HOME > マルチ・クライアント:世界IT企業の新モビリティ事業戦略

調査報告書:世界

世界IT企業の新モビリティ事業戦略
世界IT企業の新モビリティ事業戦略
発 行

■ 2021年9月29日

体 裁

■ A4判、99頁
 簡易カラー印刷

価 格

■ 198,000円(税込)※国内送料込

報告会オプション:275,000円 (税込)

IT企業の参入で変革が加速する自動車産業と新旧企業の主導権競争

世界の自動車産業はデジタル化に進んでいます。IT業界により触発した「CASE」の風は、COVID-19の影響を受けてその勢いは多少弱まったものの、依然として、IoTをベースにした「自動車+α」ビジネスを本格化しようとする動きは鮮明であります。新興BEVメーカーのTeslaが「BEV+α」といった「IT+電動化+ソフトウェア」のトレンドを巻き起こし、VW、トヨタなど主要レガシーメーカーがTeslaをベンチマークする形になりました。これに加え、GAFAまたはGAMAと称される世界主要IT企業らが続々と自動車産業を取り囲む形で参入する動きが鮮明化しており、独自のIoTプラットフォームに自動車ビジネスを取り込もうとする動きを活発に進めております。その一例がAppleで、従来の家電やクラウドサービスといったビジネスからApple Carといった自動車そのものへのビジネス領域を広げようとしており、自動車をめぐってレガシーメーカーとの競争が現実化しようとしています。さらに、Appleに続き、Huawei、Baidu、Foxconnなど様々なIT・家電企業が自動車産業へのチャレンジを明らかにしております。こうした中、既存レガシーメーカーは環境対応・コスト低減・技術イノベーション等、様々な分野での努力が徹底して求められるなか、新たな競争者の登場への対応も必要となる状況です。

本調査報告では、前述のようにIT・家電企業らの自動車産業への参入、そしてレガシーメーカーとの競争において、どのような競争が今後本格的に繰り広げられるか、そして、IT・家電企業らの自動車産業へのアプローチと取り込み戦略を分析する一方、自動車関連ビジネスを軸にした最新動向についても調査いたします。

今後、自動車業界における競争環境が一段と厳しくなるとみられる中で、新たな脅威になるとされるIT・家電企業の自動車産業に対するビジネス戦略への理解、そして、直接的・間接的なビジネスでの関係の構築、さらに、大きく動く今後の自動車産業の予測・判断材料として、当報告書をご活用いただければ幸いです。

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

総論

IT系企業が目指す自動車産業の変革
IT系企業が目指す自動車産業の変革
▲総論へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

IT系企業と既存レガシー自動車企業の未来自動車産業の主導権競争

1-1.

IoTプラットフォーム戦略と派生サービス主導権競争

1-2.

製造から非製造、ソフトウェア重視への軸足移動から始まる利益創出戦略の変化

1-3.

グローバル単位のリピーター・マニア創出戦略

1-4.

自動車に留まらないクロスインダストリーへの挑戦
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

IT系企業の自動車関連ビジネス展開に関する最新動向

2-1.

ADAS/自動運転技術

レベル3~4の自動運転開発が主流、CAS-BEV向けではレベル4以上の実現に向けLiDAR導入を明確化

2-2.

コネクテッド
IoT大手各社のクラウドがコア分野になる、自動運転・インフォテインメント等コネクトの広範囲化に対応

2-3.

CAS-BEV戦略
IT系企業が手掛ける新たな自動車分野、ソフトウェアを軸にした差別化で製品競争力での優位を図る

2-4.

内外製・提携戦略
IT系企業の自動車生産は外注がメイン、生産に必要なAIチップ等の内製開発でコア技術等の確保を重視
▲2章へ ▲PAGE TOP

第3章

主要IT系企業の自動車関連のビジネス戦略

3-1.

Google
Waymoを中心にした自動運転開発を継続、ドライバレスカーによるロボタクシーサービスの導入を本格化

3-2.

Apple
独自ソフトウェアのiOSを中心に自動車向けビジネスを推進、2025年までにApple Carを投入する計画

3-3.

Microsoft
Azureを軸にしたAI・クラウドコンピューティング、自社ブランドの自動運転車の開発にも参戦

3-4.

Amazon
e-Commerce、Amazon Web Service(AWS)に加え、自動運転企業買収で自動車関連ビジネスを本格化

3-5.

Facebook
独自SNSサービスプラットフォームを活用し、オンライン自動車販売ビジネスを展開

3-6.

IBM
独自のAI、クラウドコンピューティングシステムを活用したサービスプラットフォームをGM、BMW等の自動車メーカー向けに展開

3-7.

NVIDIA
GPUベースの自動運転車用AIプラットフォームを展開、SoCの高度化に加え、AI訓練による自動運転の高度化を目指す

3-8.

Intel/Mobileye
自動運転AIの学習や高度化に向けたHPCを開発、2022年ロボタクシー運用に向けEyeQシリーズの更新も推進

3-9.

Huawei(華為)
5G通信基盤自動運転・コネクテッド技術を展開、独自Harmony OSによる車のデジタル化も本格化

3-10.

Baidu(百度)
Apolloコネクテッド自動運転プラットフォームを開発、北汽新能源との提携でBaiduブランドのBEV生産を本格化へ

3-11.

Foxconn(鴻海)

MIHプラットフォームベースのCAS-BEVを量産化、BEVスタートアップ等からの受託生産や独自ブランド車でシェア獲得図る

3-12.

LG
Magnaと協業でBEVを中心としたソリューション提供、IVI/コネクテッド分野でもM&A活発化で独自プラットフォーム構築目指す

3-13.

Samsung-Harman

独自コネクテッドソリューションの開発に注力、車載OS、コンテンツサービス等の車載インフォテイメント分野を強化

3-14.

SK
独自コネクテッドプラットフォームのビジネス化、バッテリーセルをもう一つの事業軸に自動車産業への影響力を拡大

3-15.

SONY
Vision-Sで独自の360度センシングSafety Cocoonに加え、エンターテインメント・コネクテッド技術を提案

3-16.

Tesla
「BEV+α」軸にクロスインダストリー化を加速、効率性の最大化とコスト低減の両立を図るためのR&Dを強化

3-17.

Rivian
シリコンバレー発の新興高級BEVメーカー、エネルギー・UX・OTAの「BEV+α」戦略を本格化

3-18.

Canoo
BEVプラットフォーム分野に特化、使途に合わせたBEV製造・供給を推進、プラットフォームもリユース

3-19.

Lucid Motors
シリコンバレー発の新興高級BEVメーカー、エネルギー・UX・OTAの「BEV+α」戦略を本格化