HOME > 世界自動車メーカーの小型車競争
世界自動車メーカーの小型車競争
世界自動車メーカーの小型車競争
発 行

■ 2010年8月31日

体 裁

■ A4判、221頁

価 格

■ 120,000円+消費税
※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約840KB

急増続ける世界小型車市場での拡販へ、
低コストと環境技術、新たな魅力を競う

  • 世界主要15自動車メーカー/グループの小型車戦略を地域別販売実績データとともに鳥瞰!!
  • 世界自動車32ブランドの主力小型車100モデルについて製品・開発・販売動向を整理!!
  • 2009年に過半となり2021年に世界の6割を占める小型車市場の将来を地域別に展望!!
  • 日米欧先進国と中国、ASEAN、インド、ブラジル、ロシアの小型車市場動向と競争焦点を分析!!
  • 世界小型車322モデルの更新計画を2015年まで収録、各社の長期計画策定をサポート!!

世界の小型自動車販売は、2001年の2,267万台から2009年の3,320万台へ約1,000万台強増大しました。この時期、全自動車の世界販売は5,660万台から6,506万台へ850万台弱拡大していますので、全体市場が増大した以上に小型車販売が伸びた事になります。この結果、世界に占める小型車比率は2001年の40%から2009年に51%へ一気に拡大しました。

小型車販売が増大した理由は、2000年代初から続いた世界経済の好調を背景に小型車比率の高い新興国の販売が拡大したこと、先進国で低燃費志向が強まったためです。さらに2009年は、主要国が金融危機後の不況対策として、低燃費小型車の販売支援策を打ち出したことが、小型車販売を後押ししました。

今後も小型車販売の拡大が続くことは確実で、世界の小型車販売台数は2009年の3,320万台から2010年には3,500万台を超え、2021年までに5,600万台に拡大すると予測されます。拡大の中心はモータリゼーションの進展が期待される新興国であり、中でも、中国、インド、ブラジル、ASEAN、中欧、南米主要国の動向に注目が集まります。このため、世界の自動車メーカーは成長市場の取り込みを目指して、コスト・品質・技術・デザイン・販売・マーケティング力を強化し、新しい小型車の魅力を意識した製品企画・開発・生産・販売準備を進めています。

当調査報告は、世界自動車メーカー各社の小型車戦略と製品競争力を、戦略モデルを中心に分析したもので、業界関係各位の業務発展に不可決な重要情報を満載しています。

当案内を御高覧のうえ、関係部署とも御相談いただき、是非ともご採用賜りますようお願い申し上げます。

世界、地域別小型車販売比率推移(2001~2009年)と予測(2010~2021年)

 
※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


ユーザー登録(ログイン)後、リンク箇所をクリックしていただくと、ページ見本(PDF)がご覧になれます。
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

世界自動車メーカーの小型車競争
1
 
2
10
2. 北米、ゆっくりとした回復期に進展する車体小型化とCUV化
16
3. 欧州、CO2排出規制と廃車・買い替え支援が小型シフトを加速
20
4. 日本、エコカー減税でハイブリッド車急増、EV需要増にも期待
24
5. 新興国、90万円前後のB、50万円前後のAクラスが焦点化
28
28
◇ASEAN、独自性を生かした特産品で生き残り図る
32
◇インド、世界各社が廉価小型車投入競争を展開
36
40
◇ロシア、景気悪化で遅れ気味だが投資計画は続行
42
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

VW・スズキ連合の小型車戦略
45
 
46
48
VW Gol/Fox 廉価車世界拡販に問われるPFの世代交代
50
VW Golf/Jetta 世界最量販車としてダウンサイジング
52
VW Up! 先進国と新興国を狙う次世代小型車
54
Audi A1 2010年投入のBクラス上級車、派生車と共に拡販図る
56
Audi A3 上級小型車として拡販、2011年派生SUVを追加
57
Skoda Octavia 主力C小型車として、中国など新興国を開拓
58
Skoda Fabia 廉価車として欧州基盤確立、新興国開拓も増大
59
SEAT Ibiza SEAT主力B、新興国開拓に必要なコストとブランド
60
SEAT Leon Cクラス小型スポーツ車、低燃費仕様車投入で対応
61
スズキ、A-StarとSwift 軸に小型車の世界標準めざす
62
スズキ Swift Bクラス世界戦略車として、派生車と共に基盤拡大
64
スズキ A-Star Aクラス世界戦略車、インド産活かし低価格実現
66
スズキ 新型Alto 軽自動車の中軸としてコスト戦略の根幹担
68
スズキ APV 悪路に強い小型多目的車、新興国市場で拡販図る
69
▲2章へ / ▼4章へ▲PAGE TOP

第3章

トヨタグループの小型車戦略
71
 
トヨタ 既存製品で多様化対応、廉価車投入で新興国戦略加速
72
トヨタ Vitz(Yaris) 先進国の環境志向吸収し世界戦略車に成長
74
トヨタ iQ 低燃費で安全な小型車として投入、新興国開拓が課題
76
トヨタ Etios 新興国戦略車として2010年投入、コスト競争に挑戦
78
トヨタ Corolla 世界戦略車として派生車とともに世界ニーズに対応
80
トヨタ Prius 世界最高燃費と価格低減で、世界新標準モデルに
82
ダイハツ Boon 多ブランドで製品投入、グループ小型戦略を補完
84
ダイハツ Xenia インドネシアで新規需要開拓、問われる世界拡販
86
富士重 Impreza 新規ユーザー開拓へユーザーの選択肢を拡大
88
▲3章へ / ▼5章へ ▲PAGE TOP

第4章

GMグループの小型車戦略
91
 
GM、新体制下で小型製品刷新、先進国と新興国に戦略車投入
92
94
GM Aveo 世界展開するBクラス車、2011年に全面更新予定
96
Opel Corsa Fiatとの共同開発PFベースから2011年更新予定
97
GM Cruze/Opel Astra DeltaIIPFベースのグローバル戦略車
98
▲4章へ / ▼6章へ▲PAGE TOP

第5章

Ford・マツダ連合の小型車戦略
101
 
Ford、FiestaとFocusを軸に世界展開、新興国戦略車も投入
102
Ford Focus 2011年に新PFに統合して派生車を拡充
104
Ford Fiesta グローバルBとして刷新、若年層開拓めざす
106
Ford Figo Fiesta派生廉価車としてインド投入、新興国対応強化
108
マツダ、DemioとAxelaで拡販、中国・タイ生産車で新興国開拓
109
マツダ Demio 斬新なスタイルと低燃費で世界販路拡大
110
マツダ Axela 世界拡販へ基幹車更新、環境性能アピール
112
▲5章へ / ▼7章へ ▲PAGE TOP

第6章

Renault/日産・Daimler連合の小型車戦略
115
 
Renault、B、C小型車は中軸製品と派生車で世界に対応
116
Renault Logan 新興国戦略車として、派生車とともに世界展開
118
Renault Twingo ClioIIベースに開発、コスト低減で派生車追加
120
Renault Mêgane C主力車、先代PF活用し多様化し燃費低減
122
日産、新興国戦略車と電気自動車で小型製品強化し販路拡大
124
日産 新型March 小型・低価格シフトで新興国需要獲得狙う
126
日産 Tiida B/Cクラスとして大型化、世界需要に幅広く対応
128
日産 Leaf 環境意識の高い富裕層を吸収し市場基盤獲得めざす
130
Daimler、CO2対策で小型車拡充、次期車投入へ提携と収益を重視
132
smart fortwo都市需要開拓、次期車開発でR/日産と提携
134
M-Benz A/B-Class 小型市場対応強化、次世代電動車としても実験
136
▲6章へ / ▼8章へ▲PAGE TOP

第7章

Fiat/Chryslerグループの小型車戦略
139
 
Fiat/Chrysler、Fiat技術活用し先進国と新興国需要に対応
140
Fiat 500 復古調で自国販売強化、Chrysler提携で世界販売拡大
142
Fiat Palio 2011年以降の切替えで新興国戦略車として育成再強化
144
Fiat Grande Punto 共通PFで製品多角化、新興国生産を拡大
146
Fiat Bravo 若年層開拓へ斬新なデザインと販売手法強化
148
▲7章へ / ▼9章へ ▲PAGE TOP

第8章

現代自/起亜自グループの小型車戦略
151
 
152
現代 Accent(Verna) 多様なBクラス小型車群で世界市場を開拓
156
現代 i20 B/Cクラス世界戦略車として開発、インドと欧州で拡販
158
160
現代 i30/起亜cee´d HB専用小型車として欧州から新興国へ展開
162
現代 i10 A/Bクラス戦略車として新興国と先進国の双方を開拓
164
起亜 Picanto 世界Aと韓国軽の規格を統一、中軸車として育成
166
▲8章へ / ▼10章へ▲PAGE TOP

第9章

ホンダの小型車戦略
169
 
ホンダ、Fitとその派生車で多様化する世界の小型車ニーズに対応
170
ホンダ Fit 低燃費・低価格なホンダスモールカーの代表格
172
ホンダ City/New Small Concept 新興国開拓へ中・小型車を拡充
174
ホンダ Insight 価格破壊でハイブリッド車普及拡大に貢献
176
ホンダ Civic 2011年全面更新、上級・大型移行し多様化
178
▲9章へ / ▼11章へ ▲PAGE TOP

第10章

PSA・三菱自連合の小型車戦略
181
 
PSA、既存PFの活用と他社提携で世界小型車市場拡大に対応
182
Peugeot 207 グループ最量販のBクラス車、廉価版206は併売
184
Citroën C3 2009年の更新は既存PF活用、上級車と派生車で拡販
185
Peugeot 308 2007年に既存PFでモデル刷新、派生車広げ拡販
186
Citroën C4 主力C車、2010年秋に先代PF引継ぎ車体大型化
187
Peugeot 107/C1 初購入車として基盤確立、トヨタとの共同生産継続
188
Peugeot Hoggar等 新興市場開拓へ、専用製品開発を強化
189
三菱自、i-MiEVとGlobal Small加え、世界小型車競争に本格参入
190
三菱 i-MiEV 世界初の量販電気自動車、新技術を提携の切り札に
192
三菱 Lancer CUVとPFを共有化、車体を拡大しイメージ向上
194
三菱 Colt 世界小型車競争を担うBクラス車、大型化する可能性
196
三菱 Global Small 次の成長担う世界小型車、新興国で拡販めざす
198
▲10章へ / ▼12章へ▲PAGE TOP

第11章

BMWの小型車戦略
199
 
BMW、1 SeriesとMiniに新型車加え、上級小型車需要拡大に対応
200
BMW 1 Series ブランド導入モデルとして2011年頃に全面更新
202
Mini グループ全体のCO2低減に不可欠なプレミアムコンパクトカー
203
▲11章へ ▲PAGE TOP

第12章

アジア独立メーカーの小型車戦略
205
 
マレーシア・Proton Gen.2/Persona 定期的更新へ提携模索
206
インド・Tata Indica/Indigo 独自開発B小型車を刷新、外資に対抗
208
インド・Tata Nano 二輪車代替需要を獲得し家庭への普及めざす
210
中国・上汽 Roewe(栄威)550 自主ブランド小型車として基盤拡大
212
214
中国・吉利汽車 自由艦 B/C小型車として多様化と他ブランド化担う
216
中国・吉利汽車 熊猫 個性的A/B小型車として若年層を開拓
217
218
中国・長安汽車 奔奔、悦翔等 製品拡充と増産で発展目指す
220
図・表・グラフ・囲み記事索引章のタイトルをクリックすると、詳細を表示します。
第1章 世界自動車メーカーの小型車競争 ……… 1
第2章 VW・スズキ連合の小型車戦略 ……… 45
第3章 トヨタグループの小型車戦略 ……… 71
第4章 GMグループの小型車戦略 ……… 91
第5章 Ford・マツダ連合の小型車戦略 ……… 101
第6章 Renault/日産・Daimler連合の小型車戦略 ……… 115
第7章 Fiat/Chryslerグループの小型車戦略 ……… 139
第8章 現代自/起亜グループの小型車戦略 ……… 151
第9章 ホンダの小型車戦略 ……… 169
第10章 PSA・三菱自連合の小型車戦略 ……… 181
第11章 BMWの小型車戦略 ……… 199
第12章 アジア独立メーカーの小型車戦略 ……… 205


この調査報告書を申し込む