HOME > 日本電産の自動車事業戦略

調査報告書:日本

好評受付中日本電産の自動車事業戦略
日本電産の自動車事業戦略
発 行

■ 2021年5月予定

体 裁

■ A4判、カラー印刷 約50頁

予約特別価格

■ 198,000円(税込)
   
180,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
月報購読者等割引あり:99,000円(税込)

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約304KB

圧倒的なスピードを軸とした電動パワトレ覇権戦略を検証

  • 経営・組織・製品など分野ごとに従来の日系部品業界と比較して競争力の源泉を検証!!
  • ベンチマーク分析に必要な組織体制・拠点・財務などの基礎データを網羅的に収録!!

1973年に精密小型モーターのメーカーとして創業した日本電産は、創業者である永守重信会長の時代の変化を読む戦略眼とM&Aを積極的に活用したスピード感のある事業展開により、創業から46年目の2020年度に連結売上高1.5兆円超を見込む規模まで成長。ハードディスクドライブ(HDD)用スピンドルモーターの覇権奪取を足掛かりに、自動車向けを含めた様々なアプリケーションに進出し、創業時のコア製品であった小型精密モーターから中型/大型モーターへ製品ラインアップを拡大させ、その中でValeoの車載モーター事業、ホンダエレシス、オムロンオートモーティブエレクトロニクスなど様々な自動車部品事業体を買収してきました。日本電産は長期の戦略目標として2030年度に売上高10兆円の達成を目指しており、そのけん引役として車載事業と家電・商業・産業用事業を重点事業に設定。CO2排出削減に向けて、世界的に内燃機関のみを搭載する自動車の新車販売を制限する動きが拡大する中で、特に駆動用モーターとギアボックス、インバーターなどを一体化したE-Axleの事業拡大に注力し、2030年に1,000万台の販売を賄う生産体制の構築を急ピッチで進めています。さらに2025年の参入に向けて、駆動ユニットにシャシを組み合わせたEV用プラットフォーム事業の準備を進めるなど、Tier0.5サプライヤー化する動きも見せており、従来の自動車部品業界に変革を起こす台風の目として注目が高まっています。

「日本電産の自動車事業戦略」では、過去から現在までの日本電産の事業戦略を、自動車事業を中心にM&Aの取り組みと合わせて回顧、組織体制や製品戦略、生産戦略などの分野ごとに従来の日系部品業界と比較することで競争力の源泉を検証します。また企業の歴史、人事、組織体制、事業拠点、財務などの基礎データを網羅的に収録し、ベンチマーク分析に最適な情報を提供します。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

日本電産、車載事業を軸に2030年度に売上高10兆円を目指す

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

経営計画と業績推移

-

2030年度の自動車関連事業売上高4兆円の達成に向けた施策

-

経営改善活動「WPR」の取り組み

-

過去10年間の貸借対照表/損益計算書/キャッシュフロー計算書を基にした成長性分析/収益性分析/安全性分析/効率性分析
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

組織体制と経営幹部人事

-

経営ツートップ(永守会長/関社長)を中心とした経営組織

-

戦略/計画策定体制

-

計画推進管理体制

-

主要経営陣の略歴

-

人材育成体制
▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

製品及び技術開発動向

-

トラクション(駆動用)モーター事業戦略

-

EVプラットフォーム事業戦略

-

ADAS関連製品事業戦略

-

主要製品受注動向
▲3章へ / ▼5章へ ▲PAGE TOP

第4章

生産体制と能力増強動向

-

工場別生産体制の概要

-

生産能力増強動向(2006年から直近の動向までの振り返り)
    
▲4章へ ▲PAGE TOP

第5章

買収/提携動向

-

ホンダエレシス/オムロン車載事業など事業買収動向(2006年以降の動向を振り返り)

-

PSA/広汽などとの提携動向(2006年以降の動向を振り返り)


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。