HOME > マルチ・クライアント:Boschの生き残り戦略

調査報告書:欧州

好評受付中Boschの生き残り戦略
Boschの生き残り戦略
発 行

■ 2021年10月予定

体 裁

■ A4判、約70頁
 簡易カラー印刷

予約特別価格

■ 198,000円(税込)
   
180,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
冊子版+報告会: 455,000円(税込)

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約351KB

ソフトウェアとカーボンニュートラルを軸とする成長戦略

  • システムサプライヤーとして最先端技術を開発してきたBoschの経営戦略を包括的に分析!!
  • ソフトウェア・デファインドプラットフォームと、自動運転システムの技術戦略動向の詳細を報告!!
  • カーボンニュートラルに向けたBEV、水素/燃料電池のパワートレイン技術の方向性を分析!!
  • Boschが描くクラウドベースのコネクテッドサービス事業戦略と次世代のビジネスモデルを検証!!
  • Boschのライフサイクルカーボンニュートラル・調達方針、経営体制、世界地域事業を詳報!!

ディーゼルのコモンレールシステム事業成功で多大な利益を得てきたBoschは、ディーゼル依存からの脱却を図りカーボンニュートラル時代の成長に向けてeAxleなどEVコンポーネント事業を強化し、燃料電池技術の開発にも多大な投資を行っております。また、2021年1月のCESにおいて、目標としてきた世界全400拠点のカーボンニュートラルを2020年に実現したことを報告、次のステップとして調達から製品の使用までバリューチェーン全体に渡るCO2排出削減を進めています。一方、Boschは同年1月、自動車部門であるモビリティソリューション部内に、クロスドメインコンピューティングソリューション部門(CDCC)を創設し、ソフトウェア集約型の電子システム開発を行う体制を始動しました。ソフトウェア技術とカーボンニュートラルを軸とする企業戦略を構想、今後の成長に向けて新規事業を急速に推進しております。

本調査報告では、BoschのPACEそれぞれの技術戦略、ソフトウェア開発、カーボンニュートラルに向けた各新事業に焦点を当て、長期成長戦略を分析、報告致します。Boschの経営戦略の理解やビジネス関係の構築に、「Boschの生き残り戦略」をご活用頂ければ幸いです。

PACEを軸とするBoschの新製品戦略

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

Boschの経営戦略

・組織と経営体制

クロスドメインコンピューティングソリューション部門創設

・経営方針と長期ビジョン

DXとBX

▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

Boschの世界拠点体制と研究開発投資

・Boschの世界拠点体制(欧州、北米、南米、日本、中国、ASEAN・インド)

事業・製造拠点と主要事業

・Boschの研究開発体制と戦略

・ベンチャー・スタートアップとAI研究体制

・エンジニアリングサービス事業

▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

Boschの製品戦略

PACE製品戦略

・パーソナライズ(Personalized)

モビリティサービス

バレーパーキングサービス

充電サービス

・自動化(Automated)

シャシーコントロールとADAS事業

自動運転技術

・コネクテッド(Connected)

カーマルチメディア・デジタルコックピット

ソフトウェアアップデート/OTA

ソフトウェアとクラウドサービス事業

・電動化(Electrified)

電動化技術戦略(BEV/PHEV/HEV)

水素燃料電池技術戦略

・車両コンピュータとE/Eアーキテクチャ

半導体事業

・Bosch製品の自動車メーカーへの納入動向

▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

Boschのライフサイクル・カーボンニュートラル戦略

・2020年カーボンニュートラルの実現と2030年カーボンオフセット削減目標

・Boschの調達・サプライチェーンマネジメント



※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。