HOME > 世界自動車研究会

世界自動車研究会

※会則を承認後、お申込下さい

入会用紙

PDF

FAXでもお申し込みいただけます。PDFアイコンかこちらのPDF(約128KB)をプリントアウトし、必要事項をご記入の上、FAXでご送信ください。

第32回研究会

日時
2019年7月4日(木)
午後1:00 ~ 2:00
理事会
 
午後2:00 ~ 5:00
研究会
 
午後5:30 〜 7:30
交流パーティー
場所 北京河南大厦(北京市朝阳区潘家园华威里28号 四层国际会议厅B区)  会場外観写真  会場室内写真
電話 電話( 86 ) 010 - 6777 - 3048  Fax ( 86 ) 010 - 6774 – 5691
費用 会員と新入会員=無料。当日だけ参加の非会員=1200元。(当日会場でお支払いください)
定員 100名(会場の都合により、定員になり次第締め切ります)
申込 会員はこちらから申込みください(会員の参加は自由ですが、会場準備都合のため毎回連絡下さい)。
新入会者または当日だけ参加者はこちらから申込みください。
講演
(中国)
輸出と国際協力の現状、政策、動向についての分析
(世界)
中国商用車企業の海外事業発展のカギ
   —「標準化」輸出の戦略的意義
許 海東
(中国自動車工業協会 輸出部 主任)
封 峰
(北汽福田 海外事業部 アジア太平洋地域部 副総経理)

1、中国は2012年に100万台を輸出した後に減少をつづけ、2018年に再び100万台に達した。この過程に関する分析。2、奇瑞汽車の輸出実績に対する分析。3、吉利汽車の輸出事業の沿革。4、新しい情勢の下で対米輸出に関する見通し。5、中国の輸出全体の見通し。

近年、輸出される中国製商用車製品の製品力向上に伴い、完成車の技術と品質が大幅に向上しました。現在は製品のアップグレードから市場へのアップグレードの段階に入っています。海外市場のレベルアップを実現するために、継続的にハイエンドの顧客層を開拓します。中国商用車企業は以前より納車、ローカルマーケティング、サービスは完全に販売パートナーの役割としていたが、製品、マーケティング、サービスを標準化してするように転換しています。海外のお客様を理解し、所属する市場でのプレゼンスを高め、海外ビジネス戦略の目標を実現し、最終的には欧米や日韓との持続可能な競争能力を確立します。

入会申込み後または新年度開始(1月1日)後、初めての研究会開催日までにその年度の会議費納入が確認できなかった会員は自動的に会員資格抹消となります。

月例研究会(予定)

回/年月日 国内関係表題:講演者 世界関係表題:講演者
未定

未定

未定

第31回研究会

2019年4月12日(金)

(中国各地から80名以上が参加)

(中国各地から80名以上が参加)

破壊的技術の趨勢が自動車業界をどう変えるか

阎 文斌氏

顧 剣民氏
(Valeoグループ中国区首席技術官 博士)
報告PDF(中国語)

ICVの情報セキュリティ保護と監視 

顧 剣民氏

阎 文斌氏
(北京娜迦情報科学技術発展有限公司 創設者兼COO)
報告PDF(中国語)

 

(会員限定、閲覧のみ。PDFの表示には少し時間がかかります)

何が破壊的技術の傾向か?破壊的技術とビジネスモデル、自動車産業の3大変革、どのように新しい技術と製品で三つの変革の課題をリードするか?オープンディスカッション形式で討論します。

ICV(Intelligent Connected Vehicle)の技術現状と課題を紹介します。そのうえで、安全性とリスクを分析して潜在的脅威を発見し、防御体系の構築について検討します。オンラインセキュリティ運営プラットフォームを構築し、効果的な安全措置による攻撃防御を通じて,インテリジェントネットワークのために全面的な防護を提供します。



当面の世界自動車産業発展が直面する新情勢を考えながら、国内外の自動車部品産業発展の現状を紹介します。リチウムイオン電池、水素燃料電池及びV 2 X車のネットワーク技術を例に、新エネルギーおよびインテリジェントネットワークの部品について特別研究を行います。そして、将来の我が国の自動車部品の高品質な発展戦略ルートと関連提案を提出します。