HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
303,600円(税込)
■半年間(6号分)
165,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年5月号 (No.86)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

DX が左右する空力競争
Mercedes-Benz EQSは、量産車で初めて空気抵抗係数(Cd値)0.20を達成した。同社はデジタルネットワーキングとシミュレーションを駆使した動的空力設計に古くから力を入れ、既に2015年のコンセプトカー「Digitaler Transformer」で成果の一端を披露していた。空力は自動車メーカーのデジタル開発力を測る1つの指標になる。
中国の EV ビジネス
上海製のTesla Model 3は、電池やエアコンが変わり、価格も下がった。EV化が進む中国では、電池の充電の出前や交換システムなどサブスクリプションサービスも発達した。微型EVでは、約48万円の宏光MINI EVが話題、長城の欧拉R1も注目である。品質と安全性は、法規の見直しで変わる。いろいろな課題に実用的なアイデアで挑戦している。

特集

EV 対談
電動化で重要になる車載エレクトロニクスの開発トレンドと今後の課題などについて、FOURIN は、山本真義教授 ( 名古屋大学 未来材料 ・ システム研究所 ) と山本雄大氏 ( 自動車技術コンサルタント 兼 本誌顧問 ) の対談を企画した。白熱した対談は、EV を取り巻くさまざまな課題から、日本と海外の自動車メーカーの思想の違いにまで及んだ。
欧州技術会報告
2021年3月、毎年恒例のStuttgartシンポジウムがオンラインのデジタルイベント形式で行われた。例年に比べ、エンジン関連の報告が減少し、EV関連やシミュレーション開発関連の報告が増えた。報告テーマは各社で異なるものの、ライフサイクルアセスメント(LCA)とカーボンニュートラル化がほぼ共通するキーワードであった。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年4月号 (No.85)

視点

創刊7周年に寄せて
自動車産業の未来はいかようにも描ける。多くの識者がさまざまな未来像を示している。しかし、解決すべき課題は想像以上に複雑で、そこには常に人の存在がある。デジタルとアナログの双方を使いこなしながら、目の前にある複雑な事象を少しずつ地道に解きほぐしていくしかない。そのような取り組みを今後も丁寧に採り上げていきたい。
デジタルとアナログ
クルマの開発やサービスにおけるデジタル化の必要性が叫ばれている。中国をはじめ世界の動きは速く、日本はこの分野で苦しんでいる。もっとも、クルマはアナログであり、デジタルだけで完結するものではない。日本は産学の連携を強化し、匠と呼ばれる現場主義(アナログ)とデジタルを組み合わせた「デジアナ技術」を確立したい。

特集

自動運転SoC開発
Tesla に続き、欧米や中国の自動車メーカーも、自動運転用SoC の内製開発に動き出している。その際、短期間で低コストで、しかも最先端のSoC を開発するために、独立系IP ベンダーのサポートを活用することが半ば常識になっている。代表的な独立系IP ベンダーであるCadence Design Systems の小田川真之氏に再び話を聞いた。
電池の内製化とリサイクル
前半: VWとGMが2021年3月に発表した新しい電池戦略、および主要乗用車メーカー(OEM)の調達/内製(内製化)動向、後半: EVのLCAでのCO2削減を左右する電池のリサイクルについて、OEMと主要電池リサイクル業者の取り組み状況、特別寄稿: 「バッテリーの不都合な真実 ~困難なリサイクル~」(電池と電池業界に詳しい匿名のモータージャーナリスト)
デジタル&バーチャル・エンジニアリング
デジタルを活用できる人と活用できない人に格差が生まれることを「デジタル・デバイド」と呼ぶ。かつては主として人に向けられていたこの言葉が、各産業分野の企業にも向けられるようになった。そこには各国の政策の影響もある。本稿では、欧州と北米のデジタル&バーチャル・エンジニアリング技術の推進状況をまとめた。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年3月号 (No.84)

視点

持続可能性
欧州で一部の自動車メーカーがEV専業メーカーへの転身を表明した。AudiのCEOは「エンジンの終焉が予想よりも早く訪れる」との認識を示した。エンジン専業メーカーは、今後Tesla的な高付加価値ビジネスモデルを追求することになる。では格安の宏光EVがヒットしている。台数を追う従来型ビジネスモデルは岐路に立たされている。
コネクテッドと新サービス
クルマのIoT化が進み、各種センサーにより周辺環境を検知し車内外に情報を伝達するとともに、外部からの様々な情報サービスを受けることが可能となった。コネクテッド分野は異業種も巻き込み、新規事業のチャンスがまだある。自動車メーカーは、プラットフォームを供給するだけでなく、他業態にはできない、新サービスを創り社会に提供しよう。

特集

欧米パワートレイン
Jaguar は2025 年に、Volvo Car とBentley は2030 年までに、EV 専業メーカーとなる。Ford の欧州法人であるFordEurope も、2030 年までに欧州で販売する乗用車をすべてEV にすると発表した。GM やRenault も新しい電動化戦略を2021 年1 ~ 2 月に発表したが、両社はエンジンを存続させる。各社のパワートレイン戦略動向をまとめた。
車載パワーエレクトロニクスの最前線
バッテリ技術に依然として課題がある中で、電動車の効率を改善し航続距離を延ばすためのパワーエレクトロニクス技術に注目が集まっている。名古屋大学の山本真義先生が、2021年2月に行った講演「Tesla Model 3分解から読み解くパワーエレクトロニクス技術動向と市場可能性」から、その一部を抜粋し、パワーエレクトロニクスの最新動向を追った。
EV 時代のカーデザイン
EV時代にカーデザインはどのように変化するのか。世界の主要OEMが近時発表したEVの外観を参照しつつ、トヨタの元デザイン部長で、傑作と呼ばれるカリーナEDのデザインなどを手がけ、現在は木村デザイン研究所CDOおよび名古屋工業大学大学院非常勤講師を務める木村徹氏にFOURINは話を聞いた。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む