HOME > 世界自動車研究会

世界自動車研究会

※会則を承認後、お申込下さい

入会用紙

PDF

FAXでもお申し込みいただけます。PDFアイコンかこちらのPDF(約128KB)をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、FAXでご送信ください。

第43回研究会

日時
2023年04月06(木)
午後1:00 ~ 2:00
理事会
 
午後2:00 ~ 5:00
研究会
場所 北京河南大厦(北京市朝阳区潘家园华威里28号 六階多機能庁会議室)  会場外観写真  会場室内写真
電話 電話( 86 ) 010 - 6775 - 1188  Fax ( 86 ) 010 - 6774 – 5691
費用 会員と新入会員=無料。当日だけ参加の非会員=1200元。(当日会場でお支払いください)
定員 100名(会場の都合により、定員になり次第締め切ります)
申込 会員はこちらから申込みください(会員の参加は自由ですが、会場準備都合のため毎回連絡下さい)。
新入会者または当日だけ参加者はこちらから申込みください。
講演 未定
入会申込み後または新年度開始(1月1日)後、初めての研究会開催日までにその年度の会議費納入が確認できなかった会員は自動的に会員資格抹消となります。

月例研究会(予定)

回/年月日 国内関係表題:講演者 世界関係表題:講演者
未定

未定

未定

第42回研究会

2023年01月05日(木)

(会場の様子:中国各地から100名以上が参加)

(中国各地から100名以上が参加)

中国の自動車産業は質の高い発展の新たな段階に

付 炳鋒氏

付 炳鋒氏
(中国汽車工業協会常務副会長兼秘書長)
報告PDF(中国語)

進歩し続ける「極狐(ARCFOX)」

曹 琛氏

曹 琛氏
(北京新能源汽車股份有限公司
商品創造センター副主任) 
報告PDF(中国語)

 

中国の自動車産業は転換期に突入し、市場、コロナ禍、サプライチェーンが直面する挑戦に耐え、質の高い発展段階に入っている。将来的には中国式スマートネットワーク自動車産業一体化エコシステムの構築、「カーボンピークアウト・カーボンニュートラル」戦略の実践、新型サプライチェーンシステムの構築などの面で難関を突破し、自動車強国への道を推進する。

CASEのメガトレンドの到来を受け、BEVプラットフォームの開発が主流になってきています。講演は主にBEVのプラットフォーム化の発展過程、ARCFOXのBE 21プラットフォームと複数の派生製品および次世代のBEVプラットフォーム技術を紹介します。



二重炭素需要を背景とした新エネルギー自動車パワートレインアセンブリ技術の発展現状

陳 勇氏

陳 勇氏
(広西大学機械工学学院教授/工学博士/中国自動車工学会会士)
報告PDF(中国語)

カーボンニュートラル達成を目標に新エネルギー車市場が大きく発展しています。電動化はBEVだけではなく、FCEV、PHEV、HEVも互いに競合しながら、並行して発展しています。今回の報告はカーボンニュートラル目標が自動車産業の発展に対して与える影響を分析し、自動車のパワートレイン発展、特に複数のパワートレイン発展にまつわる主な技術動向と見通しをまとめました。

報告PDF(中国語):会員限定、閲覧のみ。PDFの表示には少し時間がかかります)



本会は北京富欧睿汽车咨询有限公司が運用するホームページに専用のページを作成し、会員へのさまざまな連絡と情報提供に使用しています。研究会後、会員限定として、研究会での発表のために講演者等が作成した講演内容PDFを閲覧専用(会員外第三者への配布を可能とする印刷は作成者に許諾を得ていません)として公開するが、作成者の了承が得られない場合は公開できない、しない。