HOME > FOURIN 世界自動車調査月報

FOURIN 世界自動車調査月報

発 行
■毎月10日
体 裁
■A4判、標準76ページ
購 読 料
■1年間(12号分)
264,000円(税込)
■半年間(6号分)
145,200円(税込)

※国内送料込

月報見本サンプルPDF
PDF 印刷できます

グローバルな視点で内燃機関車から電動車まで幅広く競争関係等を分析

 自動車産業界は、欧州委員会によるFit for 55パッケージの提案、バイデン政権(2021年1月~)による米国の環境政策の転換などを背景に、BEVを中心とした電動車に対する注目度が高まっています。2021年以降、特に欧米ではBEV生産に向けた投資(バッテリー含む)計画が相次ぎ発表されています。更に、内燃機関車の開発を止め、BEV専業への転換を目指す自動車メーカーも出てきています。市場をリードするTeslaに加え、新興のRivianやLucidなどのBEV専業メーカーが新たに工場を稼働させるなど、自動車産業界は今、時代の転換点に差し掛かっている状況にあるとも言えます。
 ただし、電動車に注目が集まる中でも、2022年時点において市場の中心は依然として内燃機関車であることは間違いありません。1987年5月に創刊しました『世界自動車調査月報』では、次世代産業と言える電動車関連の動向に加え、従来の自動車産業の核となる内燃機関車に至るまで、欧米地域を中心とした自動車・部品産業、各メーカーの事業動向/戦略等を分析しております。世界約90ヵ国の自動車販売台数や生産状況、世界42ヵ国の電動車月別販売台数に加え、電動車に特化した特集、世界部品サプライヤー売上高ランキング等の特別レポートも多数収録しております。

見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む



FOURIN 世界自動車調査月報の構成

視点(各号1~3ページ):

世界の自動車産業トレンドおよび市場動向を分析する視点を執筆陣が書き下ろします。

特集:標準2本17ページ

世界の自動車産業を巡る戦略課題についての、地域別、国別、メーカー別調査分析レポート。世界の生産・販売シェア動向、世界自動車メーカー、部品メーカーの経営動向、世界の環境・安全規制動向等を、現地取材を交えてレポート。毎号2〜3本のレポートは、主に世界および米州、欧州の地域からサポートします。
・世界、自動車メーカー別ブランド別自動車生産・販売動向
・世界、自動車メーカートップ15社の収益・業績比較
・世界、自動車部品メーカートップ100社の業績ランキング分析
・世界自動車部品メーカーM&A動向
・欧州電動車/ディーゼルエンジン乗用車市場
・北米市場または西欧市場のモデル別・セグメント別トレンド分析
・中南米や中・東欧主要国の自動車生産・販売成長トレンド

北米レポート:標準2-5本10ページ 

■ 世界主要自動車メーカーの経営動向を定常分析
米国、カナダ、メキシコの自動車産業と北米における自動車メーカーの経営動向レポートを、現地取材を交えてレポート。
GM、FCA、Tesla等の経営動向レポート:経営・業績・財務、生産・設備計画、販売・販売計画、部品調達、製品・ブランド戦略、世界展開、提携戦略など。
自動車産業レポート:各国市場・販売トレンド、自動車産業トレンドなどを分析。

欧州レポート:標準2-6本12ページ

ドイツ、フランス、英国、イタリア、スペインの西欧主要国、中東欧・ロシア、その他の欧州の自動車産業と欧州における自動車メーカーの経営動向をレポート。
VWグループ、Daimler、BMW、Stellantis、Renault等の経営動向レポート:経営・業績・財務、生産・設備計画、販売・販売計画、部品調達、製品・ブランド、製品技術、世界展開、提携戦略など。
自動車産業レポート:各国市場・販売トレンド、自動車産業トレンドなどを分析。

中南米・大洋州・中近東・アフリカ地域レポート:2本4ページ

中南米・大洋州と中近東・アフリカ地域について、毎号それぞれ自動車市場・生産動向を報告。

部品レポート:2本4ページ

毎号北米および欧州系自動車部品メーカーを各一社取り上げます。経営戦略、製品戦略、海外事業展開、経営課題、M&Aなどについての調査・分析レポートを掲載。
北米系メーカー:Magna, Tenneco, Adient, Aptiv, BorgWarner, AAM, DANA 等
欧州系メーカー:Bosch, ZF, Continental, Valeo, Faurecia, Schaeffler, Autoliv 等

国別車種別月間製販台数統計:標準27ページ

各国の自動車工業会から直接、統計データの提供を受け、世界の月別車種別自動車生産・販売台数、および世界の月別種類別電動車販売台数を掲載します。生産については世界27カ国、販売については世界49カ国、電動車販売については世界42ヵ国の速報値を収録。毎号、世界の最新トレンドが把握できる総括表を掲載。
世界自動車生産・販売総括表にて毎号月次の世界自動車生産・販売のトレンドを分析。
主要自動車メーカーの世界51ヵ国における毎月の地域別自動車販売台数・シェアを掲載。
■ 世界27カ国地域別国別車種別月次自動車生産台数
掲載国: 米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、ベルギー、ポルトガル、スウェーデン、チェコ、ルーマニア、ロシア、トルコ、中国、韓国、台湾、インド、パキスタン、タイ、インドネシア、マレーシア、日本、オーストラリア
■ 世界49カ国地域別国別車種別月次自動車販売台数
掲載国: 米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、アルゼンチン、チリ、ベネズエラ、ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、オランダ、ベルギー、オーストリア、スイス、ポルトガル、デンマーク、スウェーデン、アイルランド、ギリシャ、フィンランド、ノルウェー、ルクセンブルグ、アイスランド、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、ロシア、ウクライナ、トルコ、中国、韓国、台湾、インド、パキスタン、タイ、マレーシア、インドネシア、フィリピン、シンガポール、ベトナム、日本、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、エジプト
■ 世界42ヵ国地域別国別種類別月次電動車販売台数
掲載国: 米国、カナダ、メキシコ、ブラジル、ペルー、コロンビア、チリドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、オランダ、ベルギー、オーストリア、スイス、ポルトガル、デンマーク、スウェーデン、アイルランド、ギリシャ、フィンランド、ノルウェー、ルクセンブルグ、アイスランド、ポーランド、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ルーマニア、スロベニア、リトアニア、クロアチア、ブルガリア、エストニア、ラトビア、キプロス、日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド
■ 世界主要自動車メーカーの地域別販売台数・シェア動向
掲載メーカー: トヨタグループ、GM、Fordグループ、VWグループ、Renault/日産、ホンダ、現代/起亜、PSA、Fiat/Chrysler、スズキ、Daimlerグループ、BMWグループ、三菱自

FOURIN 世界自動車調査月報 2023年2月号 (No.450)

▲次の月へ ▼前の月へ ▲PAGE TOP

視点

2022年世界販売速報
Fourinが2022年通年の自動車販売台数を速報ベースで集計したところ、世界全体で前年比1.7%減の約8,200万台規模(主要48ヵ国販売から試算)となった。2019年実績(約9,200万台)を約1,000万台下回る低水準に留まっており、好調なアジア新興国に対して欧米先進国の不振が目立つ構図となっている。

Special Reports

欧州バッテリーバリューチェーン
欧州では、2025年までにバッテリー市場が2,500億ユーロ/年規模に拡大するという見通しの下、域内でバッテリーバリューチェーンを構築する動きが活発化している。セル生産や研究開発、原材料確保に向け、欧州委員会のイニシアチブによる産学連携や欧州内外の企業による民間投資が本格化している。
サプライヤーM&A動向
2022年の世界自動車部品メーカーのM&Aおよび事業売却動向についてまとめた。世界各国での環境規制強化を背景に、特に内燃機関車事業への依存度が高いサプライヤーは、他社買収によるBEV事業ノウハウ獲得か、身売りのいずれかの方策が必須な状況となっていることが窺える。
米国自動車販売
米国の自動車販売台数は、2022年に前年比7.7%減の1,420.4万台となった。コロナ禍から景気は上向いているものの、ローン金利上昇や製品供給減、中国・上海のロックダウンで部品調達が滞った日系・韓国系メーカーのアジア地域から米国への製品供給が大きく落ち込んだことなどが影響した。

North America

米国
カナダ

Europe

ドイツ
フランス
英国
イタリア
スペイン
アイルランド
欧州
中東欧・CIS

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

Supplier Reports

北米系
欧州系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
生産
シェア動向
販売
電動車販売

FOURIN 世界自動車調査月報 2023年1月号 (No.449)

視点

サーキュラーエコノミー
EUで2050年カーボンニュートラル(CN)が法的拘束力のあるルールとなったことを背景に、欧州系OEMや一部サプライヤーがサーキュラーエコノミーの取り組みを加速させている。サーキュラーエコノミーによる主なメリットとしては、温室効果ガス排出削減や特定の国・地域への依存低減のほか、収益底上げが挙げられる。開発段階における再製造に適した設計など、今後サーキュラーエコノミーを強く意識した事業展開の重要性が増すと考えられる。

Special Reports

欧州自動車業界関係者インタビュー
複数の欧州自動車業界関係者への取材によると、可処分所得の減少などから2023年以降も欧州では市場の低迷が続く可能性が高い。また、CO₂規制厳格化などから、乗用車市場における2030年のBEV比率は6割程度となるとの見方が目立った。欧州BEV市場に参入する中国系ブランドに関しては、カンパニーカーでのBEV優遇の大きい北欧を主なターゲットとしている模様である。
北米自動車生産拠点事業動向
北米3ヵ国・小型自動車生産拠点の最近の事業動向を取りまとめた。BEV生産に向けた設備投資の本格化、BEV新モデルの生産開始などが注目ポイントである。また2021年以降、新興BEVメーカーが新工場を稼働させており、米国自動車市場への新規参入を開始したことも一つのトレンドと言える。販売台数は少ないものの、RivianやLucidなどが市場参入し、2023 年以降にはArrivalやAtlis、Bollinger、Canoo、Herculesなどが新工場の稼働を計画している。

North America

米国

Europe

ドイツ
欧州

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

Supplier Reports

イスラエル

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
生産
シェア動向
販売
電動車販売

FOURIN 世界自動車調査月報 2022年12月号 (No.448)

視点

Renault経営戦略
Renaultがパワートレインの開発/生産で中国の吉利汽車と手を組むと発表した。2023年に正式合意する見通しだが、米国政府がサプライチェーン網からの中国製品の締め出しを強化する中で、事業利益と政治・外交関係を意識した中長期的な視点での極めて難しい経営判断が問われることになる。

Special Reports

世界自動車販売見通し/予測
世界88ヵ国の自動車販売台数をFOURIN独自に推定したところ、2022年は前年比1.6%減の8,213万台となる見通しとなった。先進国市場(同7.7%減)が、市場全体を押し下げる模様である。在庫減少、車両価格の上昇、ローン金利の上昇、インフレによる可処分所得減少などがマイナス要因となっている。
世界電動車市場
世界42ヵ国における2022年上期のPHEV/BEV市場(小型自動車)は、前年同期比64.0%増の433.3万台と推定される。中国や欧米先進国を中心に、各種支援策の展開/導入を検討/実施していることが需要喚起につながっている。最大市場の中国は同2.2倍の257.8万台と、世界全体の6割弱を占めている。
JETROパリインタビュー
フランスにおけるエネルギー需給状況などについて、JETROパリ事務所の山崎氏から話を聞いた。カーボンニュートラルに向けて、原発比率50%への低減時期を後ろ倒しするほか、2030年までに再エネ比率40%を目指す。BEVに関しては、2022年時点での購買層は一部の富裕層に限られる模様である。

North America

米国
加・墨

Europe

ドイツ
フランス
英伊西・他西欧
欧州
中東欧・CIS

Latin America, Oceania, Middle East, Africa

中南米・大洋州
中近東・アフリカ

Supplier Reports

北米系

Global Vehicle Production and Sales Statistics

総括
生産
シェア動向
販売
電動車販売


本号の見本誌(無料)を申し込む
この月報の定期購読を申し込む