HOME > FOURIN 世界自動車技術調査月報

FOURIN 世界自動車技術調査月報

発 行
■毎月15日
体 裁
■A4判、標準58ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
303,600円(税込)
■半年間(6号分)
165,000円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

自動運転、軽量化等、世界の環境・安全をウォッチング

 世界の自動車産業は技術の革新性を競う時代を迎えています。世界で強化されるCO2排出量抑制を前に、内燃機関の燃費効率の向上、ダウンサイジング、サーマルマネジメントの改善、HEV/PHEV/EVや48Vマイルドハイブリッド車などの電動車関連製品、軽量化素材、等の提案が各社から相次いでおります。また先進国では自動安全運転システムの導入に向けて法整備を進めており、自動車メーカーやTier.1部品メーカーが安全システムの提案を活発化させております。その中で、トヨタや日産は2020年頃に自動運転車の実用化を目指しております。このため、環境・安全を中心とする技術・製品戦略が今後の自動車事業の成長を左右すると言っても過言ではありません。
 FOURIN世界自動車技術調査月報では、毎月、世界の自動車産業の製品・技術トレンド等の最新情報を掲載、今後の技術戦略及び製品戦略の策定に役立つ情報を提供していきます。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車技術調査月報の構成

「FOURIN世界自動車技術調査月報」は、「視点」、「特集」、「新製品フォーカス」、「定例分野別レポート」、「短信」からなる5部構成。
「特集」と「新製品フォーカス」では、時節に応じて焦点化する新技術や新製品、技術課題を深堀調査。「定例分野別レポート」は、燃料電池/EV/HEV、モジュール/プラットフォーム、機関系、駆動系/懸架系、内装/外装、電装品/電子部品、法規/電動部品の7テーマに関連した技術課題を毎号掲載する定常レポート。「短信」は、世界の自動車メーカー、部品メーカー、政府機関が発信する技術・製品発表ニュースをコンパクトにまとめて報告します。新しい技術の見方を提起する「視点」を加え、『FOUIRN世界自動車技術調査月報』は業界各位の技術戦略の遂行を情報分野でサポートします。

「視点」:世界の自動車技術トレンドを分析する視点を毎号1本(1P)掲載

・編集長、副編集長が交代で執筆する提言レポート

「特集」:世界の自動車技術動向を毎号2本(各4~8P)掲載

・日米欧韓自動車メーカーの完成車、コンポーネント、システム技術戦略を分析
・日米欧韓自動車部品メーカーの部品技術や要素戦略を分析
・自動車材料技術や生産加工技術を分析
・世界各国のモーターショーや国際技術会議などの取材報告や開発担当役員からのインタビューを多数掲載し、世界の自動車技術動向を特集

新製品フォーカス」:「先進技術」、「新モデル」、「新部品」から注目製品を毎号3本(各2~4ページ)

・製品化前の基礎技術分野の先進技術、要素技術を紹介・分析
・新規投入・モデルチェンジされる戦略モデルの採用技術動向をレポート
・新規開発・投入される部品について、革新性のポイント、将来市場規見通しなどを交えて分析

「定例分野別レポート」:7つの分野別に最新の技術動向を毎号7本(各2~4P)掲載

・燃料電池/EV/HEV/PHEV分野
・モジュール/プラットフォーム分野
・機関系(エンジン・同部品)分野
・駆動/懸架系(変速機、ブレーキ、ステアリング)分野
・内装/外装(車体部品、シート、内装、機構部品)分野
・電装品/電子系(電装品、電子部品、安全、空調、通信等)分野
・法規/電動部品(各国技術法規、電動車用部品)分野

「短信」:「産業ニュース」、「新モデル」、「新部品」の3分野別にニュースを整理(各分野2~6P)

・短信整理する対象のニュースは世界自動車産業の技術ニュース
・世界の自動車メーカーが各地で発表している新車概要と採用技術動向
・世界の自動車部品メーカーが各国で発表している自動車部品、技術概要

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年10月号 (No.91)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

政治とモビリティ
2021年9月、ドイツで連邦議会選挙が行われた。SPDが第1党になり、CDU/CSUが僅差で続いた。緑の党は議席数を増やしたものの、当初の予測を下回った。選挙戦ではモビリティ転換やエネルギー転換、エンジン廃止論なども争点になり、水素や合成燃料(eFuel)を用いたエンジンを残すべきとの主張もあった。
日本ならではのカーボンニュートラル戦略
クルマのカーボンニュートラル(CN)で電動化は最適解ではない。再生可能エネルギー(再エネ)や電池材料がどこの地域でも不足するからである。再エネ電力で水電解して水素を作り、CO2と化学反応させてメタンを作る(メタネーション)。ガソリンエンジンベースのCNG車をCNに向けた有効な選択肢の1つとして見直すべきである。

特集

モビリティショー
急激に進むBEV化を新たなビジネスチャンスと捉え、多くのスタートアップがBEV市場に本格参入してきた。特に現行BEVの課題である航続距離や充電時間の問題を解決すべく、電池や駆動システム、プラットフォームなどの分野で多くの提案がなされている。IT系の大手企業なども参入し、大小さまざま群雄割拠の様相を呈している。
合成燃料 (eFuel)
合成時にCO2を利用することで使用時のCO2排出と相殺する合成燃料(eFuel)は、カーボンニュートラルに向けた理想的なソリューションの1つとみられている。しかし、欧州委員会はFit for 55で、eFuelを自動車のCO2計算に組み込まない案を示した。さまざまな角度から今後のeFuelの可能性を探る。
バーチャルエンジニアリング
バーチャルモデルを開発プラットフォームに連携させ、各バーチャルモデルのパフォーマンスの機能を融合させることで、例えば車1台のパフォーマンスを表現することができる。バーチャルモデルは言わば3D設計図であり、試作物の代わりとなる。このバーチャルモデルそのものを商品とするビジネスモデルが成立し、動き出している。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年9月号 (No.90)

視点

新事業開拓 / 事業転換
2021年8月、FaureciaがHellaを統合すると発表した。狙いは自社の内装/シートにHellaのエレクトロニクスを融合すること、ドイツOEMへのアクセス確保などであるが、最も大きな狙いはエンジン依存率の引き下げである。欧州ではBEV化圧力が急速に高まり、エンジン関連サプライヤーを中心に事業再編や業界再編が進みそうな気配である
グリーン成長戦略
GHG削減を経済成長の制約やコストと捉えるのではなく、成長の機会と捉えるべきである。果敢な挑戦が、産業構造や社会経済の変革をもたらし、次の成長につながる。カーボンニュートラルのための電動化といっても、火力発電に頼る日本がBEVに舵を切るのは困難だ。水素や小型炉発電など、日本独自の道を探るべきである。

特集

欧州 Fit for 55
前半では、2021年7月に欧州委員会が発表した新しいエネルギー/気候パッケージ(Fit for 55)の乗用車CO2規制の概要をまとめた。後半では、欧州環境庁(EEA)のデータベースをもとに、主要OEMのブランド別パワートレイン別CO₂排出量の2020年実績(暫定値)を集計し、このデータをもとに各OEMのFit for 55対応シナリオを分析した
水素エコシステム
水素社会実現に向けた政策動向をビジネスチャンスと捉え、水素/燃料電池関連技術のスタートアップが欧米で相次いで設立されている。商用FCEVや水素関連事業に関し、OEMと提携するスタートアップの動向や提携関係をまとめた。また、米国で注目を集める商用FCEVのスタートアップ2社(NikolaとHyzon)について、事業戦略の違いなどを分析した。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

自動車メーカー技術戦略
サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル

FOURIN 世界自動車技術調査月報 2021年8月号 (No.89)

視点

Fit for 55 続報
2021年7月に欧州委員会は新しいエネルギー/気候パッケージ「Fit for 55」を発表し、乗用車のCO2排出を2021年比で2030年に55%減、2035年に100%減とする案を示した。現行技術の最良値をベースにFOURINが試算したところ、2030年にZEV(BEV/FCEV)を最低でも4割にすることが求められ、無理難題に近い。
E/E アーキテクチャ
自動運転やEVにより、車載電装・電子部品は様変わりし、情報量や処理速度が上がった。TeslaはModel 3でボディコントローラ3枚と自動運転など高性能コントローラ2枚により、中央集権的E/Eアーキテクチャを構築したが、この先進技術ですら過去のものである。クラウドコンピューティング/セントラルコンピューティングに向けた開発競争が進む。

特集

BEV シフトの最新動向
欧州委員会の Fit for 55 発表と前後して、 欧州系自動車メーカー (OEM) の多くが新しい電動車戦略を打ち出した。FOURIN は欧米日韓の主要 OEM の戦略を整理した。 欧州勢はほとんどが BEV シフトを鮮明にした。 BEV 専用プラットフォームを採用し、 パートナー企業と協力して基幹部品 ( 電池や E アクスル等 ) を内製化 / 垂直統合化する方針である。
生産のデジタル化
あらゆる分野でデジタルトランスフォーメーション (DX) が注目されているが、 自動車ボディの生産ラインも例外ではない。自動車ボディ生産ラインの DX について、光学センシング技術を軸に多彩な産業用ソリューションを展開するカールツァイス株式会社インダストリアルクオリティソリューションズの担当者に話を聞いた。
バーチャルエンジニアリング
制御設計 ・ 開発は、 20 世紀後半から急速に進化してきた。ハードウェアを用いた制御アルゴリズム検証シミュレータHils から、その 3D モデル版である Mils が 2008 年頃に登場し、その後は、ECU 代わりのシミュレータ Sils、車両全体のモジュール連携を行う Vils と進化した。しかし、日本の場合、ほとんどが Mils の状態で止まっており、課題である。

新製品フォーカス

ITS/MaaS/DX
先進技術/ 新部品
新モデル

定例分野別レポート

サステナブル/LCA/環境
自動運転/ADAS
シャシ/パワートレイン
電動車/燃料電池
内装/外装/車体
電気/電子/電装
中国発 新技術

短信

産業動向
新部品/サービス
新モデル


創刊前見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む