HOME > マルチ・クライアント:欧州自動車サプライチェーンのカーボンニュートラル化

調査報告書:欧州

マルチクライアント調査
好評受付中欧州自動車サプライチェーンのカーボンニュートラル化
欧州自動車サプライチェーンのカーボンニュートラル化
発 行

■ 2024年3月末予定

体 裁

■ A4判、約100頁 カラー印刷
 ・バインダー形式 or
 ・Web印刷版

予約特別価格

■ 198,000円(税込)

180,000円(税込)

※発行前申込に限る

PDF+報告会:455,500円(税込)
ご案内用チラシPDF
PDF

印刷できます
約1.1MB

CN化に向けた調達方針、LCA、サーキュラーエコノミー実践

  • 欧州サプライチェーンCN化に向けた主要自動車/サプライヤーの戦略、調達方針を分析
  • 事業全体のCN化方針に加え、製品ごとのCFP低減に向けたLCAアプローチにも注目
  • 自動車産業のサーキュラーエコノミー実践、クローズドループリサイクルの事例を報告
  • 業界全体でのLCA手法標準化、リサイクル義務化に向けた法整備について解説
  • サプライチェーンのトレーサビリティ確保やCFP算出のための業界連携動向も説明

欧州では自動車のライフサイクル全体でのカーボンニュートラル(CN)化を目指すためのルールや体制の整備が進められています。EUは、乗用車/バンのライフサイクル全体におけるCO2排出量を評価するための共通の手法を2025年までにまとめ、2026年以降に導入する方針です。またサーキュラーエコノミーの実践に向け、バッテリー、部品や原材料の回収/リサイクルに関する法整備も進展しています。

自動車メーカー各社とも、調達から再利用までのプロセスを対象とする、ライフサイクル全体でのCN化を目指す取り組みを加速させています。製品レベルでのカーボンフットプリント(PCF、CFP)の低減に向けては、OEM各社とも、CFPが大きい部品や材料の調達において、サプライヤーに一定のCO2削減目標を課しています。ライフサイクルアセスメント(LCA)による部品製品ごとの目標設定も増えつつあります。またPCFの正確な算出に向け、サプライチェーンからのプライマリーデータを共有するための仕組づくりも進んでいます。

FOURIN報告書『欧州自動車サプライチェーンのカーボンニュートラル化~CN化に向けた調達方針、LCA、サーキュラーエコノミー実践~』では、欧州における自動車サプライチェーンのカーボンニュートラル化を目指すための、OEMやTier1の戦略、方針の分析に焦点を当てています。各社のLCAアプローチの推進、サプライチェーンCN化に向けたOEM/サプライヤー間及び業界全体での協力、サーキュラーエコノミー実践についての最新動向をカバーし、自動車サプライチェーン全体のCN化の方向性を展望します。

イメージ画像

※ 画像をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。


掲載予定目次
▼2章へ▲PAGE TOP

第1章

欧州自動車・部品産業カーボンニュートラル化
車両ライフサイクル全体での長期的なCN化に向けた方向性
BEV中心でのCN化推進における課題
LCA手法標準化
EUバッテリー規則やELV新規則によるリサイクル義務化
サプライチェーンCN化、CFP算出のためのデータ共有に向けた業界連携(Catena-X)
▲1章へ / ▼3章へ ▲PAGE TOP

第2章

欧州サプライチェーンカーボンニュートラル化に向けた主要自動車メーカー各社の戦略
VWグループ、BMW、Mercedes-Benz、Renault、Stellantisの戦略
-
事業全体のCN化方針、サプライチェーンCN化に向けた調達方針、LCA、サーキュラーエコノミー実践
欧州系以外の主要グローバル自動車メーカー(トヨタ、日産、ホンダ、現代/起亜、GM、Ford)のCN化方針
▲2章へ ▲PAGE TOP

第3章

欧州サプライチェーンカーボンニュートラル化に向けた主要Tier1各社の戦略
Bosch、ZF、Magna、FORVIA、Continental、Valeo、MAHLE、Schaeffler、Vitesco
-
事業全体のCN化方針、LCA、サーキュラーエコノミー実践

<報告会オプション>

  • 本報告書の要約、発刊後の主要動向をフィードバックし、お客様のご要望に可能な限り対応した内容の資料(PPT式)を作成(最大100ページ程度)。
  • 本報告書で詳しく取り上げていないメーカーの動向について知りたい、などのご要望に対応(要相談)。
  • 説明会での時間配分(説明とQ&Aの配分、トータルのお時間を含め)は、ご要望に応じて対応。

<購入特典(2024年4月末までの申込者対象)>

  • 発刊後の注目トピックやメーカー各社方針の更新内容などを取り上げ、簡易的なフィードバックレポートとして作成 (PPT式、10ページ以上、2024年9月末頃のご提供予定)。
  • 発刊後にOEMの新たな方針が発表された場合、法規制で大きな進展があった場合、簡潔にまとめて報告 (1回、2024年9月末頃のご提供予定)。


※編集上の都合により掲載内容を変更する場合がございますので予めご了承ください。