HOME > 世界商用車メーカー年鑑 2023 <隔年刊>

調査報告書:年刊

好評受付中世界商用車メーカー年鑑 2023<隔年刊>
世界商用車メーカー年鑑 2023
発 行

■ 2022年12月予定

体 裁

■ A4判、約220頁

予約特別価格

■ 176,000円(税込)
   
160,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約359KB

カーボンニュートラル輸送に向けた取り組みが本格化

  • 小型商用車のMaaS、中・大型商用車の電動化、CN戦略等最新業界トレンドを特集!!
  • 中国・インドを含む世界商用車大手メーカー30社超の経営戦略を比較!!
  • 商用車各社の業績、生産計画、事業拠点、最新動向などの基礎情報を網羅!!
  • Tesla、Rivianなど新興BEVメーカーの商用車事業動向を掲載!!

2020年春に始まったコロナ禍はいまだ続いていますが、コロナ禍が商用車業界にもたらした最たるものは、配送ニーズの著しい増加です。オンライン商取引はコロナ禍以前から拡大傾向にありましたが、人と人との接触を制限される中で大きな成長を遂げました。一方で、配送ニーズの増大による人手不足や荷主からのコスト低減要求は、より深刻な問題となり、さらに同時進行でカーボンニュートラルの実現に向け、あらゆる場面でのCO2排出量の削減に迫られる状況にあります。こうした諸問題の解決策として、自動/自律化、電動化、業務全般におけるDXへの取り組みが本格化しつつあります。

「世界商用車メーカー年鑑 2023」では、世界主要商用車メーカーのグローバル経営戦略、製品戦略、生産戦略、販売アフターサービス戦略などトピックごとに最新動向のとりまとめと分析を通じて、業界分析に必要な情報を提供します。加えて商用車メーカー各社のカーボンニュートラル戦略や取り組みを比較分析することで、今後の業界の方向性を展望いたします。

本案内書をご高覧頂き、関係部署とも相談の上、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

IAA Transportation(Hannover商用車ショー)で発表された電動バン

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

特集

世界の商用車トレンド
 
-
世界の地域別中・大型商用車販売/生産台数見通し(2032年)と業界展望
-
小型商用車を活用したMaaSが発達、電動化が本格化、部分的自動運転も導入へ
-
中・大型商用車でもFCEV含むBEV化の動き
-
Rivian、B-ON(Streetscooterを買収)、Canoo、REE Automotiveなどの
新興BEVメーカーの小型商用車生産が本格化


▲特集へ / ▼2〜5章へ▲PAGE TOP

第1章

世界主要商用車メーカーの経営戦略比較および分析
 
▲1章へ▲PAGE TOP

第2~5章

米国、欧州、日本、アジア(韓国/中国/インド)の主要商用車メーカーの
中・大型商用車事業、乗用車メーカーなどによる小型商用車事業の
最新動向を項目ごとに掲載
 

掲載予定内容

①最新事業動向、 ②経営戦略(カーボンニュートラル戦略など)、 ③最新の組織・人事動向、 ④製品戦略、 ⑤生産戦略/動向、 ⑥部品内製・調達動向および戦略、 ⑦輸出動向、 ⑧研究開発戦略/動向、 ⑨販売戦略/動向、 ⑩補修・サービス戦略/動向、 ⑪海外事業など
第2章   米系商用車メーカー

中・大型商用車メーカー

Paccar

乗用車メーカーの小型商用車事業

GM、Ford、Stellantis(旧FCA US)
第3章   欧州系商用車メーカー

中・大型商用車メーカー

Daimler Truck、TRATON、Iveco、AB Volvo

乗用車メーカーの小型商用車事業

Stellantis(旧FCA Italy、PSA)、Renault、VW、M-Benz
第4章   日系商用車メーカー

中・大型商用車メーカー

いすゞ、日野、三菱ふそう、UDトラックス

乗用車メーカーの小型商用車事業

トヨタ、日産、ホンダ、三菱自、マツダ、スズキ、ダイハツ、スバル
第5章   アジア商用車メーカー

韓国メーカー

現代自グループ(現代自/起亜)

インドメーカー

Tata Motors、Mahindra & Mahindra、Ashok Leyland

中国メーカー

東風汽車、北汽集団、長安汽車、中国一汽、上汽集団、中国重汽、宇通客車、BYD


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。