HOME > FOURIN 日本自動車調査月報

FOURIN 日本自動車調査月報

発 行
■毎月20日
体 裁
■A4判、標準53ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
216,000円 +消費税
■半年間(6号分)
120,000円 +消費税

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

世界最適生産体制構築に取り組む日本メーカーをウォッチング

 FOURIN日本自動車調査月報は1999年4月の創刊以来15年以上に渡り、日本の自動車産業の発展に向けて有益な情報を、タイムリー且つ簡潔明瞭な形で提供してまいりました。日本の自動車業界も大きく様変わりしております。燃費や排気規制の強化や自動運転など安全技術に対するニーズの高まりなどの技術的側面の変化、また先行して成長していた中国に加えて、インドやASEANなどアジアの新興国の市場も日本車販売全体で大きな位置を占めるようになってきました。一方で日本市場は縮小傾向が続く見通しであるほか、コモディティ化により自動車の魅力低下が懸念され、縮小傾向にある中で、常に事業規模の適正化の取り組みを続けて行く必要性に迫られています。ただし、これらの直面する課題について全ての地域に渡って完成車メーカーやサプライヤー各社が完全に対応することは不可能です。本国である日本のほか、販売規模が大きいか日本車シェアの高い地域である北米やASEAN、インド、中国を初めとしたアジアなどプレゼンスの強い地域とそれ以外の地域で濃淡を付けながら、事業戦略を常に最適化する必要があります。
 FOURIN日本自動車調査月報は創刊以来、日本の自動車産業の定点観測を続けてきました。その蓄積を土台に、日本自動車産業の趨勢に影響する世界各地の情報を比較分析し、戦略の選択と集中に必要な情報をタイムリーに提供いたします。
 また巻末には、日本自動車メーカーの世界生産・販売動向が一目で分かる月次統計を掲載しています。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 日本自動車調査月報の特長

■ 日本自動車産業の世界事業展開をフォローする生産・販売・製品・輸出動向をレポート
■ 世界戦略を強化するトヨタ、 ホンダ、日産の海外事業戦略を地域単位、機能単位にレポート
■ 海外に事業拡大の舞台をシフトする日本自動車メーカー各社海外事業を地域別にレポート
■ 自動車各社の販売バリューチェーン事業を強化する国内事業をレポート
■ 自動車・部品各社の電動化対応動向やIT戦略など新たな需要開拓への取り組みをレポート
■ 自動車部品産業の経営・技術・海外事業戦略をメーカー別、製品分野別にレポート


FOURIN 日本自動車調査月報の構成

視点レポート:各号1~3ページ

日本自動車産業の趨勢や経営課題について執筆陣が独自の視点でまとめます。

特集レポート:標準1~2本6ページ以上

日本自動車産業の戦略課題を調査分析。海外事業の展開状況、世界戦略モデル・地域戦略モデルの開発・投入動向、日本自動車産業復活に向けた成長テーマなどをレポート。
・日本自動車メーカー、地域別・国別世界生産・生産能力計画
・日本自動車メーカー、地域別・国別世界販売台数
・日本自動車メーカー、国内モデル別生産台数
・日本自動車メーカー、国内モデル別セグメント別販売台数
・日本自動車メーカー、部品メーカーの世界開発体制の構築動向
・日本自動車メーカー、部品メーカーの連結業績・財務分析
・日本自動車メーカー、部品メーカーの経営計画等経営戦略比較
・日本自動車メーカー、世界プラットフォーム戦略、地域専用モデル開発動向
・日本自動車メーカー、部品メーカー、新興国事業計画
・日本自動車部品メーカーの連結売上高ランキング

自動車メーカーレポート:標準8本22ページ以上

トヨタ・日産・ホンダの国別テーマ別の2ページレポートを毎号2本ずつ掲載。三菱自、マツダ、スズキは2ページレポートを毎号1本ずつ掲載。富士重、ダイハツ、いすゞ、三菱ふそう、日野自、UDトラックスの定常経営分析レポートを収録。
メーカー別国別レポートでは、各社の国別生産動向、工場・設備投資動向、製品投入・販売動向、サービス・ブランド販売戦略などを掲載。

部品産業レポート:標準3本6ページ

特定サプライヤーの経営戦略や海外事業展開を毎月分析。将来ニーズにかかわる戦略部品・戦略製品の技術動向や採用動向、技術提携動向を分析。特定サプライヤーの新技術開発や技術提携、生産体制の再編動向を報告。

日本産業・市場レポート:標準2本4ページ

日本市場セグメント別分析、輸入車の日本事業戦略、日本の環境政策や安全規制、国内自動車・部品メーカーの環境・安全・通信分野における製品開発進捗動向や政策・制度への対応動向のいずれかを毎号2本4ページにまとめ掲載します。

統計・データ:標準14ページ

日系自動車メーカーのグローバル生産・販売拡大に対応して、フォーインが独自に集計した日本自動車メーカーの国別月別自動車生産・販売台数を掲載、生産については23ヵ国を、販売については41ヵ国をカバーしています。併せて、日本自動車メーカーの月別世界・各地域シェアや内外販売の対前年同月伸び率の推移などを収録しています。
掲載国(生産):
米国、カナダ、メキシコ、英国、フランス、スペイン、オランダ、イタリア、トルコ、チェコ、ロシア、日本、タイ、マレーシア、フィリピン、中国、台湾、インド、パキスタン、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、エジプト
掲載国(販売):
米国、カナダ、メキシコ、ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、オランダ、アイルランド、スイス、ギリシャ、チェコ、トルコ、ロシア、日本、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、中国、台湾、韓国、インド、パキスタン、オーストラリア、ニュージーランド、ブラジル、アルゼンチン、ベネズエラ、南アフリカ、エジプト

FOURIN 日本自動車調査月報 2021年2月号 (No.263)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

6G導入検討
日本
2020年は日本で5G通信の商用サービスが始まったが、基地局の整備状況から本格的運用は2021年以降となる。5Gの運用が始まる一方で、Beyond 5G(6G)に向けた動きも活発化している。6G実用化への動きは前倒しで進んでおり、6Gを通じてモビリティをどう発展させていくかを考える時期が来ている。

FOURIN 特集

乗用車メーカー北米生産
北米
日系乗用車メーカー(トヨタ、ホンダ、日産、マツダ、スバル)による2020年の北米(米国、カナダ、メキシコ)での自動車生産台数は、コロナ禍が影響し、前年比20.0%減の445.7万台と4年連続で減少。8年ぶりに500万台を割り込んだ。
アイシンGr.
世界
アイシンGr.では、2021年4月にグループ全体の売上の8割を占めるアイシン精機とアイシンAWの経営統合を予定。高付加価値製品を軸とした成長戦略に課題が残る中、得意とする位置情報技術を活用したモビリティサービスの創出や利益率の高いアフター市場向け製品の強化に取り組む。
日立Astemo
世界
2021年1月、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業の4社が統合し、日立Astemoが発足した。2025年度売上2兆円を目標に掲げ、CASEを牽引するグローバルリーダーとしてのポジション獲得を目指す。

自動車メーカー レポート

トヨタ
日本
北米
日産
日本
北米
ホンダ
日本
北米
三菱自
日本
マツダ
日本
スズキ
日本
スバル
日本
ダイハツ
日本
商用車
日本

日本産業・市場 レポート

輸入車
日本
市場動向
日本

日本メーカー世界生産・販売統計

総括
世界
日本メーカー、世界自動車生産・販売総括表(生産2020年9月、販売2020年10月)
生産
世界
日本車、メーカー別・世界地域別・国別、月間自動車生産台数(2020年1~12月)
販売
世界
日本車、メーカー別・世界地域別・国別、月間自動車販売台数(2020年1~12月、2021年1月)
日本
日本、ブランド別月間HEV・PHEV・EV・FCV乗用車販売台数(2020年1~12月)

FOURIN 日本自動車調査月報 2021年1月号 (No.262)

視点

成長戦略再構築
世界
2021年は自動車メーカー各社にとって、成長戦略仕切り直しの1年といえる。注目ポイントは、①次世代経営陣への引継ぎ、②ソフトウェア重視やAI活用、③グローバル生産最適化、④事業・投資の選択と集中、⑤提携・協業の活用、などが挙げられ、向こう10年を見通す上で重要な指針として注目される。

FOURIN 特集

Woven Cityプロジェクト始動
世界
ソフトウェアファーストの体制を基盤としたモビリティカンパニーへの移行の象徴的なプロジェクト「Woven Cityプロジェクト」が2021年に始動する。将来必要とされるモビリティの実証や様々な社会課題解決のショーケースとして期待されるほか、事業変革の方向性を探る上でも注目される。

自動車メーカー レポート

トヨタ
世界
日産
世界
ホンダ
世界
三菱自
世界
マツダ
世界
スズキ
世界
スバル
世界
ダイハツ
世界
商用車
世界
部品企業別
世界

部品産業 レポート

部品企業別
世界
世界
輸入車
日本
市場動向
日本

日本メーカー世界生産・販売統計

総括
世界
日本メーカー、世界自動車生産・販売総括表(生産2020年8月、販売 2020年9月)
生産
世界
日本車、メーカー別・世界地域別・国別月間自動車生産台数(2020年1~10月)
販売
世界
日本車、メーカー別・世界地域別・国別月間自動車販売台数(2020年1~11月)
日本
日本、ブランド別都道府県別月間HEV・PHEV・EV・FCEV乗用車販売台数(2020年10月)

FOURIN 日本自動車調査月報 2020年12月号 (No.261)

視点

2030年代半ばガソリン車販売禁止
日本
政府が2030年代半ばを目処にエンジンのみで動くガソリン車の国内での新車販売を禁止する方向で検討に入ったことが明らかになった。このまま方針が正式発表されれば、2030年代半ばに国内で販売している新車は全てHEV、PHEV、FCEV、EVのいずれかになる。

FOURIN 特集

乗用車エンジン戦略
世界
三菱自、マツダ、スズキ、ダイハツ、スバルのエンジン戦略をまとめた。三菱自は日産とエンジン開発での協力を強化する一方、マツダ、スズキ、ダイハツ、スバルは2019年以降も継続的に主力エンジンの独自開発を推進している。今後5社にとって、世界的な流れである電動化への対応が急務となる。
ロボット実証実験
日本
2020年11月、日建設計シビルとZMPは、地下街「新宿サブナード」で無人警備・消毒ロボ「PATORO」による無人消毒液散布実証実験を実施した。当初はスマートシティ向けで導入し社会受容性の醸成や運用ノウハウを蓄積し、2020年代中盤には街中で広く活用されることを目指す。
トヨタ電動車戦略
世界
トヨタの電動車戦略はコロナ禍においても維持されており、高水準の研究開発投資を計画。HEVを主軸としながらも、今後はPHEVやEV、FCVといった、より走行時の環境負荷が少ない車種が増える見通しである。2020年は特にFCV分野において業界を超えた仲間づくりが活発化している。

自動車メーカー レポート

トヨタ
世界
日産
世界
世界
ホンダ
世界
世界
三菱自
世界
マツダ
世界
スズキ
世界
スバル
世界
いすゞ
世界
日野
世界

部品産業 レポート

部品企業別
世界
世界
世界
世界

日本産業・市場 レポート

輸入車
日本
市場動向
日本

日本メーカー世界生産・販売統計

総括
世界
日本メーカー、世界自動車生産・販売総括表(生産2020年7月、販売2020年8月)
生産
世界
日本車、メーカー別・世界地域別・国別、月間自動車生産台数(2020年1~10月)
販売
世界
日本車、メーカー別・世界地域別・国別、月間自動車販売台数(2020年1~11月)
日本
日本、ブランド別月間HEV・PHEV・EV・FCV乗用車販売台数(2020年10月)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む