HOME > インド自動車産業フォーラム
インド自動車産業フォーラム日本とインドのさらなる産業協力をめざして
インド自動車産業の重要関係者が来日します!
インド自動車産業フォーラム 参加申込
 

月報を購読の部署はこちら

▲申込には事前にユーザー登録が必要です。

 

有料参加でお申込の方はこちら

▲申込には事前にユーザー登録が必要です。

 

インド自動車産業の重要関係者が来日

インドは、2017年人口約13.4億人、世界人口の18%を占める大国です。ある報告によると「インドの人口は2024年には14.4億人となり、中国を追い越すとみられる」とあります。

インドでは、近年の高度経済成長とともに富裕層や中間層が拡大し、自動車需要が急増しました。2017年の自動車販売台数は401万台、ドイツを抜き世界4位に浮上しました。2020年にも日本を抜くとみられます。

フォーインは、我が国とインドの自動車産業界が重要なパートナーとして協力関係を深め、相互に成長することを願っております。この度、インド自動車業界重鎮の方々をお招きし、自国のモータリゼーションと自動車産業についてご講演いただく「インド自動車産業フォーラム」を準備しました。講演と交流が日本で行われる貴重な機会です。関係部署とも御相談のうえ、お早めにお申し込みください。

インド自動車産業フォーラム & 懇親レセプション
インド自動車産業フォーラム 懇親レセプション
主催 株式会社フォーイン(日英同時通訳完備)
協賛 SIAMACMA(交渉中)
日時 2019年5月7日(火)  9:30~17:20 2019年5月7日(火) 18:00~20:00
場所 名古屋Marriott Associa Hotel, Towers Ballroom 名古屋Marriott Associa Hotel,Banquet: アゼリア
内容 インド自動車産業関係者来日による講演会です。 来日講演者と懇談する立食パーティーです。
参加費用
(一人あたり)
一名あたり32,400円(税込)
フォーイン調査月報購読毎に1名様無料ご招待
一名 3,240円(税込)
(フォーイン調査月報購読者様もご負担ください)
定員人数 先着500名様まで

(入場には入場整理券と名刺2枚が必要です)
なお、定員になり次第、申込受付を締め切ります。

先着200名様まで。

(入場には整理券が必要です)

フォーラム参加申し込みの際に同時申し込み。
申込 ネットフォームから
折返 入場整理券(と請求書)をお送りします。
中国に並ぶ、世界最大の人口大国= インド

モータリゼーション前夜の現状と将来展望をSIAMとACMAを含む、インド自動車業界代表が来日し、講演・交流します!!

タイムテーブル
Time Table

(敬称略、登壇予定順、2019年1月14日現在)
(講演予定者は本人の都合により「代理出席」または「来日中止」となる場合がありますので予めご承知下さい)

9:00   入場開始
9:30   開会司会 フォーイン : 鈴木 誠  
9:35   主催挨拶 フォーイン代表取締役会長 : 鈴木 雅夫  
9:40   後援挨拶 各位 : 後援各団体  

10:00   基調講演 アジアを変えるインド自動車産業
久保鉄男

久保 鉄男(フォーイン取締役社長)

1959年大阪府生まれ。1980年学生アルバイトとして会社創業に参与。1983年名古屋大学工学部卒後、同年国際産業情報研究所(現フォーイン)入社。以来、欧州一時駐在を含み、北米・中南米・中近東・東欧など世界各国自動車メーカー、部品、業界団体、政府関係等、取材すること多数。

2006年「アジア自動車調査月報」創刊編集長就任、2008年3月同別冊「インドTataコスト削減策の秘訣」は業界から高い評価を受けた。近年は世界市場分析や環境・新技術など企画調査関係を主に担当している。2006年4月副社長、2016年6月社長就任、現在に至る。著作「ビッグスリー崩壊」、近日他。

■■■■■ インド自動車部品産業界代表の講演 ■■■■■

10:45   インド自動車部品産業の現況と発展課題
Mr. Ram Venkataramani

Mr. Ram Venkataramani(ACMA会長)

英国の大学で機械工学(学士)を修めた後、米国University of ChicagoでMBAを取得した。1992年にIndia Pistonsに入社し、生産部門や業務部門で管理業務を経験した。TQMやTPM、Business Process Re-Engineeringなどの生産管理方式の導入を指揮し、生産性向上に寄与した。また、India Pistonsの様々なプロジェクトに関与しており、鋳造施設の設立、MHALEとの合弁会社設立(ピストン生産)、ドライブトレイン部品生産のための冷間成形部門の立ち上げなどが含まれる。ACMAでは、Southern Region会長やExecutive Committeeメンバーを歴任。2012年にはEFSI(南インド使用者連盟)のトップ(President)に就任。また、178年の歴史を持つ商社MCCIの副会長(Vice Chairman)を務める。現在はIndia Pistions Ltd.、IPPL Ltd.、George Oakes Ltd.、Edutech NTTF India Pvt. Ltd.で取締役を務める。

11:30   昼食  (特製ランチが全席に配置されます)    
12:30   日印自動車部品産業協力の歴史と現況
Mr. Deepak Jain

Mr. Deepak Jain(ACMA副会長)
Chairman & Managing Director, Lumax Industries Ltd.

1975年4月6日生まれ。現職は、インド自動車部品大手Lumaxグループの会長兼社長、ACMAのバイスプレジデント、Toyota Kirloskar Supplier's Association(TKSA)のバイスプレジデント、Maruti Suzuki Supplier Welfare Association(MSSWA)の役員。過去には、Honda Cars India Ltd.のSupplier Clubトップ(2010~2011年)、自動車技術会(SAE)・北部インド地区(NIS)の上席副会長(2012~2014年)を務めた。また、ACMAにおいては、人材育成グループ・会長(2014~2016年)、サプライチェーンマネジメントグループ・共同会長(2015~2017年)、北部地域委員会・会長(2017-18年度)などを歴任している。流暢な日本語を話す。

13:15   インド自動車部品工業会(ACMA)の現況と活動状況
Mr. Vinnie Mehta

Mr. Vinnie Mehta(ACMA=インド自動車部品工業会Director General)

Indian Institute of Technology(BHU)で学位(電気工学)を修めた。また、University of DelhiのFMS(経営学部)においてMBAを取得。Indian Institute of Foreign Trade(IIFT)で修士(国際貿易)を修めた。インドITハードウェア産業の業界団体であるManufacturer's Association for Information Technology(MAIT)のトップを経て、ACMAの事務方トップ(Director General)に就任した。インドの自動車部品業界の成長・発展に深く関与してきた。

■■■■■ インド自動車産業界代表の講演 ■■■■■

14:00   インド自動車工業会(SIAM)の現況と活動状況
Mr. Sugato Sen

Mr. Sugato Sen(SIAM=インド自動車工業会事務局次長)

1960年カルカッタ生。ジャドブプル大学大学院経済学部卒。14年間の経営コンサルタント職を経てSIAMへ。政府に対する政策提言準備に参画したほか、2006~2016年までの自動車産業育成政策の策定に携わる。現在、オートエキスポを含む様々な国際展示会などの活動を担当。

14:45   コーヒーブレイク  (ホットコーヒーが全席に配置されます)    
15:00   Mahindra の事業活動の現況と将来計画(仮題)
未定(交渉中)

未定(交渉中)
(マヒンドラ・グループ)

15:45   Tata Motorsの事業活動の現況と将来計画(仮題)
未定(交渉中)

未定(交渉中)
(Tata Motors)

16:30   Maruti Suzukiの事業活動の現況と将来計画
鮎川 堅一

鮎川 堅一(Maruti Suzuki社長)

(現在、ご紹介原稿作成中)

17:15   閉会挨拶 フォーイン『アジア自動車調査月報』編集長、兼アジア部部長 : 中田 徹  
17:20   閉会  
18:00   歓迎レセプション開会  
20:00   閉会  
  申込方法 (1)ユーザー登録がお済みの方 : ログイン後、申込ボタンをクリックしてください
(2)ユーザー登録がまだお済みでない方 : ユーザー登録(とログイン)後、申込ボタンをクリックしてください



会場のご案内

フォーラム会場-Towers Ballroomと歓迎レセプション会場-アゼリア

会場ホテルは新幹線「名古屋駅」の真上です

地図

(名古屋マリオットアソシアホテル〒450-6002 名古屋市中村区名駅1-1-4 https://www.associa.com/nma/

※宿泊希望の方は、上記まで直接、ご予約ください。


インド自動車産業フォーラム 参加申込
 

月報を購読の部署はこちら

▲申込には事前にユーザー登録が必要です。

 

有料参加でお申込の方はこちら

▲申込には事前にユーザー登録が必要です。

 
中国自動車工業協会