HOME > マルチ・クライアント:社会課題解決に向けたトヨタグループの新規事業戦略

調査報告書:日本

社会課題解決に向けた  トヨタグループの新規事業戦略
社会課題解決に向けたトヨタグループの新規事業戦略
発 行

■ 2020年6月19日

体 裁

■ A4判、75頁
 簡易カラー印刷

価 格

■ 90,000円+消費税※国内送料込

報告会オプション:200,000円(税抜)
ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約634KB

2030年に実現めざす未来社会とトヨタWoven Cityの取り組み

日本では、少子高齢化で医療・介護・年金負担が増大、物流や介護など様々な分野で人が不足し、都市への人口集中で地方経済の衰退が加速する中、社会課題解決に貢献する企業の取り組みがさらに重要となっています。政府は、それらの解決に向けた新技術や新サービスのショーケースとなるスーパーシティの先行実現に向けた「国家戦略特別区域法の一部を改正する法律案」を2020年5月に国会で成立させました。今後、自治体によるスーパーシティ構想に向けた動きが加速することが予想され、2020年1月にWoven Cityプロジェクトを発表したトヨタ自動車も、その建設地となる静岡県裾野市と連携しながら、その取り組みを活発化するものと見られます。

本調査報告では、未来社会を先行実現するWoven Cityやトヨタグループの新規プロジェクトの取り組みに焦点を当て、政府や自治体とともに企業が取り組むべき課題と将来の方向性について報告いたします。社会課題解決に貢献する貴社の新規事業企画立案等に当調査報告書をご活用いただければ幸いです。

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


目次
▼1章へ ▲PAGE TOP

序章

深刻化する社会課題解決に向けた未来社会先行実現の取り組み
社会課題解決の試金石となる未来社会の先行実現
▲序章へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

トヨタWoven Cityとスーパーシティ/スマートシティ構想
トヨタWoven Cityがめざすもの
「丸ごと未来都市」の先行実現をめざす「スーパーシティ」構想
裾野市のスソノ・デジタル・クリエイティブ・シティ構想
パナソニックの「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」
中国の未来都市のひな型「雄安新区」プロジェクト
Alphabet傘下Sidewalk Labsの「Sidewalk Toronto」計画
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

トヨタグループの社会課題解決に向けた新規事業の取り組み
コア技術/生産技術/ノウハウを活用した新規事業の取り組み
新規事業を推進する組織づくりの動向
新規事業創出に向けた提携動向
▲2章へ / ▼4章へ ▲PAGE TOP

第3章

トヨタグループ主要各社の新規事業の取り組み
未来の『街』を支えるモノやサービスの創出をめざすトヨタ自動車
電動化・モビリティ・FA/農業に注力して成長めざすデンソー
2030年にCASE領域で売上6割をめざすアイシングループ
物流ソリューションを柱に成長めざす豊田自動織機
インテリアスペースクリエイターをめざすトヨタ紡織
新事業で社会課題解決と人材・社風改革めざすジェイテクト
コア技術を活かした新領域での早期事業化をめざす豊田合成
素材で新たなスマート社会の共創めざす愛知製鋼
▲3章へ ▲PAGE TOP

第4章

新規事業の課題
Woven Cityでめざすものと取り組むべき課題
中核プレーヤーとしての新市場形成力
新規事業に向けた人材獲得・育成の取り組み
新たな成長に向けた既存事業と新規事業の改革