HOME > FOURIN アジア自動車調査月報

FOURIN アジア自動車調査月報

発 行
■毎月25日
体 裁
■A4判、標準55ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
237,600円(税込)
■半年間(6号分)
132,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

急速な成長・変化をみせるアジア自動車産業

 アジアでは、自動車の普及が進むなかで、中長期的な新車市場の拡大継続が見込まれます。特にインドやインドネシア、フィリピン、ベトナム、パキスタンといった人口大国では経済成長に伴う需要増が期待されています。また、これらの国での需要拡大を追い風に自動車生産も増加するほか、部品・コンポーネントの増産と輸出拡大も続くと考えられます。
 新しいトレンドの波も押し寄せています。インド政府が2030年までに全ての新車販売をEVに置き換えたい考えを示す一方、タイ政府はEV生産投資奨励策を導入しました。現代自グループが環境車のラインアップを拡充しているほか、韓国や台湾のサプライヤーがバッテリーやモーターなどの分野などで存在感の拡大に努めています。また、ASEANやインドでオンラインタクシーを中心にシェアリングエコノミーやコネクテッド領域が拡大しています。
 『FOURINアジア自動車調査月報』は、アジア各国・地域の自動車政策、市場トレンド、企業動向、経済情勢などを分析するレポートです。最新情報の整理・分析が特長で、関係者へのヒアリングにより得た独自情報の拡充に努めています。また、毎月の自動車生産・販売台数データ(車種別/メーカー別)を掲載するとともに、入手が容易でない統計資料・データの収集にも努め、内容拡充に取り組んでいます。
 アジア自動車産業の現状と展望をレポートする『FOURINアジア自動車調査月報』をぜひご利用ください。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN アジア自動車調査月報の特長

■ アジア主要国の自動車・二輪車市場分析と展望、新しい市場トレンド、価格動向の分析に!
■ アジア主要国の政府自動車・部品産業育成政策、投資誘致政策を活用した現地事業の拡大に!
■ アジア主要国のFTA、EPA等産業・貿易政策の把握と政策を活用した事業発展戦略の策定に!
■ アジア主要国の環境・安全規制動向の把握に、低燃費車に対する優遇税制を活用した発展に!
■ アジア内外自動車メーカーの事業戦略、コスト戦略、製品投入計画、設備投資計画の把握に!
■ 定常的なアジア自動車・部品・二輪車産業動向の把握と対応に!


FOURIN アジア自動車調査月報の構成

特集テーマ2本13〜19ページ、定常テーマ14〜15テーマ28〜30ページ、統計・データ2テーマ13ページ

特集テーマ:2本13〜19ページ

自動車・部品産業動向分析、経営戦略分析、戦略技術分析‥‥1本
自動車・二輪市場動向、自動車・部品政策、通商動向分析‥‥1本

定常テーマ:14〜15テーマ28〜30ページ

ASEAN
(タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム等)‥‥4〜6テーマ8〜12ページ
東アジア・南アジア(韓国・台湾/インド・パキスタン)‥‥2〜4テーマ4〜8ページ
自動車メーカー (日系・米系・欧州系・韓国系等)‥‥2〜4テーマ4〜8ページ
自動車部品業界(部品メーカー・部品/材料/技術)‥‥2テーマ4〜8ページ
二輪車テーマ‥‥1テーマ2ページ

統計・データ:2テーマ13ページ

メーカーの生産、販売動向、趨勢がわかる総括表:生産1ページ/販売‥‥生産1ページ/販売1ページ
アジア7ヵ国の月次生産実績(国別/車種別/メーカー別)‥‥3ページ
   2011年6月号からインドネシアの月次生産データの掲載を開始しました。
(タイ・インドネシア・マレーシア・韓国・台湾・インド・パキスタン)
アジア10ヵ国の月次販売実績(国別/車種別/メーカー別)‥‥5ページ
(タイ・インドネシア・マレーシア・フィリピン・シンガポール・ベトナム・韓国・台湾・インド・パキスタン)

FOURIN アジア自動車調査月報 2022年1月号 (No.181)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

アジア通商政策
2022年1月、「地域的な包括的経済連携(RCEP)協定」が発効した。参加国は、日本、中国、韓国、ASEAN 10ヵ国、オーストラリア、ニュージーランドの計15ヵ国。

Special Reports

アジアカーボンニュートラル政策
本誌2021年11月号(P.2~9)で掲載した特集(前編)に引き続き、アジア主要国政府が取り組むカーボンニュートラル政策と、運輸部門の温室効果ガス(GHG)削減に絡む電動車政策をまとめた。

East Asia, South Asia and Others

インド
タイ
インドネシア

Automotive Manufacturers

インド系
マレーシア系
欧州系

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2021年11月)
生産
アジア 7 ヵ国、 国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数 (2021年1~11月)
販売
アジア 10 ヵ国、 国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数 (2021年1~11月)

FOURIN アジア自動車調査月報 2021年12月号 (No.180)

視点

アジアと日本の協力関係
「FOURIN アジア自動車調査月報」は、創刊から満15 年を迎えた。創刊時の2007 年は、日本の自動車産業が世界に生産拠点を求める時代であった。そこから、世界の自動車産業の優先投資対象は、地域から領域へと移行しつつある。しかし、アジアが依然として日本自動車産業にとって重要地域の一つであることに変わりはなく、アジアと日本の協力関係の維持・強化が必要である。

Special Reports

アジア
2021 年のアジア主要9 ヵ国(タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ベトナム、インド、パキスタン、韓国、台湾)の自動車販売台数は、前年比約13% 増の約880 万台となる見通しとなった。低水準であった2020 年比では2 桁増の回復となるが、2019 年以前の実績には届かず、市場回復の途上にある。
インド
タイ
インドネシア
マレーシア
フィリピン
ベトナム
韓国
台湾
パキスタン

East Asia, South Asia and Others

インド
インドネシア

Automotive Manufacturers

アジア発 新モデル

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2021年10月)
生産
アジア 7 ヵ国、 国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数 (2021年1~10月)
販売
アジア 10 ヵ国、 国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数 (2021年1~10月)

FOURIN アジア自動車調査月報 2021年11月号 (No.179)

視点

アジア電動化を巡る環境
アジアの電動化を巡って、様々な思惑が行きかっている。それは、カーボンニュートラルを視野に入れたGHG削減の国際公約であり、「中進国の罠」からの脱却を図るための政府の産業誘致策であり、運輸セクターでの石油輸入削減というエネルギー安保である。さらに中国勢・韓国勢などとの競争も熾烈になり、アジア新興国での電動化への注目が日増しに高まっている。

Special Reports

アジアカーボンニュートラル政策
アジア主要国政府が取り組むカーボンニュートラル政策と、運輸部門のGHG 削減に絡む電動車政策をまとめた。前編となる本稿では、ASEAN 主要5 ヵ国・インドの概要を比較した上で、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナムの国別ショートレポートを掲載した。次号(2021 年12 月号)では、これに続く後編として、インドネシア、インドなどのレポートを掲載予定。
アジア保有台数
アジア(韓国、台湾、ASEAN10 ヵ国、南アジア6 ヵ国=18 ヵ国)における自動車保有台数は、2020 年末に四輪車が1.67 億台、二輪車が4.94 億台に拡大したと推定される。2021 年末までには、四輪車が1.73 億台、二輪車は5.24 億台となり、二輪車は5 億台の大台に到達する見通しである。

East Asia, South Asia and Others

インド
タイ
インドネシア
マレーシア
フィリピン
韓国
台湾

Automotive Manufacturers

欧州系
アジア発 新モデル

Parts, Motorcycles and Others

部品メーカー
二輪車

Asian Vehicle Production and Sales Statistics

総括
アジア自動車生産・販売総括表 (2021年9月)
生産
アジア7ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車生産台数(2021年1~9月)
販売
アジア10ヵ国、国別・車種別・ブランド別月次自動車販売台数(2021年1~9月)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む