HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
303,600円(税込)
■半年間(6号分)
165,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、自動車メーカー技術戦略、サステナブル/LCA/環境、自動運転/ADAS、シャシ/パワートレイン、電動車/燃料電池、内装/外装/車体、電気/電子/電装、中国発 新技術の8テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1ページ)

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2〜3本(各4〜8ページ)

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:3分野から厳選した注目製品を毎号3本(各2〜4ページ)

・ITS/MaaS/DX
・先進技術/新部品
・新モデル

「定例分野別レポート」:8つの分野別に最新技術動向を毎号8本(各2〜4ページ)

・自動車メーカー技術戦略
・サステナブル/LCA/環境
・自動運転/ADAS
・シャシ/パワートレイン
・電動車/燃料電池
・内装/外装/車体
・電気/電子/電装
・中国発 新技術

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各2〜6ページ)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2022年1月号 (No.94)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

2022 年の開発焦点
トヨタが2021年末に電動車戦略を更新したことで、主要OEMのBEV化方針が一通り出揃った感がある。2022年以降は、理想だけを語る不毛なパワートレイン論争は下火になる。消費者にも環境にも良い安価なパワートレインをベースに、ソフトウェア定義車(SDV)を構築して、顧客との関係を継続的に維持し、車にしかできない魅力を提供することが開発焦点になる。
次世代電池
全固体LIBが注目されているが、市場の要求は性能だけではない。各ユーザーの使用に適した性能と価格でなければならない。過剰は不要だ。半固体電池で既存の問題を改善できれば、その後に高価格の全固体電池が登場しても出番はない。ナトリウムイオン電池(NIB)は低価格で安全性が高く、全固体NIBは日本で性能向上の方向が見えたようだ。

特集

2022 年自動車技術展望
2022年もBEVシフトは継続する。これに加え、遠隔アシスト付きロボタクシーが一部で本格運用に移行し、気候中立に向けたLCAによるCO2削減やソフトウェア定義車も開発焦点になる。CASEの言葉が登場したのは2017年、その後の5年で車の開発環境は大きく変化した。方向性が徐々に絞られ明確になる中で、ポスト2030年を想定した開発競争が本格化する。
電動車戦略アップデート
Fit for 55やCOP26を受けて、2021年は自動車メーカー各社の電動車戦略発表が相次いだ。2021年11~12月にかけて、トヨタ、日産、VWの3社が電動車事業戦略を更新。3社ともこれまでの戦略からさらにBEVシフトを強めた。特にトヨタは、2030年までにBEVのグローバル販売を350万台とし、Lexusブランドを2035年に100% BEV化する目標を掲げた。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年12月号 (No.93)

視点

脱炭素化の道は1 つではない
2021年11月に行われたCOP26の合意が中途半端に終わった理由は、脱炭素化への道(パス)が決して平坦ではなく、また1つではないと多くの国や自動車メーカーが考えているからに他ならない。ライフサイクルアセスメント(LCA)の観点では、パワートレインの優劣は市場やエネルギーミックスによって変わる。多種多様なニーズに対応するマルチパス戦略が重要である。
破壊的イノベーション
破壊的イノベーションとは、低価格・低性能な製品で、主要企業が気づかない新市場を創造し、秩序のとれていた旧市場を破壊することである。デジタルインフラの普及や大衆のベーシック嗜好などの影響で、破壊的イノベーションは近年生じやすくなっている。自社製品が大きな影響を受けるか、それとも大衆路線の市場を作り、既存の市場を破壊するか。

特集

サーマルマネジメント
BEVの航続距離と熱マネジメントは不可分の関係にある。最新BEVの多くは、電動パワートレインとキャビンなどの熱を統合的に管理し、航続距離を確保している。熱マネジメントの最新動向と将来見通しについて、マレリ株式会社の安岡正之氏に話を聞いた。統合熱マネジメントが主流になる中で、今後は簡素化と高効率化が焦点になる。
車体技術の最新動向
車体エンジニアリングの分野でもライフサイクルでの脱炭素化が重視されるようになってきた。さらに、電動化や自動運転、新しいモビリティコンセプトの登場によって、さまざまな開発課題が浮上している。2021年秋に行われた欧州車体エンジニアリング会議Aachener Karosserietage 2021の報告などをもとに、車体エンジニアリングの最新動向をまとめた。
バーチャルエンジニアリング
設計・開発・ものづくりに関する評論活動を行っている内田孝尚氏による寄稿レポートの第6回目。今回は、バーチャルモデルを用いたビジネスの具体的な事例として、工場制御盤設計を採り上げる。制御盤設計は、バーチャルモデルによって3分の1以上の期間短縮、搬送コスト削減などのメリットがもたらされ、ビジネスモデルが大きく変わった。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年11月号 (No.92)

視点

Battery Swapping System
電池交換システムが中国で普及の兆しを見せている。日本でも環境省が2021年9月に関連プロジェクトを2件選定した。しかし、このシステムを車の充電問題や物流の効率化の本命と見るのは間違いである。むしろ、電力インフラの脆弱な地域で、再エネを利用したマイクログリッドの一部として利用し、電力問題とモビリティの脱炭素化の一石二鳥を狙うべきである。
サイバーセキュリティ
CASEの進展、特に自動運転やコネクテッドの現実化とともに、車外・車内データの利活用も進む。これを悪用し、通常の対策では防げない感染やなりすましなどの攻撃のリスクも増大している。走行関係や乗員の情報・データの取り扱い強化の規制が世界で導入されつつある。セキュリティ対応のために体制の構築は急務である。

特集

自動運転の現状
世界の自動運転開発の現状について、インテルでデジタルインフラストラクチャーダイレクターを務め、名古屋大学未来社会創造機構客員准教授でもある野辺継男氏にFOURINは話を聞いた。話題は自動運転の開発事情のみならず、BEV化やデジタル化、日本の自動車産業への提言など、多岐に及んだ
自動車技術会
今年の大会は、欧州でBEVシフトが急速に進展しつつある中で行われた。基調講演にはAudiとBoschの両首脳らが登壇した。Audiは気候中立には時間的猶予がなくBEV一本化を主張。Boschは保有も含めて気候中立に近づけるには技術中立的にxHEVやeFuelも大切と主張した。パワートレインや自動運転など100の報告がなされた。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む