HOME > マルチ・クライアント:中国電池交換・BaaS市場展望

調査報告書:中国

中国電池交換・BaaS市場展望
中国電池交換・BaaS市場展望
発 行

■ 2022年8月31日

体 裁

■ A4判、79頁
 簡易カラー印刷

価 格

■ 440,000円(税込)
※国内送料込

冊子版+報告会:770,000円(税込)

電池交換ビジネスモデルの収益性を探求

  • 中国BEV電池交換・BaaS市場の業界構図を整理、ビジネスモデルを分析!!
  • 乗用車BEV・商用車BEV・電動二輪車の電池交換関連政策・規格を網羅!!
  • 乗用車・商用車における電池交換BEVの地域別販売を集計、市場規模を予測!!
  • 自動車、二輪車の電池交換ステーションの調達コスト・整備状況/計画を整理!!
  • 乗用車BEV・商用車BEV・電動二輪車の電池交換・BaaSの収益性を試算!!

中国の新エネルギー車(NEV)市場が急拡大する中、BEV電池交換市場は確実に成長すると見込まれております。2022年はその普及元年と言われており、中国政府発表によると、電池交換式BEV保有台数は15万台超(2021年10月末)、電池交換ステーション数は約1,300ヵ所(2021年末時点)にのぼります。今回の電池交換ブームはこれまでのBetter PlaceやTesla等の参入失敗と異なり、ユーザーの受容性や事業としての採算性問題が解決される可能性が高くなりつつあります。

一方でNEV補助金制度は2022年末をもって終了します。足元は電池素材価格の高騰、半導体不足等を背景にNEV価格が上昇しており、NEV普及に向けて大きな障害となりつつあります。そこで車体と電池を別売にするBaaS(Battery as a Service)を展開すれば、その課題を解消する可能性があり、中国政府もその産業育成を提唱しています。

乗用車分野では、NIO、北汽、上汽、長安、一汽、吉利等のメーカーが電池交換技術対応EVを販売しています。さらに電池メーカー最大手CATLは2022年1月、自社の電池交換サービスブランドEVOGOを発表。電池交換事業への進出を宣言しました。また、電動化の進展が遅れている商用車分野でも短距離輸送市場をターゲットとして、電池交換式重型トラックBEVの採用が急速に拡大。さらに電動二輪車の電池交換ビジネスも盛んです。

本調査報告書では、中国乗用車・商用車・二輪車電池交換市場の進展状況を徹底的に調査します。中国ではNEV市場拡大に伴い充電インフラや電池交換のビジネスモデル等先行している事例が多く存在しています。そのため、一連の成功事例は日本のBEV普及に向けて大いに参考になると確信しております。今後の電動化分野の本格化進出への判断材料として、本報告書をご活用頂ければ幸いです。

中国、業者別乗用車用電池交換ステーションの設置状況
(2020年1月~2022年3月)

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

総論

中国BEV電池交換・BaaSの可能性
電池交換・BaaSの可能性、商用目的(BtoB)の分野での市場性が向上、一般ユーザー等適用範囲の拡大が期待される
▲総論へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

中国BEV電池交換・BaaSにかかわる政策・規格
電池交換・BaaSの関連政策、充電による停電、火災、容量不足などの対応策として電池交換を提唱
電池交換規格、電動自転車、重型トラックの規格集約が進み、一般ユーザー向けの乗用車は集約が難航
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

乗用車分野のBEV電池交換・BaaS
蔚来(NIO)、一般ユーザー向け電池交換サービスを提供、他社と共用可能の電池交換ステーションを開発中
北京汽車、タクシー向け電池交換事業を展開、一般ユーザー向け拡販は頓挫、事業目標が未達成
奥動新能源、事業用車両を中心に電池交換サービスを提供、長距離運送車両向け商用車電池交換ステーションを開発
上汽乗用車、交換式電池用電池パック「魔方電池」を発表、本格的に一般ユーザー向け電池交換事業を展開
吉利汽車、電池交換式BEV専用ブランド「睿藍(Livan)」を立ち上げて、一般ユーザー向けに販売拡大も
他社動向、電池交換式BEVが相次ぎ投入され、搭載容量選択式の電池交換ソリューションを提案するCATLも参戦
▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

商用車分野のBEV電池交換・BaaS
漢馬科技、2025年脱内燃機に向けて電池交換式重型トラックの開発を加速、問われる電池寿命と電気コネクタの耐久性
徐工集団、電池交換式重型トラックの製品ラインアップを拡充、電池交換ステーションの内製化も進める
三一集団、後発者として、電池交換効率化に注目し、自社開発の電池交換ステーションでシェア拡大を図る
関連企業、国営企業が主導で電池交換の実証実験を推進する一方、新規参入者は幹線物流向け実証実験を試みる
▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

電動二輪車分野の電池交換・BaaS
電動自転車の電池交換、配達員向け電池交換・BaaS市場が競争激化、一般消費者向けの市場開拓が進行