 Siemens∕Valeo

電動車パワートレインの合弁事業を設立、高電圧電動車の
キープレイヤーに

5 Magna∕Getrag

Getragがパワートレイン部門に、電動車向けパワートレイン
開発を加速

6 Schaeffler

駆動系技術に強み、eモビリティ部門設立で電動車向け製品の
開発も強化

7 Infineon

車載半導体世界2位メーカー、電動化、自動運転技術開発推進で
重要度高まる

8 FEV

パワートレインなどのエンジニアリングで自動車メーカー・
サプライヤーとの関係深化
▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

欧州販売・生産データ
・国別、車種別、ブランド別、モデル別自動車生産台数
・国別、車種別、ブランド別、モデル別自動車販売台数

第2、3章はメーカー・サプライヤー別に以下の内容で構成 (一部例外あり)

・経営戦略:中長期経営計画、ACES戦略
・生産・調達:生産拠点、設備、能力
・製品:新製品概要
・提携関係:M&A、提携動向
・事業概要:人事、組織、業績
・研究開発:拠点、動向
・販売:販売データ、方針(自動車メーカーのみ)
・欧州外事業(自動車メーカーのみ)


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。
この調査報告書を申し込む