HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
303,600円(税込)
■半年間(6号分)
165,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年7月号 (No.88)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

消費者不在のディストピア
EU加盟27ヵ国がGHGの55%削減に合意し、2021年7月には「Fit for 55」と呼ばれる新しいエネルギー/気候パッケージが発表される。2035年に自動車のCO2排出を100%削減する案も検討されている。欧州OEMの一部はエンジン車販売の終了年を明示した。しかし、域内のインフラ格差などを考慮するとエンジン全廃は実現性に乏しい。
人気モデル試乗レポート
BセグメントクロスオーバーのToyota Yaris Crossを調査した。Yarisからのクロスオーバー化はうまい。優れたエンジンやHEVで街乗りには十分な走行性能やNVHであり、自動駐車等の先進機能も良い。小柄な人や高齢者には乗降性に難がある。5ナンバー車体に戻すことで、いくつかの改良もあるのではないか。

特集

BEV 化で躍進する新勢力
急激に進むBEV化を新たなビジネスチャンスと捉え、多くのスタートアップがBEV市場に本格参入してきた。特に現行BEVの課題である航続距離や充電時間の問題を解決すべく、電池や駆動システム、プラットフォームなどの分野で多くの提案がなされている。IT系の大手企業なども参入し、大小さまざま群雄割拠の様相を呈している。
水素パワートレイン
水素社会の構築に向けた政策投資が活発になる中で、 水素の受け皿となるもう一つのパワートレインとして、 水素を燃焼させて出力を得る水素エンジンへの注目も再び高まっている。窒素酸化物 (NOx) の排出や水素充填ステーションの不足など課題もあるが、FCEV にはない効率カーブや総保有コスト (TCO) の低さなどが魅力である。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年6月号 (No.87)

視点

電動ピックアップトラック
Fordは2021年5月、電動ピックアップトラックのF-150 Lightningを発表した。2022年春に発売予定で、価格は39,974ドル~。連邦/州政府の補助金を考慮すると3万ドルを下回る可能性もある。Fordはテールゲート(荷台)のコンセントを利用した利便性をアピールする。米国が電動車消費大国に生まれ変わるかの試金石となる。
半導体不足問題
半導体不足が世界の自動車生産に大きな影響を与えた。電動化やデジタル化で、車にとっての半導体の重要度は今後ますます高まる。日本の半導体産業は大きく後退したが、車のエンジンが消滅していく時代に、車の特性や品質、コストの大きな要素となる半導体を内製できなければ、自動車メーカーは単なる車体製造会社になる。

特集

欧州自動車技術会
Wienエンジンシンポジウムが2021年4月末、オンラインで開催された。AudiやPorsche、Daimlerなど欧州自動車メーカーの首脳が、電動車/カーボンニュートラル戦略を発表した。日産は1.5L 直3の可変圧縮比エンジンについて報告。また、ライフサイクルアセスメント(LCA)の手法も活発に議論された。※水素エンジンについては次号掲載予定。
鋼製車体骨格
2050年のカーボンニュートラル実現を目指す中で、アルミ材よりも生産時CO₂排出が少ない鋼材は、車体骨格にとって引き続き重要な素材である。テーラードウェルドブランク(板厚や材質の異なる複数の鋼板を接合)やテーラーロールドブランク(プレス時に板厚を部分的に変える加工)の採用が増えている。ArcelorMittalなどはBEV向け骨格を提案している。
バーチャル開発
欧州では、車両型式認証制度にバーチャルテストを導入することが検討されている。当初のロードマップからは遅れをとっているものの、フレームワークプログラム(FP)で既に20年以上の検討を重ねてきたものであり、完全バーチャルテスト認証の施行の正式アナウンスが出されるのも時間の問題である。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年5月号 (No.86)

視点

DX が左右する空力競争
Mercedes-Benz EQSは、量産車で初めて空気抵抗係数(Cd値)0.20を達成した。同社はデジタルネットワーキングとシミュレーションを駆使した動的空力設計に古くから力を入れ、既に2015年のコンセプトカー「Digitaler Transformer」で成果の一端を披露していた。空力は自動車メーカーのデジタル開発力を測る1つの指標になる。
中国の EV ビジネス
上海製のTesla Model 3は、電池やエアコンが変わり、価格も下がった。EV化が進む中国では、電池の充電の出前や交換システムなどサブスクリプションサービスも発達した。微型EVでは、約48万円の宏光MINI EVが話題、長城の欧拉R1も注目である。品質と安全性は、法規の見直しで変わる。いろいろな課題に実用的なアイデアで挑戦している。

特集

EV 対談
電動化で重要になる車載エレクトロニクスの開発トレンドと今後の課題などについて、FOURIN は、山本真義教授 ( 名古屋大学 未来材料 ・ システム研究所 ) と山本雄大氏 ( 自動車技術コンサルタント 兼 本誌顧問 ) の対談を企画した。白熱した対談は、EV を取り巻くさまざまな課題から、日本と海外の自動車メーカーの思想の違いにまで及んだ。
欧州技術会報告
2021年3月、毎年恒例のStuttgartシンポジウムがオンラインのデジタルイベント形式で行われた。例年に比べ、エンジン関連の報告が減少し、EV関連やシミュレーション開発関連の報告が増えた。報告テーマは各社で異なるものの、ライフサイクルアセスメント(LCA)とカーボンニュートラル化がほぼ共通するキーワードであった。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む