HOME > FOURIN 中国自動車調査月報

FOURIN 中国自動車調査月報

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
237,600円(税込)
■半年間(6号分)
132,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

スマート化、脱炭素に向け進む中国自動車産業動向をレポート

 世界最大の中国自動車市場は電動化、スマート化、脱炭素化に向けて進む中、中国の自動車産業政策、技術ロードマップ、主要メーカーと部品サプライヤーの事業戦略、開発動向等に対する注目度が高まっています。
 中国は2035年に自動車販売規模4,000万台(うち、50%以上が新エネルギー車=NEV)を目指しています。NEV市場のさらなる成長が見込まれる中、遅れていた外資系メーカーの製品投入も本格化しています。また、運転支援性能の向上に加え、音声・ジェスチャー操作や顔認証といった新技術採用のデジタルコックピットを搭載するモデルが増加しています。
 中国政府は、2030年までに二酸化炭素排出量ピークアウト、2060年までにカーボンニュートラルの実現を目標に掲げています。自動車産業でも生産工程の低炭素化を目指す動きが見られ、これからはカーボンニュートラルに向けた取り組みが本格化することが予想されます。
 『FOURIN中国自動車調査月報』は、中国主要自動車メーカーと部品サプライヤーの経営戦略、生産体制、販売戦略、提携動向などを継続的にレポートしています。中国が先行しているNEV市場や自動運転、デジタルコックピット等の分野にも重点を置いています。さらに、中国自動車産業に関連する法規制を含めた産業・政策・市場のレポートも随時掲載しています。
 統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から入手した車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ スマート化、脱炭素に取り組む中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 中国系・外資系自動車メーカーの製品投入、技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2022年9月号 (No.318)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

中国輸出
中国の自動車輸出台数が急増している。中国自動車工業協会(CAAM)のデータによると、2021年の輸出台数(外資系企業の中国現地生産車を含む)は前年の約2倍の201.5万台となり、過去最高を更新した。世界全体で見ると、輸出規模は日本、ドイツに次ぐ3番目である。輸出の内訳を見ると、乗用車は前年比2.1倍の161.4万台、商用車は同70.7%増の40.2万台となった。

特集

上場部品企業業績
FOURINは、香港・上海・深圳の証券取引所に上場している自動車部品企業上位100社(自動車部品関連の売上高が50%以上の企業、あるいは自動車部品関連の売上高が5億元以上の企業)の2021年業績を集計した。2021年の自動車市場全体(出荷ベース)は前年比3.8%と4年ぶりに増加したことを背景に、100社のうち増収増益の企業数は2020年の46社から52社に増加。一方で減収減益となった企業数は25社から15社に減少した
専門家講演
フォーインの北京子会社である北京富欧睿汽車諮詢有限公司が主催したFOURIN世界自動車研究会の第40回定例会が2022年7月28日に北京市内で開催された。中国自動車駆動電池産業イノベーション連盟総合管理部の李健主任が『中国自動車産業発展の新段階、迎える新チャレンジ、必要となる新たな視点』をテーマに講演を行った。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

外資系

産業・政策・市場

政策

統計・データ

月次編集分

FOURIN 中国自動車調査月報 2022年8月号 (No.317)

視点

ピックアップトラック市場
中国の自動車新車市場が成長鈍化に直面している中、これから規模が拡大する可能性があるニッチ市場として、ピックアップトラック市場は注目を浴びている。ピックアップトラックの近年の工場出荷台数から見ると、2021年は初めて50万台の大台を超え、過去最高の55.4万台を記録した。主要メーカーは長城汽車、江鈴汽車、鄭州日産、江西いすゞ、上汽大通、江淮汽車、上汽GM五菱、長安汽車、福田汽車等が挙げられる。今後、ピックアップトラックに対する走行規制の緩和、製品ラインアップの拡充等を受け、市場規模の拡大が見込まれる。

特集

二輪車市場
中国の二輪車/ 三輪車の出荷台数は、2021 年に前年比12.7% 増の2,019万台となった。国内向けが同3.6% 増の1,122 万台、輸出向けが同26.6% 増の897.5 万台。二/ 三輪車の総需要は、コロナ禍の影響を大きく受けた2020 年から回復したと見られる。排気量100cc 超の二輪車、特にレジャーのひとつとして排気量250cc 超の大型二輪車の需要が高まった。電動二輪車市場の出荷台数は前年並みの315.4 万台にとどまった。
クレジット実績
2022 年7 月、中国工業和信息化部は国産乗用車メーカー108 社と乗用車輸入企業21 社の「2021 年乗用車企業平均燃費(CAFC)及び新エネルギー車(NEV)のクレジット算定状況」を公表した。CAFC クレジットについては、1,594 万のプラスクレジットと563 万のマイナスクレジットを計上。NEV クレジットでは、プラスクレジットが679 万、マイナスクレジットが80 万となった。平均車両重量は2020 年の1,510kg から1,533kg と増加した一方、NEV 市場拡大を背景に平均燃費実測値は前年の5.61ℓ/100 ㎞から5.1ℓ/100 ㎞へ改善した。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

業種別
中国系

統計・データ

月次編集分

FOURIN 中国自動車調査月報 2022年7月号 (No.316)

視点

合弁OEM のシェア低下
中国の自動車市場において、合弁メーカーの最盛期は終わると言っても過言ではない。中国自動車工業協会(CAAM) の乗用車工場出荷台数を見ると、2021 年の中国系ブランドの市場シェアは前年比6.6 ポイント拡大し45.8% となり、過去最高を更新した。それに対し、Tesla の牽引で米系のシェアは0.6 ポイント拡大したが、欧州系、日系、韓国系は軒並み縮小した。これは、中国系ブランド全体の製品力向上によるもので、中国系が先行している新エネルギー車(NEV) 製品の製販拡大も寄与したとも考えられる。

特集

上場OEM 業績
FOURIN は、香港、上海、深圳の証券取引所に上場する中国自動車メーカー25 社の2021 年業績を集計した。背景となる2021 年の市場環境を見てみると、中国の自動車工場出荷台数(CAAM データ) は前年比3.8% 増の2,627 万台で、2017 年以来4 年ぶりのプラス成長を遂げた。しかしトラック市場は、前年の政府のインフラ投資支援による需要増加の反動を受けて同8.5% 減の428.8 万台に減少した。新エネルギー車(NEV) は同2.6 倍の352.1 万台となり、過去最高を更新した。各企業の業績にも、この市場変化を反映する傾向が多く見られる。
電動乗用車販売
2021 年の中国電動乗用車(NEV(EV+PHEV+FCEV)+HEV) の販売台数( 保険登録ベース) は、前年比2.2 倍の361.6 万台となった。うち、EVは同2.6 倍の238.0 万台で、PHEV は同2.4 倍の54.1 万台、HEV は同32.1% 増の69.5 万台。NEV 補助金政策の終了時期が、2020 年から2022 年に延長されたことと、NEV クレジット達成要件を強化する政策等がNEV の販売増を後押ししている。また、NEV は性能向上に加え、音声認識等のスマート機能や運転支援機能の搭載を増やしたことで消費者の購買意欲を高め、NEV 製品の市場拡大につながったと考えられる。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

中国系

産業・政策・市場

政策

統計・データ

月次編集分


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む