HOME > マルチ・クライアント:社会課題解決に向けたトヨタグループの新規事業戦略

調査報告書:日本

好評受付中社会課題解決に向けた  トヨタグループの新規事業戦略
社会課題解決に向けたトヨタグループの新規事業戦略
発 行

■ 2020年6月19日予定

体 裁

■ A4判、約70頁
 簡易カラー印刷

予約特別価格

■ 99,000円(税込)
   
90,000円(税込)

※発行前申込に限る

※国内送料込
報告会オプション:200,000円(税抜)
ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約388KB

2030年に実現めざす未来社会とトヨタWoven Cityの取り組み

新型コロナの世界的感染拡大は、世界経済に甚大な影響を与えるとともに、社会構造や人々の価値観にも大きな変化をもたらす可能性があります。また、世界各国は、災害だけでなく、少子高齢化、都市化、地球温暖化など深刻化する様々な社会問題を早急に改善する必要に迫られています。

日本では、少子高齢化による医療・介護・年金の負担増大や労働力不足、過疎化による地方の公共機能の低下や産業の衰退、都市の人口集中による生活環境の悪化や建築物の老朽化、温暖化による自然災害や天候不順よる作物の不作、地震や感染病によるインフラの寸断や医療崩壊など早急に解決すべき課題が山積みとなっています。

近い将来必ず解決しなければならない様々な社会問題に対して、政府や企業は課題解決に向けた様々な取り組みを行っており、また、それらの取り組みを新規事業として将来の成長の柱とすることを目指しています。2020年1月にトヨタ自動車が「コネクティッド・シティ」プロジェクトを発表、翌2月には内閣府が世界に先駆けて「まるごと未来都市」の先行実現をめざす「スーパーシティ」構想を推進する国家戦略特区法改正案を閣議決定しました。

こうした状況を踏まえ、フォーインは、グループ企業や提携企業の経営資源をフル活用し、2030年頃までに実現すべき社会「コネクティッド・シティ」に取り組むトヨタグループの新規事業に焦点を当てた調査レポート「社会課題解決に向けたトヨタグループの新規事業戦略~2030年に実現めざす未来社会とトヨタWoven Cityの取り組み~」を企画いたしました。IoT化の加速、地方のサテライトオフィス化、生活基盤のローカル化など新型コロナ後の社会変化も考慮しながら、2030年頃までに実現すべき社会を想定し、トヨタグループの社会課題解決に向けた取り組みと課題について考察いたします。当調査レポートが、日本だけでなく、世界の社会課題解決に貢献する貴社の新規事業の企画の一助となれば幸甚です。

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

序章

深刻化する社会課題の解決に向けたトヨタグループの取り組み
・ 少子高齢化、都市問題、地球環境、災害など社会問題の現状
・ 2030年に実現めざす未来社会とトヨタWoven Cityの取り組み
▲序章へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

トヨタWoven Cityとスーパーシティ/スマートシティ構想

1.

トヨタ自動車がコネクティッドシティ「Woven City」でめざすもの
  ・コネクティッドシティ「Woven City」の概要
  ・Woven Cityプロジェクトに向けた提携

2.

「丸ごと未来都市」の先行実現をめざす「スーパーシティ」構想
  ・スーパーシティ構想の概要
  ・スーパーシティ・オープンラボの概要

3.

裾野市の「スソノ・デジタル・クリエイティブ・シティ」構想

4.

パナソニックの「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」プロジェクト想

5.

中国の未来都市のひな型「雄安新区」プロジェクト

6.

Alphabet Sidewalk Labsの「Sidewalk Toronto」プロジェクト
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

トヨタグループの社会課題解決に向けた新規事業の取り組み

1.

コア技術/生産技術/ノウハウを活用した新規事業の取り組み

2.

新規事業を推進する組織体制づくりの動向

3.

新規事業創出に向けた提携動向
▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

トヨタグループ主要各社の新規事業の取り組み

1.

トヨタ自動車(陸・空モビリティ、パートナーロボット、メディカルケア、他)

2.

デンソー(農業事業、人協働ロボット、医療IoT、モビリティサービス、他)

3.

アイシングループ(パーソナルモビリティ、コネクティッド、他)

4.

豊田自動織機(物流ソリューション、スマートグリッド、他)

5.

トヨタ紡織(植物由来原料の活用、起潮力同調栽培、他)

6.

ジェイテクト(パワーアシストスーツ、ファクトリーエージェント、他)

7.

豊田合成(ソフトロボティクス、深紫外LED光源モジュール、他)

8.

愛知製鋼(蓄熱システム、植物用次世代鉄供給材、他)
▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

新規事業の課題

1.

新事業創出(解決すべき社会課題における環境変化と自社競争力の見極め)

2.

収益化(新事業分野の中核プレーヤーとしてマネタイズできる新市場形成力)

3.

人材育成(新規事業を成長の柱にできる人材の確保・育成)

4.

財務体質強化(新規事業投資を支える強固な財務基盤の構築、既存事業のコスト削減)


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。