HOME > FOURIN 世界自動車調査月報

FOURIN 世界自動車調査月報

発 行
■毎月10日
体 裁
■A4判、標準66ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
240,000円 +消費税
■半年間(6号分)
132,000円 +消費税

※国内送料込

デジタルブック
デジタルブックを見る

グローバルな視点から世界自動車の競争焦点を探る

 世界の主要自動車各社はコロナ禍で経営環境が悪化する中でも、業界トレンドであるCASEやMaaS領域への先行投資を維持する方針を表明しています。ただし、新型コロナウイルス感染のリスクを避ける意味でシェアリング事業の需要が大きく減少するなど市場が求める製品が変化しており、その開発内容は大きく転換される模様です。VW グループやGM、Renault/日産/三菱自、Daimler、BMWなどは2021年以降も引き続き電動化や自動運転など最先端技術を搭載した新モデルの発売を予定しております。コロナ禍における新たな需要に対応した新製品の投入や企業戦略の変化が今、問われています。
 1987年5月に創刊しました『世界自動車調査月報』では、欧米地域を中心とした自動車・部品産業、各メーカーの事業動向等を分析しております。世界約90ヵ国の自動車販売台数や生産状況に加え、電動車に特化した特集、世界部品サプライヤー売上高ランキング等の特別レポートも多数収録しております。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車調査月報の構成

視点(各号1~3ページ):

世界の自動車産業トレンドおよび市場動向を分析する視点を執筆陣が書き下ろします。

特集:標準2本17ページ

世界の自動車産業を巡る戦略課題についての、地域別、国別、メーカー別調査分析レポート。世界の生産・販売シェア動向、世界自動車メーカー、部品メーカーの経営動向、世界の環境・安全規制動向等を、現地取材を交えてレポート。毎号2〜3本のレポートは、主に世界および米州、欧州の地域からサポートします。
・世界、自動車メーカー別ブランド別自動車生産・販売動向
・世界、自動車メーカートップ15社の収益・業績比較
・世界、自動車部品メーカートップ100社の業績ランキング分析
・世界自動車部品メーカーM&A動向
・欧州電動車/ディーゼルエンジン乗用車市場
・北米市場または西欧市場のモデル別・セグメント別トレンド分析
・中南米や中・東欧主要国の自動車生産・販売成長トレンド

北米レポート:標準2-5本10ページ 

■ 世界主要自動車メーカーの経営動向を定常分析
米国、カナダ、メキシコの自動車産業と北米における自動車メーカーの経営動向レポートを、現地取材を交えてレポート。
GM、Ford、Chrysler、商用車メーカー等の経営動向レポート:経営・業績・財務、生産・設備計画、販売・販売計画、部品調達、製品・ブランド、世界戦略、提携戦略など
自動車産業レポート:各国市場・販売トレンド、自動車産業トレンドなどを分析。

欧州レポート:標準2-6本12ページ

ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペイン、中東欧・ロシア、その他の欧州の自動車産業と欧州における自動車メーカーの経営動向レポートを現地取材を交えてレポート。
VWグループ、Daimler、BMW、Porsche、PSA、Renault、Fiat、欧州Ford、Opel、商用車メーカー等の経営動向レポート:経営・業績・財務、生産・設備計画、販売・販売計画、部品調達、製品・ブランド、製品技術、世界戦略、提携戦略など
自動車産業レポート:各国市場・販売トレンド、自動車産業トレンドなどを分析。

中南米・大洋州・中近東・アフリカ地域レポート:3本6ページ

中南米・大洋州と中近東・アフリカ地域について、毎号それぞれ自動車市場・生産動向をレポート。

部品レポート:2本4ページ

毎号北米および欧州の部品メーカーを一社ずつ取り上げ、世界主要自動車部品メーカーの経営動向をレポート。経営戦略、製品・技術戦略、海外事業展開などの経営分析を掲載します。
北米系メーカー:Delphi, Visteon, Dana, JCI, Lear, Magna, TRW, BorgWarner, 等
欧州系メーカー:Bosch, Continental, ZF, Valeo, Faurecia, GKN, Autoliv, 等

国別車種別月間製販台数統計:標準17ページ

各国の自動車工業会から直接、統計データの提供を受け、世界の月別車種別自動車生産・販売台数を掲載します。生産については世界27カ国、販売については世界49カ国の速報値を収録。毎号、世界の最新トレンドが把握できる総括表を掲載。
世界自動車生産・販売総括表にて毎号月次の世界自動車生産・販売のトレンドを分析。
主要自動車メーカーの世界51ヵ国における毎月の地域別自動車販売台数・シェアを掲載。
■ 世界27カ国地域別国別車種別月次自動車生産台数
掲載国:米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、ベルギー、ポルトガル、スウェーデン、チェコ、ルーマニア、ロシア、トルコ、中国、韓国、台湾、インド、パキスタン、タイ、インドネシア、マレーシア、日本、オーストラリア
■ 世界49カ国地域別国別車種別月次自動車販売台数
掲載国:米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ベネズエラ、ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、オランダ、ベルギー、オーストリア、スイス、ポルトガル、デンマーク、スウェーデン、アイルランド、ギリシャ、フィンランド、ノルウェー、ルクセンブルグ、アイスランド、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ロシア、ウクライナ、トルコ、中国、韓国、台湾、インド、パキスタン、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、日本、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、エジプト
■ 世界主要自動車メーカーの地域別販売台数・シェア動向
掲載メーカー: トヨタグループ、GM、Fordグループ、VWグループ、Renault/日産、ホンダ、現代/起亜、PSA、Fiat/Chrysler、スズキ、Daimlerグループ、BMWグループ、三菱自

FOURIN 世界自動車調査月報 2020年7月号 (No.419)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

開発投資
コロナ禍で業績悪化する自動車メーカーは今、大きな転換点に差し掛かっている。業界トレンドであるCASEやMaaS領域への先行投資は維持するものの、市場が求める製品は変化しており、それに対応するための開発へと舵が切られる模様で、採算性から一部事業の中断なども視野に入っている。

Special Reports

世界部品売上高ランキング
世界主要サプライヤーの部品事業売上高をドル換算で集計した。2019年(度)の特徴としては、世界的な自動車生産の減少により欧米系や日系サプライヤーの減収傾向が鮮明に現れた一方、事業買収・売却によるランキング順位変動に加え、中国系サプライヤーの事業拡大が目立ったことなどが挙げられる。
Renault/日産/三菱自アライアンス
Renault/日産/三菱自は2020年5月に新たなアライアンスの取り組みとして、3社の位置付けを再定義し、事業効率性と競争力を高めることに注力する意向を示した。売上高や生産台数が減少に転じ、新型コロナウイルスの影響を受ける中で、いかに3社個々の事業を立て直し、関係深化が進められるかが問われている。
北米事業インタビュー
FOURINは、北米自動車産業界の現状について、米国在住のJAPIA北米事務所の河島哲則所長から話を聞いた。コロナ禍で市場の大幅な減少を懸念する一方で、2008年のリーマンショック時と比べ、自動車メーカーは手元資金に余裕があるため、当時のような破たんの連鎖が起こる可能性は低いと指摘する。

North America

米国
北米
加・墨

Europe

ドイツ
フランス
欧州

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

North America

北米系

Europe

欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表(生産2020年2月、販売2020年3月)
生産
世界27ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車生産台数(2019年1~12月、2020年1~5月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、地域別販売台数・シェア動向(2020年3月)
販売
世界49ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車販売台数(2019年1~12月、2020年1~5月)

FOURIN 世界自動車調査月報 2020年6月号 (No.418)

視点

世界自動車販売 ・ 生産予測
新型コロナウイルス感染拡大による自動車産業界に与える打撃は、2008 年のリーマンショック時を大きく上回る見込みだ。FOURINが、主要自動車生産国 29ヵ国を対象に分析したところ、2020 年の自動車販売が前年比 21.2% 減、生産が同21.8% 減と、2 割を超える減少幅となる見通しである。

Special Reports

世界自動車生産
2019 年の世界 49 ヵ国の推定自動車生産台数は、前年比 5.2% 減の 9,270 万台。2 年連続減少し、2015 年以来 4 年ぶりに 9,500 万台を下回った。アジア ・ 大洋州と西欧が 6% 台の減少となるなど、全地域で前年を割り込んだ。2020 年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で 7,300万台程度まで減少する可能性がある。
メキシコ自動車産業インタビュー
新型コロナウイルス感染拡大の影響や、 2020 年 7 月 1 日に発効を予定するUSMCA などを含め、 メキシコの現状や自動車産業界の事業環境、今後の見通しなどについて、日本貿易振興機構(JETRO)メキシコ事務所の稲葉公彦所長に話を聞いた。

North America

米国
加・墨
北米

Europe

欧州
ドイツ
フランス
英伊西・他西欧
中東欧・CIS

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

North America

北米系

Europe

欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表(生産2020年1月、販売2020年2月)
生産
世界27ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車生産台数(2020年1~4月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、地域別販売台数・シェア動向(2019年12月)
販売
世界49ヵ国、地域別・国別・車種別月間自動車販売台数(2020年1~4月)

FOURIN 世界自動車調査月報 2020年5月号 (No.417)

視点

新型コロナウイルス感染拡大
新型コロナウイルス感染拡大により各地で都市封鎖が実施され、 欧州と北米では 1 ヵ月以上にわたり経済活動が止まった。2020 年の世界自動車販売は前年比 20%減の 7,000 万台規模まで減少する可能性があり、リーマンショック時(2008 年と2009 年ともに前年比 5% 減)を上回る減少率となるのは確実で、その深刻さが伺える。自動車メーカー各社の経営環境が大きく悪化することは間違いなく、資金不足や業績不振を理由に業界再編の動きが加速するというシナリオも視野に入る。

Special Reports

世界自動車販売
世界 85 ヵ国の自動車販売台数 ( 一部推計を含む ) の合計は、 2019 年に前年比 3.8% 減の 9,099.3 万台となった。中国自動車市場が景気低迷による消費意欲の減退などにより同 231.2 万台減となったほか、 前年まで市場成長を続けていたインドも経済成長の鈍化で同 59.4 万台減となった。2019 年末に中国で発生した新型肺炎は世界各地に広がっており、経済の制限による自動車需要への負の影響が、2020 年に入り月を追うごとに色濃くなっている。
米国自動運転車
米国は、連邦政府や州政府による支援を背景に、モビリティサービス専用の無人搬送車となるロボタクシー / ロボデリバリーの開発が他国 ・ 地域に比べ進んでいる。ただ自動運転車の開発状況をみると、各社が当初目標に掲げてきた 2020年前後の製品化(自動運転レベル4/5、SAE 基準)には至っていない。技術だけでなく、安全性の担保などから開発計画が後ろ倒しとなっており、開発資金の枯渇も課題に浮上するなど先行きは見通しにくい状況にある。
欧州ディーゼル乗用車市場
欧州の乗用車市場に占めるディーゼル車比率は、2019 年に 30.9% まで低下した。2000 年代の最低記録であり、業界内では 3 割が底と見る向きもあるが、2020 年には 21 年ぶりに 30% を割り込む可能性もある。最大販売国のドイツでディーゼル車比率は前年の32.3% から 32.0% に下がったものの、販売台数は前年比 3.7% 増と増加に転じるなどの変化もあったが、その他の多くの国では需要減に歯止めが掛からない状況が続いている。

North America

米国
加・墨

Europe

欧州
中東欧・CIS

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

North America

北米系

Europe

欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
世界自動車生産販売総括表 (生産 2019 年 11 月、 販売 2019 年 12月)
生産
世界 27 ヵ国、 地域別・国別・車種別月間自動車生産台数 (2019 年 5~12月、2020年 1~2月)
シェア動向
世界主要自動車メーカー、 地域別販売台数・シェア動向 (2019 年12月 )
販売
世界 49 ヵ国、 地域別・国別・車種別月間自動車販売台数 (2019 年 5~12月、2020年 1~2月)


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む