HOME > FOURIN 中国自動車調査月報

FOURIN 中国自動車調査月報

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
237,600円(税込)
■半年間(6号分)
132,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

2020年代3,000万台市場が見込まれる中国自動車産業動向をレポート

 「FOURIN中国自動車調査月報」は、世界最大で最も競争が激しく、他国とは異なる独自性を持つ中国自動車産業の動向を詳細に調査分析する月刊レポートです。中国一汽、東風汽車、上汽集団、中国長安を始めとした大手国有自動車メーカーのみならず、奇瑞汽車、吉利汽車、BYD、長城汽車等独立系自動車メーカーについても、経営戦略、生産体制、部品調達、販売戦略、提携動向など、注目度の高いトピックを選定し、継続的にレポートしています。また、外資系自動車メーカーの中国戦略、二輪車・特装車分野の生産・販売動向をレポートするほか、業種別・現地系・外資系を切り口にした部品産業レポート、中国を注視する上で欠かせない自動車産業に関連する法律・制度を含めた産業・政策・市場レポートも併せて掲載しています。さらに、省エネ・新エネ車レポートでは、メーカー別動向に加え、産業育成政策、外資参入規制、技術ロードマップ等を詳報。統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から提供を受けた車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ 新たな競争ステージに入った中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 合弁自主ブランド車や新エネ車等、投入製品、ブランド戦略を分析
■ 中国自動車メーカーの技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2021年7月号 (No.304)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

顧客ロイヤリティ向上
中国自動車市場では、顧客がブランドに対し愛着を高める動きが活発化している。NIOの取り組みが代表的で、カフェや休憩スペースの提供、オリジナルグッズの販売、出張充電等の有料サービス等を行い、顧客の心を掴んでいる。長城汽車はモデルの外観、新機能、グッズ制作に顧客のアイディアを盛り込む。自動車市場が変革期を迎える中、各自動車メーカーは自社にふさわしい顧客ロイヤリティ戦略を練ることが求められる。

特集

上場企業業績
FOURINは、香港、上海、深圳の証券取引所に上場する中国自動車メーカー25社の2020年業績を集計した。2020年の自動車市場は車種により明暗が分かれた。自動車市場全体は新型コロナの影響等で前年比1.9%減少、乗用車市場やバス市場も同様にマイナスとなったが、トラックは政府によるインフラ投資の増大を受けて需要が増加し、前年比21.7%増加の468.5万台と過去最高を更新。25社のうち8社が前年比で増収増益となり、同数の8社が減収減益となった。
中国新興メーカー
中国のNEV市場では、NEV専業の新興メーカーの動向に注目が集まっている。新興メーカーのうち、NIO、理想、小鵬の3社はトップランナーのような存在で、海外メディアからも注目されている。各社はスマートコックピットや、コネクテッド・自動運転関連技術の導入を積極的に行い、製品のセールスポイントとしてアピールする一方、EV走行にとって重要な電力補充についても力を入れている。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

業種別
中国系
外資系
政策

統計・データ

月次編集分
(2021年5月分)自動車生産総括表
(2021年5月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2021年5月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2021年5月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別

FOURIN 中国自動車調査月報 2021年6月号 (No.303)

視点

HUAWEI自動車販売開始
中国通信機器大手のHUAWEIが自動車販売事業に新規参入した。自社の技術を搭載した重慶金康の賽力斯SF5をHUAWEIのオンラインショップ及び実店舗で販売し、販売契約を伸ばしている。これまでHUAWEIは何度も否定していたが、将来は自動車製造に参入する可能性もゼロではない。自動車関連企業はその可能性を考慮しつつHUAWEIと付き合っていく必要があるだろう。

特集

上海モーターショー
2021年4月、第19回上海MSが開催された。新型コロナの感染拡大が欧米やインド等で続く中、上海MSが予定通りに開催されたことは中国自動車市場が堅調に回復していることのアピールにもなった。今回出展された車両のうちNEVが半分を占め、NEVの実際の市場シェアを遥かに超えた。また、前年の北京MSにつづき、コネクテッド・自動運転、スマートコックピット関連の出展も目立ち、関連技術開発の進歩がうかがえた。
中国メーカー新ブランド
中国では新ブランドの立ち上げが相次いでいる。新ブランドの製品は一般的に既存製品より高価格で、近年人気を集めている新興EVメーカーや外資系に対抗する姿勢がうかがえる。既存ブランドと一線を画した製品戦略、マーケティングを行い、海外戦略をにらむブランドも多い。CASEに加えて、若者ユーザーの増加、ニーズの多様化、グローバル化といった潮流に対応したブランド名と戦略で市場開拓を狙う。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

中国系
政策

統計・データ

月次編集分
(2021年4月分)自動車生産総括表
(2021年4月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2021年4月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2021年4月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2021年5月号 (No.302)

視点

ライブコマースによる自動車販売
中国では、コロナ禍を機に消費者が外出を控える傾向にある中、商品をライブ配信で紹介しオンライン購入が可能な「ライブコマース」を利用する自動車販売が存在感を増している。東風汽車や一汽–VW 等は既にライブコマースによる自動車販売を実施した。今後、 デジタル ・ SNS ・ スマホネイティブの Z 世代が自動車市場の主要消費者層になり、インターネット ・ スマホ活用の販売方式が広がることは間違いないだろう。

特集

中国系輸入車市場
2020 年の中国輸入乗用車の販売台数は前年比 10.6% 減の 100 万台に減少した。新型コロナウイルス感染拡大による影響が大きかった。系列別で見ると、 欧州系は前年比 8.1% 減の 58.8 万台に減少したものの、 市場シェアは同 1.6 ポイント拡大し 58.8%。日系は Lexus の牽引で同 1.7%増の 36.5 万台。米系はコロナ禍の他、米中対立の影響もあると見られ、販売台数は同 60.5% 減の 4.7 万台に大幅減。市場シェアも縮小した。
中国メーカー海外事業
中国の 2020 年自動車輸出台数は前年比 2.9% 減の 99.5 万台となった。うち乗用車は前年比 4.3% 増の 76.0 万台で、商用車は同 21.4% 減の 23.5万台。コロナ禍の影響を受けつつも乗用車は前年比プラスと、健闘したと言える。米中貿易摩擦の影響で、北米市場向けの輸出が減少。一方、2020年は欧州向け輸出が増加しており、小鵬汽車、BYD、東風小康、上汽集団等が欧州向けに製品を輸出した。新エネルギー車の輸出も増えた。

自動車メーカー

中国系

新エネ

業種別
中国系

部品業界

中国系

産業・政策・市場

市場

統計・データ

月次編集分
(2021年3月分)自動車生産総括表
(2021年3月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2021年3月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2021年3月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む