HOME > マルチ・クライアント:世界自動車産業の2035年電動化競争

調査報告書:世界

好評受付中世界自動車産業の2035年電動化競争
世界自動車産業の2035年電動化競争
発 行

■ 2022年3月予定

体 裁

■ A4判、約250頁
 簡易カラー印刷

冊子版+報告会予約特別価格

■ 1,650,000円(税込)
   
1,500,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約887KB

新ステージに入るBEV競争、内外製戦略の再構築とコスト削減

世界各地では2050年を前後にしてカーボンニュートラルを目指すといった動きが活発化しています。炭素排出を実質ゼロにするために、自動車を含む輸送部門や様々な分野で脱炭素化を図るための努力が求められています。特に自動車産業においては、2025年以降欧州地域を皮切りにエンジン(ICE)車の販売禁止の開始が予定されており、電動化を促す環境も急速に変化しています。こうしたなかで、主要自動車メーカー各社は、これまで以上に炭素排出を抑えるまたは実質ゼロにするためにBEVを主軸とする電動化を鮮明にしています。VW、GM、日産、現代自Gr.といった早くからBEVシフトを明確にしていたメーカーに加え、Ford、Stellantis、Renault、トヨタ、ホンダといったメーカーもBEV戦略を本格化しています。さらに、Teslaをはじめ、Rivian、Lucid Motor、NIO、Xpengといった新興BEVメーカーの浮上やIT系基盤のApple、Amazon、Huawei、Baiduといった新勢力の登場で、今後BEVが主なボリュームマーケットの一つとなり、同分野における競争も激化すると想定されています。

このようにBEVに対する関心が高まる中で、最近の新たな注目ポイントとなっているのが、BEVの製造コストであり、特に2022年以降予想される主要国における補助金制度の廃止を視野に入れた、BEV製造コストの低減への努力の本格化です。既存完成車メーカーは、ICE車基盤で享受してきた収益基盤から、電動化、とりわけBEV化における収益基盤への移行が進むにつれ、持続的な収益性の確保を図るためのコスト低減努力を強いられています。世界的に需要が高まるバッテリーに加え、モーター・減速機・インバーターの三位一体(eAxle)を軸にするコスト低減は喫緊の課題となっています。実際、業界ではTeslaを除けば、単一モデルで10万台以上のBEV生産を実現していない中で、今後の大量生産を視野に入れながら、かつ、収益性の創出に向けて、eAxleやバッテリーといったコア部材のシステム統合、効率化、新技術の導入といったイノベーションに加え、安定したサプライチェーン確保とマネジメント、リスクヘッジ能力が重要となり、今後のBEV競争において生存可能性を決定づける重要なポイントとなるでしょう。

本マルチクライアント調査報告書では、このような状況を踏まえ、世界自動車産業の業界関係者からのヒアリング調査を通じて、主要国、自動車産業、部品産業関係者が推進する電動車戦略の最新動向を調査・分析いたします。

既に、弊社では、これまで世界自動車産業の電動車戦略をテーマにしたマルチクライアント調査として、2015年の48V調査、中国NEV規制分析、2030年電動車販売予測、機電一体システムとサプライチェーン、世界自動車産業のZEV戦略、2030年バッテリー展望等、数年をかけて定点観測を続けており、各国・地域、主要自動車メーカー、Tier1部品メーカーの関係者と情報ネットワークを構築してまいりました。今回の報告はこうした蓄積を背景にした他に類のない調査報告書です。関係各社の今後の電動車戦略の策定・点検・軌道修正等にご活用ください。

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

総論

2030年電動化に向けた自動車産業のサプライチェーン構築と主導権競争
▲総論へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

主要国・地域別規制/政策/市場動向/市場予測

欧州

米国

中国

日本

各市場別電動車予測(~2035年)

▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

主要電動部品分野別技術関連動向

BEVプラットフォーム eAxle

バッテリーセル・パック

インバーター・パワー半導体

DC-DCコンバーター

車載充電器(OBC)

熱マネジメントシステム(遮熱・断熱・冷却等)

軽量化技術

▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

主要完成車メーカーの電動車戦略

VW Group

Daimler Group

BMW Group

Renault

Stellantis

Volvo Cars

Jaguar Land Rover

GM

Ford

Tesla

Rivian

Lucid Motors

Canoo

現代自グループ

トヨタ

ダイハツ工業

SUBARU

スズキ

マツダ

日産/三菱自

ホンダ

中国一汽

上汽集団

東風汽車

北汽集団

長安汽車

広汽集団

長城汽車

吉利汽車

BYD

NIO

Xpeng

Li Auto

▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

主要自動車部品メーカーの電動部品戦略

Bosch

ZF

Vitesco

Magna/LG

Valeo

Schaeffler

BorgWarner/Delphi

GKN

Dana

Lear Corp.

American Axle Mfg.

LG Energy Solution

POSCO

現代Mobis

SK Innovation⇒SK On

Samsung SDI

デンソー

アイシン

BluE Nexus

マレリ

パナソニック

日立 Astemo

三菱電機

日本電産

CATL

EVE Battery

SVOLT

Farasis

Envision AESC



※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。