HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
330,000円(税込)
■半年間(6号分)
178,200円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

気候中立対応からデジタルまで、車の技術トレンドを整理分析

 自動車産業を取り巻く状況は常に変化し、技術の尺度も変化します。車体軽量化によるCO2排出削減は今も大切な技術課題ですが、脱炭素や気候中立が注目される昨今では、LCA(ライフサイクルアセスメント)による生産やリサイクル時のCO2排出削減も課題になります。生産地の電源構成や原材料にも左右され、正解は必ずしも一つではありません。パワートレインの置かれる状況も同じで、BEVだけでなく、HEV、PHEV、FCEV、eFuelなど、さまざまな技術に引き続き可能性があります。
 車をソフトウェアで定義する「ソフトウェアデファインドビークル」も注目されています。自動運転/ADASの進化、車載インフォテインメントの充実、OTA(Over the Air)更新などによって、ユーザーのデジタルライフに車がシームレスに溶け込むことが求められています。その関連で、内装/外装やコックピット周辺の設計にも次々と新しいトレンドが生じています。
 『FOURIN世界自動車技術調査月報』は、世界情勢や市場環境、規制動向をベースに、さまざまな新技術の特徴を調査し、自動車メーカーやサプライヤーの垣根を越えた比較分析を行います。また、新しいビジネスモデルにつながりうる、さまざまな新技術や新サービスを紹介します。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、自動車メーカー技術戦略、サステナブル/LCA/環境、自動運転/ADAS、シャシ/パワートレイン、電動車/燃料電池、内装/外装/車体、電気/電子/電装、中国発 新技術の8テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1ページ)

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2〜3本(各4〜8ページ)

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

「新製品フォーカス」:3分野から厳選した注目製品を毎号3本(各2〜6ページ)

・ITS/MaaS/DX
・先進技術/新部品
・新モデル

「定例分野別レポート」:8つの分野別に最新技術動向を毎号8本(各2〜4ページ)

・自動車メーカー技術戦略
・サステナブル/LCA/環境
・自動運転/ADAS
・シャシ/パワートレイン
・電動車/燃料電池
・内装/外装/車体
・電気/電子/電装
・中国発 新技術

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各2〜6ページ)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2024年7月号 (No.124)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

ソフトウェアデファインドビークル (SDV)
VWは2024年6月、米国の新興BEVメーカーRivianとEEアーキテクチャ分野で合弁会社を設立すると発表した。狙いはRivianが持つゾーンアーキテクチャのVW車両への統合である。VWは中国でXPENGとの共同開発も発表済みで、外部リソースを借りてSDVの早期実現を目指す。世界市場での生き残りをかけたSDV開発競争が本格化している。
BEV とマルチパスウェイ
カーボンニュートラルに向けBEVを最有力とする見方がある。しかし電池の性能進化やコスト改善は遅く、BEVの不都合が目立ってきた。対抗としてPHEVもあるがHEVに対する電池増加やほぼ使用しないエンジン分の重量の問題がある。重量増はタイヤ・ブレーキ粉塵など新たな課題が生まれ、正解が見えない。だからこそ複数の選択肢が必要となる。

特集

自動車技術展2024 電動パワートレイン編
人とくるまのテクノロジー展2024を取材した。世界的なBEV市場が減速傾向にある中でも、依然としてパワートレイン開発の主軸はBEVである。今回の展示会では小型車や軽、ピックアップトラック向けのeAxleの出展が目立った。また、BEVの高効率化に貢献する次世代の熱管理システムの提案も活発で、各社が量産を見据えたシステムを展示した。
自動車技術展2024 内外装・電子電装編
自動車産業におけるカーボンニュートラル実現に向けた動きが、パワートレイン開発だけでなく内外装分野にも本格的に広がっている。今回の自動車技術展では、各社がリサイクル材やバイオ素材を用いた内外装部品を積極的に提案した。またその他の注目技術として、BEV向け大型一体成形や自動運転で向けの車室内快適デバイスなど展示が見られた。
日米欧部品メーカーの新事業
BEVに不要な部品を扱うメーカーは、脱エンジンを想定してどのような準備を進めているのか。フォーインは日米欧58社(総合システムサプライヤーを除く)の対応状況を調査した。電動車基幹部品、熱マネ、新素材、水素、非自動車産業など、各社はさまざまな新領域に活路を見いだそうとしている。
欧州BEV事情
公共充電の決済方法は現地人にとっても複雑。BEVの電気代はガソリン車の燃料代とほぼ同じ。現地試乗レポート。

新製品フォーカス

先進技術/新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル /LCA/環境
自動運転 /ADAS/SDV
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2024年6月号 (No.123)

視点

政治の混沌とパワートレイン
欧州議会選挙では右派が議席を増やし、過去5年にわたりグリーン政策を強硬に進めてきたリベラル勢力は衰退しそうである。この結果は、世界の電動車市場にも影響を及ぼす。Stellantisなどが電池工場の建設計画を先送りするなどBEV化の行方は不透明であるが、欧州OEMはBEV化を諦めてはいない。BEVとSDVは引き続き開発焦点である。
次世代航空機と自動車産業
2023年、国産旅客機開発が中止された。型式証明の認識不足やサプライヤーとの連携不足が響いた。国は多額の予算と複数社体制、国際連携で再挑戦を行う考えだ。技術の先取りとしてハイブリッド電動推進や自動操縦等は自動車メーカーの得意技術だ。大型プロジェクトを組立て、世界の巨大関係企業を動かすシステムインテグレーターが求められる。

特集

欧州技術会報告
2024年4月末に開かれたウィーンシンポジウムでは、欧州がこのまま2035年のエンジン車新車販売禁止を堅持すべきか、それとも技術中立のマルチパスに切り替えるべきかがひとつの焦点となり、科学的に見て技術中立が優勢であるとの認識が共有された。水素エンジンやeFuelなど、カーボンニュートラルを軸とする多種多様な先進技術が披露された。
日本商用車ショー
2024年5月に開催されたジャパントラックショーを取材した。物流業界では2024年度より労働条件の規制が厳格化され輸送能力不足が懸念される2024年問題がある。こうした中、商用車関連各社が輸送力増強に向けた技術を提案。また環境負荷軽減では、車両だけでなく架装の電動化や独自のタイヤ省資源化など商用車特有のアイデアがみられた。
Digital Transformation
設計・開発、ものづくりに関する論評活動を行っている内田孝尚氏による寄稿レポートの第19回。今回は、設計仕様を判断する情報とその仕様決めのためのバーチャルモデルと実際の物理現象を融合した「技術のモノサシ」について解説する。日本企業が最新の「技術のモノサシ」を自ら手に入れ、展開を進めることを願いたい。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル /LCA/環境
自動運転 /ADAS/SDV
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2024年5月号 (No.122)

視点

Tesla の苦境
「Teslaを単なる自動車メーカーとして見てはいけない」と多くの識者は言うが、市場はTeslaをBEVメーカーとしてしか見ていない。Tesla株の推移がそれを如実に示している。廉価BEVを早期実現できるか否かが市場の最大の関心事である。その実現には品質と安全を担保しながらコストを削減する地味な努力が求められる。
新車試乗レビュー
三菱自は2024年春にピックアップトラックのTritonを日本に再投入した。近年では電動車が注目されているが、広く世界を走るには多くの不安がある。主なSUV-BEVと同価格帯のTritonは2ターボディーゼル+ラダーフレームによる走りの楽しさや利便性で存在価値がある。バイオ燃料の実用化次第で炭素中立にも対応でき新たな選択肢となり得る。

特集

脱炭素時代のサプライヤーのあり方
欧州をはじめとし、車両の循環型経済の実現に向けた動きが活発化している。典型的な直線型経済である自動車業界が変わるためには、資源ループ全体を理解し、設計・開発ができる人材や組織作りが必要である。特殊鋼商社でありながら、リサイクルCFRPの社会実装にも取り組む佐久間特殊鋼に、これからの日本のモノづくりについて話を聞いた。
欧米系サプライヤー技術戦略
欧米系総合システムサプライヤーは、エンジン/トランスミッションを中心とした既存ビジネスから脱却し、BEVやSDVなどの新領域への投資を増やしている。これまでのシステムメーカーを目指す動きから更に踏み込み、ソフトウェアプラットフォームやクラウドなど、開発面も含む総合ソリューションプロバイダーを目指す動きが顕著である。
日系サプライヤー技術戦略
日系総合システムサプライヤーのデンソー、アイシン、日立Astemoの最近の技術動向をまとめた。各社は共通して、BEVを中心とした電動化やSDVへの対応を優先している。これまで主力であったエンジン向け事業の売却など事業体制の再編を進める。また総合サプライヤーとしての強みを活かし、車体全体の統合制御技術の開発に注力している。

新製品フォーカス

先進技術/新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル /LCA/環境
自動運転 /ADAS/SDV
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む