HOME > 世界自動車統計年刊 2021

調査報告書:年刊

好評受付中FOURIN世界自動車統計年刊 2021
FOURIN独自視点による国別市場評価をPDFで毎月速報
世界自動車統計年刊 2021
発 行

■ PDF速報2021年1月開始
(印刷版:2021年8月予定)

体 裁

PDF速報

■ 印刷版 A4判 約400頁

予約特別価格

■ 176,000円(税込)
   
160,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約587KB

コロナによる需要減退が深刻な新興国の
回復力を検証

  • 特集:世界主要国の自動車関連のカーボンニュートラル政策を比較・分析しトレンドを展望!!
  • 世界80ヵ国以上の2020年の自動車市場を統計・政策・産業動向から解説!!
  • 2021年1月~7月に毎月3回、国別の市場評価レポートをPDF形式で速報!!

2020年は新型コロナウィルス感染症に世界自動車産業は振り回される1年となりました。感染防止策として世界の主要国でロックダウンを実施し自動車販売と生産活動が停止された影響により、第2四半期に自動車販売は大きく落ち込み、ロックダウン解除後の第3四半期以降に回復しています。ただ年後半に盛り返していますが前半の落ち込みを補完するほどの勢いはなく、2020年通年の世界89ヵ国合計の自動車販売台数は前年を16.3%下回り約7,700万台と、9年ぶりに8,000万台を割り込む見通しです。経済の冷え込みに対応して中国や先進諸国の政府が景気刺激策の導入を活発化させており、これらの国々では先行して景気回復が見られます。一方財政余力の小さい新興諸国では景気回復力が弱く、世界自動車需要のコロナ禍前の水準への回復時期を見通すには、経済面や政策面から新興諸国の需要回復力を検証する必要があります。さらに中国や先進諸国は景気刺激策の一環として、カーボンニュートラル化に関連するインフラ面などへの公共投資を活発化させています。コロナ禍前からカーボンニュートラル化に積極的であった欧州や米国California州、中国などで取り組みが先行していますが、日本でも今後関連政策の導入に伴い官民の取り組みが活発化される見通しです。また従来は充電ステーションや水素ステーションなどのインフラ整備や電動車両の購入補助などの促進政策が一般的でしたが、英国やフランスなど一部の国に限定されていた将来的な内燃機関車の販売禁止策のような強制力のある政策の導入がCalifornia州や中国、日本などその他の国や地域に広がる動きが表面化しています

世界自動車統計年刊2021は、世界80ヵ国以上の国の生産・販売・輸出等基礎統計と自動車政策、経済状況を取りまとめ、国別に2020年の自動車市場や生産の回復状況を検証し、将来を展望。また世界主要地域・国の電動車の関連統計を整理し解説します。加えて特集では主要国の自動車に関連するカーボンニュートラル政策を比較し分析、全体の趨勢を解説し、将来の方向性を検証致します。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

世界89ヵ国、地域別自動車販売台数推移(2010~2020年) 【国別レポートのPDF速報発表スケジュール】

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

特集

世界主要国のカーボンニュートラル政策
 
・地域別/国別の自動車関連のカーボンニュートラル達成目標の比較
・地域別/国別の目標達成に向けた施策の分析
▲特集へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

世界の自動車産業・市場動向
 
・世界地域別国別自動車販売台数推移と分析
・世界地域別国別自動車生産台数推移と分析
・世界自動車市場の地域別予測(2021~2032年)
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

世界自動車メーカーの生産・販売動向
 
・グループ別ブランド別世界自動車販売台数推移(2016~2020年)
・グループ別ブランド別国別自動車販売台数(2019/2020年)
・グループ別地域別自動車販売比率(2019/2020年)
・グループ別ブランド別世界自動車生産台数推移(2016~2020年)
・グループ別ブランド別国別自動車生産台数(2019/2020年)
・グループ別地域別自動車生産比率(2019/2020年)
▲2章へ / ▼4章へ▲PAGE TOP

第3章

世界電動車市場の現状
 
・地域別国別電動車販売台数(2016~2020年)
・国別車種別電動車販売台数(2016~2020年)
・国別タイプ別充電器設置台数(2016~2020年)
・グループ別ブランド別電動車販売台数(2016~2020年)
▲3章へ / ▼5章へ ▲PAGE TOP

第4章

北米:
米加で2割減、メキシコで3割減となり、1,700万台を割り込む見通し
 

掲載予定国:

米国

カナダ

メキシコ

プエルトリコ

▲4章へ / ▼6章へ▲PAGE TOP

第5章

南米:
ブラジル・アルゼンチン・チリなど主要国で3割前後減少し
300万台を割り込むとみられる
 

掲載予定国:

ブラジル

アルゼンチン

コロンビア

エクアドル

チリ

ペルー

ウルグアイ

ボリビア

パラグアイ

パナマ

▲5章へ / ▼7章へ ▲PAGE TOP

第6章

西欧:
独で2割強、英・仏・伊・西で3割以上減少し、
1,200万台弱に縮小する見込み
 

掲載予定国:

ドイツ

英国

イタリア

フランス

スペイン

ベルギー

オランダ

オーストリア

スウェーデン

ギリシャ

ポルトガル

アイルランド

デンマーク

フィンランド

ルクセンブルク

スイス

ノルウェー

アイスランド

サンマリノ

リヒテンシュタイン

▲6章へ / ▼8章へ▲PAGE TOP

第7章

中・東欧:
トルコ以外の主要国で2桁減となり、
400万台を下回ると予想される
 

掲載予定国:

ポーランド

ハンガリー

チェコ

スロバキア

ルーマニア

スロベニア

ブルガリア

キプロス

ラトビア

エストニア

リトアニア

クロアチア

セルビア

ボスニア・ヘルツェゴビナ

北マケドニア

モルドバ

ウクライナ

ベラルーシ

ロシア

トルコ

▲7章へ / ▼9章へ ▲PAGE TOP

第8章

アジア:
台湾と韓国は増加、中国は小幅の減少に留まる一方、
ASEANやインドで大幅に減少する見通し
 

掲載予定国:

日本

中国

台湾

韓国

タイ

インドネシア

マレーシア

フィリピン

シンガポール

ベトナム

ラオス

インド

パキスタン

ウズベキスタン

カザフスタン

アゼルバイジャン

▲8章へ / ▼10章へ▲PAGE TOP

第9章

大洋州:
オーストラリアとニュージーランドで共に2割前後減少し
100万台を割り込む見込み
 

掲載予定国:

オーストラリア

ニュージーランド

▲9章へ / ▼11章へ ▲PAGE TOP

第10章

アフリカ:
南アフリカ・モロッコなど主要国での大幅減が影響し
30万台弱の規模で縮小するとみられる
 

掲載予定国:

南アフリカ

エジプト

モロッコ

アルジェリア

チュニジア

ケニア

モーリシャス

▲10章へ▲PAGE TOP

中近東:

中近東:
2020年はサウジ以外のGCC諸国の減少により、
全体で10%減の200万台まで縮小する見通し
 

掲載予定国:

イラン

サウジアラビア

アラブ首長国連邦

クウェート

イスラエル

オマーン

カタール

バーレーン

ヨルダン

レバノン



※編集の都合上により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。