HOME > 中国自動車産業の次世代デジタルコックピット開発 2022

調査報告書:中国

好評受付中中国自動車産業の次世代デジタルコックピット開発 2022
中国自動車産業の次世代デジタルコックピット開発 2022
発 行

■ 2022年9月予定

体 裁

■ A4判、約150頁

予約特別価格

■ 176,000円(税込)
   
160,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込

月報読者特別価格

インターネットグループ購読者

■ 82,500円(税込)

中国月報購読部署/新規同時申込部署

■ 115,500円(税込)

※国内送料込
ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約508KB

進む技術開発とイノベーション

  • 中国OEM別にデジタルコックピットの開発動向を網羅し重点分野を詳報!!
  • 部品別にバリューチェーンと参入プレイヤーを整理、市場を展望!!
  • NIO、小鵬など新興メーカーの関連情報も掲載、先端技術を紹介!!
  • 主要部品メーカーの事業戦略と提携関係、動向を解説!!

中国では自動車の電動化と並行してスマート化・自動化も急速に進展しました。自動車市場が成熟するにつれて消費者のニーズが多様化し、快適性や利便性に対する消費者の目が肥えてきたため、続々と新しい機能がデジタルコックピットに集約されています。電動化の進展につれてベンチャー企業が多く登場し、イノベーションが生まれ易い環境と、新技術を受け入れる中国の消費者層が相まって、デジタルコックピット市場は勢いを増して拡大を続けています。また、デジタルコックピットに関する世界の特許出願件数は中国が最多で、中国企業のデジタルコックピット関連動向は世界的に見ても注目されています。

近年のEV市場の急拡大はデジタルコックピットの進化によって便利な機能が増えたことも影響しています。2022年末をもって現行のNEV購入補助金は終了するため、EVメーカーにとって価格訴求力が低下することから今後EVの販売を左右するカギとしてのデジタルコックピットの重要性が一層増すことが予想されます。また、中国OEMはEVを突破口として海外市場に積極的に進出しており、デジタルコックピット関連の技術・サプライヤーが本格的に海外展開する可能性も高まっています。日本自動車産業にとって、EV・スマート化分野における中国の発展は脅威となる一方、この発展・変革から示唆が得られる機会とも言えるでしょう。日中企業の連携のチャンスも広がっています。

本調査報告書ではADAS・自動運転を除いたデジタルコックピットのスマート化機能に焦点を当て、部品別にバリューチェーンをまとめ、参入部品メーカーを整理します。OEMメーカーに関するレポートでは中国系をメインに提携関係や実車搭載状況を詳報いたします。図や写真等を活用して内装や機能を直観的に把握できるような誌面となります。Sensetimeや京東方等、デジタルコックピットには欠かせない中国系部品メーカーやContinentalやFaurecia等グローバル部品メーカーの中国事業もとりあげます。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

注)2022年6月現在、中国政府は2022年で終了するNEV購入補助金の継続を検討していると報道されていますが、詳細は明らかにされていません。
中国、デジタルコックピット産業の主な参入プレイヤー

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

総論

潜在ニーズの巨大化で進む次世代デジタルコックピット開発の
現状と将来の展望
 
▲総論へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

部品別にみるデジタルコックピット市場の概要と展望
 
-
メーター
-
AR-HUD
-
ディスプレイ(miniLED、有機LED)
-
エンターテインメント(アプリケーション、サービス)
-
DMS(ドライバーモニタリングシステム)(視線検知、人体センサー)
-
HMIシステム(音声認識、ジェスチャー、ハプティックスイッチ)
-
快適装備(エアコン、空気清浄)
-
デジタルミラー(後方カメラ、ディスプレイ、ドライブレコーダー)
 
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

中国OEMのデジタルコックピット搭載動向と提携関係

東風集団

中国一汽

中国長安

北汽集団

広汽集団

BYD

長城汽車

吉利汽車

奇瑞汽車

NIO

理想汽車

小鵬汽車

その他新興メーカー

外資系メーカー(VW、GM等)

▲2章へ▲PAGE TOP

第3章

自動車部品メーカーの事業戦略と動向

華域汽車

Neusoft

徳賽西威

延鋒

商湯科技(Sensetime)

科大訊飛(iFlytek)

華陽集団

京東方(BOE)

航盛電子

Pateo

Bosch

Continental

Faurecia

Valeo

Harman

日立Astemo

Panasonic



※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。