HOME > マルチ・クライアント:空飛ぶクルマの国内開発最前線と普及戦略

調査報告書:日本

好評受付中空飛ぶクルマの国内開発最前線と普及戦略
空飛ぶクルマの国内開発最前線と普及戦略

表紙画像、中央の写真以外は経済産業省発表ニュースリリース(https://www.meti.go.jp/press/2018/12/20181220007/20181220007.html)掲載のイメージ画像を加工してFOURIN作成。

発 行

■ 2021年10月予定

体 裁

■ 冊子 A4判、約100頁
 簡易カラー印刷

予約特別価格

■ 286,000円(税込)
   
260,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
冊子版+報告会:535,000円 (税込)
ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約383KB

社会課題解決に向け官民挙げて空の移動革命を本格化

  • 空飛ぶクルマの市場規模・普及見通しとインフラ・サービス整備進展を展望!!
  • 社会課題の解決を図る各自治体の取り組みと官民連携の現状を整理!!
  • 搭載される最新技術と期待される自動車業界へのフィードバックを調査・分析!!
  • 自動車・非自動車業界の機体・運航・離着陸等に係る約100社の動向を整理!!
  • 製造・開発、インフラ関連、官公庁などキーパーソンへの取材レポートを掲載!!

我が国では、都市部での渋滞問題や、山間部や離島での交通の利便性や緊急時の輸送経路(医療ほか)、被災地における救助支援経路の確保などモビリティ分野においても様々な社会課題を抱えています。従来の自動車や鉄道を利用した移動には、道路や線路などのインフラ整備が不可欠であり、そうした整備が遅れている地域を含む移動には、より多くの時間がかかっています。そうした課題を解決するための取り組みとして、近年、空飛ぶクルマへの関心が高まっています。2018年に政府は「空の移動革命に向けた官民協議会」を設置し、都市や地方における社会課題解決や国土強靭化の方策の1つとして、空飛ぶクルマの実用化へのロードマップをまとめています。同ロードマップでは2023年の事業スタートと2030年代以降の実用化の拡大を目指し、官民が取り組んでいくべき技術開発や制度整備等をまとめ、空の移動に関するグランドデザインを固めていく予定です。

ここ数年の間に空飛ぶクルマの実用化が急速に現実味を帯びてきた背景には、自動車業界における技術革新がCASEを中心とした次世代技術向けの開発で急速に進んだことがあります。駆動用電池の進化やセンサー技術の進化、モーターや制御技術の進化、各種素材の進化は、空飛ぶクルマの実用化を大きく前進させる技術であり、自動車業界から空飛ぶクルマを目指す動きも活発化しています。一方で、従来はコストと性能のバランスから自動車向けでは実用化が難しかった技術が、実証実験段階にある空飛ぶクルマやドローン向けでは価格よりも性能が求められるために採用が進むといった動きが見られます。将来的には空飛ぶクルマ等で採用が拡大した高機能部品が、市場原理にも対応可能なコスト競争力を身に付け、自動車の性能向上に大きく寄与していくことも予想されます。

現状、日本製の空飛ぶクルマの機体開発状況は、中国や欧米に比べ遅れており、直近では2021年6月4日に岡山県笠岡市で行われた日本初の空飛ぶクルマの屋外試験飛行は中国EHang製となっています。しかし日本には自動車に代表される小型モビリティを製造するための高水準の部品や生産技術を持つという優位性があり、巻き返しも期待されます。一方で、日本で空飛ぶクルマの開発がより活発化するには母国市場が大きく成長することも重要な要素となります。日本において空飛ぶクルマへの社会受容性の醸成が進み、必要不可欠な交通手段の1つとしての地位を確立できるかが、2030年以降の空飛ぶクルマの本格的なグローバル市場競争を優位に進めるための鍵となります。

本報告は、日本における空飛ぶクルマの開発状況と市場見通しについて、調査・分析いたします。機体関連の製造・開発に係る企業から、運航/サービスに関わる企業、離着陸などインフラに係る企業に加え、これを後押しする国や自治体の取り組みについて、キーパーソンへのインタビューも交えながら各社・各団体の取り組みをレポートいたします。

本案内をご高覧頂き、関係部署とも相談の上、ご採用賜りますようお願い申し上げます。


掲載予定目次
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

空飛ぶクルマの背景と事業性    ~「空の移動革命」への取り組みが加速~
 
社会課題を解決する「空の移動革命」
官民協議会/ユースケース検討会
「空の移動革命」への自治体の取り組み
福島県、三重県、東京都、大阪府、愛知県等が
「空飛ぶクルマ」への積極的な姿勢示す
ドローン利活用は全都道府県が実施または検討
「空飛ぶクルマ」のコストとサービス提供価格、事業性見通し
当初は観光などエンタメ向け。社会受容性の醸成に伴い
交通網としての地位確立やサービス多様化が進む

▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

空飛ぶクルマの必要機能とステークホルダー
 
「機体」、「運航」、「離着陸」が空飛ぶクルマの必要機能
①電動、②垂直離着陸、③自動操縦が空飛ぶクルマの3要件(経済産業省による)
自動車以上に小型・軽量化、高効率電池、安全性が求められる
既存の航空路と折り合いを付けたコリドー設置を検討
普及には離着陸帯の整備が不可欠、騒音問題に配慮した設置場所も重要
既存のヘリポートの活用は困難との指摘も
国産機体メーカー「SkyDrive」には100社超が支援を表明
主な機体メーカー(日本、海外)
関係者ヒアリング(機体/部品、インフラ、運行/サービス、
政府/自治体関係者など)
▲2章へ / ▼付録へ ▲PAGE TOP

第3章

空飛ぶクルマ事業に参画する日系企業/団体の取り組み動向(約100社)

・機体関連

・運航関連

・離着陸関連

・その他

【 第3章の掲載予定企業(順不同) 】

SkyDrive、エアモビリティ、テラドローン、プロドローン、ANAホールディングス、AirX、日本航空、ヤマト運輸、長大、テトラアビエーション、ホンダ、スバル、トヨタ、デンソー、トルビズオン、エアロファシリティー、東芝、日立製作所、日本電産、ジーエス・ユアサ コーポレーション、東レ、帝人、村田製作所、TDK、ENEOSイノベーションパートナーズ、アスター、スカイワード・オブ・モビリティーズ、日本電気(NEC)、パナソニック、矢崎総業、ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(JSSJ)、ミズノ、中央電気工事、東京海上日動火災保険、大日本印刷、日本ナショナルインスツルメンツ、MathWorks Japan、ベリサーブ、富士通、明和eテック、ローランド・ベルガー、アイシン、愛知製鋼、アスタミューゼ、アソビバ、小糸製作所、ジェイテクト、ダイハツ、大豊工業、太陽建機レンタル、高津製作所、都築電気、豊田合成、トヨタ自動車九州、トヨタ自動車東日本、豊田自動織機、トヨタ車体、豊田中央研究所、豊田通商、トヨタ紡織、日本精工、日本郵政キャピタル、バンダイナムコホールディングス、日野、ブルーストーンリンクアンドサークル、ベンハウス、マルコオ・ポーロ化工、16bit、ローム、ノースガラス、ChatWork、SMFLレンタル、JVCケンウッド、中部技研、北東電機、キグチテクニクス、吉増製作所、ウラノ、多摩冶金、東成エレクトロビーム、UCHIDA、ボーダー・アンド・ポーター、青山製作所、ヴィッツ、新報国製鉄、東亜製作所、マホリ、矢作産業、UACJ、ラブノーツ、ローデ・シュワルツ・ジャパン、原田車両設計、トヨタホーム、三栄工業、双葉電子工業、スズヒロフォークリフト、ARI、イナック、NTPホールディングス、ジュピターコーポレーション、ショウホウテック、新電元工業、D-WEBER、トヨコー、浜静トレーディング、HILLTOP
注)資金面や技術面などで支援を行う企業を含む。直近数年間で動きのあった企業が対象。
▲3章へ ▲PAGE TOP

付録

参考資料: 各自治体発表の「空の移動革命」関連資料
 


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。