HOME > 世界商用車メーカー年鑑 2021 <隔年刊>

調査報告書:年刊

世界商用車メーカー年鑑 2021<隔年刊>
世界商用車メーカー年鑑 2021
発 行

■ 2020年11月25日

体 裁

■ A4判、298頁

価 格

■ 130,000円+消費税 ※国内送料込

ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約1.1MB

商用車で先行するCASEの取り組み

  • 特集でTCOの競争力強化に向けての各社のCASE戦略を比較し分析!!
  • 戦略・業績・生産・調達・サービスなど分野ごとに各社の最新事情を報告!!
  • 電動車新興メーカーのTeslaとRivianの商用車の取り組みも掲載!!

世界の中・大型商用車市場はコロナ禍の影響で2020年に落ち込むものの、中長期的には中国など新興国の市場成長を原動力に拡大を続けることが見込まれます。一方で商用車メーカーの世界生産規模を見ると上位10社の内、半数以上を中国系メーカーが占め、その生産規模を背景に車両価格の競争力を引き上げています。ただ商用車の競争力を決定づけるのは、製品のライフサイクルを通じて掛かるコストの総量である総保有コスト(TCO=Total Cost of Ownership)であり、製品の耐久性や長年蓄積された効率的で高品質のアフターサービスノウハウなどを背景に先進国系メーカーはTCOの競争力で新興国系メーカーを上回っています。先進国系メーカーがTCOの競争力を維持する為にはCASE等の先進技術をうまく取り込んで魅力的なサービスをいち早く開発することが求められます。またそれらを早期に実現するためには、臨機応変に他社との協業を活用することも必要です。

当調査報告「世界商用車メーカー年鑑2021」は、商用車メーカー各社がTCOの低減に向けていかに取り組みを進めているかに焦点を当てて、特集レポートで各社のCASEの取り組みや提携関係構築に向けた最新動向を比較し分析を行っています。さらに本編では電動車新興メーカーを含めた世界主要商用車メーカーのグローバルな製品・生産・販売・アフターサービス戦略など、テーマごとに解説しています。業界調査や競合企業のベンチマーキング調査への足掛かりの1冊としてご検討賜りますよう、お願い申し上げます。

商用車メーカー主要各社、商用車用燃料電池関連の主な提携関係(2020年11月時点)

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


ユーザー登録(ログイン)後、リンク箇所をクリックしていただくと、ページ見本(PDF)がご覧になれます。
▼1章へ ▲PAGE TOP

特集

世界の商用車業界の展望と各社のCASE戦略比較
 
特集:
中国系メーカーとの競争に備え、
CASEを軸にTCOの競争力強化に注力する先進国メーカー

◇TCOを軸に商用車メーカー間での競争優位を目指しながら、異業種からの参入に備える

◇電動化

短距離輸送はBEV、長距離/大量輸送はFCEVの流れが固まる

◇自動運転

当面はレベル2のADASの搭載に注力、レベル4以上は限定地域での実用化が進む

◇コネクティッド化

TCO削減に向けた有力なソリューションとして各社が注力

FCのデファクトを狙い協業が活発化、
VWとFordの提携などから小型商用車の供給関係の組み替えの動き

▲特集へ / ▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

商用車メーカーの世界生産・販売、経営状況比較
 
1.
世界商用車メーカーの生産・販売実績

◇米州

米国市場は2019年まで3年連続増加

◇欧州

主要3ヵ国、2019年は3ヵ国ともに増加

◇中国

コロナ対応の景気刺激策でトラック生産は増加

◇アジア

ASEAN・南アジアはコロナ禍が追い打ち
2.
世界商用車メーカーの業績・経営戦略比較

◇経営戦略

◇製品戦略

電動化は長距離がFCEV、短距離がBEV化で対応が進展

◇生産・調達戦略

グループ内に限らず外部との共同調達でコスト低減を目指す

◇研究・開発戦略

FCEV実用化のスピードアップと効率的な投資に向け、4グループに分かれて開発を推進

◇販売・サービス戦略

TCOの削減に向け各社がコネクティッド化に注力もサービス差別化が課題

◇提携戦略

VWとNavistar、日野などスケールメリットを狙う提携熱が再燃
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

米国商用車メーカー

Navistar

米国トラック・バスメーカー、TRATONとの提携で成長目指す

PACCAR

米国トラックメーカー、3ブランドの特色を生かし利益を伴う成長を目指す

米国新興BEVメーカー

米国メーカーの小型商用車事業

デジタル化など次世代化図る、BEVピックアップトラック投入準備進む
▲2章へ / ▼4章へ▲PAGE TOP

第3章

欧州商用車メーカー

Daimler

世界最大の商用車メーカー、自動運転トラックとBEV/FCEV展開を重視

TRATON

VWグループの商用車メーカー、収益・プレゼンス・技術革新でリーダー目指す

Iveco

AB Volvo

スウェーデン商用車メーカー、BEVトラック・バス本格投入開始

欧州メーカーの小型商用車事業

PSAとFCAの合併、VWとFordの提携などにより提携関係が変化
▲3章へ / ▼5章へ ▲PAGE TOP

第4章

日本商用車メーカー

いすゞ

国内中・大型商用車大手、2020年末までにUDトラックス買収を予定

三菱ふそう

Daimlerグループの新興国戦略とBEV開発担う商用車メーカー

日野

トヨタ傘下の商用車メーカー、TRATONとの調達・電動PF開発などで協業深化

UDトラックス

Volvoグループの商用車メーカー、2020年末までにいすゞ傘下に移行

日本メーカーの小型商用車事業

▲4章へ▲PAGE TOP

第5章

アジア商用車メーカー

現代自グループ

韓国最大手、2020年販売目標は未達見通し、海外やFCEV事業に注力

東風汽車

北汽集団

中国の中・大型商用車メーカー、自動運転・電動化に注力

中国長安

中国商用車大手メーカー、BEV化とコネクテッド化に取り組む

中国一汽

中国大手中・大型商用車メーカー、スマート商用車戦略を推進

上汽集団

製販台数は2014年から5年連続で増加、CASE事業に注力

中国重汽

中国重型トラックメーカー、2025年に年間販売60万台を目指す

江淮汽車

中国中堅商用車メーカー、2020年内をめどにVWが出資

陜汽集団

中国重型商用車メーカー、2020年に年商1,000億元を目指す

慶鈴汽車

いすゞの中国商用車パートナー、知能化・電動化に注力

華晨汽車

中国軽型商用車メーカー、2021年にRenaultブランドの商用車を現地生産

華菱汽車

中国大手重型トラックメーカー、製販が4年ぶりに減少

北奔重汽

中国重型トラックメーカー、コネクテッド化に注力

宇通客車

中国バス専業トップ、製販台数は2017年から3年連続で減少

金龍汽車

中国大手バスメーカー、新エネルギー車の新工場が稼働

BYD

中国新エネルギー車メーカー、BEVバスを世界に供給

その他中国商用車メーカー

政策主導でトラック市場は堅調、競争激化と経営不振で生産停止のメーカーが増加

Tata Motors

インド最大手、英印にR&Dセンター開所で開発力強化、CASE戦略は電動バスが軸

Mahindra & Mahindra

インド商用車2位、自社開発モデルによる商品ラインナップが拡大

Ashok Layland

インド2位の中・大型商用車メーカー、排ガス規制対応で新プラットフォーム投入