HOME > 日本自動車部品60社の新型コロナ業績影響速報

調査報告書:日本

緊急特別調査
FOURIN日本自動車調査月報 別冊
好評受付中日本自動車部品60社の 新型コロナ業績影響速報
日本自動車部品60社の新型コロナ業績影響速報
発 行

■ 2020年7月末予定

体 裁

■ A4判、約60頁

予約特別価格

■ 99,000円(税込)
   
90,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
月報購読者等割引あり:72,000円(税込)

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約348KB

四半期毎の売上・利益推移と最新の財務健全性を比較・分析

  • 売上上位の自動車部品メーカー、特定の製品分野で高シェアを持つ主要企業が対象!!
  • 新型コロナの影響が顕在化した2020年1~3月業績を含む四半期毎の業績を一覧!!
  • 自己資本比率、負債比率、売上高キャッシュフロー比率などにより財務の健全性を評価!!
  • 自動車関連企業数十社からヒアリングする新型コロナの影響度合いを速報レポート!!

2019年12月に中国湖北省武漢市周辺で初期の症例が出た新型コロナウイルス(COVID-19)は、その影響を中国全土、更に全世界へと広げ、2020年3月12日にはWHOが世界的流行(パンデミック)の状態にあると発表するに至りました。日本の自動車産業界においては、2020年3月上旬~中旬頃までは、主に中国での生産停止に伴う中国製部品の調達停の影響から、国内の自動車生産を継続していくために必要な部品を確保できるかが大きな懸念材料でした。その後、影響が全世界へと広がるにつれ、部品調達の問題の複雑化や従業員の安全を考慮した生産活動の停止など、調達先、納入先、自社の事情が複雑に影響し合い、事業活動に深刻な影響を与えています。直近の四半期業績である2020年1~3月期実績では、グローバル展開の状況や内外製方針など各社の事業展開によって、業績に明暗が出ております。一部の部品メーカーでは、新型コロナウイルスの影響は現状では軽微との声も聞かれますが、2020年5月現在で世界各地の工場が生産停止や縮小を実施していることから、こうしたメーカーにおいても、2020年度は業績へのマイナス影響が顕在化する可能性が高まっています。

「日本自動車部品60社の新型コロナ業績影響速報」では、日本の自動車部品60社(業績を決算短信等で公開している自動車事業専業の売上上位メーカーに加え、各製品で高いシェアを持つ重要メーカーを独自の基準で対象に追加)の直近の業績について、四半期業績を含め、取りまとめます。売上高、営業利益、純利益といった事業の好不調を表す指標だけでなく、自己資本比率、負債比率、売上高キャッシュフロー比率など、財務の健全性を表す指標についても取りまとめ、直近のコロナウイルスによるマイナス影響下でも事業を継続可能な経営の耐久性についても一覧できます。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

日本自動車部品メーカーの直近の四半期業績(トヨタ系部品メーカー2社の例)

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

総括

1.

自動車部品60社の直近の業績まとめ
  ・四半期業績まとめ
  ・自動車部品60社の財務健全性まとめ

2.

日本自動車メーカーの直近の業績速報
  ・売上高/営業利益/純利益、ほか財務健全性を表す指標等
▲1章へ / ▼付録へ ▲PAGE TOP

第2章

企業編:自動車部品メーカーの業績速報

新型コロナウイルスの影響が顕在化した2020年1~3月期を含む直近の業績動向や財務健全性を一覧

地域別業績や海外展開状況等の情報も一覧
掲載予定の自動車部品メーカー

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。

▲2章へ▲PAGE TOP

付録

付録

四半期別業績データベース(売上高、営業利益、純利益)


新型コロナウイルスがもたらす業績への影響要因の変化

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。



※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。