HOME > FOURIN 中国自動車調査月報

FOURIN 中国自動車調査月報

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税
■半年間(6号分)
120,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約1.5MB

2020年代3,000万台市場が見込まれる中国自動車産業動向をレポート

 「FOURIN中国自動車調査月報」は、世界最大で最も競争が激しく、他国とは異なる独自性を持つ中国自動車産業の動向を詳細に調査分析する月刊レポートです。中国一汽、東風汽車、上汽集団、中国長安を始めとした大手国有自動車メーカーのみならず、奇瑞汽車、吉利汽車、BYD、長城汽車等独立系自動車メーカーについても、経営戦略、生産体制、部品調達、販売戦略、提携動向など、注目度の高いトピックを選定し、継続的にレポートしています。また、外資系自動車メーカーの中国戦略、二輪車・特装車分野の生産・販売動向をレポートするほか、業種別・現地系・外資系を切り口にした部品産業レポート、中国を注視する上で欠かせない自動車産業に関連する法律・制度を含めた産業・政策・市場レポートも併せて掲載しています。さらに、省エネ・新エネ車レポートでは、メーカー別動向に加え、産業育成政策、外資参入規制、技術ロードマップ等を詳報。統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から提供を受けた車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

最新号 最新号の目次を御案内します。
構成 「FOURIN 中国自動車調査月報」の構成をご案内します。
見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ 新たな競争ステージに入った中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 合弁自主ブランド車や新エネ車等、投入製品、ブランド戦略を分析
■ 中国自動車メーカーの技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2019年4月号 (No.277)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

NEV 品質問題
中国では、毎年3月15日の「世界消費者権利デー」に合わせ、中央テレビ局をはじめとする国内主要メディアで消費者の権利を侵す事例や企業を名指しで取り上げる報道が多く見られる。2019年3月に入ってから、市場規模が拡大しているNEV関連の品質問題が取り上げられることが増えてきた。2018年から度々発生するEV発火事故等を受け、消費者のNEV品質に対する懸念がなかなか払拭できないのが現状である。

特集

電動乗用車生産
2018 年の中国電動乗用車( 乗貨両用車を含む、EV+PHEV+HEV+FCEV) 生産台数は、CATARC 発表によると前年比77.1% 増の123.1 万台に拡大した。そのうち、新エネルギー車の生産台数は前年比80.8% 増の100.7 万台となり、中国政府による補助金政策や専用ナンバープレートの発行などの支援・優遇政策が大きな効果を発揮した。
VW中国戦略
VW グループが発表した2018 年の中国市場での販売総数は前年比0.5% 増の420.7 万台となり、グループ販売総数の38.8% を占めている。VW グループにとって中国市場の重要性は明白であり、VW グループのCEO Herbert Diess 氏が2019 年1 月からVW 中国の総裁を兼務することからも中国重視の姿勢が見て取れる。また、2019 年より新エネルギー車の生産を義務付けるNEV 規制が導入されたことを受け、VW は中国でのNEV 生産・販売を加速させている。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

中国系
外資系

産業・政策・市場

政策

統計・データ

月次編集分
(2019年1月分)自動車生産総括表
(2019年1月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2019年1月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2019年1月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)
(2019年2月分)自動車生産総括表
(2019年2月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2019年2月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2019年2月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)

FOURIN 中国自動車調査月報 2019年3月号 (No.276)

視点

自動車市場支援策
2018 年の中国自動車市場は工場出荷台数ベースで前年比2.8% 減の2,808 万台となり、28 年ぶりにマイナス成長に転じた。中国の自動車業界では、景気減速懸念や消費者による買い控え等を受け、2019 年の市場成長には悲観的な見方を持つ有識者も少なくない。こうした背景の下、中国政府は2019 年1 月末に自動車、家電等を対象の消費刺激策を発表した。自動車に関しては、買い替え奨励、農村部での低排気量乗用車購入の促進等の内容が盛り込まれる。

特集

2018 年乗用車市場
2018 年の中国における乗用車工場出荷台数は、前年比4.1% 減の2,371 万台となり、28 年ぶりに前年を下回った。排気量1.6ℓ以下の乗用車を対象とした自動車購入税の税率優遇策が撤廃され、2018 年の税率が前年の7.5% から通常の10% に戻ったことによる影響が大きかったほか、2016 年より最大のセグメントとなったSUV 市場の出荷台数が前年比2.3% 減となったことも響いた。ただ、SUV の市場シェアは前年比0.7 ポイント拡大し42.0% となり、SUV人気は依然として続いている。
燃費規制草案
2021 年から実施開始、2025 年までに4.0ℓ/100km の燃費実現を目指す第5 段階燃費規制の草案が2019 年1 月に発表された。工業和信息化部の試算によると、2025 年までに低燃費技術を導入することにより燃費は4.3ℓ/100km に改善できるが、4.0ℓ/100km の目標をクリアするには新エネルギー車を投入しなければならない。また、WLTP テストサイクルへの切り替わりとともに、業界は新しい燃費規制対応策を急ぐ必要がある。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

中国系
外資系

産業・政策・市場

政策

FOURIN 中国自動車調査月報 2019年2月号 (No.275)

視点

FCEV
2019年以降は中国のFCEV商業化・産業化がさらに一歩前進するだろう。中央政府と一部地方政府による支援策の他、主要メーカーも製品開発・試験走行を積極的に行い、公共交通機関や貨物輸送用車等商用車市場を中心に規模が拡大すると考えられる。しかしながらインフラ整備の遅れや技術力不足、産業体制の構築といった課題も抱えている。

特集

SUV市場
中国SUV 市場は2012 年から乗用車市場全体の伸び率を大幅に上回るペースで成長を続けていた。2018 年は乗用車市場の縮小を背景に、1~ 10 月のSUV 新車登録台数が前年同期比2.3% 減の736.9 万台となったが、乗用車市場において4 割超のシェアを維持している。中でも中国系SUV(自主ブランド)の新車登録台数は同3.4% 減の374.7 万台へと減少したが、中国SUV 市場において依然として5 割のシェアを占めている。
取材報告
2018 年12 月10 ~11日、広東省深圳市において2018年 第3 回中国国際リチウム電池・電動技術発展シンポジウムが開催された。2020 年、中国の駆動用電池産業規模は1,600 億元に到達する予測で、「産業を取り巻く環境が大きく変化するなか、駆動用電池産業は今後どのように発展するか」をテーマに、関連企業の経営陣及び技術者らが研究開発結果の報告や自社技術の紹介を行い、産業が抱える問題点やその対策について提言した。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

市場
中国系

部品業界

業種別
外資系

産業・政策・市場

市場
政策

統計・データ

月次編集分
(2018年12月分)自動車生産総括表
(2018年12月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2018年12月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2018年12月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む