HOME > FOURIN 世界自動車調査月報

FOURIN 世界自動車調査月報

発 行
■毎月10日
体 裁
■A4判、標準66ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
264,000円(税込)
■半年間(6号分)
145,200円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

グローバルな視点から世界自動車の競争焦点を探る

 世界の主要自動車各社はコロナ禍で経営環境が悪化する中でも、業界トレンドであるCASEやMaaS領域への先行投資を維持する方針を表明しています。ただし、新型コロナウイルス感染のリスクを避ける意味でシェアリング事業の需要が大きく減少するなど市場が求める製品が変化しており、その開発内容は大きく転換される模様です。VW グループやGM、Renault/日産/三菱自、Daimler、BMWなどは2021年以降も引き続き電動化や自動運転など最先端技術を搭載した新モデルの発売を予定しております。コロナ禍における新たな需要に対応した新製品の投入や企業戦略の変化が今、問われています。
 1987年5月に創刊しました『世界自動車調査月報』では、欧米地域を中心とした自動車・部品産業、各メーカーの事業動向等を分析しております。世界約90ヵ国の自動車販売台数や生産状況に加え、電動車に特化した特集、世界部品サプライヤー売上高ランキング等の特別レポートも多数収録しております。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車調査月報の構成

視点(各号1~3ページ):

世界の自動車産業トレンドおよび市場動向を分析する視点を執筆陣が書き下ろします。

特集:標準2本17ページ

世界の自動車産業を巡る戦略課題についての、地域別、国別、メーカー別調査分析レポート。世界の生産・販売シェア動向、世界自動車メーカー、部品メーカーの経営動向、世界の環境・安全規制動向等を、現地取材を交えてレポート。毎号2〜3本のレポートは、主に世界および米州、欧州の地域からサポートします。
・世界、自動車メーカー別ブランド別自動車生産・販売動向
・世界、自動車メーカートップ15社の収益・業績比較
・世界、自動車部品メーカートップ100社の業績ランキング分析
・世界自動車部品メーカーM&A動向
・欧州電動車/ディーゼルエンジン乗用車市場
・北米市場または西欧市場のモデル別・セグメント別トレンド分析
・中南米や中・東欧主要国の自動車生産・販売成長トレンド

北米レポート:標準2-5本10ページ 

■ 世界主要自動車メーカーの経営動向を定常分析
米国、カナダ、メキシコの自動車産業と北米における自動車メーカーの経営動向レポートを、現地取材を交えてレポート。
GM、Ford、FCA、Tesla等の経営動向レポート:経営・業績・財務、生産・設備計画、販売・販売計画、部品調達、製品・ブランド戦略、世界展開、提携戦略など。
自動車産業レポート:各国市場・販売トレンド、自動車産業トレンドなどを分析。

欧州レポート:標準2-6本12ページ

ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペインの西欧主要国、中東欧・ロシア、その他の欧州の自動車産業と欧州における自動車メーカーの経営動向をレポート。
VWグループ、Daimler、BMW、PSA、Renault等の経営動向レポート:経営・業績・財務、生産・設備計画、販売・販売計画、部品調達、製品・ブランド、製品技術、世界展開、提携戦略など。
自動車産業レポート:各国市場・販売トレンド、自動車産業トレンドなどを分析。

中南米・大洋州・中近東・アフリカ地域レポート:2本4ページ

中南米・大洋州と中近東・アフリカ地域について、毎号それぞれ自動車市場・生産動向を報告。

部品レポート:2本4ページ

毎号北米および欧州系自動車部品メーカーを各一社取り上げます。経営戦略、製品戦略、海外事業展開、経営課題、M&Aなどについての調査・分析レポートを掲載。
北米系メーカー:Magna, Tenneco, Adient, Aptiv, BorgWarner, AAM, DANA 等
欧州系メーカー:Bosch, ZF, Continental, Valeo, Faurecia, Schaeffler, Autoliv 等

国別車種別月間製販台数統計:標準17ページ

各国の自動車工業会から直接、統計データの提供を受け、世界の月別車種別自動車生産・販売台数を掲載します。生産については世界27カ国、販売については世界49カ国の速報値を収録。毎号、世界の最新トレンドが把握できる総括表を掲載。
世界自動車生産・販売総括表にて毎号月次の世界自動車生産・販売のトレンドを分析。
主要自動車メーカーの世界51ヵ国における毎月の地域別自動車販売台数・シェアを掲載。
■ 世界27カ国地域別国別車種別月次自動車生産台数
掲載国:米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、ベルギー、ポルトガル、スウェーデン、チェコ、ルーマニア、ロシア、トルコ、中国、韓国、台湾、インド、パキスタン、タイ、インドネシア、マレーシア、日本、オーストラリア
■ 世界49カ国地域別国別車種別月次自動車販売台数
掲載国:米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ベネズエラ、ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、オランダ、ベルギー、オーストリア、スイス、ポルトガル、デンマーク、スウェーデン、アイルランド、ギリシャ、フィンランド、ノルウェー、ルクセンブルグ、アイスランド、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ロシア、ウクライナ、トルコ、中国、韓国、台湾、インド、パキスタン、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、日本、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、エジプト
■ 世界主要自動車メーカーの地域別販売台数・シェア動向
掲載メーカー: トヨタグループ、GM、Fordグループ、VWグループ、Renault/日産、ホンダ、現代/起亜、PSA、Fiat/Chrysler、スズキ、Daimlerグループ、BMWグループ、三菱自

FOURIN 世界自動車調査月報 2021年7月号 (No.431)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

コロナ禍と半導体不足
コロナ禍から 1 年経過し、 生産面では 2021 年初頭から半導体不足という新たな問題が発生。米中関係の悪化も加わり、 最も安価に生産できる世界規模での調達から、「生産拠点の地域自己完結化」へと戦略立案の変更が求められており、これらのコストアップ要因をどこで吸収するかが課題に浮上している。

Special Reports

世界部品売上高ランキング
世界主要サプライヤーの部品事業売上高をドル換算で集計した。2020 年 (度) は各社が主力とする市場におけるコロナ禍の影響の度合いにより業績の明暗は大きく分かれた。濰柴動力が中国系として初めて上位 10 社に入るなど、比較的コロナ禍の影響が軽微であった中国系が順位を上げる傾向にある。
北米自動車産業インタビュー
FOURIN は北米自動車産業界の現状と今後の見通しについて、ワクチン接種が進み日常生活へと戻りつつある米国の景気動向、USMCA への対応状況、悪化する米中関係、サプライチェーン網の変化、バイデン政権発足に伴う変化などを中心に、米国在住の JAPIA 北米事務所の河島哲則所長から話を聞いた。
欧州自動車産業
需要縮小や工場の稼働一時停止などコロナ禍の影響による欧州での 2020 年の自動車生産ロスは 424.4 万台、Tier1 の失業者は 5 万人に上った。2021 年に入ってもコロナ禍以前の市況には戻っておらず、半導体不足の問題も発生していることから、2019 年の自動車生産規模への回復は 2023 年以降と見られる。
トルコ自動車産業インタビュー
FOURIN は、トルコにおける貿易政策、デジタルトランスフォーメーション、スタートアップ支援策、電動車および電動車向けコンポーネントの生産 ・販売促進に関するスタンスなどについて、トルコ大統領府投資局カントリーアドバイザーの青木雄一氏から話を聞いた。

North America

米国
加・墨

Europe

ドイツ
フランス
英国
イタリア
スペイン
中東欧 ・ CIS
欧州

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

North America

北米系

Europe

欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表 (生産 2021 年 2 月、 販売 2021 年 3 月)
生産
世界 24 ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車生産台数 (2021 年 1 ~ 5 月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、 地域別販売台数・シェア動向 (2021 年 3 月)
販売
世界 57 ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車販売台数 (2021 年 1 ~ 5 月)

FOURIN 世界自動車調査月報 2021年6月号 (No.430)

視点

ものづくりのパラダイムシフト
自動車のものづくりが、ハードウェア中心からソフトウェア中心に転換しようとしている。それにより開発リードタイムの劇的な短縮が求められ、日本自動車業界の対応策として、DXによる効率向上や、ソフト/ハード双方のオープンプラットフォームなどの仕組みづくりが考えられる。

Special Reports

世界自動車生産
2020年の世界48ヵ国の推定自動車生産台数は、前年比15.8%減の7,814万台と、2010年以来の8,000万台割れとなった。コロナ禍による市場縮小や各国での工場の一時稼働停止などが影響した。2021年は、半導体不足など外的要因にもよるが、生産規模としては8,500万台程度まで回復する可能性がある。
空飛ぶ車(UAM)
都市空間においてeVTOL(電動垂直離着陸機)で人員輸送するエアタクシー事業の商用化を目指す動きが活発化している。実現が有力視されているJoby AviationなどのスタートアップがIPOを予定し、2025年前後の商業化を目指して開発を進めている。
2021年1~3月期決算概要
世界主要自動車メーカーの2021年1~3月期決算(米ドル換算)をみると、オンライン販売の拡充や各種コスト削減策などが奏功し、前年同期比で全体的に増収増益傾向が鮮明に現れた。対2019年1~3月期でも、増益となるメーカーが多く、営業収益という面では既に業績が改善している状況が伺える。

North America

米国
加・墨

Europe

ドイツ
フランス
欧州
中東欧・CIS

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

North America

北米系

Europe

欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表(生産2021年1月、販売2021年2月)
生産
世界27ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車生産台数(2020年1~12月、2021年1~4月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、地域別販売台数・シェア動向(2021年2月)
販売
世界49ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車販売台数(2020年1~12月、2021年1~4月)

FOURIN 世界自動車調査月報 2021年5月号 (No.429)

視点

自動車のCO2削減
カーボンニュートラル、CO2 削減目標を達成するにはBEV が必須であるといった論調が目立ち、世界的な電動車ブームが始まっているように見える。CO2 削減を目的とするならば、BEV 以外の低排出車の選択肢を残すマルチパス戦略を採る方が現実的な策ではないか。

Special Reports

世界自動車販売
2020年の世界80ヵ国合計の自動車販売台数は前年比13.6%減の7,850万台に落ち込んだ。いち早くコロナ感染を封じ込め、経済回復を軌道に乗せた国と、感染の波が断続的に続いた国とで需要回復に明暗が分かれ、2021年に入ってもその状況が続く可能性が高い。
Renault新経営計画
Renault は2021 年1 月に中期経営計画ReNAULUTION を発表した。2020 ~ 2023 年は財務改善を優先項目とし、2023 年までの営業利益率3%達成を目指す。Renault が長年課題としてきた生産能力過剰問題やRenault ブランドの競争力不足などをいかに進めるかが目標達成の鍵を握る。
米国EV充電網
米国では、プラグイン電動車が燃費規制対策の要として投入される中、充電インフラの拡充が課題となっている。2021 年3 月末時点で、公共充電ステーション数が4.1 万ヵ所(プラグ数:10.1 万個)。州別では、早期から環境保護のため電動車普及を推し進めてきたカリフォルニア州が全体の3 割を占める。
欧州EV充電網
EU の電動車向け公共充電ポイント数は、2020 年に前年比36.7% 増の22.4 万基となった。うち、上位5 ヵ国が8 割強を占める。Green Deal 政策に沿い、2025 年までに100 万基、2030 年までに300 万基以上の整備が必要であり、各国政府が充電設備設置向け支援策を積極導入している。

North America

米国
加・墨

Europe

ドイツ
フランス
英国
イタリア
スペイン
欧州

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

North America

北米系

Europe

欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表(生産2020年12月、販売2021年1月)
生産
世界27ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車生産台数(2020年5~12月、2021年1~3月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、地域別販売台数・シェア動向(2021年1月)
販売
世界49ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車販売台数(2020年5~12月、2021年1~3月)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む