HOME > Euro 7時代のグローバルエンジンと新機構/新部品

調査報告書:欧州

緊急特別調査
FOURIN世界自動車技術調査月報 別冊
好評受付中Euro 7時代のグローバルエンジンと新機構/新部品
Euro 7時代のグローバルエンジンと新機構/新部品
発 行

■ 2020年8月予定

体 裁

■ A4判、カラー印刷 約70頁

■ 製本版 or PDF購読

  ・PDF購読の詳細は
    コチラをクリック

予約特別価格

■ 99,000円(税込)
   
90,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
月報購読者等割引あり:72,000円(税込)
報告会オプション:200,000円(税抜)
ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約619KB

2020年代後半に導入予定の欧州次期排ガス基準Euro 7の影響と対策

  • 2020年代後半に導入予定の欧州排ガス基準Euro 7について、欧州委員会など関係機関の検討状況を整理します!
  • Euro 7ではエンジンなどパワートレインに求められる仕様が大きく変わる見通しです。開発への影響を整理します!
  • Euro 7への対応で、Tier1サプライヤーやエンジニアリングコンサルが提案している新機構/新部品を整理します!
  • Euro 7は、エンジン主要部品のみならず、他のさまざまな部品にも影響を及ぼします。具体例をいくつか示します!
  • 自動車メーカーの最新主力エンジンとEuro 7など将来の燃費/排ガス規制に向けた各社の取り組みを整理します!

バッテリー価格の下落速度は大方の想定よりも遅く、市場のトレンドはEV化ではなく現実解としてのハイブリッド(MHEV/HEV/PHEV)化に傾いています。新型コロナウイルス(COVID-19)による景気低迷と原油価格の下落は、ハイブリッド化の傾向をさらに強めるものと予想されます。パワートレインの主役は引き続きエンジンであり、その低燃費化/低排ガス化が今後も開発の焦点になります。

欧州では2025年前後に次期排ガス基準Euro 7が導入される見通しでしたが、COVID-19感染拡大の影響を受けて、数年の先送りが検討されています。Euro 6dの基準値を少し厳しくしたEuro 6eがまずは導入され、2020年代後半にEuro 7が導入されるとの見方が増えつつあります。

本書では、このPost Euro 6dの新基準見通しを整理します。その新基準によって、エンジンと関連部品にはどのような要件が追加され、開発に影響が及ぶのかを整理します。その上で、新しい要件に対応するためにTier1サプライヤーやエンジニアリングコンサルが提案している新機構を整理します。また、新基準の影響は補機類や燃料関連部品など幅広い部品分野に及ぶことが予想されます。これらの関連動向も可能な限り整理します。最後に、自動車メーカー各社の最新エンジンと、Euro 7を含む今後の環境規制に対応するための次世代エンジンの開発状況をまとめます。

当案内をご高覧のうえ、関係部署ともご相談いただき、ご採用賜りますようお願い申し上げます。

欧州のガソリンエンジン開発トレンド

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

総論

ポストコロナ時代のグローバルエンジン開発の方向性
 
▲総論へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

Euro 7対応エンジンの開発

1.

Euro 7の改正内容見通しとエンジンに求められる新要件
  COVID-19後の欧州排ガス規制導入ロードマップ
  Euro 7で求められる全域 λ=1とは何か
  On Board Monitoring導入の可能性と影響

2.

Euro 7に対応するために間もなく導入予定の新機構
  副燃焼室
  水噴射
  可変圧縮比
  相変化冷却
  電動アシストターボ
  電気加熱触媒

3.

Euro 7に対応するための新部品とサプライヤーの開発動向

4.

日系パワトレ開発関係者に聞く、新技術の効果と現実味

5.

排気系サプライヤーに聞く、コールドスタート対応の要点
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

エンジン関連主要技術の最新動向

1.

可変バルブシステム(VVT/VVL/VVD/気筒休止)

2.

過給システム(ターボ/電動コンプレッサー)

3.

排ガス後処理/熱管理
▲2章へ / ▼付録へ ▲PAGE TOP

第3章

自動車メーカー各社の最新主力エンジンと次世代エンジン開発

1.

VW/Daimler/BMW/PSA/FCA/GM/Ford

2.

トヨタ/日産/ホンダ/マツダ
▲3章へ ▲PAGE TOP

付録

エンジン新機構についての関係者へのヒアリング情報
BMW、水噴射システムの構造(左)とその効果としての点火時期進角化(右)

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。