HOME > 世界自動車統計年刊 2018
FOURIN世界自動車統計年刊 2018
世界自動車統計年刊 2018
発 行

■ 2018年8月31日

体 裁

■ A4判、399頁

価 格

■ 120,000円+消費税
※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約1.1MB

中・印の成長と伯・露の回復により2017年は9,500万台突破

  • ネパールを追加し世界89ヵ国の自動車関連統計、政治・経済・産業動向を解説!!
  • 特集では主要国の電動車普及目標と普及施策の比較・分析を掲載!!
  • 世界主要自動車グループの2018~2022年までの能力計画から投資傾向を分析!!

世界の自動車市場は成長を継続し2017年には9,500万台を超え、1億台の大台が視野に入ってきました。2016年の勢いから鈍化したものの、中国で前年比85万台増の2,888万台に、インドでは初めて400万台を超えたほか、近年市場の冷え込みが続いていたブラジルとロシアでも回復基調に乗りました。ただ2018年に入り、米国がロシアに追加経済制裁を開始、さらに中国にも制裁関税を課すなど、政治面からの経済への影響に対する懸念が世界的に高まっています。また地球温暖化と都市部を中心とした大気汚染対策として、義務化を含めた形で電動車の普及促進を図る動きが中国やCalifornia州、欧州主要国などで活発化しており、サプライチェーンも含めた電動車の供給体制の整備が待ったなしの状況となっています。一方、グループ別の動向に目を向けると、2016年10月に三菱自をグループに加えたRenault/日産グループの年間販売及び生産台数が2017年に1,000万台を超え、GMを抑えて3位に浮上し、世界の自動車業界地図が塗り替えられるなど、地域軸においても、メーカー軸においても、自動車業界を取り巻く環境の変化が続いています。

当調査報告では、新たにネパールを追加した世界89ヵ国の販売と50ヵ国の生産実績を集計。自動車生産・販売の状況や自動車関連の法政策の変化、経済状況などを踏まえて、各国の自動車産業の現状を解説するほか、グループ/ブランド軸でも世界生産と販売の状況を比較いたします。また特集として、世界主要国の電動車普及目標と実現に向けた戦略など最新の動きを報告しています。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

グループ組み換えにより、Renault/日産グループがGMを抑えて3位に浮上

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


ユーザー登録(ログイン)後、リンク箇所をクリックしていただくと、ページ見本(PDF)がご覧になれます。
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

自動車産業・市場動向
 
世界自動車販売: 2017年は2.6%増の9,612万台、日中印や南米、西欧、中・東欧で拡大
世界自動車生産: 2017年は中国、ブラジル、日本、メキシコで増加し、2.1%増の9,868万台
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

自動車グループ・メーカー別生産販売動向
 
主要グループ別地域別販売比率: 北米比率縮小、中国比率の拡大続く
主要グループ別地域別生産構成: 中国比率が引き続き拡大
世界メーカー別生産: 三菱自が加わったRenault/日産/三菱自グループが3位に浮上
▲2章へ / ▼4章へ▲PAGE TOP

第3章

北米

北米総括

米国

生産/販売ともに8年ぶりの減少も、小型トラック需要は拡大

カナダ

販売は初の200万台超、生産は前年比7.5%減

メキシコ

生産が392万台となり8年連続過去最高更新

プエルトリコ

2017年販売は2.2%減の8.3万台、経済混乱も市場は回復の兆し
▲3章へ / ▼5章へ ▲PAGE TOP

第4章

南米

南米総括

ブラジル

販売224万台、生産272万台に増加、2018年は更なる回復へ

アルゼンチン

景気回復から販売は二桁増、2023年の自動車生産100万台目指す

ベネズエラ

2017年販売台数2,461台で最低水準を更新

コロンビア

2017年は製販とも減少、経済補完協定改正による輸出拡大に期待

エクアドル

2017年販売は輸入規制の撤廃で10.5万台に回復

チリ

2017年販売は銅価格上昇に伴う景気の回復により前年比17.9%増

ペルー

自動車販売は6.0%増の18.0万台、2018年は同水準の見込み

ウルグアイ

2017年は自動車販売・生産とも大きく回復

ボリビア

新車販売は過去20年間で最高の5.3万台

パラグアイ

3年ぶりに増加し3.0万台超に回復

パナマ

2017年自動車販売は5.7万台で8年ぶりに減少
▲4章へ / ▼6章へ▲PAGE TOP

第5章

西欧

西欧総括

生産1,543万台、販売1,677万台まで回復

ドイツ

生産は推定613万台に微減、販売は381万台と高水準

英国

市場は300万台弱に減少、EU離脱控え景気後退

イタリア

生産は114万台、販売は219万台まで回復

フランス

スペイン

市場は146万台、生産は285万台、2018年に年産300万台が視野に

ベルギー

自動車販売は63万台で過去最高に迫る、生産は35万台を割り込む

オランダ

2017年販売は2年ぶりに50万台超え、BEV・HEV販売が大幅増

オーストリア

販売は40.3万台で3年連続の増加、生産は9.7万台に回復

スウェーデン

2017年販売台数は3年連続で過去最高、2018年は減少する見通し

ギリシャ

9万台を回復するもピーク時の3分の1水準に留まる

ポルトガル

景気回復による自動車需要増により、7年振りに25万台水準に到達

アイルランド

2017年販売はポンド安の影響で前年比11%減も、電動車は好調

デンマーク

自動車販売は26.4万台、2018年は内燃機関車の販売が有利

フィンランド

販売台数は前年比1.2%増、生産台数は同65.7%増となり過去最高

ルクセンブルク

2017年販売は乗用車が過去最高となり全体で5.9万台に拡大

スイス

2017年販売は35.5万台、HEVとBEVが大幅増

ノルウェー

自動車市場は20万台を突破、乗用車は過去3番目の高水準

アイスランド

2017年販売は14.6%増の2.4万台で過去最高
▲5章へ / ▼7章へ ▲PAGE TOP

第6章

中・東欧

中・東欧総括

市場は452万台、生産748万台と回復が続く

ポーランド

販売は58万台、生産は69万台まで回復

ハンガリー

生産は8年ぶりに減少、販売は14.7%増の14.2万台

チェコ

生産は142万台、販売は30万台といずれも過去最高

スロバキア

生産は100万台超を維持、販売は10.8万台と過去最高を更新

ルーマニア

生産は36.4万台に微増、販売は15.7万台まで回復

スロベニア

販売は過去最高の8.6万台、生産は42.0%増の19.0万台

ブルガリア

販売は7年連続で増加し2年連続の3万台超

キプロス

2017年は好調な経済成長に支えられ6.3%増の1.5万台

ラトビア

2017年販売は2万台超えを維持、2018年も成長見込み

エストニア

販売は2007年以来の3万台水準、2010年以降8年間連続増加

リトアニア

2017年は過去最高の3.6万台に拡大

クロアチア

2017年自動車販売は4年連続増も、増加ペースは鈍化

セルビア

国内販売は3年連続で回復、旧式中古車への規制強化が課題

ボスニア・ヘルツェゴビナ

2017年小型自動車市場は6年ぶりに1万台へ回復

マケドニア

2017年市場は景気鈍化で3.9%減の6,535台

モルドバ

2017年自動車販売は33.8%増の6,022台、2年連続で回復

ウクライナ

堅調な経済を背景に生産・販売とも回復、電動車購入促進策を導入

ベラルーシ

販売は3.5万台まで拡大、生産は1.3万台に減少

ロシア

2017年市場は180万台と5年ぶり回復も、先行きは不透明

トルコ

▲6章へ / ▼8章へ▲PAGE TOP

第7章

アジア

アジア総括

アジア市場は3.8%増の4,428万台、中印比パで過去最高に

日本

販売は523万台に回復、生産も国内・輸出向け好調で5.3%増

中国

減税幅縮小で乗用車市場は成長鈍化、商用車市場は2桁成長

台湾

2017年販売は2006年以降最高の44.5万台、輸入車比率は42.7%

韓国

販売台数は179.3万台、3年連続で180万台前後の高水準

タイ

2017年市場は13.4%増の87.2万台に回復、生産は2.3%増の198.9万

インドネシア

自動車販売は1.7%増の108万台に回復、生産は3.3%増の122万台

マレーシア

市場は0.6%減の57.7万台で引き続き縮小、生産も8.4%減の50万台

フィリピン

自動車市場は50万台が視野、CARS政策による新車生産が開始

シンガポール

2017年は11.3万台で4年連続拡大、2018年は保有増加率0%へ

ベトナム

2017年は買い控えにより販売減、2018年は輸入規制の動向に注目

ブルネイ

原油安の影響で4年連続販売台数が縮小、2017年は1.1万台

ラオス

インド

生産は478万台、販売は402万台で世界4位浮上

パキスタン

2017年は生産・販売ともに過去最高の25万台

スリランカ

2017年販売は14.3%減の6.5万台、2018年は内燃機関車に増税

ネパール

ウズベキスタン

2017年小型車生産台数は近隣国の市場回復で前年比59.1%増

カザフスタン

2017年は製販とも二桁増、現地生産会社はBEVの生産を発表

アゼルバイジャン

2017年は3年ぶりに増加も、直近ピークの3分の1に留まる
▲7章へ / ▼9章へ ▲PAGE TOP

第8章

大洋州

大洋州総括

SUVの好調が続き、自動車販売は1.8%増の134.7万台

オーストラリア

販売は118.9万台、3年連続で過去最高を更新

ニュージーランド

2017年販売は観光業の好調により前年比8.8%増、EVは同5.3倍
▲8章へ / ▼10章へ▲PAGE TOP

第9章

アフリカ

アフリカ総括

経済低迷続き6%減の104万台に、エジプト市場は3割減

南アフリカ

景気改善から販売は1.9%増、輸出減少により生産は微増に留まる

エジプト

変動相場制導入に伴う輸入コスト増加による価格上昇で販売減

モロッコ

販売台数が3年連続過去最高を更新、生産規模は40万台が視野

アルジェリア

2017年市場は9.9万台にまで縮小、生産事業には現地貢献を規定

チュニジア

市場は5.1%増の6.4万台、緊縮財政影響で2018年は縮小の見通し

ケニア

2017年販売は経済停滞で20.8%減、現地組立車が増加

マダガスカル

新車四輪車の2017年新規登録台数は推定4割減の1,660台
▲9章へ / ▼巻末へ ▲PAGE TOP

第10章

中近東

中近東総括

原油の価格低迷や石油減産による景気低迷の影響で、2.7%減

イラン

生産は153万台に回復も、米国による経済制裁再開で先行き不透明

サウジアラビア

2017年市場は縮小続き53.7万台、2018年に女性の運転解禁

アラブ首長国連邦

原油の協調減産の影響による景気後退で、2017年販売は15.2%減

クウェート

2017年の販売台数は景気低迷の影響で10.3万台へ減少

イスラエル

2017年の販売台数は2016年の駆け込み需要の反動で減少

オマーン

2017年の自動車市場は4年連続減の13万台

カタール

2017年の自動車販売台数は5万台水準に急落

バーレーン

2017年は25.6%減、2018年も経済悪化で市場は縮小傾向
▲10章へ▲PAGE TOP

巻末

主要国自動車工業会による車種別生産・販売分類区分

販売分類区分

生産分類区分

別表

この調査報告書を申し込む