HOME > FOURIN 中国自動車調査月報

FOURIN 中国自動車調査月報

発 行
■毎月5日
体 裁
■A4判、標準65ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
237,600円(税込)
■半年間(6号分)
132,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

2020年代3,000万台市場が見込まれる中国自動車産業動向をレポート

 「FOURIN中国自動車調査月報」は、世界最大で最も競争が激しく、他国とは異なる独自性を持つ中国自動車産業の動向を詳細に調査分析する月刊レポートです。中国一汽、東風汽車、上汽集団、中国長安を始めとした大手国有自動車メーカーのみならず、奇瑞汽車、吉利汽車、BYD、長城汽車等独立系自動車メーカーについても、経営戦略、生産体制、部品調達、販売戦略、提携動向など、注目度の高いトピックを選定し、継続的にレポートしています。また、外資系自動車メーカーの中国戦略、二輪車・特装車分野の生産・販売動向をレポートするほか、業種別・現地系・外資系を切り口にした部品産業レポート、中国を注視する上で欠かせない自動車産業に関連する法律・制度を含めた産業・政策・市場レポートも併せて掲載しています。さらに、省エネ・新エネ車レポートでは、メーカー別動向に加え、産業育成政策、外資参入規制、技術ロードマップ等を詳報。統計・データでは、中国汽車工業協会(CAAM)から提供を受けた車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数、メーカー別車種別自動車生産・出荷台数を月次ベースで収録しています。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 中国自動車調査月報の特長

■ 新たな競争ステージに入った中国自動車産業・市場を定常分析
■ 新産業政策、環境規制、新エネ車産業支援策等、新政策情報を詳報
■ 合弁自主ブランド車や新エネ車等、投入製品、ブランド戦略を分析
■ 中国自動車メーカーの技術提携、部品調達の最新動向を捉える
■ CAAMの最新統計データを整理、販売生産動向をいち早く把握


FOURIN 中国自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1ページ

中国自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集 (標準1〜2本 12ページ以上)

中央・地方政府の自動車産業政策、自動車生産・販売トレンド分析、自動車部品の輸出入分析、外資自動車・部品メーカーの事業展開を収録。中国市場を中国自動車工業会から提供を受けるデータにより正確・迅速に分析します。
・中国政府、自動車産業育成策と外資規制緩和動向
・中国、自動車関連上場企業の収益動向
・日米欧韓自動車メーカー、中国専用製品戦略と事業計画
・中国、自動車・二輪車・専用車・農業用車の半期別市場動向分析レポート
・中国、国際レベルの独自技術獲得戦略、世界レベルのコスト品質獲得戦略
・中国、民族系・外資系自動車・部品メーカーの長期計画トップインタビュー

自動車メーカーレポート (8本 16ページ)

現地系自動車メーカー5社 (中国一汽、東風汽車、上汽集団、広汽集団、BYD等)、外資系自動車メーカー2社(VW、GM、ホンダ、PSA、トヨタ、日産、Ford)、他業種(二輪車、農業用車、特装車、産業車両)から1社の経営動向レポートを収録。
・中国国有自動車メーカー、役員人事、機構改革、製品戦略、提携戦略
・日系自動車メーカー、中国事業展開とグループ部品メーカーの現地事業
・欧米自動車メーカー、中国現地合弁製品とブランド戦略
・中国地方・民営自動車メーカー、製品特化戦略と独自技術獲得戦略
・中国、民族系二輪車、農業用車、産業車両メーカーの経営戦略

省エネ・新エネ車レポート (2本 4ページ)

「メーカー・製品」および「素材・技術他」をテーマに省エネ・新エネ車に関連するレポートを収録。

自動車部品レポート (4本 8ページ)

中国の部品業界を業種別・現地自動車部品メーカー・外資系自動車部品メーカーの4つに分類し、それぞれの調査分析レポートを掲載します。
■ 業種別レポート
製品やサプライヤーの動向を調査分析いたします。具体的には、製品の生産・販売規模や部品メーカー別シェア、部品メーカーの生産拠点概要、事業展開、販売政策、納入サプライヤー一覧など、関心の高い事項に絞ったレポートを掲載します。
■ 現地系レポート
現地部品メーカーの事業概要、経営、内外生産拠点概要、購買、技術、環境/安全など各方面の戦略課題についてのレポートを掲載します。
■ 外資系レポート (2本 4ページ)
部品別生産比率、生産拠点概要、業績概要、提携状況等、外資系部品メーカーの成長戦略や問題点についてのレポートを掲載します。

産業・政策/市場レポート (2本 4ページ)

■ 産業・政策レポート
自動車産業における新制度の概要や政府の方針を解説、新制度の実施状況や主な改正点、政府の狙いについても分析いたします。また自動車物流など、自動車関連事業の概要についてもこちらに掲載します。
■ 市場レポート
特定車種のセグメント分析や各自動車メーカーの新車投入計画・販売計画など中国市場・マーケットの動向についての分析レポートを掲載します。

統計・データ  (標準4分野 22ページ) ウェブサイト公開分を除く

中国汽車工業協会(CAAM)や中国汽車技術研究中心(CATARC)から直接、データ提供を受けて、車種別生産・出荷台数、乗用車モデル別生産・出荷台数等の月次データを掲載します。自動車生産・出荷と自動車・部品輸出入データにつきましては、エクセルデータとしても有料で配信しております。

FOURIN 中国自動車調査月報 2022年1月号 (No.310)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

中国メーカーの日本進出
中国自動車メーカーの海外展開が勢いを増している。現時点では日本やドイツに及ばないものの、中国は今や米国を凌駕する自動車輸出大国になっていると言える。中国一汽やBYD 等、日本進出を本格化させるメーカーも登場しているが、こうした動きに日本の自動車メーカーはコスト面を見直した上で独自の付加価値を創出するなどして対応する必要があるだろう。

特集

2022年 展望  総論
2021 年1~10 月の中国における自動車出荷台数は前年同期比6.4%増の2,097 万台となった。2022 年の自動車市場は2021 年に続き、プラス成長を実現できると予測する。新型コロナの影響が緩和し、半導体の供給状況も改善すると見られる。米中対立等の不安定な要素は依然あるものの、自動車市場を取り巻く環境は2021 年より好転する可能性が高い。
2022年 展望  乗用車
2021年の乗用車市場見通しは前年比5%増の2,100 万台前後となり、コロナ禍の2020 年を上回り、2019 年の実績にも匹敵する見込みである。2022 年の乗用車市場は2021 年と比べ、小幅に増加すると予測している。中長期的に見 れば 、中国 経済 が 安定的 に 成長 し 、 国民の可処分所得が増え続ければ、中国の乗用車新車市場は小幅ながらも成長が継続できると予測 される 。
2022年 展望  商用車
2021年の商用車市場は、前年の政府の景気支援策による需要増加の反動で前年割れになる 見通し 。2022年トラック市場は、2021年より小幅に縮小する と予測。2022年のバス市場は、新型コロナウイルスの影響が落ち着くのを前提とすれば、2021 年同様、継続して回復できると予測している。
2022年 展望  新エネルギー車
中国における新エネルギー車(NEV=EV+PHEV+FCEV)の出荷台数は、2021年には前年比約2.5倍の340万台を超える見通しである。2022年の中国NEV新車市場は2021年の1.5倍相当の約500万台に達すると予測する。2022年はNEV補助金政策実施の最後の一年のため駆け込み需要が期待できる。
中国メーカーの海外進出
中国自動車メーカーの海外進出において、2021 年は飛躍の年となりそうだ。2021 年1 ~ 10 月の自動車輸出台数は前年同期比2.2 倍の159.4 万台に増加した。コストパフォーマンスの高さなど中国車の国際的な競争力の向上に加えて、中国ではデルタ株の影響は最小限に留め安定した自動車生産が続いていたことが輸出増加につながったとされている。日本市場へ進出するメーカーも出てきており、日本メーカーの対抗が必須となる。

自動車メーカー

中国系
外資系

新エネ

中国系
外資系

部品業界

外資系

産業・政策・市場

市場

統計・データ

月次編集分
今号は掲載なし、次号に掲載
今号は掲載なし、次号に掲載
今号は掲載なし、次号に掲載
今号は掲載なし、次号に掲載

FOURIN 中国自動車調査月報 2021年12月号 (No.309)

視点

高級NEVブランド
吉利汽車の極氪 (ZEEKR)、東風汽車の嵐図(VOYAH)、北汽傘下のARCFOX、上汽傘下の飛凡汽車と智己汽車、長城汽車の沙龍、長安汽車の阿維塔(AVATR)といった高級NEVブランドが次々と発表され、2021年11月に行われた中国の広州モーターショーにおいて、これら中国系高級NEVブランドが揃って出展し話題となった。NEV製販規模でリードしている中国系メーカーが高級NEVブランド事業でも優勢を占められるかが中国NEV市場の新たな注目点になる。

特集

中国系電池メーカー動向
NEV市場の拡大に伴い、駆動電池の需要も急速に拡大している。駆動電池の需要拡大に対応するため、各メーカーでは生産能力増強の動きが活発となっている。電池材料のリチウム塩やリン酸鉄等の価格高騰と供給不足が深刻化し、材料の安定した調達体制を整える動きも増えている。化学メーカー等の川上企業との提携に優位なトップメーカーと、それに追随するメーカーとの間で一層の格差が生じると見られる。
コネクテッド・V2X
中国の自動車市場では、車両の走行安全性向上や交通渋滞緩和等に貢献できる技術として、コネクテッド技術の搭載が拡大している。コネクテッド技術と言えば、GPS対応のカーナビ機能、スマホと接続し車載ディスプレイでスマホアプリを操作できる機能などが知られているが、中国で広義的なコネクテッドの範囲としては、NEV走行データを企業側・政府側に送信することと、V2Xを通じて交通運送の効率化と走行安全性の向上につながる技術も含まれる。

自動車メーカー

炭素中立化政策
中国系
外資系

新エネ

中国系

部品業界

中国系

統計・データ

月次編集分
(2021年10月分)自動車生産総括表
(2021年10月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2021年10月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2021年10月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別

FOURIN 中国自動車調査月報 2021年11月号 (No.308)

視点

電力不足と炭素中立
2021年夏以降、中国の一部地域における電力不足のニュースが世間を騒がせている。自動車市場への影響も顕在化し、「充電難民」など、一般消費者間でのNEV利用への新たな懸念材料が浮き彫りになった。中国政府はカーボンニュートラルの達成を目標に掲げているが、一般消費者による新エネルギー・クリーンエネルギー車の購入を促進するためには、まず充電の利便性等のエネルギー補充問題を適切に対処する必要がある。

特集

エンジン市場
中国のエンジン生産状況をみると、NEVの普及が進むなかでもエンジンの生産は依然として安定している。また、NEVに注力するイメージが強い中国だが、昨今の環境規制の強化に対応し、エンジン技術の開発を進める動きも見られる。2020年10月、中国政府は2035年を目処にガソリン車・ディーゼル車の新車販売を禁止する方針を発表した。しかし、HEVやMHEV等は環境対応車と認められ、当面はエンジン生産も安定して推移すると見られる。
バス市場
中国のバス市場は、高速鉄道の建設・開通加速、マイカーの保有増加、レンタカー・カーシェアリング市場の拡大、及びNEV補助金減額等の影響で、2015年以降は市場縮小が続いている。2020年は、新型コロナの感染拡大による移動制限を受け、バスの出荷台数は前年比5.6%減となったが、2021年に入り、中国国内で新型コロナの感染拡大が落ち着いたため、国民の移動需要が回復。2021通年のバス出荷の伸び率は10%以上になる見通しである。

自動車メーカー

中古車市場
中国系
外資系

新エネ

中国系
外資系

部品業界

中国系

統計・データ

月次編集分
(2021年9月分)自動車生産総括表
(2021年9月分)自動車生産台数、工場出荷台数(車種別、セグメント別)
(2021年9月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(系列別/ブランド別)
(2021年9月分)乗用車生産台数、工場出荷台数(メーカー別、モデル別


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む