HOME > 世界自動車部品産業年鑑 2017
好評受付中世界自動車部品産業年鑑 2017
世界自動車部品産業年鑑 2017
発 行

■ 2017年10月予定

体 裁

■ A4判、約350頁

予約特別価格

■ 162,000円(税込)
   
150,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約706KB

安全・電動化・低燃費の3分野で大きく動く世界自動車部品産業

  • 海外大手・重要部品メーカー302社の経営戦略をコンパクトにまとめたイヤーブック!!
  • 自動車進化の三大分野である安全/電動化/低燃費への各社の対応をレポート!!
  • NVIDIA、Mobileyeなど自動運転関連の注目の新興企業を新たに追加掲載!!
  • 世界規模で引き続き繰り広げられる事業統廃合や企業買収等の最新動向をレポート!!
  • 海外部品企業の2016年業績を売上高、従業員、開発費等でランキング!!

世界自動車市場は先進国で踊り場を迎えながらも新興国では引き続き量的成長が期待されます。自動車各社は先進国を中心により効率的な生産体制構築に向けた投資を継続、新興国では能力増強投資が進められています。自動車部品メーカーがグローバルな受注競争を勝ち抜くためには、グローバルで自動車メーカーのQCDに対する要求を満たす供給体制が求められるほか、このところは自動運転やAIなど安全関連、電動化、低燃費という技術の三大成長分野に対応する必要があります。特に自動運転やAIではWaymoなど従来自動車とはそれほど関連性がなかった新規参入企業が台頭。またEVではコンポネントの単純化による車両価格の大幅な低下の可能性が出てきているほか、駆動システム構成の変化により従来の内燃機関を前提とした自動車部品のビジネスモデルが根底か覆されることが確実視されています。このようなパラダイムシフトの状況の中で、大手システムサプライヤーは要素技術の手の内化と垂直統合を目的に合従連衡を活発化。システムサプライヤー以外の大部分のサプライヤーは、総合システムサプライヤー化を図るのか、それぞれの得意分野を磨いて専門サプライヤーとして生き残りを図るのか、戦略上の重大な決断が求められる時期に来ています。

「世界自動車部品産業年鑑2017」は、グローバルな部品産業の動きを調査・分析した調査書です。海外大手・重要部品メーカー302社を対象に、基本情報から経営戦略、最近の事業動向(事業戦略・製品戦略・技術動向・生産増強・提携及びM&Aなど)をコンパクトにまとめ、世界の部品産業界を概観できるイヤーブックとしてご活用いただけます。また上述した技術の三大成長分野への取り組みもわかりやすくまとめて、競合メーカーの動きを容易に把握可能な誌面構成といたします。欧米韓先進国から中国、インド、タイ、ブラジル、メキシコ、インドネシア、マレーシアをはじめとした新興国メーカーまで、各部品分野の有力メーカーを幅広く掲載しているほか、NVIDIAやMobileyeなど自動運転関連の新興メーカーを新たに掲載いたしました。

部品分野ごとの最新動向把 握や競合他社分析に当案内を御高覧のうえ、関係部署とも御相談いただき、是非ともご採用賜りますようお願い申し上げます。

掲載メーカー採用基準:

  • 自動車部品の売上高が1,500億円以上の会社は無条件に掲載(100社超)。
  • 自動車製造国の年商首位部品メーカーについては、その年商に関係なく掲載。
  • 各部品分野における世界シェアを考慮してFOURINが重要と判断した部品メーカーについて掲載。

製品分野分類基準:

  • 自動車部品工業会の分類基準をベースにFOURINが適正と判断する分野に細分化。
  • 総合システムサプライヤーは多面的な製品展開を行う大手部品メーカーを対象に売上規模等からFOURINが独自に分類。


世界自動車部品産業のOEM市場規模と新興国比率(1996~2015年実績、2016~2027年予測)

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

特集

①世界自動車部品産業の概況
  
自動車メーカー生産規模と投資計画

先進国では新技術・生産効率向上に向けた更新投資が進展、中国・インド・ASEANで規模拡大への増強投資が継続!!!

コスト競争力とグローバル対応力の強化に向けた世界サプライヤー各社の取り組みを一覧!!!

部品共通化や低労働コスト国での生産を始めとしたコスト低減の取り組みを網羅!!!

グローバルでの供給体制整備に向けた最新の動向を掲載!!!

②安全/電動化/低燃費の三大トレンドに向けた海外サプライヤーの取り組み一覧
  
最近の主なサプライヤー同士のM&A、技術提携締結などの取り組み

IntelのMobileye買収、NVIDIA/Bosch/ZFの技術提携などを掲載予定!!!

  
各社の最新の技術開発動向

BoschによるAI搭載の自動運転コンピューター開発など!!!

▲特集へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

世界自動車部品メーカーの経営動向
世界部品産業の最終販売地域別のOEM向け部品の市場規模推移
  
世界部品メーカー各社の売上ランキング

Bosch、Continental、デンソー、現代Mobis、Magna Internationalのトップ5の顔ぶれに変化は?

  
世界部品メーカー各社の営業利益・利益率

日系も含めた各社の立ち位置が明らかに、前年利益率トップの日本特殊陶業は連覇できるか?

  
世界部品メーカー各社の地域別売上

製品分野別に主要プレーヤーの地域別の売上構成を横並びに掲載、地域別の強弱を明らかに!!!

  
世界部品メーカー各社のR&D費用・対売上比率

投資余力の面で競合メーカーとの立ち位置の比較が可能、Cooper Tire & Rubberの比率トップは続くのか?

  
世界主要部品メーカーの従業員1人当たりの売上高・営業利益額比較

効率的に業績を上げているメーカーはどこか?

▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

総合システムサプライヤー(全10社)

Magna International

M&A通じて内外装から電装品まで主要部品分野を網羅、
Getrag買収で変速機を取得

Bosch

電動化・自動化・ネットワーク化をキーワードに成長目指す、
電動化も含めた統合パワートレイン部門を新設

Continental

M&Aによりメガサプライヤーに成長、電動化・自動化・コネクティッド
3分野で引き続きM&Aを推進

Delphi

低収益の空調部門をMAHLEに売却、経営資源を成長分野の電動化と
自動運転に一層集中

Magneti Marelli

FCAの電装品部門、ライトとインフォテイメントの高付加価値化と
中印中心に新興国事業で成長を志向

Schaeffler

軸受と駆動系部品が中心、ハイブリッドモジュールや
eアクスルなど電動化製品に注力

Valeo

安全技術ではレーザースキャナに注力、
電動化では48V対応に注力するほか、駆動用モーターにも参入

ZF

TRWとの融合を急ピッチで推進しながら、
積極的なM&Aで電動化・安全・コネクティッドの3分野を強化

現代MOBIS

中期目標として売上トップ3入りを設定、HEV・EV対応と
自動運転技術による成長を志向

LGグループ

駆動モーター、充電モジュール、
バッテリーでGMとの強固な関係築く
▲2章へ / ▼4章へ▲PAGE TOP

第3章

エンジン・エンジン部品メーカー
1.エンジンメーカー(全7社)

Cummins

米系DE専業、北米事業不振に対応しインドや中近東事業を強化

濰柴動力

中国系DE大手、海外事業拡大に向けベラルーシに合弁会社を
設立したほか米国のガスエンジンメーカーを取得

その他掲載メーカー

Graves Cotton/広西玉柴機器集団/一汽解放汽車有限公司無錫柴油機廠/
中国重汽集団済南動力/全柴動力等5社
2.エンジン部品メーカー(全34社)

Eaton

米エンジン部品大手、大型商用車向けの不振を
中型商用車向けとアフターマーケット事業でカバー

Federal-Mogul

ピストン世界2位、TRWのエンジンバルブ、Honeywellのブレーキ
摩擦材など積極的なM&Aで事業を拡大

MAHLE

ピストン世界トップ、主力のエンジン部品
以外の軸の形成へ、M&Aを通じてサーマルと電動車向け事業基盤を整備

その他掲載メーカー

DAYCO/Katcon/Nemak/Bosal International/Boysen/CIE Automotive/
Cimos/Eberspächer/ErlingKlinger/Gates/Hirschvogel Automotive Group/
Inergy Automotive Systems/Katutex Texron/KSPG/Röchling/Sogefi/
Teksid喜星触媒/AAPICO Hitech/Amtek Auto/Allicon Castalloy/AVTEC/
Hinduja Foundries/Mahindra CIE Automotive/Nelcast/Rico Auto Industrie/
威孚高科/天潤曲軸/渤海活塞/中原内配/遼寧新風企業等31社
3.吸排気部品メーカー(全6社)

BorgWarner

買収したRemyの技術を活用し既存製品の電動化に着手、
モーターと変速機を統合した機電一体製品に注力

Honeywell International

ブレーキ摩擦材事業をFederal-Mogulに売却し
ターボチャージャーに集中、電動化にも取り組む

Tenneco

排気系部品と足回り部品が2本柱、排気系では環境規制対応、
足回り品では電子制御サスペンションの拡販に注力

その他掲載メーカー

Johnson Matthey/MANN+HUMMEL/Umicore等3社
▲3章へ / ▼5章へ ▲PAGE TOP

第4章

駆動・伝動部品メーカー
1.駆動部品メーカー(全14社)

Getrag

親会社Magnaの技術を活用し、
DCTの電動化進めてHEVなどへの搭載を目指す

現代Dymos

現代自IONIQ向けに6速DCTを開発し供給、
現代自グループ外では中国現地系向けと幅広く事業を展開

その他掲載メーカー

American Axle & Manufacturing/Metaldyne Performance Group/
US Manufacturing/Hema Endustr/Miba/Bharat Forge/現代Powertech/
陜西法士特汽車伝動集団/青山工業/万里揚変速器/
中国重汽集団大同歯輪/盛瑞伝動等12社
2.伝動部品メーカー(全19社)

Dana

商用車事業の不振で売上減、小型自動車向けアクスルや
ギアの能増などによる事業強化で回復狙う

Meritor

商用車向け部品に特化、
リアアクスル等で軽量化製品を拡充し収益拡大を狙う

GKN

世界的なSUV需要増に対応し欧米・アジアでAWD製品の能力を増強、
電動リアアクスルの量販車への展開に着手

万向集団

事業重点を等速ジョイントなどの駆動系部品から電動車部品に転換、
リチウムイオン電池事業の拡大に取り組む

その他掲載メーカー

Grupo Kuo/Linamar/The Timken Company/SKF/現代WIA/
平和クラッチ工業/Clutch Auto/Hi-Tech Gears/京西重工/
洛陽LYC軸承/青特集団/斯太尔動力/陜西漢徳車橋/
富奥股份/曙光股份等15社
▲4章へ / ▼6章へ▲PAGE TOP

第5章

制動部品メーカー(全9社)

Knorr-Bremse

商用車ブレーキ世界大手、同業のHaldex買収により
事業規模拡大を志向、商用車向け自動運転の開発も推進

TMD Friction

ドイツ工場の統合、ブラジル工場の移設など合理化を推進しながら、
日清紡とのシナジー拡大に取り組む

萬都

韓国系ブレーキ・ステアリングメーカー、
カメラモジュールなどADAS分野の開発に注力

その他掲載メーカー

KSP Capital Partners/Rassini/Brembo/
Haldex/瑞立集団/一汽富晟等6社
▲5章へ / ▼7章へ ▲PAGE TOP

第6章

懸架・操縦部品メーカー
1.懸架部品メーカー(全9社)

Alcoa

精錬部門を本体に残し部品部門をArconicに分離、
新会社が引き続きアルミ部品の採用拡大に取り組む

Martinrea International

北米系足回り部品大手、買収したHonselの技術活用し
アルミダイカストによる軽量化に取り組む

Mubea

コイルバネ世界大手、軽量化ニーズに対応して
テーラーロールドブランクの車体部品に注力

Iochpe-Maxion

ホイール世界大手、ThyssenKruppと共同でアルミ・
炭素繊維融合ホイールの開発を推進

Superior Industries International

北米アルミホイール最大手、独Uniwheelsを買収し、
再び世界展開に舵を切る

その他掲載メーカー

Jamna Auto Industries/Sapura Industrial/
万豊奥威/中信載卡等4社
2.操縦部品メーカー(全7社)

Nexteer Automotive

2020年の売上高40億ドルを目指し、
中国とポーランドのEPS生産体制を増強

その他掲載メーカー

Borbet/DHB Componentes Automotivos/
Rane Grupe/Somboon Group/長春一汽富維汽車零部件/
湖北恒隆企業集団等6社
▲6章へ / ▼8章へ▲PAGE TOP

第7章

タイヤメーカー(全15社)

Cooper Tire & Rubber Company

引き続き経営再建に取り組む、中国タイヤメーカー買収し
グローバル向け拠点として活用

Goodyear Tire & Rubber Company

世界シェア3位、SUV・高級車向け17インチ以上の
ラージタイヤに注力

Michelin

世界シェア2位、2020年の営業利益30億ユーロを目標に
顧客向けサービス強化やデジタル・ソリューションの展開に注力

Pirelli

中国化工傘下に、ロシア、エジプト、メキシコでの事業拡大を志向

韓国タイヤ

生産拠点の集積・大型化による集中生産で
営業利益率10%代後半の高収益性を確保

錦湖タイヤ

2016年5月初に北米工場が完成、横浜ゴムとの技術提携と
合わせて事業再拡大への歩み進める

その他掲載メーカー

Apollo Tires/GiTi Tire Group/JK Tyre&Industries/MRF/
玲瓏集団/華誼集団/風神股份/賽輪金宇集団/貴州輪胎等9社
▲7章へ / ▼9章へ▲PAGE TOP

第8章

電装・照明/電子・制御部品メーカー
1.電装・照明部品メーカー(全19社)

Ficosa International

パナソニックの傘下入り、
電子ミラーと次世代コックピットで協業を推進

Hella

主力の照明事業に加え、ADASではミリ波レーダーに注力、
電動化対応ではブレーキ用電動ポンプを開発

Osram

欧州ライト大手、一般向けランプ事業を分離し、
自動車関連事業に経営資源を集中

Motherson Sumi Systems

2020年度売上高180億ドル目指しM&Aを推進、
フィンランドの電装品メーカーを取得

その他掲載メーカー

Celgard/Stoneridge/Leopold Kostal/Leoni/Royal Philips/
Tomtom/裕羅コーポレーション/大億交通工業製造/台達電子工業/
APM Automotive/Ewindo/Fiem Industries/Lumax Industries/
駱駝集団/徳賽集団等15社
2.電子・制御部品メーカー(全33社)

NVIDIA

GPU世界最大手、GPU活用したAIシステムでAudi、Volvo Car、Daimler、
トヨタなど取引先を急拡大

Visteon

車載エレクトロニクスに経営資源を集中、
次世代コックピットとインフォテイメントを成長の軸に据える

Here

地図サービス最大手、ナビゲーション及び
自動運転用地図で存在感高まる

Mobileye

車載画像処理チップ大手、Intel傘下に入り
ADAS向けの一層の事業拡大を志向

NXP Semiconductor

車載半導体世界トップ、Qualcomm傘下に入り
ADASに加えてコネクティッドで事業拡大を目指す

ST Microelectronics

スイス半導体大手、自動運転分野のパートナーである
MobileyeのIntel傘下入り後も引き続き提携を継続

その他掲載メーカー

Johnson Controls/Gentex/Harman International Industries/
Sensata Technologies/Huf Hülsbeck & Fürst/IEE/
Infineon Technologies/TE Connectivity/TT Electronics/現代Kefco/
三星SDI/Amara Raja Batteries/Exide Industries/Johnson Electric/
NK Minda Group/Thai Storage Battery/恵州華陽/均勝電子/航盛電子/
大洋電機/科力遠/中国動力/国軒高科/中信国安盟固利動力科技/
北京普莱徳/比克電池/新能源科技(ATL)等27社
▲8章へ / ▼10章へ▲PAGE TOP

第9章

空調・安全装備メーカー
1.空調装備部品メーカー(全4社)

Hanon Systems

Visteonの空調部門を継承、米中印で新工場開設しグローバル展開を加速

その他掲載メーカー

Parker Hannifin/三花集団/双樺控股等3社
2.安全装備部品メーカー(全3社)

Autoliv

主力のパッシブセーフティを維持強化しながら、
日信工業との協業でアクティブセーフティ分野を強化

その他掲載メーカー

Key Safety Systems/錦恒汽車安全等2社
▲9章へ / ▼11章へ▲PAGE TOP

第10章

シート・内装部品メーカー
1.シートメーカー(全8社)

Adient

JCIから分離して始動、ハイテン材やマルチマテリアル採用
シートなどの高付加価値製品の拡販で収益性向上狙う

Lear

シート世界シェア2位、プレミアムレザー事業でシートの収益を改善、
電子部門はM&Aでコネクティビティを強化

Faurecia

コネクティビティから内装までのトータルシステムとしての事業拡大を志向、
排ガス・燃費関連事業強化にも注力

その他掲載メーカー

Bridgewater Interiors/Camaco-Amvian/Woodbridge/
Dräxlmaier/Harita Seating Systems等5社
2.内装部品メーカー(全12社)

Grupo Antolin

Magna内装部門買収により売上規模を1.6倍に、
墨・中・印で生産体制を強化

International Automotive Components

Learの内装事業等を基盤に積極的な
M&Aを通じてグローバル企業に発展

その他掲載メーカー

NYX Inc./UGN/AD Plastik/Boryszew/Grammer/Edscha/
Feltex Automotive/韓一理化/Krungthai Industries/
華翔集団等10社
▲10章へ / ▼12章へ▲PAGE TOP

第11章

外装部品・車体機構部品メーカー
1.外装部品メーカー(全11社)

Benteler

欧州骨格大手、北米事業を縮小の一方、
中国を中心にアジアに経営資源を集中投入

Gestamp Automoción

欧州車体部品最大手、資本提携を通じて
三井物産の販売網活用しグローバルでの事業拡大を目指す

Plastic Omnium

Faureciaの外装部品事業を取得、
アンダーボディの樹脂置き換えなどで軽量化ニーズの取り込みを狙う

ThyssenKrupp

コスト抑制策で黒字を定着、
自動車向けでは欧州外での需要取り込みに向けメキシコに投資

その他掲載メーカー

Arteb/Inalfa Roof Systems/Inteva Product/Lacks Enterprises/
Tower International/凌雲工業/江南模塑科技等7社
2.車体機構部品メーカー(全32社)

Flex-N-Gate

北米樹脂・金属車体部品大手、ミシガン州Detroitに
Ford向けの外装部品工場を新設

Shiloh Industries

北米金属加工大手、M&Aによる事業拡大を進めるほか、
マグネシウム部品に注力

TI Automotive

燃料供給システム世界大手、M&Aでエンジン部品を取得、
メキシコと中国で新工場を稼働

Brose Fahrzeugteile

主力のドアシステム以外の事業拡大が顕著、
軽量シートやモーター事業が拡大

Webasto

ルーフシステム最大手、ドイツの電子組立サービス会社を買収し、
電子部品の垂直統合を図る

その他掲載メーカー

ADAC Automotive/AGS Automotive Systems/
Cooper Standard Holdings/Dura Automotive Systems/
Henniges Automotive/Multimatic/Miniature Precision Components/
Shape Corporation/Strattec Security Corporation/Constellium/
Kiekert/Kirchhoff Automotive/Kongsberg Automotive/
Kromberg & Schubert/Stabilus/Witte Automotive/星宇Hitech/
和信/Delloyd Ventures/Ingress Corporatio/JBM Auto/
Thai Rung Union Car/Thai Summit Group/敏実集団/
天津汽車模具/上海賽科利汽車模具技術応用/
四川成飛集成科技等27社
▲11章へ / ▼13章へ▲PAGE TOP

第12章

車体材料メーカー(全30社)

Novelis

Fordへの供給増に対応して米国工場を増強、
神戸製鋼と母材供給で合意

SABIC Inoveative Plastics

北米樹脂材料大手、
軽量化ニーズへの樹脂製ウィンドーの開発に注力

Freudenberg

欧州ゴムシール大手、
アジア・中近東に成長の軸を置く

その他掲載メーカー

Dow Chemical Campany/Dow Corning/DuPont/
Eastman Chemical/Guardian Industries/PPG Industries/
United States Steel/ArcelorMittal/Autoneum/BASF/Celanse/
Covestro/GF Automotive/Lanxess/Norsk Hydro/Saint-Gobain/
Solvay/Trelleborg/Voestalpine/現代製鉄/POSCO/東洋実業/
Tata Steel/信義玻璃/宝鋼集団/福羅集団/建新趙氏集団等27社
▲12章へ / ▼14章へ▲PAGE TOP

第13章

設計・設備・金型メーカー(全8社)

AVL List

欧州パワートレイン開発大手、
蘭エンジン研究会社買収し、燃焼シミュレーション分野を強化

Ricardo

パワートレイン開発世界大手、
印中民族系メーカーの開発サポートで事業を拡大

その他掲載メーカー

Illinois Tool Works/ABB/Comau/Italdesign Giugiaro/
Pininfarina/Semcon等6社
▲13章へ▲PAGE TOP

第14章

新興国系総合システムサプライヤー(全12社)

Anand Group

パワートレインとシャシ系中心、
製品力強化に向け積極的な提携締結を継続

Ashok Minda Group

積極的なM&Aで部品の多角化を推進、
海外では中国とメキシコで事業を拡大

Astra Otoparts

インドネシア最大手、自動車生産増に対応し、
日系中心に外資との合弁事業拡大を継続

その他掲載メーカー

Indomobil Sukses International/Pricol/Siam Motors Group/
Tata Autocomp Systems/TVS Group/広州汽車集団零部件/
華域汽車系統/東風汽車零部件/北京海納川等9社


※編集の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。
この調査報告書を申し込む