HOME > 自動車問題研究会

自動車問題研究会 東海支部のご案内

自動車問題研究会は自動車産業に関与する個人によって構成される任意団体で、学習、研究、会員相互の親睦を目的とした組織として1969年(昭和44年)に発足しました。当研究会は東京に本部が、大阪と名古屋に支部があり、それぞれが独自の活動を行っています。東海支部は1984年(昭和59年)7月3日に誕生し、東海地区に在住または事業・研究拠点を有する約130名の会員によって構成されています。

東海支部は月一回定例会を開き、自動車を取り巻く諸課題について講演会を行うことを基本的な活動としています。また、年に数回の懇親会や本部、関西支部との交流会を行い会員相互の親睦を図っています。

FOURINは1996年12月以来、東海支部の事務局を務めておりますが、自動車産業に関わる様々な企業、大学関係者、公的機関の関係者らとともに、月一回の定例会の中で学習させていただいております。

弊社調査報告書をご利用の皆様。弊社調査報告書にご興味をお持ちの皆様。自動車問題研究会は弊社の調査報告書とはまた別の視点で自動車を理解する上での有効な場と存じます。自動車問題研究会では広く門戸を開放していますので、下記の「過去1年間定例会報告」や「定例会のご案内」をご覧の上、入会されることをお薦めいたします。

自動車問題研究会 東海支部 6月 定例会

6月定例会は、「米中冷戦下の米国の投資・ 貿易管理強化の動きと 日中イノベーション協力」と題して自問研会員でもある一般財団法人 日中経済協会 専務理事 杉田 定大 氏にご講演頂きます。杉田氏は東京工業大学 特任教授も兼任されております。

世界が注目する米中冷戦のもと、日系企業はどう立ち回るのか、中国市場に引き続きコミットするのか、アセアンや米国などに移転するのか、自動車産業や電装部品産業はどっちの戦略をとるのか、huawei問題にどう対応するのか、他にも制裁対象企業が続くのか等について熱く語って頂きます。

皆様、奮ってご参加下さい。

自動車問題研究会 第366回 定例会

日時 2019年6月21日(金)午後7時~8時30分頃
会場 フォーイン多目的ホール(名古屋市千種区桜が丘292 TEL:052-789-1101)
内容 米中冷戦下の米国の投資・ 貿易管理強化の動きと日中イノベーション協力
講師 一般財団法人 日中経済協会 専務理事 杉田 定大 氏

また、7月総会の予定が確定致しました。 スケジュール調整をお願い致します。


-東海支部 2018年度 総会 & 懇親会-

日時: 2019年7月19日(金)午後7時~9時頃
会場: 北京料理 百楽 名古屋店 (中村区名駅4-6-23 第3堀内ビル 電話052-581-1511)
http://www.hyakuraku.com/about/index.html#access
講師、内容は 現在、折衝中です
会費: ¥6,000.- (懇親会費用、飲み放題付)

今年、自動車問題研究会は発足から50周年を迎えます。

その記念パーティを、本部の総会に合わせて行うことになりました。

会場の都合で7月18日(木)になり、現在その準備を進めています。

詳細は追ってご案内申し上げます。

自動車問題研究会 東海支部 過去1年間 定例会 報告

2019/5/17
第365回
「自動車文化をどう残し伝えるか
-自動車が愛の着く存在でありつづけるために- 」
トヨタ自動車株式会社
トヨタ博物館 館長
布垣 直昭 氏
2019/5/8
第364回
日中自動車産業情報交換会
中国側報告「新たなステージを迎える中国自動車産業」
日本側報告「自問研東海支部の活動と日中自動車産業の共通課題」
中国汽車工業咨詢委員会主任
安慶衡
株式会社フォーイン社長
久保 鉄男 氏
2019/4/22
第363回
「二輪車産業の将来
-アジアモータリゼーションを担う二輪車の将来と電動化の可能性- 」
国内二輪車メーカーと
部品メーカーで二輪車の
開発を担当された
二輪車業界の専門家
2019/3/29
第362回
「国際化時代の自動車開発
-日本の強みをどう生かすか、欧米の強みをどう組み入れるか- 」
Segula Japan 株式会社
代表取締役社長
都留 典孝 氏
2019/2/27
第361回
「コネクテッドが広げる自動車の可能性
-情報サービスから渋滞緩和、事故削減へ- 」
日本マイクロソフト株式会社
グローバル事業本部
オートモティブインダストリーダイレクター
内田 直之 氏
2019/1/23
第360回
「ゴーン問題と3社アライアンスの行方
-なぜ、ゴーンの暴走を止められなかったのか 日産取締役会の構図- 」
自動車問題研究会
東海支部 幹事
井上 久男 氏
2018/12/12
第359回
「米国の自動運転と欧州の自動運転
-乗る車と運転する車- 」
株式会社フォーイン
法政策調査月報
編集長取締役
田中 八智代 氏
2018/11/20
第358回
「パワートレインの現在・過去・未来
-内燃機関の系譜と将来、これからの開発方向と軽量化- 」
元日産自動車理事
パワートレイン開発担当&
プログラムダイレクター、
前BOCAR Japan 代表
安田 誠 氏
2018/10/26
第357回
「”まち・人”の視点から自動運転車社会を考える」 株式会社日建設計総合研究所
上席研究員
グループマネージャー
安藤 章 氏
2018/9/14
第356回
「サステイナブルZoom Zoom宣言2030に基づくマツダの技術戦略」 マツダ株式会社
R&D管理・商品戦略担当
執行役員 工藤 秀俊 氏
2018/8/21
第355回
「ASEAN統合の行方と自動車産業
-5年間のバンコク支局長経験の視点から- 」
日本経済新聞社 編集局国際アジア部
アジア・エディター兼
アジアビジネス報道センター長
高橋 徹 氏
2018/7/13
第354回
「欧州ディーゼルクライシスの現状分析と主要各社の将来戦略
-CO2規制達成に不可欠なディーゼルエンジン復権の道筋- 」

2017年度総会
株式会社FOURIN
技術調査部 部長
東 尚史 氏

自動車問題研究会 会則

昭和52年7月15日 制定
平成19年9月1日 一部改訂
平成28年7月14日 改訂
平成29年7月13日 一部改訂

名称

  1. 本会は自動車問題研究会と称する。
  2. 本会は下記に住所を置く。
  3. 本会は下記に支部を置く。

目的

本会は、自動車に関わる諸問題について政治、経済、文化、技術などの、さまざまな観点から問題提議を行ない、かつ会員相互が調査、研究および議論を重ね、その本質を見極める事、また会員相互の親睦をはかることを目的とする。

活動

本会は、月例研究会、工場見学会、試乗会、出版物の編集発行、内外関係機関との連携その他、本会の目的を達成するに適当と認められる活動を行う。

会員

  1. 本会に入会を希望する者は、本会の目的に賛同する者で、会員の紹介をもって幹事会に申込み、その承認を得なければならない。
  2. 会員は所定の会費を納入するものとする。
  3. 会員は、本会が開催する月例研究会、工場見学会などに出席し、本会が発行する機関誌、出版物、その他資料の配布を受けることが出来る。

役員

  1. 本会は、本会を代表するため会長1名、会計監査のための監事1名を置く。会長、監事は、総会にて選任される。
  2. 会長は、会務執行のため、副会長若干名、幹事若干名を置く事が出来る。
  3. 幹事は、互選により幹事長1名を選出し、幹事長は適宜、会務執行のための幹事会を開く事が出来る。幹事会のメンバーは、会長、副会長、監事、幹事を基本とする。
  4. 会長は、本会運営に必要と判断した場合、顧問等若干名を置くことを総会に提案し、総会を持って選任することが出来る。

会費

  1. 本会の会費は、総会で決定した上、会員に通知し、承認を得るものとする。会員は原則として毎年8月末日までに一括してこれを支払うものとする。
  2. 会員は、1カ年に亘り会費を納めなかった場合には会員資格を失う、ただし、幹事会が正当と認める理由がある場合には、この限りではない。

総会

  1. 本会は、年に一度総会を開催し、本会の活動、会計などについて報告するものとする。
  2. 前項に加えて、会長は、必要と認める場合には総会を開催することが出来る。

自動車問題研究会 連絡事務所

<東京本部>

〒106-0032 東京都港区六本木6-2-5 セキヤレジデンス31号
株式会社エディターハウス気付
TEL:(03)3408-1232/FAX:(03)3408-1214
E-MAIL:jimonken@trad.ocn.ne.jp
URL:http://www.jimonken.jp

<関西支部>

〒567-0034 大阪府茨木市中穂積2-1-5
一般社団法人日本自動車連盟(JAF)関西本部気付
TEL:(072)645-1300/FAX:(072)645-1666
E-MAIL:jimonken@jaf.or.jp

<東海支部>

〒464-0025 愛知県名古屋市千種区桜が丘292
株式会社FOURIN気付
TEL:(052)789-1101/FAX:(052)789-1147
E-MAIL:jimonken@fourin.com
URL:https://www.fourin.jp/corporate/jimonken.html
東海支部へのお問い合せは →【こちらの入力フォームより】