HOME > トヨタ2030年のモビリティ戦略

調査報告書:日本

好評受付中トヨタ2030年のモビリティ戦略
トヨタ2030年のモビリティ戦略
発 行

■ 2021年2月予定

体 裁

■ A4判、カラー印刷 約80頁

予約特別価格

■ 99,000円(税込)
   
90,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
日本月報購読者:49,500円(税込)

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約420KB

Woven Planet新体制で社会システムと連動するトヨタの次世代モビリティ

  • 自動車メーカーからモビリティカンパニーに転換するトヨタの戦略を分析!!
  • モビリティサービスプラットフォームを軸とするコネクティッド戦略を解説!!
  • 外部事業者と連携してモビリティサービスを創出するMaaS関連動向を整理!!
  • 未来都市で必要とされる自動運転や電動化技術の開発状況を報告!!
  • 次世代戦略を支える「ホーム&アウェイ」の狙いと実態を多角的に評価!!
  • トヨタが街づくりに乗り出すことで広がる自動車業界の新領域分野を展望!!

トヨタはビジネスモデルの転換を図っています。背景にはCASEによる技術革新の時代を迎えたことがあります。これまで自動車メーカーは内燃機関などの複雑な機械を、品質を確保しながら大量に生産することで優位な立場を築いてきました。しかし、自動運転車や電気自動車においてはコンピューターや電子機器を動かすソフトウェアの重要性が高まります。また、コネクティッドカーの普及に伴いクルマはサービスとつながるための社会インフラの一部になります。このようにソフトウェアの位置付けとクルマの役割が変わると、従来の自動車メーカーとしてのビジネスモデルを続けるだけでは時代の変化に対応できません。そこでトヨタは2018年1月のCESでモビリティカンパニーにモデルチェンジをすると表明しました。

トヨタはモビリティサービスの重要な構成要素として、他社との差別化を図る電動車、トヨタコネクティッドによるモビリティサービスプラットフォーム、TRIによる自動運転技術を掲げます。クルマづくりにおいてはソフトとハードを分離してソフトを先行して開発・実装するソフトウェア・ファーストの考え方を取り込みます。CASE技術はモビリティカンパニーへの変革に向けて全てつながっています。そして、その延長上にあるのがWoven City構想です。本報告書ではトヨタが目指すモビリティの未来について、これまでのCASEの取り組みとWoven City戦略から読み解きます。モビリティサービスの中心となるコネクティッド技術とサービス創出の動向に加え、モビリティサービスに必要な自動運転と電動化技術の開発状況と将来動向についてまとめ、これらの技術がWoven Cityにどのようにつながっていくのかを展望します。今後の自動車業界の予測・判断材料としてご活用いただければ幸いです。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

トヨタ、東京モーターショー2019で展示した未来のモビリティ

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

総括

トヨタが描く2030年のモビリティ

アップデートで新機能を追加する「ソフトウェア・ファースト」なクルマづくりへと変化

車両開発への関与を強めるWoven Core/Woven Alpha

未来モビリティが活躍するWoven CityでCASE技術をフル活用

増大するCASE投資を支えるホーム&アウェイ戦略

 - 次世代モビリティ戦略を支えるグループ企業群

▲総括へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

トヨタの強みと将来への備え ~環境車から街づくりまで~

トヨタの競争優位の軸となる環境車戦略

環境規制強化による世界規模のEVシフトとTeslaの台頭

自動車市場の変化に備えるトヨタの街づくりへの挑戦

 - 自動車の枠を超えた事業創出の機会を提供するWoven City

▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

モビリティサービスに必要とされるクルマ

自動運転技術(ガーディアンとショーファー)の開発進捗状況

 - TRI-ADで自動運転技術に関するソフトウェアを開発

ドライバーの気持ちを理解するAIエージェント「YUI」でクルマを愛車化

HEV、PHEV、FCV、EVの全方位で電動化を推進

EV普及に向けてリユース/リサイクルを含めた電池の新しいビジネスモデルを検討
▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

サービスを支えるコネクティッド技術

トヨタのコネクティッド戦略は「守り」「改善」「攻め」の3類型

日・米・中で販売する乗用車にDCMを標準搭載してクルマをコネクティッド化

モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)を構築しサービス事業者との連携に活用

スマートシティ構想を視野に入れた業務提携とMSPFの強化

トヨタ・ブロックチェーン・ラボの立ち上げと外部連携の強化
▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

モビリティサービスの創出

トヨタと販売店が主体となるMaaS事業

MaaSアプリ my routeの展望

MaaSにおける外部事業者との協業関係(Uber、Grab、DiDi他)

Autono-MaaSを推進するMONET Technologiesの活動内容


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。