HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
276,000円 +消費税
■半年間(6号分)
150,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年7月号 (No.76)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

自動運転レベル4
自動運転関連の業界再編が進展している。自動車メーカーやスタートアップが財務悪化に苦しむ一方で、GAFAなど巨大ITはコロナ下で業績を伸ばし、無人物流をはじめとする自動運転レベル4開発に本腰を入れる。乗用車メーカーにとっては、研究開発の選択と集中によって堅実に自社の強みを伸ばすべき時代が到来しつつある。
新常態によるCASE 変革
新型コロナは世界に「新常態」をもたらした。これまで開発されてきたCASEが不要になることはないが、その役割は変わる。感染者や必要物資のトレーサビリティやMaaSによる移動は必要である。人員移送のための無人EVタクシーや、生活物資や医薬品を配送する小型無人EV配送車のニーズが高く、中国では運用が始まった。

特集

Tesla
2020 年6 月に株式時価総額で自動車メーカー首位に立ったTesla の技術とサービスを導入予定のものも含めて整理する。量産経験の浅いTesla の成長を支えているのは、世界のサプライヤーがもたらす各種の先進技術である。常識にとらわれないTesla の技術戦略は、既存の自動車メーカーの戦略にも影響を与えている。
生産技術
Tesla のSoC 登場で、自動運転制御用AI の開発について半導体ベンダーが提供する半導体チップを活用することを前提に考えていた世界の自動車メーカーや部品メーカーは、自動運転技術戦略の見直しを迫られることになった。彼らのSoC 開発をサポートするCadence に前号に続いて話を聞いた。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年6月号 (No.75)

視点

AVAS(車両接近通報音)
低排出ゾーン(LEZ)の導入が増え、都市における車のあり方が変わりつつある。車だけで完結する技術ではなく周辺環境を意識した技術も問われる。FCAが開発・発表した電動車用接近音(AVAS)は、今後の都市モビリティが発する「音」に問われる心地よさや癒しの役割を考えさせられる斬新な提案として注目される。
新常態とプラットフォーマー
新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の世界的拡大は、不安で不安定な新常態(ニューノーマル)を世界にもたらした。個人や国の意識・優先順位や財政は変わってしまった。これまで進めてきたCASEの開発は見直しが必要で、また自動車メーカーを頂点とした業界構造も大きく変わる可能性がある。

特集

コロナ後のパワートレイン開発
新型コロナウイルスによるパワートレインへの影響を整理する。主要市場のうち日米中には特に大きな変化は予想されないが、欧州では今後のパワートレイン開発を巡る議論がコロナ前後で白熱しており、先行きは不透明である。EV/PHEV から次世代技術まで各パワートレインの技術開発環境と今後の見通しを整理する。
車載半導体開発
Tesla のSoC 登場で、自動運転制御用AI の開発について半導体ベンダーが提供する半導体チップを活用することを前提に考えていた世界の自動車メーカーや部品メーカーは、自動運転技術戦略の見直しを迫られることになった。彼らのSoC 開発をサポートするCadence に前号に続いて話を聞いた。
車体構造比較
キャビン両側に配置されるサイドシルは車の最も長い骨格であり、車の前後パートをつなぐ役割を持つ。サイドシルがもたらすねじり剛性は操舵感に直結し、また、衝突安全に対応するロードパスとしても機能する。世界の主要乗用車メーカーのサイドシルとリアサイドメンバーの接合部を比較分析する。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2020年5月号 (No.74)

視点

エンジンのゼロエミッション化
コロナ禍への対応で、ドイツでは電動車以外のエンジン搭載車にも購入補助金を支給することが議論されている。原油安もあり、EVの普及にはさらに長い時間を要する。保有においてエンジン搭載車が引き続き圧倒的多数を占めることはほぼ確実である。その現実を直視したカーボンニュートラル化、エンジンのゼロエミッション化が求められる。
Digital Transformation
近年話題のDX(デジタル変革)の必要性や狙いを紹介し、DX組織と環境で、今回の新型コロナ危機に対しどんな「モノ作り」ができるかを考察する。自動車業界には素材・材料からメカニズム、電気・電子部品、ソフトウェアまで揃っている。DX体制では、医療機器等さまざまな製品を短期間に設計し、試作・量産することができる。

特集

車載半導体開発
シリコン( 半導体) からECU まで、すべてのレベルで物理的解析が可能な設計ツールを提供するCadence Design Systems( 米国) の日本支部担当者に、世界の自動運転開発を支えるSoC( 高度集積カスタム半導体回路チップ)のビジネス環境とCadence の取り組みについて話を聞いた。
Stuttgart シンポジウム
2020年3月に開催予定だったFKFS Stuttgartシンポジウムは中止になった。FOURINは、予定していた講演資料を入手し、その動向をまとめた。さまざまなデジタルツールを用いたパワートレインや各種システムの開発最適化の報告が目立った。さらに、Euro 7対応の新部品や合成燃料などの次世代技術の提案も増加した。

新製品フォーカス

先進技術
新モデル
新部品

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
電動車/燃料電池
自動運転/IT
プラットフォーム/機関系
懸架系/駆動系
内装/外装
電装品/電子系
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む