HOME > 世界自動車統計年刊 2020

調査報告書:年刊

好評受付中FOURIN世界自動車統計年刊 2020
FOURIN独自視点による国別市場評価をPDFで毎月速報
世界自動車統計年刊 2020
発 行

■ PDF速報2020年1月開始
(印刷版:2020年8月予定)

体 裁

PDF速報

■ 印刷版 A4判 約380頁

予約特別価格

■ 154,000円(税込)
   
140,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約349KB

世界市場は中印等の不振で2019年は9,100万台に縮小

  • 特集は世界電動車市場を国・地域別、パワートレイン別、ブランド別にレポート!!
  • 世界80ヵ国以上の2019年自動車市場を政策・経済・通商面などから多角的に解説!
  • 2020年1月~7月に毎月3回、国別の市場評価レポートをPDF形式で速報!!

2019年の世界自動車市場は前年に続き2年連続で前年実績を割り込む見通しです。2017年までの一部乗用車への購入税優遇の反動で、2018年に需要が冷え込んだ中国市場は、2019年になっても消費者の間で、経済の先行きの不透明感が残っていることなどから、以前のような成長の勢いを取り戻せていません。世界第2位の自動車市場である米国は、2019年は若干ではあるが再び減少する見通しで2016年をピークに1,800万台を前にして足踏みを続けるとみられます。加えて近年高水準の成長率で拡大を続けていたインド市場は、経済成長の低迷、金融不振、各種規制対応に伴う車両価格の上昇などが複合的に影響し、2019年は同13.6%減の380万台と、3年ぶりの400万台割れとなる見通しです。さらに西欧や日本など規模の大きい市場も2019年は低迷する見通しです。2020年については米中貿易摩擦による混乱が続く見通しであるなど、世界の自動車需要に明るい材料は見られないため、中国をはじめとして主要国で需要低迷や伸び悩みの状況が続く可能性が高いと思われます。世界の電動車市場を見ると、中国では中央政府の補助金減額と地方政府の補助金終了の影響で、2019年7月以降NEVの販売台数の前年割れが継続しており、世界全体でも大きな拡大は見込めないと思われます。一方で2020年にはVWやトヨタなどが量販BEVの投入を予定するように、製品ラインアップが拡充されるなど明るい材料も見られます。

「世界自動車統計年刊 2020」は、世界80ヵ国以上の国の生産・販売・輸出等基礎統計と自動車政策、経済状況を取りまとめ、国毎の2019年の自動車市場や生産の状況を解説した上で将来展望をレポートいたします。本年版では、特集で世界主要地域・国の電動車販売台数を中心に関連統計を整理し、現状を解説します。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

世界89ヵ国、地域別自動車販売台数推移(2010~2019年) 【国別レポートのPDF速報発表スケジュール】

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

特集

世界電動車市場の現状
 
・地域別国別電動車販売台数(2015~2019年)
・国別車種別電動車販売台数(2015~2019年)
・国別タイプ別充電器設置台数(2015~2019年)
・メーカー別電動車販売台数(2015~2019年)
・中国における電動車生産台数(2015~2019年)
▲特集へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

世界の自動車産業・市場動向
 
・世界地域別国別自動車販売台数と分析
・世界地域別国別自動車生産台数と分析
・世界自動車市場の地域別予測(2020~2031年)
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

世界自動車メーカーの生産・販売動向
 
・グループ別ブランド別世界自動車販売台数推移(2015~2019年)
・グループ別ブランド別国別自動車販売台数(2018/2019年)
・グループ別地域別自動車販売比率(2018/2019年)
・グループ別ブランド別世界自動車生産台数推移(2015~2019年)
・グループ別ブランド別国別自動車生産台数(2018/2019年)
・グループ別地域別自動車生産比率(2018/2019年)
▲2章へ / ▼4章へ▲PAGE TOP

第3章

北米:
米加墨3ヵ国で前年割れし2019年は2,100万台を下回る見通し
 

・米国

・カナダ

・メキシコ

・プエルトリコ

▲3章へ / ▼5章へ ▲PAGE TOP

第4章

南米:
2019年はブラジルで2桁増続くも
アルゼンチンで5割減少し全体市場も低迷する予想
 

・ブラジル

・アルゼンチン

・コロンビア

・エクアドル

・チリ

・ペルー

・ウルグアイ

・ボリビア

・パラグアイ

・パナマ

▲4章へ / ▼6章へ▲PAGE TOP

第5章

西欧:
独・仏など主要国で拡大も英国・イタリアが減少し
2019年は前年を若干下回る見込み
 

・ドイツ

・英国

・イタリア

・フランス

・スペイン

・ベルギー

・オランダ

・オーストリア

・スウェーデン

・ギリシャ

・ポルトガル

・アイルランド

・デンマーク

・フィンランド

・ルクセンブルク

・スイス

・ノルウェー

・アイスランド

・サンマリノ

・リヒテンシュタイン

▲5章へ / ▼7章へ ▲PAGE TOP

第6章

中・東欧:
2019年はトルコで4割減、ロシアも200万台割れとなり
3年ぶりに市場は縮小する見通し
 

・ポーランド

・ハンガリー

・チェコ

・スロバキア

・ルーマニア

・スロベニア

・ブルガリア

・キプロス

・ラトビア

・エストニア

・リトアニア

・クロアチア

・セルビア

・ボスニア・ヘルツェゴビナ

・北マケドニア

・モルドバ

・ウクライナ

・ベラルーシ

・ロシア

・トルコ

▲6章へ / ▼8章へ▲PAGE TOP

第7章

アジア:
中国で需要冷え込みが継続、インドも低迷し
2019年は300万台超の縮小を見込む
 

・日本

・中国

・台湾

・韓国

・タイ

・インドネシア

・マレーシア

・フィリピン

・シンガポール

・ベトナム

・ラオス

・インド

・パキスタン

・スリランカ

・ウズベキスタン

・カザフスタン

▲7章へ / ▼9章へ ▲PAGE TOP

第8章

大洋州:
2019年はオーストラリア・ニュージーランド共に
前年割れの予想
 

・オーストラリア

・ニュージーランド

▲8章へ / ▼10章へ▲PAGE TOP

第9章

アフリカ:
南アフリカ・エジプト・モロッコなど主要国の不振で
2019年は全体市場も縮小の見通し
 

・南アフリカ

・エジプト

・モロッコ

・アルジェリア

・チュニジア

・ケニア

・モーリシャス

▲9章へ / ▼巻末へ ▲PAGE TOP

第10章

中近東:
2018年はサウジとUAEで回復見込まれるが、
制裁受けるイランで4割超の大幅減の見通し
 

・イラン

・サウジアラビア

・アラブ首長国連邦

・クウェート

・イスラエル

・オマーン

・カタール

・バーレーン

・ヨルダン

・レバノン



※編集の都合上により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。