HOME > タイ自動車・部品産業 2019
好評受付中タイ自動車・部品産業 2019
タイ自動車・部品産業 2019
発 行

■ 2019年1月予定

体 裁

■ A4判、約200頁

予約特別価格

■ 172,800円(税込)
    
160,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約428KB

電動車生産が本格化するASEANのハブ拠点、新車市場は100万台水準に回復

  • ハイブリッドやプラグインなどの電動車の生産に向けた動きを分析!!
  • 2030年までの自動車生産・販売および二輪車市場の将来予測を掲載!!
  • タイで事業展開する主要自動車部品サプライヤーリストを収録!!

タイでは、2018年までにハイブリッド車やプラグインハイブリッド車を含む電動車の現地生産が始まりました。1トンピックアップおよび小型乗用車に次ぐ、新たな戦略車種と位置付けられる電動車。車載用リチウムイオンバッテリーの現地生産の動きも複数見られ、電動車生産が本格化する方向性が固まってきました。

一方、タイの自動車市場は2018年に100万台水準に回復する見通しで、長らく続いた停滞期を抜け出すことになります。中長期的な視点に立つと、2020年代半ばに1人当たりGDPが1万ドルに達すると予測されるものの、人口増加ペースは鈍化することが確実です。こうしたなか、ASEAN第2位の自動車市場であるタイでは今後、新車需要がどのように推移していくのか、注目されます。

また、多くの日系自動車メーカーにとって、タイは世界戦略上の最重要生産・輸出拠点です。コストや品質といった輸出競争力を支えるのが、サプライヤーや素材メーカーの集積であり、タイの最大の優位性であることは言うまでもありません。近年、自動車生産台数が200万台にとどかない時期が続いてきましたが、そうした中でも競争力強化のための様々な取り組みが続いています。

「タイ自動車・部品産業2019」は、日系企業の戦略拠点が集積するタイに焦点を当てた特別調査報告書で、タイの自動車産業政策や経済情勢に加えて、自動車メーカーやサプライヤーの現地展開を深堀りする内容となっています。

当案内をご高覧頂き、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

タイ、自動車生産・販売・輸出台数の推移(2000~2017年実績、2018年見通し、2030年予測)

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

特集

タイ自動車産業の将来展望

2030年予測

新車市場は130万台水準へ、ASEAN向け輸出貢献で年産250万台

電動車

日系とドイツ系がHEV/PHEVおよび電動車用バッテリーの現地生産を本格
▲特集へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

タイの政治・経済・産業政策

政治・経済

2019年に民政移管の可能性、長期国家戦略Thailand 4.0を導入

自動車産業政策

電動車生産投資奨励策で新たな世界戦略車を育成に注力

貿易体制・補完体制

タイ政府は中国製EVに対する関税引き下げの影響を警戒
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

タイ自動車産業の現状

自動車産業

年産200万台水準を回復、中東向け完成車輸出の縮小止まらず

自動車市場

景気改善を追い風に100万台水準を回復、電動車の市場性に注目

二輪車産業・市場

新車需要は180万台水準で堅調に推移、付加価値が訴求点に

自動車製品輸出入

HS87の輸出額は過去最高に、豪州向け完成車輸出が貢献
▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

主要完成車メーカーのタイ事業動向
◇日系

トヨタ

ホンダ

三菱自

日産

スズキ

マツダ

スバル

いすゞ

日野

◇欧米系等

GM

Ford

Mercedes-Benz

BMW

VWグループ

上海汽車(SAIC-CP)

現代自グループ

Daimlerグループ(三菱ふそう含む)

Volvoグループ(UDトラックス含む)

◇二輪車

ホンダ

ヤマハ

スズキ

カワサキ

▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

自動車部品メーカー100社のタイ事業動向
◇日系

デンソー

アイシングループ

愛三工業

曙ブレーキ工業

アルプス電気

AGC

エイチワン

エクセディ

NOK

NTN

エフ・シー・シー

エフテック

河西工業

カルソニックカンセイ

ケーヒン

KYB

小糸製作所

サンデン

ジーテクト

ジェイテクト

ジヤトコ

ショーワ

スタンレー電気

住友電工/住友電装

住友理工

タチエス

テイ・エステック

TPR

東海理化

トピー工業

豊田合成

豊田自動織機

豊田鉄工

トヨタ紡織

日信工業

日清紡

ニッパツ

ニフコ

日本ガイシ

日本精機

日本精工

日本電産

日本特殊陶業

パイオニア

ハイレックス

パナソニック

日立オートモティブシステムズ

フタバ産業

ミツバ

三菱電機

武蔵精密工業

矢崎総業

八千代工業

ユタカ技研

ユニプレス

ヨロズ

など(60社程度)

◇欧米系

Autoliv

Bosch

BorgWarner

Cummins

Continental

Danav

Delphi

Faurecia

Freudenberg

GKN

Grupo Antolin

Inergy Automotive Systems

Johnson Controls

Lear

Magna

Mahle

Mann+Hummel

Saint-Gobain

Schaeffler

Tenneco

Valeo

Visteon

ZF TRW

など(30社程度)

◇その他

Aapico Hitech

Somboonグループ

Thai Summitグループ

など(10社程度)



※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。
この調査報告書を申し込む