HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
276,000円 +消費税
■半年間(6号分)
150,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る
ご案内用チラシPDF
PDF 印刷できます
約2.2MB

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年8月号 (No.65)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

持続可能なパワートレイン
中国NEV規制見直しでハイブリッド時代が到来し、今後の焦点はその先のパワートレインに移行する。EVとFCEVの二択ではなく、内燃機関側の改善も不可欠である。合成燃料などを利用するカーボンニュートラル化が鍵になる。「持続可能性」が消費者ニーズそのものになり、それに応えるパワートレインが求められる。
高齢者事故の防止策
高齢者が運転する乗用車の暴走事故が相次いでいる。その要因として、身体機能の衰えにより、ペダルの踏み替えがうまくいかないことが考えられる。ペダルレイアウトの修正やシートのホールド特性改善による着座位置の固定などにより、基準となる右踵位置を安定させ、ブレーキペダルを自然に正しく踏める技術の改善が求められる。

特集

パワートレイン開発者インタビュー
日産が2016年秋に発表した可変圧縮比エンジン(VC-Turbo)には、圧縮比を変えること以外にも、ピストンのストローク特性を単振動に近づけたことによるバランスシャフト廃止、NVH低減など、多くの商品力がある。FOURINはあまり認知されていないVC-Turboの隠れた商品力について、生みの親である青山俊一氏に詳しく話を聞いた。
ハイブリッド製品計画
日系自動車メーカー(OEM)のハイブリッド車(HEV/PHEV/MHEV)製品計画をまとめた。HEVの実用化で世界の競合に先行してきた日系OEMは、より燃費効率の良い新世代HEVへの切り替えや設定車種の拡大を進める。さらに、HEV技術をベースとするPHEVのラインアップも増やす方針である。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年7月号 (No.64)

視点

ユーザーエクスペリエンス
氷菓業界では口にする際の心地よい音をアピールする商品がヒットしている。マツダは2019年5月発売のMazda3でコックピットのスイッチ音にこだわった。これらは商品の本質とはかけ離れているように思えるが、新しいユーザーエクスペリエンス(UX)をもたらす点で共通している。豊かなUXに繋がる技術開発戦略が求められる。
インド自動車産業の未来
2019 年5 月にインド自動車産業フォーラムが開催された。インドは、人口も一人当たりのGDP も増え続け、自動車販売の伸びしろは大きい。原油は産出せず、電力は石炭に頼る。レアメタルはない。大気汚染や交通事故は非常に深刻な状況である。日本企業は電動車技術や安全技術で貢献できるはずだ。

特集

研究開発コンサルタント
エンジニアリングコンサルタント会社の最近の動向をまとめた。CASEや環境規制への対応で、主要コンサルのほとんどが売上高二桁増の成長を続けている。また、ITを武器に新興コンサルも躍進している。中国やアジア地域の新興国市場の拡大と、新興自動車メーカーの増加は、コンサル業界を潤している。
合成燃料
化石由来燃料の炭化水素を用いないことによってカーボンニュートラルを達成できる再生可能バイオ燃料が注目されている。中でも、石油同等品を人工的に作り上げる微細藻類を用いたバイオ燃料は日本でも研究開発が進められている。その現状と今後の可能性について、産業エネルギーという大きな枠から俯瞰した。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2019年6月号 (No.63)

視点

電池セル生産
欧州自動車メーカーは新型EVの生産を開始したが、EVに必要な電池セルが不足し生産遅延が深刻になっている。アジア系頼みのセル調達を不安視する声が再び高まり、欧州では今ギガファクトリー構想が乱立している。2019年5月にはVWやPSA/Opelが欧州域内への電池セル工場開設に向けて動き出した。
ロボットイノベーション
自動車産業はCASE で大変革期を迎えているが、ロボットにも大きな変革が訪れている。自動車メーカーのラインに産業用ロボットは多いが、屋内外の各種サービス用の開発に乗り出している自動車メーカーもある。日本政府は人手不足を解消し、ロボット利活用で多くの課題を解決し、世界をリードする戦略だが、この戦略は中国政府も同様である。

特集

電動車開発電動車開発( 欧州編)
欧州乗用車メーカーの電動車開発最新動向をまとめた。電池価格やインフラなどを理由にEVの普及速度に依然として懐疑的な見方がある中、VWは野心的なEV化戦略を継続する。目標を上方修正しドイツ国内で電池セルを生産する計画まで明らかにした。一方、DaimlerやBMWはEVだけではなくHEV/PHEVにも力を入れる。
自動車技術会報告
2019年5月、パワートレインを中心とする自動車技術会がオーストリアで開催された。2023年頃の排ガス規制Euro7や2030年のCO2規制、さらには2050年のCO2ニュートラル化を念頭に、EV化だけでなくハイブリッド化が焦点になった。エンジンは引き続き重要な役割を担い、その効率改善に向けた補機類や合成燃料などがテーマになった。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む