HOME > FOURIN 中国自動車調査月報

FOURIN 中国自動車調査月報

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
237,600円(税込)
■半年間(6号分)
132,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

スマート化、脱炭素に向け進む中国自動車産業動向をレポート

 世界最大の中国自動車市場は電動化、スマート化、脱炭素化に向けて進む中、中国の自動車産業政策、技術ロードマップ、主要メーカーと部品サプライヤーの事業戦略、開発動向等に対する注目度が高まっています。
 中国は2035年に自動車販売規模4,000万台(うち、50%以上が新エネルギー車=NEV)を目指しています。NEV市場のさらなる成長が見込まれる中、遅れていた外資系メーカーの製品投入も本格化しています。また、運転支援性能の向上に加え、音声・ジェスチャー操作や顔認証といった新技術採用のデジタルコックピットを搭載するモデルが増加しています。
 中国政府は、2030年までに二酸化炭素排出量ピークアウト、2060年までにカーボンニュートラルの実現を目標に掲げています。自動車産業でも生産工程の低炭素化を目指す動きが見られ、これからはカーボンニュートラルに向けた取り組みが本格化することが予想されます。
 『FOURIN中国自動車調査月報』は、中国主要自動車メーカーと部品サプライヤーの経営戦略、生産体制、販売戦略、提携動向などを継続的にレポートしています。中国が先行しているNEV市場や自動運転、デジタルコックピット等の分野にも重点を置いています。さらに、中国自動車産業に関連する法規制を含めた産業・政策・市場のレポートも随時掲載しています。
 統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から入手した車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ スマート化、脱炭素に取り組む中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 中国系・外資系自動車メーカーの製品投入、技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2023年2月号 (No.323)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

中国NEV 市場
中国のNEV 市場は、政府による支援策の下で急成長を遂げ、2022 年のNEV 工場出荷台数は前年比93.4% 増の688.7 万台となった。市場の急成長を支えたNEV の購入補助金政策は2022 年末で終了した。中国のNEV 市場は2023 年より、政策主導から市場主導に本格的に切り替わり、NEV を製造するメーカー間での真剣勝負が始まる。NEV メーカーにとっては、補助金政策終了後の経営戦略が問われ、市場シェア拡大と利益確保がポイントとなる。

特集

専門家講演
CATARC 傘下の中国自動車戦略政策研究センター自動車産業政策研究部の李震彪シニアマネージャーによる「中国における車載駆動電池リサイクル産業の現状と傾向」をテーマとした講演を掲載する。李震彪シニアマネージャーは講演で中国の駆動電池のリサイクル産業や法整備の状況を紹介し、併せて、現段階での法規制は自動車メーカーや電池メーカーなどを対象としており、リサイクル企業にまつわる法整備は進んでいないことを指摘した。また、現在施行されている法律は法的拘束力が弱いことから、強制力のある法政策の整備が急務だと提言した。
自動運転車試験状況
中国では自動運転車の走行試験を進めるため、各地で「モデルエリア」と呼ばれるテストコースが設置されている。2023 年1 月時点、国家レベルのICV テストモデルエリアは17 ヵ所、国家レベルのコネクテッドモデルエリアは4 ヵ所建設されている。その他、20 以上の省・市レベルの試験エリアが設置されている。それ以外に、住房和城郷建設部、工業和信息化部が16 都市を「都市スマートインフラ及びICV 試験都市」として選定しており、ICV 技術の発展と商業化の進展に向けて走行試験を進めている。
中国系

自動車メーカー

中国系

新エネ

外資系
政策
市場

統計・データ

月次編集分

FOURIN 中国自動車調査月報 2023年1月号 (No.322)

視点

高価格帯MPV市場
昨今、中国でMPVモデルの投入が相次いでいる。特に増えているのが、全長5,000mm以上で、価格が30万元以上となる高級MPVである。MPV需要拡大の趨勢により、「ミニバン」を従来から販売してきた日系メーカーがシェアを拡大する機運が高まっている。しかし、最量販MPVで、カンパニーカーとして高い知名度とブランド力を持つBuick GL8を抱えるGMも幅広いニーズに対応するよう製品ラインアップを拡充し、攻勢をかけている。

特集

2023年展望  総論
2022年1~10月の中国自動車出荷台数は前年同期比4.6%増の2,197万台となった。通年では2,700万台程度となる見通しである。2023年においては景気回復への期待が高まっており、自動車市場を取り巻く環境が少し改善するかもしれない。
2023年展望  乗用車
2022年1~10月の中国乗用車出荷台数は前年同期比13.7%増の1,922万台に増加した。通年見通しでは同9.6%増の2,355万台前後となり、コロナ禍前の2019年の実績を上回る見通し。2023年の乗用車市場は2022年と比べ、小幅に増加すると予測している。
2023年展望  商用車
2022年の商用車出荷台数は景気後退と新型コロナウイルス対策による厳しい行動制限の影響で、前年比30%程度の減少になると予測。2023年は、世界情勢の影響があるものの、中国内市場の回復で商用車市場は小幅ながらプラス成長に戻ると考えられる。
2023年展望  新エネルギー車
2022年には前年の2倍に近い680万台を超える見通しである。2022年はNEV補助金政策の最終年度のため、駆け込み需要が生じてNEV出荷増を後押しすると考えられる。また、2023年のNEV出荷台数は、2022年比33%増の910万台に拡大すると予測する。
中国メーカーの海外進出
中国自動車メーカーの海外進出が急速に本格化している。2022年1~9月の輸出台数は前年同期比55.4%増の211.7万台と、2021年通年の数字を超えた。うち、新エネルギー車は全体の18.4%を占める38.9万台となった。同期間におけるドイツの輸出台数は190.9万台で、中国はドイツを超え世界第2位の自動車輸出大国となった。第1位は日本で同期間における輸出台数は275.2万台だった。

自動車メーカー

中国系

新エネ

中国系
業種別
外資系

部品業界

政策

統計・データ

月次編集分

FOURIN 中国自動車調査月報 2022年12月号 (No.321)

視点

NEV電池生産能力過剰問題
ここ 1 ~ 2 年間、 新エネルギー車 (NEV) 用駆動電池を中心に電池生産能力増強のニュースが毎日のように目に入っている。中国現地メディアの集計によると、2022 年に入ってから、駆動電池に関する投資案件の計画投資総額は約 1 兆元 ( 約 20 兆円 ) に達している。生産能力の増強がこのまま続くと、駆動電池の生産量は NEV 需要を超える可能性がある。電池生産能力の過剰が現実になる前に政府とメーカー側には適切な対応が求められる。

特集

専門家講演(科力遠)
2022 年 10 月 27 日、 フォーインの北京子会社である北京富欧睿汽車諮詢有限公司が主催した FOURIN 世界自動車研究会の第 41 回の定例会が北京市内で開催された。今月号は科力遠政策経営部の王海濤部長による中国の電池産業の最新の発展状況についての講演を掲載する。科力遠のハイブリッドシステム事業について、王氏は自動車メーカーの協力が必要であることを訴え、中国一汽等の自動車メーカーとの事業提携を模索していることを明らかにした。
SERESインタビュー
FOURIN は賽力斯傘下で輸出入業務及び海外市場開拓を担当する重慶小康進出口 ( 輸出入 ) 有限公司の張興燕総経理に対し書面インタビューを行った。張氏は賽力斯の企業概要、 HUAWEI との提携関係、 海外市場での進出状況等について紹介した。また、今回のインタビューで張氏は、賽力斯は 2023 年 7 ~ 12 月に日本市場に電動商用物流輸送車の投入を計画していると明らかにした。
コックピット機能搭載データ
中国の自動車産業では、デジタル化、スマート化した機能の搭載が増加している。例えば全液晶化したデジタルメーター、カーナビの表示やインフォテインメントシステムを楽しめるセンターディスプレイ、車載ソフトウェアを無線でアップデートする OTA 機能などが挙げられる。FOURIN は 2022 年 10 月、中国の自動車情報サイトに掲載されている販売中の中国製造の乗用車モデルを対象に、グレード別にデジタルコックピット関連機能の搭載状況を集計した。
新興メーカーのコックピット
中国の新興メーカーは 2010 年代中頃から市場参入が始まり、数年間の市場競争と淘汰を経て、小鵬汽車、NIO、理想汽車の他、合衆新能源、威馬汽車、零跑汽車等も頭角を現すようになった。NEV 専業の新興メーカーは、競争力を高めるため、デジタルコックピットのようなスマート機能を積極的に搭載している。内装デザインはできる限り物理ボタン ・ スイッチを減らし、シンプルで近未来的なデザインが好まれている。

自動車メーカー

中国系

新エネ

中国系

部品業界

中国系

統計・データ

月次編集分


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む